ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

えりみ

えりみの感想・評価

3.9
WOWOW録画。
皆さんと同じく戦争アクションモノやと思ってみたら、予想外に凹まされた史実ネタ。またしても煽りまくった邦題にハメられた😣
1942年に起きたエンスラポイド(類人猿)作戦の成否をハラハラドキドキ描く!のがメインではなく、第二次世界大戦下におけるチェコスロバキアの悲惨な立ち位置を学ぶ何とも辛い2時間😢
ナチスドイツ№3が暗殺された事に対する「血の報復」で2つの村が消滅、13,000人以上のチェコスロバキア市民が虐殺された事をテロップで済ませるべきではないのでは?という気がしたんでこんな感じの点数に。
それ等を直接表現する代わりに、教会での絶望的な抗戦が長く長〜く続くんやけど😰😣😫
拷問シーンと生首ゴロリ😨シーンがあるのでPG12指定。
青酸カリとか自決用に1発弾残しとくとか凡そ西欧人らしくない準備。そうさせるくらい当時のナチスの仕打ちが酷かったのよ!ってアピールか。
終始キリアンマーフィなので彼が好きならオススメ。
ジェシカチャスティン似の女優さんとのロマンスもあり。
お財布に愛する人の写真かぁ…
まず財布を買わなアカンな👛
ゆわ

ゆわの感想・評価

4.0
リアルな世界

自分の国を生まれを誇りたいだけなのに
大事な人と普通に暮らしたいだけなのに
叶わない
そのためには大きな代償がいる
絶対的な支配下の元、誰もが希望を失っていた頃、それでも諦めない人たちがいた

ナチスといえばヒトラーが有名だけど
ハイドリヒの名前は知らなかった
その時代を生きてきた人たちは想像を絶する生活だったんだと思う
たとえ叶わなくても抗いたかったんだと思うと泣ける映画だった
えみり

えみりの感想・評価

4.1

苦しいけど実話
途中で観るの止めようかと思ったほど。
初っぱなはキリアン返り血似合うなぁなんてのんびり見ていたのに。史実なんだよ…史実なんだよ………
ヨゼフとヤンの関係性が素敵だった。ヨゼフが常に冷静沈着かと思いきや、ヤンが宥めることもある。ヤンはヨゼフにしてもらったように仲間を宥める。
ハッピーエンドになるはずが無いと分かってはいても終盤はつらい。ヴァイオリン少年……
そもそもハッピーエンドとは?

キリアンマーフィー流石の演技でした。

原題と邦題、雰囲気違う。
最後まで観た私頑張った。
MOTO

MOTOの感想・評価

3.5
ナチス占領下のチェコのレジスタンスの話だが、映像にノワール映画の雰囲気があってレジスタンスがマフィアのように見えてくる。主人公が『ピーキー・ブラインダーズ』と同じ人なので尚更。
その死に意味があるのかすら分からないけど捨て石として殉じられるか…というテーマも戦争の悲惨さだとかモラル的な話は置いておいて、自分の中に燻っている厨二心を燃やしてくれる。
i

iの感想・評価

-
キリアンは個性的な顔立ちで美しいな。

人類の可能性は善い方にも悪い方にも無限にのびているんだと感じさせられる。怖い。
実際の事実に基づいてナチスのハイドリヒを撃つお話

かと思いきや、撃とうとしたシーンで予想もしないことが起きました

なんでこの邦題つけたんだろ…?



キリアンマーフィの儚げな美青年っぷりを堪能する映画なのでいいですけどね…
ハイドリヒがどうなろうと知ったこっちゃないです

ほんとキリアンマーフィのあの雰囲気はずるいです
我々人類がT2のエドワードファーロングの将来に期待したのはこんなんだったなぁと思います
short

shortの感想・評価

4.0
こちらも事実に即した内容の作品だそうで。
パラシュートで7人をチェコに落とし、なんにも作戦がない中、ナチスのナンバー3のハイドリヒを暗殺せよという。作戦中のことも、作戦後のことも放置だけども、暗殺だけは絶対命令だと。
これは特攻作戦ではないか。
人の命を使い捨てに!!
イギリスにもあったとは!!
あとでWikipediaを見たけどほぼ史実通りの流れだったみたい。
こんなに残酷な作戦が本当にあったんですねー。
ハイドリヒ暗殺後のナチスの報復がすごい。
暗殺って成し遂げたら成功かと思うけど、この報復を見たら決して成功とは言えないんじゃないかと思ってしまう。
辛い内容だけど迫真に満ちていて見応えがあった。
映画としてもハラハラさせてくれて、語弊があるかもしれないけれども楽しめた。
キリアン・マーフィー目的で観ました。
ラストシーンクソキツかったです…
戦わずしてナチスに占領されたチェコの誇りをかけた反攻。たった7人で党No.3〝プラハの虐殺者〟の異名を持つ親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺を図ったエンスラポイド作戦を描いた映画。
凄惨な報復も承知でそれでも隷属から脱却のために悪魔の片腕を獲る。極限の緊張感に覆われたひたすら重く苦しい映画でした。

ナチス関連の映画はちょこちょこ観てきたしこの作戦の事も前にチラッと読んだことあったのである程度経緯は知ってたけど、それでも最後まで観るのがこれほど辛いのはあんま記憶にないかも。暗殺シーンや終盤は息できない程の緊張感。ただそんな悲壮の中でキリアンがひたすら美しく吸い込まれる。

レジスタンスの中でも意見に相違があったり覚悟を決めて生きてる人とそうでない人。匿ってもらう一家においても父は何も知らない状況とか知れば知るほど混沌とした時代の異常さに言葉を失う。‬
‪苦しい映画やけど美しい映像やプラハの街並み、銃撃戦の臨場感などどれも一級品。策なしにナチス突っ込み過ぎ〜とかちょっと思ったけど。‬

チャーチルさん怒るの遅いよ〜‬w
つな

つなの感想・評価

4.0
プラハの街や建物、橋などが煙るような色調で撮影されていて美しい。
恋人を得て明日のことを考えるヤンと、作戦に命をかけ死んでもいいと思っているヨゼフの対比がくっきりしていた。
呼吸を落ち着かせるシーンが2回出てくるのですが、両方萌え死にそうになりました……
>|