ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

McQ

McQの感想・評価

-
ナチス親衛隊大将ラインハルトハイドリヒの暗殺作戦(コードネーム:エンスラポイド作戦)を決行すべく、ナチス統治下のチェコに2人のスパイが送り込まれる。

これまた溜息止まらない系の作品、、

この作戦の真意とは如何なるものか。

報復を恐れて何もせずじっと耐えること、報復を恐れず行動に出ること、それぞれが意味するものとは、、

エンタメ、アクション要素を盛り込み過ぎだという事で賛否分かれるとの事だけど、個人的には痛いほど胸に突き刺さるものがあり、戦争撲滅に向けた後世へ繋げる為のメッセージとして、とても意味のある作品だと感じました。

キリアンマーフィーを始め、役者陣の演技も素晴らしい。

お勉強として一度は観て良かったと思える作品だけど、もう観る事は無いと思う。。

点数はつけられません。
がい

がいの感想・評価

3.8
心に重石を置かれる映画
キリアンの瞳が美しく、神父さんが異様にイケメンなのが救い
また映画でひとつの事実を見させてもらった
そしてワタシも財布に写真を入れてる派です。
キリアン・マーフィがかっこいい。
キリアン・マーフィがかっこいい。
キリアン・マーフィがかっこいい。

ポスターのキリアン・マーフィがかっこよすぎて(4回目)事前情報まったく無しに急に見た。

結局のところ、作戦としてはわっかりやすいフラグで「あ!おい!!」ってなるんだけど、キリアン・マーフィがかっこよすぎて(5回目)女の子たちも可愛くて好き。

ほんと典型的ロシアのスパイみたいな顔が好きな人におすすめ。佐々木蔵之介とか。

邦題が21世紀とは思えないくらいダサいのがポイント。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.5
ストーリーで魅せる映画かと思って観たら、映像で魅せる映画だった。キリアン・マーフィは画になるなぁ…!
Arika

Arikaの感想・評価

3.9
🎥
#ハイドリヒを撃て
1942年に大英帝国政府と
チェコスロバキアの
駐英亡命政府により計画された
当時ナチ親衛隊の3番手だった
#ラインハルトハイドリヒ の暗殺作戦
を映画化したもの
****
****
オール、プラハロケでの撮影だと
聞いて、去年プラハに行く前から
気になってましたが
鑑賞は帰ってからにしました…
**
**
歴史の話なのでネタバレします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
**
**
プラハに行く前に色々調べて
ハイドリヒが暗殺された場所と
暗殺者が7人が殺害された教会の場所も
調べたんですが、行く気にはなれず
(霊感があるため色々とキツイ)
帰ってからゆっくり見ようと
思っていました。
**
実際の場所を使用しての撮影は
しかし凄いわ…重みが違う…
カレル橋の上を軍用機が通るシーンは
早朝に撮られたんでしょうか?
印象的でした
**
最後どうなるかを、分かって
鑑賞してても
"健康な若い人が死と背中合わせ"
という事自体、観てて辛く
"自分がもし…"と考えずにはいられない
リアルさがありました
これは映画館では観れない😭
"できるだけ忠実に"を務めたであろう
本作品ですが、イメージがとても
強く伝わってきて
大事な作品だなと思った
見ると辛いけど忘れちゃいけない
素晴らしい映画でした
#白バラの祈り もキツかった
#キリアンマーフィー がとても良かった
#いい俳優さん #CillianMurphy
#アイルランド俳優
#ホロコースト
#ポーランド行っても収容所は無理
#色々感じて絶対中入れません
#勝手に映画評論
#映画感想
#レジスタンス運動
#ANTHROPOID
塩

塩の感想・評価

-
「口紅だけが現実を忘れさせてくれるの」

ヨゼフがヤンにしたように、教会でヤンがブブリークを同じように落ち着かせるの、泣いてしまった
B級感満載の邦題からは考えられないほど悲壮で重厚な作品だった。
ナチス政権第三の権力者ハイドリヒ暗殺の話。暗殺遂行までの主人公たちの動きや人間模様の変化も遂行からその後の展開、銃撃戦、ラスト、どのシーンもインパクトがあって目が離せない。銃撃戦の緊迫感もすごいし、送り込まれたチェコ軍人たちの覚悟や信念、葛藤がひしひしと伝わってくる。彼らの成し得たものは正義だったのか、その正義の裏には多大な犠牲もあったわけで、誰もが報われない様は観てて辛くなってくる。。だけど、その先に未来や希望があることを信じ、その使命を貫く主人公たちの姿には心打たれる。

それにしても、キャストがみんなめっちゃイケメン笑。キリアンマーフィーとかかっこいいというか、もはや美しい。。そこにも見入ってしまう。
ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の権力者ハイドリヒ暗殺の史実を基に描いた一作。
1942年、イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、その冷酷さから“金髪の野獣”の異名を持つハイドリヒの暗殺を計画。ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら7人の兵士チェコ領内に送り込む。

戦争の理不尽さ、人間の残忍さが綿密に描かれており、終始目が離せない。 ナンバー3を暗殺したところで、後任者がすぐに就き、ナチスによる虐殺が止むわけではない。それどころか、却って報復を招き、犠牲者を増やす一方だ。 冷静に考えればそうに違いない。だが彼らは暗殺へと突き進んでいく。この狂気、この悲劇。直視しなければならない史実。
荒野

荒野の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後の、キリアン・マーフィの青い瞳が忘れられない。戦った7人に思いを馳せる一方で、それでもエンドクレジットの5000人という表記に統計的な感慨しか浮かばない自分が悔しかった。

『ハイドリヒを撃て!』とか『ヒトラーの忘れもの』とかさあ、よくまあそんないい加減なタイトルが毎度思い付きますよねと感服してる。こんな切実な作品に対して、センスがないなんて次元ではなく、失礼だと思うんですけど。
実話からきている話みたいです。ナチス占領下のチェコを舞台に反乱軍の物語。邦題だと軽いB級映画だと思ってしまいましたが、深みのある内容でした。
>|