ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

糸くず

糸くずの感想・評価

5.0
ロマンティシズムが止めどなく溢れる映画でありながら、全編に渡って立ちこめる死の匂いがロマンに浸ることを許さない。もはや「映画」という名のレクイエムだ。心臓に釘をずっと打ちつけられているかのような時間が延々と続く。

年越しパーティーに着飾ってやってきたレンカ(アンナ・ガイスレロヴァー)を非難し、「俺をぶて」と言うヤン(キリアン・マーフィー)。「殺しにロマンスなど必要ない」という態度。しかし、ハイドリヒの城の下見で、恋人同士のふりをして写真を撮った彼は、出来上がった彼女の写真を財布にそっとしまう。戦争があろうとも、愛は始まる。

しかし、支配者の圧倒的な暴力の前で、愛も友情も夢も希望も死に絶えていく。ショーン・エリスの描写は容赦がない。倒れた人間に躊躇せず蹴りを入れるナチの捜査官、手に打ちつけられた釘、バケツの中の首、そして終盤の果てしなく続く銃撃戦。

最後は光に満ちているが、これはあの世からの光、死者の世界の光だ。優しい微笑み、差し出される右手。彼も彼女もみんな死ぬ、そんなことはわかりきっていたはずなのに、言葉も涙も出てこない。凄まじい。

キリアン・マーフィーは敗者の悲愴な美しさを担うことにかけては天下一品であるが、この映画ではジェイミー・ドーナンの柔らかな感傷を組み合わさることで、もはやラブシーンを見ているかのような感覚に陥ることがしばしばだった。『ダンケルク』の詩情とはまた違った味わいがある、洗練された映像美と怒濤のような死のリアルが見事に融合した傑作だ。
daguma

dagumaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観れて良かった!
第二次世界大戦、ナチス占領下のチェコプラハでナチス第3の男、ハインリヒを暗殺計画を実行しようとする男達と、それを支えていた人達の実話に基づく話。
暗殺計画実行へ向かう前の葛藤や心情をリアルに描きながら、常に密告や正体がバレるのではないかという緊張感と裏切り者がいるのではないかという不安感を煽りつつ、そこに男女の恋愛要素を加えることでよりドラマティックな仕上がりになっていた。
そして暗殺計画実行後の怒涛の展開には目を背けたくとも背けられず、圧倒された。
観終わって改めてナチスの残忍さに戦慄し、あまりの犠牲の多さに本当にこの計画をやるべきだったのか…疑問に思うところもあったが、もし無かったらより多くの犠牲者が出ていたかもしれない。彼らの犠牲が意味のあるものであったと思いたい。
観てきました。

「ラスト30分間の緊迫感に圧倒される!」
このようなラスト何分間という、文字を何度も目にしてきました。
ただ、これには間違いがあります。
最初から120分間の緊迫感に圧倒されっぱなしでした。
邦題に違和感しかないよ……。
なにこのハッピーエンドアクション感。

戦時下のチェコのことや
ラインハルト・ハイドリヒのことは
全く知らないけれど
キリアン・マーフィー見たさに鑑賞。

彼が終始美しかった。
特に水を浴びるシーン、
涙を流すシーン、激昂するシーンが
とても印象的。

レンカやおばさん、アタのシーンが
とてもつらかった。

史実や実話を基にしてる作品は
心が痛くなるけど、
観て良かったと思った。
siho719

siho719の感想・評価

4.3
実話に基づく物語。

パラシュート部隊のことは本で少し読んだくらいだったので詳細が知れてよかった。映像も起こった事実も悲惨としか言いようがなく、観終わったあとはこんな世の中に再びなってしまったらという恐怖と不安が押し寄せた。ナチスの時代も、戦前、戦時中の日本も理不尽がそこら中に溢れていて人権などなかった。気が付いたら再び同じ歴史を繰り返していたなんてことは何があってもあってはいけない。絶対に。
自分が持っている選挙権の重みと責任を握りしめ次の選挙へ行こうと改めて思った。

しかし貸し切りの映画館でこの映画はちょっと怖かった。

このレビューはネタバレを含みます

高校生の私には難しかったです。
ハイドリヒを暗殺する為に主役の2人を匿った家族がめちゃくちゃ可愛そうでした。

最後にみんな自決する為に青酸カリを飲んで死んでゆく所が胸が痛いです。
塔子

塔子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ヨゼフ役のキリアン・マーフィとヤン役のジェイミー・ドーナン、2人ともとっても素敵なんですけどとっても素敵でした♡なんて感想書けるような優しい映画ではないです。

誰がためを観た時にも思いましたが、彼らは決して冷淡な暗殺者ではないんですよね。人を殺すことに葛藤を抱いている。
息が早くなるし、手だって震える。撃たなきゃいけない、それでも撃てなかったりもする。
それぞれにプラハでレンカ、マリーという美しい女性と出会い惹かれていく様子や、かつて一緒に訓練を受けた仲間や同じ便で来た同志との再会に表情が和らぐシーンに彼らの人間味を感じます。そんな彼らの幸せを思わず祈ってしまいますが、タイトルの通りハイドリヒを撃ちに行く2人。

