ろーぜす

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のろーぜすのレビュー・感想・評価

4.1
この映画は
ベーメン・メーレン保護領(現在のチェコ)
の副総督で親衛隊大将を務めた
ナチスの最高幹部、当時はヒムラーに次ぐ
ナンバー3かな、ラインハルト・ハイドリヒ
をチェコスロバキア亡命政府からやって
きたパラシュート部隊が現地のレジスタンス
と協力しハイドリヒの暗殺を目論む話

第二次世界大戦はまだまだ知らない事が
たくさんある!
実は私はハイドリヒを初めて知りました
観終わって色々調べました😅
階級や役職は先に書きましたが
彼はホロコーストの第一推進者で部下に
あのユダヤ人移送局長官で
アウシュヴィッツ強制収容所への
ユダヤ人大量移送に関わり数百万人に
およぶ強制収容所への移送に指揮的役割を
担ったアイヒマンなどの人材を発掘しています
かなり冷酷な人だったらしい
日本からも勲一等旭日大綬章を授与されて
います
当時は日本とドイツは同盟国ですからね

映画は壮絶でした
実質当時のナチスのナンバー3の暗殺計画
そのために祖国に再潜入
反ナチスに助けられながら日常を送り
暗殺の機会を伺う
緊張感の中に色々ドラマがあります

こういう時代に翻弄された若者や犠牲者
が沢山います
終盤はなんかいたたまれない気持ちななり
ます

この映画はぜひ観て欲しい!
ネタバレしても良かったらもっと
書きたいのですが
やめときます
観て良かったです