ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

2017年12月13日
新文芸坐にて鑑賞。
第二次世界大戦中期のチェコのプラハで行われたナチス第三の男のラインハルト・ハイドリヒ暗殺計画作戦が描かれた作品。
プラハへの侵入、暗殺計画の立案、決行まで本当に息が詰まる様な緊迫した展開は、見応え十分。
作品上映時間の長さを感じること無く楽しめました。
作戦実行後の作戦支援者の末路、クライマックスで繰り広げられるパラシュート隊員とナチス軍との攻防戦は、めちゃくちゃ切ない。
本当に実話ベースなのと思わされるような展開を楽しませていただきました。
●'17 12/2〜15単館公開
(首都圏等: 8/12〜公開)→
〇'18 2/2 ブルーレイ&DVD 発売及びレンタル
配給:アンプラグド→
発売元: アンプラグド
販売元: ポニーキャニオン
ワイド(ARRI416(Super16)/シネスコ) 音声仕様表示無し
12/11 11:00〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映 LPCM
パンフ未購入
Emi

Emiの感想・評価

4.0
途中から自分で自分を抱きしめながら観ていた。キリアンマーフィー、ラスト。
4

4の感想・評価

4.6
勇敢なレジスタンスの戦い。この映画観ながら「まだ終わんないで~」って感じで、終わりが嫌だった。涙が止まらないし、ずっと観てたかった
よそ

よその感想・評価

3.8
第二次世界大戦のエンスラポイド作戦。恥ずかしながらこの史実を知らなかった。。国のために、かぁ。チェコってほんとに壮絶な歴史を辿ってるんだな、、ダンケルクに続いて観たせいでキリアン・マーフィーが心配になる。
felicity

felicityの感想・評価

4.0
監督はキリアン・マーフィーをキャスティングした時点であのショット撮るの決めてたでしょ、と思うくらい完璧な一瞬だった
ずし

ずしの感想・評価

3.8
実話に基づく重めの作品。連合国から見捨てられたチェコの悲惨な運命。拷問シーンは見てられなかった。
なんか 邦題がしっくりこないです。
nagisa

nagisaの感想・評価

4.2
sc-2
観れて良かった。
息を止めて鑑賞するなんて思っていなかった。
暗殺遂行の朝からラストまでの緊迫感は劇場で体感するといいと思います。
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

2.3
史劇としての立ち位置なんだろうが、作戦遂行のカタルシスが一切ないレジスタンスものが面白くなるはずがない。キーリー・ハゼルのおっぱい出した時代のショーン・エリスが懐かしい。
ねこ

ねこの感想・評価

4.2
あの人数でナチスに勝つ訳がなく、でも彼らには投降や諦めの選択肢はなく、死ぬ覚悟で最後まで戦ってこそ軍人という信念に、ただただ呆然とした。
いつでも自決できるよう誰もが青酸カプセルを当たり前に常備している日常に愕然し、戦争の悲惨さを知っているつもりでもまだまだ日本人に知られざる事実が山程あると感じる。
地図からチェコが消えること、そんなことを考えたことすらない我々には到底想像し得ない当時の現実。
自決出来る周りの大人と違い、あの息子は逃げる方法も知らずカプセルも飲めず拷問を受ける人生を背負わされ、ナチスの非道さにため息しかない。
キリアン、初めて鑑賞したが上手い、カッコイイ☆
銃撃戦後の全てを悟った涙の場面、上手すぎてすごすぎる。
ハリーロイドも存在感抜群。
>|