ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

avi

aviの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

邦題がどうも・・・。ハイドリヒ1人のために5000人が犠牲になったとかわかると辛いなあ。 バイオリンの少年が可哀想すぎる🥲
ナチ時代のNO3であるハイドリヒ。
そのハイドリヒに国を占領されたチェコ人の青年たちが部隊を結成して暗殺しようと作戦を立てる。

冒頭の銃撃から、しばらくは淡々とした作戦遂行までが描かれる。
正直寝落ちしそうになったが、作戦実行になるにつれ緊張感が上がっていく。
そして後の史実まで、この映画には入っている。

作戦はもとより国外脱出を考えていないという、決死の部分が伺える心情。
捕まれば地獄の拷問が待っているので、自決のための薬や銃弾1発を残しているのも悲壮感が漂う。

アイルランド人なのにチェコ人を演じるキリアン・マーフィ。
最初は役違いだと思ったが、そんな違和感はまるでなく最後まで見せきっているのが印象的。
ハイドリヒ暗殺作戦!

お国の為に
命懸けで任務を
遂行する人達だけど

こうゆう人達って
信仰をまちがえると
テロになるんだろうな!

何故ナンバー3だけが
目的なのやろうか?

あのバイオリンの青年が
1番しんどい目にあってる…
鉄

鉄の感想・評価

3.9
ナチスのお偉いさんをやっつけようぜ〜という映画。

いかにも「エンタメ映画向け」に脚色してそうな内容だけど、ほとんど史実というのだからたまげた。終始、バレるかバレないかサスペンスのオンパレードで緊張感張り詰めまくり。また、ナチスの幹部という絶対的に悪な存在を前にしたとしても、果たしてただ暗殺をすれば良いのか的なテーマにも見えるのがちょっと面白くて。クライマックスの銃撃戦は本来のエンタメ映画ならもっと見せ場って感じに出来たはずだけど、悲哀や絶望が詰まっているものになっているのが印象的。

「ハイドリヒを撃て」と「ナチの野獣暗殺作戦」って意味ダブってるのでは…
配信終了間際U-NEXT視聴。

公開当時何の予備知識もなく、キリアン・マーフィー目当てで映画館で見て、あぁなんと何も知らない事よと。でも何も知らないままに見て良かった部分も多々あり。その後レンタルで見て配信で見て配信で見て。何度見ても新しい発見があり何度見ても最後は号泣。

何も知らない人にもそこそこ知ってる人にも見て欲しい。あぁなんと映画とは素晴らしい。と新たに涙してしまうような。

そして初回はヨゼフの物語として見たが回を重ねる程にヤンの物語として見るようになったのは不思議ではある。

こんな美しい映画、できればいつでも配信で見られるようであって欲しい。円盤も普通に売っていて欲しい。買わせてお願い。はうっ。

欲を言えば、本当に欲なんだけど、英語でなければ…なぁ…と…
愛国者なら国のために死ねるはずって思っている人がいた事がすごい。
目的遂行のためには手段を選ばない人もいれば、死にたくないと足掻く人もいてそれぞれの気持ちを考えて胸が痛くなった。
最期が綺麗に感じてしまった。


なんでこの邦題にした…
ぽぽろ

ぽぽろの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

悔しくてやるせないけど美しいラスト
自分用に最後の弾を装填する瞬間がたまらなく苦しい
これが実話だとは信じたくない
陰陽

陰陽の感想・評価

4.5
教会で必死に抵抗する3人を、見守ることも出来ず、音で祈る事しかできない4人。
ラストシーンは何故か美しい。
ハイドリヒを暗殺は結果として、どうだったのか…ラストで映る戯曲"ジュリアス・シーザー"
jun

junの感想・評価

3.8
記録

計画を実行後の指令がないって、そーゆーことよね。
その後の報復の恐ろしさ。

キリアン・マーフィの瞳にいつも魅せられる!!
riekon

riekonの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

実話ベースの作品
チェコは同盟国に見捨てられ戦わずに
ドイツに占領されたんですね😔
パラシュートでチェコに入り🪂
ナチスNo.3のハイドリヒを
暗殺する為に計画、実行します
実行シーンはハラハラするし
クライマックスはもう辛いな…😢
ナチスの報復で村ひとつ消えたり
5000人もの人が亡くなったそうです😔
考えてしまうし
辛くて悲しい作品でした😔
>|

あなたにおすすめの記事