ヨゼフとヤンの暗殺は失敗したかに思われました。しかし搬送された病院でハイドリヒは死亡します。でもハイドリヒ暗殺の成功を誰一人喜ばない。何故ならすでにナチによるチェコへの恐ろしい報復が始まっていたから。
人質にされそうになったレンカは殺され、小さな村がひとつレジスタンスを匿ったからと消され、プラハでヨゼフとヤンを匿ってくれていた家族が襲われる。ここの家族の息子であるアタの拷問シーンが本当に辛くて…肉体的な拷問の辛さも勿論ですがヴァイオリニストを目指していた彼の指を潰したり、自殺した母の生首を見せつけられたり、精神的にもかなり辛い。このシーンが観ていて一番辛かったです。

ヨゼフとヤンは他のパラシュート隊と一緒に教会に逃げ込むのですが、ナチはここに攻め込んできます。
見張りに立っていたヤン達がナチに気づいた頃には遅く、地下に隠れていたヨゼフ達に知らせることなく見張りの3人だけで抵抗します。
その銃撃戦を地下で聞くことしかできないヨゼフ。銃撃が止み、ヤン達が死んだことを悟ります。ここでナチは引き返すのかと思いきや、暗殺実行犯のヨゼフがいないことに気付き地下にホースで大量の水を注ぎます。更に地下への道をこじ開け地下へと侵攻。

最後の水浸しになりながら銃を頭に当てようとするヨゼフが本当に美しくて、キリアン・マーフィのあの美しい瞳を最大限に生かしたシーンだと思うんですけど、ただそんなこと言ってられないくらい重く苦しいものを胸に残す映画でした。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

2.9
ホールソレイユにて鑑賞
2017.10.16
辛かった本当に辛かった
見ててあまりにも辛くて辛くて救いがなくて死にそうだった
でも映像は本当に美しいし、終始張り詰めてて一瞬たりとも飽きなかった、映画としてとても面白かったです


この作戦に意義があったのかが見出せない…犠牲が大きすぎる
たとえこの事件を受けてチャーチルが協定を破棄したんだとしても、5000人もの人が犠牲になる必要はあったのか



よくあーーーーーーーー尊い無理🙏🙏って感じで「辛い」「しんどい」って言葉を使うけど
これは
そういうんじゃなくて
ガチで辛い、ね…
とりあえず見終わって言いたかったのはナチス許さん!!!!!!っていうことでした…こんなことが起こっていいはずない、本当に恥ずべき歴史
レジスタンスはもちろん、協力した人たちもあそこまでむごい目に合わせるんだね…アタの拷問シーンは見ていられなかった。でもアタよくあそこまで口を割らなかったね…彼も本当に勇敢だったと思うよ…
ヤン、序盤からずっと殺人をためらってきたけど最後はもう完全に吹っ切れてたね
あそこで、下に戻らず3人だけで戦うのを決意したヤン…なんて勇気…😭しんどさ…
3対700とかなんて絶望的な戦いだよ…だけどもうそれを選ぶしかないんだよね…だって投降したところで待ってるのは拷問の末の処刑なんだから
彼がパニック起こしたときにヨゼフに言ってもらったことをそのまま仲間にも言ってたのが大変に胸熱…
ヤンの最期も悲しいけどとてもかっこよかった、
最後レンカの幻覚が見えたときは本当に苦しくて苦しくて泣いてたけど同時に美しいとも思ってた
悲しいシーンで、効果音をなくして優しい曲を流すって演出には毎度毎度ほんとに弱いですわずるいて…この映画でもそれが素晴らしかった。
ヨゼフとヤンの友情も尊い
お互いにお互いのことめちゃくちゃ心配してる…
最後にヤンが自決したときの銃声、ヨゼフはわかったのかな…あのときにヨゼフが何を考えてたんだろとか思っちゃうとあーーーーー無理つらい
あのときのキリアンの表情が忘れられない
あれで5千万円くらいの価値あるよねまじで

いやキリアンマーフィまじで素晴らしい俳優さんですね…
今回ので完全に惚れちゃったわ…
ヨゼフが煙草を吸うたび呼吸困難起こしそうになってた。恐ろしいほどの色気…

最後にシーザーの伝記が映るの、もうそれどころじゃなくて忘れてたんだけど、あそこでシーザーの伝記映すなんて演出が憎い…クソ…クソ
両者ともに「暗殺」の話なのはわかるけど他に何か込めてる意味があるのかな?馬鹿にそこらへん誰か教えてくださーーーーい

辛すぎて、人に積極的に見に行けとは言えない…1週間はダメージ引きずりそう…でも私は本当に見に行って良かった…とても、とても良い映画だったと思います
AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.7
実話に基づく物語。
これが実話ということが悲しい。

ハイドリヒを、部隊が暗殺する
計画を立てるんだけどいちいち
ドキドキハラハラさせる展開が
あって息つくまもないという感じ
作戦立てる部屋みたいなのが
見つかりそうになる瞬間とか
作戦実行した時も心拍数上がりました~~。

ハイドリヒを撃ったことで、少しは状況が良くなったところもあった?けれど犠牲の数はその何倍もあったことが、切ない…
けれど勇気を持って戦った人達が
いたからこそ今があるのかなあ…

ドイツは結構ひどいことしてますなあ…Wikipediaで調べたら血の報復として殺された市民は1万3千人とされるらしい。
ナチスといえばアウシュビッツ収容所とかしか知らなかったけれどこうゆう歴史を知れてよかった。
>|