ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

暗殺後が観ていて辛く、やりきれない。ナチス物の、ゲシュタポの追い込みホント緊張するな。

このレビューはネタバレを含みます

恥ずかしながら歴史を余り知らず、キリアンマーフィー観たさに鑑賞。素直な感想は、チェコがナチスからの支配から解放される為に沢山の人達が殺されて辛かったです…。戦争で沢山の人が亡くなることは仕方のない事としか考えられず、国の為に命を落とすことが正しいとされていた時代はどこにでもあったのですね。そんな時代だからこそ、若者の恋愛にはすこし救われました。後味は良くないですし、後半は辛いことの連続ですが、歴史を知らない人にはいい勉強にもなるし、知っていく事は重要かと思いました!
エンスラポイド作戦(類人猿作戦)

完全に油断した。重い。重すぎる。
観る前と観た後では、かなり印象が変わった映画である。
邦題のまま観てしまうとかなり痛い目にあってしまう。

第二次世界大戦中、ユダヤ人大量虐殺の実権を握り、その冷酷さから「金髪の野獣」「プラハの屠殺者」と呼ばれたナチス親衛隊の大物幹部ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画を描いた作品。

暗殺を実行したのはたった7人のパラシュート部隊。
相手はナチス。その無謀すぎる作戦にハラハラする。前半は・・・。
暗号解読、作戦会議、爆弾作り、そして暗殺実行。
緊張感ある演出で、見ごたえがある。なによりキリアンが最高にカッコよかった。そんな感じで観てたから、その後(あえて、その後とする。)の話が重すぎて観終わった後、結構こたえてしまった。
彼らは正義のために実行したのに、更なる虐殺が彼らを襲う。
自分たちは、何のために戦ったのか。この結末を知るとやりきれない。

一番、こたえたのが拷問シーン。色んな映画で拷問シーンは観たことあるけどやっぱりキツイ。特にバケツのシーンは、衝撃過ぎて目を背けたくなった。こんなの人間のやることじゃない。やっていいことと悪いことがある。戦争は、善悪をおかしくしてしまう。

そして、教会での壮絶なる死闘。
戦争映画は常に、正しきものが勝利するとは限らない・・・。

wowow
Razumikhin

Razumikhinの感想・評価

3.7
チェコが見捨てられたことを世界史の授業で知ったときは裏切られてかわいそうくらいにしか思ってなかったけど、こんなことが行われていたとは…能天気な自分を恥じた。
色んなことが作用し合っていて複雑。何が答えなのかもわからない。
観るべき映画だと思う。
邦題のセンス以外はほぼ完璧。身の隠し方や暗殺シーン、拷問、ラストの壮絶な銃撃戦。極上のスパイ映画だなと思う。

同じ時系列だと思うダンケルクより数倍面白かった。
ami

amiの感想・評価

4.5
❮WOWOW❯ 

チープな邦題に似合わぬ硬派な作風がズシリとくる。
同じ題材の『死刑執行人もまた死す』を見直したくなった。
kaz

kazの感想・評価

3.0
実話に基づく物語。

どこまでが実話で、どの部分が(映画的)演出なのか分からないが、「ハイドリヒを撃つ」という作戦は実話なのだろう。

主人公たちを英雄に描かないというが、彼等の作戦の甘さというか、作戦自体が先を見越したものだとは到底思えなかった。

ハイドリヒのような幹部を殺すことによりチェコ国内の情勢は悪くなることは想像に難くないし、その後の展開もそうなるでしょうね、そうでしょうね、と思わざる得ない。

何より、ハイドリヒを殺したことで(作戦とおりではなかったとしても)目的が達せられているにもかかわらず、その後、どうするのかといったビジョンが彼等には全くない。観ているこちらは、で、どうするのよ?ともやもやする。

当時のチェコの情勢、人々の辛い状況は痛いほど伝わり、その点では観る価値はあるが、ハインドリヒを撃つという作戦については、ちょっともやもやした。

星は3つかな。3.3とか。


あと、青酸カリの即効性。
トモ

トモの感想・評価

3.6
暗殺物はドキドキする。
暗殺が成功する・しないに関わらず、その代償が大きすぎる。巻き込まれる人が多すぎる。
戦争はこんなものかもしれないけど、作戦実行後を考えるとどうなんだろ。
sasaki

sasakiの感想・評価

4.0
邦題がゴミすぎてB級感あって残念
緊張感が半端なくてひたすら苦しくて辛くて陰鬱な気分になるけどいい映画だった
Luna

Lunaの感想・評価

4.5
重苦しかったけど、いい映画だった。
ハイドリヒの暗殺までがメインの話ではなく、その顛末を描いている。

立てこもった地下室の窓から 差し込んだ青い光と水しぶきが、祖国と自由の為に闘った彼らを映す。
キリアン・マーフィーの青い瞳がなんとも美しかった。
あまりにもエモーショナルに描いているようもに思えたけど、彼らの悲劇の死が政治的影響をあたえたことを思うと涙がでた。
>|