ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ナチスのNo.3を暗殺せよ

ハイドリヒを暗殺するために送り込まれたパラシュート部隊の隊員のお話。

実話に基づいてある話だけあって重い。
苦しい。

当時のヒトラーの残虐性はさることながら。
その恐怖の中、立ち向かっていった人たちと
その恐怖に屈する人。

人の「生きたい」とゆう感情がリアルに映し出されて見ていてしんどくなった。

協会のシーンは本当に釘付けになる。


ハッピーエンドではないけど
こおゆう映画こそたくさんの人に見てもらうべき。
やはり、敵役は、ナチの右に出るもんはないねえ。非道の限りを尽くしてるもんなあ。拷問のシーンとか。報復で5000人殺すとか。
cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

3.2
いわゆるエンスロポイド作戦の顛末までを描いだ作品。
ですので、邦題からトムクルーズのワルキューレような娯楽作品を想像してはいけません。
まぁ、かなり評価が高いようですが個人的には今途中まで見ているオペレーションクロマイトのような映画の方が見やすいかと…
この手の映画って暗殺までをスリリングに描いてヒーロー万歳って感じで多少スカッとするものだが、この映画は暗殺後の報復の恐ろしさを気色悪いほど残酷に描いていて、恐ろしく残酷で悲しい映画だった。映像も色彩がぼやけた感じで重厚感があった。ヘビーな映画だった。
ひと昔前までは、戦争ものってヒーローっぽく描かれていたが、実際はこの映画のように悲惨な話しだったのだろうと思う。
実話。
ヒドラの最高位、ヒトラーの下の人、ハイドリヒを暗殺しろという命を受けたものたちの物語。
こういうことが実際に行われてたかもしれない、そう思うだけで辛い映画ではあったけど、忘れてはいけない。
だから必要な映画。

キリアンマーフィの演技がとことんいいな、と思った。
邦題がどうしても雑、というか映画の内容と合わなさすぎて見るのが伸びてしまったけども、ぜひ見てください。

少し苦しいかもしれませんが、どんなに愛があろうと、どんなに死ぬのが怖かろうと命を懸けてでもやらねばならない、そんな時代の辛い話。
Yuko

Yukoの感想・評価

4.2
イギリス政府のもと武装訓練を受けたチェコ亡命政府の地下組織が、祖国を牛耳るハイドリヒの暗殺を企てるも…という実話の映画化。こんな歴史があったこと、知らなかった。いくつになっても映画から教えられることがたくさんある。
戦闘シーンは残酷でした。こういうのほんとはすごく苦手。
いろんな人が指摘してますが、邦題はひどいですね。
アジア・太平洋戦争にも、映画の題材になる拾い上げるべきネタがたくさんあるに違いないけど、作り手の意思の問題か観客の意識の問題か、多分両方だろうが、お寒い状況。
念願が叶いました。やっと見れました(°_°)
派手な演出や娯楽性はなくただ事実を追い求めていた映画でした。この前'ヒトラーの絞首人ハイドリヒ'を読んだばかりだったので話に入りやすかったです。この暗殺計画が必要だったか、答えは否でしょう。たった1人の暗殺に犠牲が多すぎたと思います。
パラシュートでチェコに落下してから着々と準備していく2人を見ていて、彼らの末路を知っていたのでとても辛かった。彼らは計画後の脱出方法等ノープランですよね。完全に捨て駒じゃないか。
出てくる人全員に死亡(又は拷問)フラグ。途中から涙が止まらなくなった。見ている側の精神をとことん不安定にしてきます。ラスト30分は瞬きができないくらい壮絶でした。(ただドイツ兵弱すぎるやろ...)
主演の2人がイケメンだったのも良かったです笑。2人ともとてもいい演技でした。最後の水に濡れたキリアンの表情......。
正直もう二度と見たくないです(いい意味で)。ありがとう。
チェコを支配するナチス高官、
ハイドリヒ暗殺計画の物語。

そんな悪者なんだったら
ヒトラーを殺せばいいのにと
子供の時に考えてたけど、
浅薄な考えだと骨身に沁みる。

どこまで実話か分からないけど、
ナチスはやっぱり怖いし、
レジスタンスの勇気に感動で候。
英雄的肉付け。歴史を語ることの傲慢さか。かつてあったことへの眼差し。プラハでラストの例の教会を訪れた時、本当にここで戦った人たちがいたことを。
e

eの感想・評価

3.9
チェコはスロバキアと分離してベーメン・メーレン(ボヘミア・モラビア)保護領として1939年にナチス占領下となり、総督にはコンスタンティン・フォン・ノイラートが任命されます。

工業の発展していたチェコは戦争が始まると、ドイツにとって軍需品を生産するための重要な拠点となるのですが、コンスタンティン・フォン・ノイラートは比較的穏健な占領政策を摂っており、サボタージュやストライキ、その他抵抗運動ににより、生産力が落ちてしまいます。

この事に業を煮やしたヒトラーは、SSのナンバー2であるラインハルト・ハイドリヒを副総督としてチェコへ送り込みます(コンスタンティン・フォン・ノイラートは形式上だけ総督のままだったので、副総督)。

ハイドリヒは女性問題で海軍をクビになりヒムラーの面接を受け親衛隊に入隊しましたが、その後は頭角を現し、ヒトラーの政敵の排除、強制収容所の設置、反ナチ分子の徹底的な取り締まりなどを行い昇進していった人物です。長いナイフの夜、ブロンベルク罷免事件や水晶の夜、ポーランド侵攻など、ナチスの起こした重要な事件のほとんどに関わっており、ヒトラーの後継者とも目されていました。

また、ハイドリヒはヴァンゼー会議を主宰し、ユダヤ人の絶滅方針を決定付けました。ガス施設を備えた絶滅収容所はヒムラーの指揮下で作られていきましたが、ホロコーストの初期段階で100万人を銃殺したアインザッツグルッペンを組織したのはハイドリヒです。同盟国であった大日本帝国にゲシュタポのヨーゼフ・マイジンガーを送り込み、ホロコーストに協力させようとしたりもしました(日本政府は拒否)。

ハイドリヒはチェコに赴任すると、まず徹底的な反ナチ分子の粛清を行い、軍人やインテリ層を次々と処刑し「プラハの虐殺者」となります。インテリ層の粛清はポーランドで行った事と同じですね。

一方、労働者に対しては福利厚生や待遇を改善し、支持を取り付け生産力を回復させていきます。愛国心では飯は食えない、労働者にとって重要なのは、メシの種というわけです。この、いわば「飴と鞭」政策により、チェコの反ナチ抵抗運動は骨抜きにされていきます。

イギリスが本作の二人の主人公、ヨゼフ・ガプチークとヤン・クビシュら、亡命チェコ人部隊を送り込みハイドリヒ暗殺を企てたのは、ハイドリヒが暗殺されれば苛烈な報復が行われる事は分かりきっており(劇中でも”チェコが地図から消される"と言った人物がいました)、その報復によってチェコ国民の反ナチ感情、抵抗運動を大きくする目的もあったようです。つまり元からチェコ国民の大量処刑が行われることが前提の作戦だったわけです。シンプルな英雄譚ではない、ということなんですね。そう考えるとこの作戦そのものが正しいとは思えない、複雑な気持ちになります。

それでも教会で殉死したは七人は英雄として歴史に名を残しました。裏切った密告者は、ナチスからは恩赦されましたが、戦後にナチス協力者として死刑になったそうです。

さて、最後の銃撃戦が行われた教会は現存しており、壁には今でも当時の銃撃の跡が、一部残されているようです。チェコに行く機会があったら是非訪れてみたいと思います。
>|