ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
暗殺決行からラストまでの30分、緊迫感に圧倒されて動けなかった。

この暗殺事件についてあまり予習しないで観たことを後悔した。
「この計画になんの意味があるのよ。結局成功してもしなくても、同じじゃないか」と、口を尖らせるアホの私。
最後の最後で「…ああ、そうなのだ。そういうことなのだ」と。

レジスタントたちの最期は哀しくて美しかった。
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

3.0
1940年代初め、既にナチス・ドイツに占領されたチェコスロバキア。プラハ郊外の森の中に、2人の若者がパラシュートで降下した。ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュである。2人はロンドンの亡命政府から派遣されたチェコ工作員。任務は、プラハで執務中のナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺だ。レジスタンスと合流したヨゼフとヤンは、早速ハイドリヒの行動パターンを調べ上げ、ハイドリヒ襲撃の準備を進めていく…


武蔵野館で観たのは「ハイドリヒを撃て!」ですね。キリアン・マーフィと、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のニイチャンが出ています。

以下、ネタバレを撃て!




➖➖➖

真面目な史実ドラマとしてではなく、純粋に冒険活劇としてかなり面白い!ヨゼフとヤンの対称的キャラ設定に加え、マリーとレンカという2人のヒロインとの関わりが前半のメイン。そして暗殺決行のサスペンスと教会における「抵抗」のアクションが後半の見どころです。史実がどうだったのか知らないで観た方がハラハラするし、「暁の七人」未見だとかなり没入できますね。MG機銃の破壊力、ステンMK2の残念具合など、ガン好きにとっても見応えがあるでしょうなあ。夏休み、お子様映画ばかりで鬱々としていた野郎どもは、これを観てアガリましょう!
大英帝国とチェコ亡命政府により計画されたエンスラポイド作戦‐ナチス・ドイツに占領されているチェコの支配者ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を片道切符で課された‐パラシュート部隊7名と彼らを取り巻く人達と時代を描いた話。
美しいプラハの街並みと至る場所に存在しているナチスの軍服。当時のモノクロ映像と出演者目線のカメラワークが映す粗目の映像が「日常」ではない。2つを対比させる事によって「戦争映画」なのだという事を思い知らせる。史実に基づいた話なので心に鋭い爪を立てられる‐SSの残虐な行為、仲間の裏切り、絶望的とも言える最後の銃撃戦‐という明確な場面はあるが。戦車から実弾が飛び交ったり、戦闘機が空中戦を繰り広げる事だけが戦争ではないのだ。
主役の2人キリアン・マーフィとジェイミー・ドナンはもちろん、他の俳優陣も素晴らしかった。
不安、絶望、焦り、そして様々な愛。激しくはない、いっそ控えめな演技からは内に秘めた激しい感情がしっかり伝わってきた。この作戦後のナチスの報復をみると、この作戦が単純に成功したとは言い難いと思う。
ただ、ミュンヘン協定の段階で大国間の生贄になっていたチェコスロバキアの戦後の復活への道筋につながったのだと思いたい。
戦争普通の人達を普通の人達でなくしてしまう事がとても恐ろしい。「日常」という時間が過ごせることが当たり前であってほしいと願わずにはいられない。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2017.8.16 新宿武蔵野館

序盤中盤における男女のイチャコラやナチ側の緩慢さには正直なんだかなぁという感じであったが、緊迫感が最高潮に高まるハイドリヒ襲撃シークエンス、いよいよ進退ここに極まれりといった調子が絶望感としてスクリーン全体を覆い尽くすリアリティに満ち溢れた終盤の教会立てこもり銃撃戦のクオリティはひたすらに素晴らしいし、ラストのキリアン・マーフィの所作には最近乱発されるナチ映画におけるある種の臨界点を見た。
haruka

harukaの感想・評価

3.9
取り乱すお互いを落ち着かせようとする男たちの美しさと悲しさよ…。なにかを成し遂げるべきとするとき、そのことの為に払う犠牲って、どこまでをよしとできるんだろうか。仕方がないと思うことはあまりに難しい。
チェコを舞台にした戦争サスペンスの秀作。『ジャッカルの日』を彷彿させるような渋い作風と美しい映像がたまらなく好き。静かにスリルを盛り立てる演出サイコー。『ダンケルク』より一足早くキリアン・マーフィを楽しめる一本。
Sharksta

Sharkstaの感想・評価

3.5
It was the most intense film I've seen this year....
Way more than I expected.
けろえ

けろえの感想・評価

4.2
なんだか安っぽいアクション映画みたいな邦題とサブタイトルがついちゃってますが、中身はいたって重厚な人間ドラマ。もちろんアクションシーンもありますが。
命をかける、というのはこういうことを言うのだな…。
chihiro

chihiroの感想・評価

4.4
卒論で扱ったテーマだったので見てきた。

邦訳がクソすぎたせいか、期待以上に衝撃受けたなあ。食欲吸い取られたもの。

この映画見て面白いと思ったら、『ヒトラーの絞首人 ハイドリヒ』を読んだほうがいいと思うなあ。(偉そう)
なつ

なつの感想・評価

3.9
チェコは、ナチスドイツに脅迫され、国を渡した。
そのチェコを支配していたのが、ナチのNo.3だった“ハイドリヒ”。
この人がユダヤ人を完全に消滅させると決定したと言われている。
そんなチェコに、母国を救いたいとの思いだけで、パラシュートで入ったのが、7人の決死部隊。
7人って!!たった7人!!
何の後ろ楯もなく、具体的な暗殺方法の指示もなく……完全なる片道キップ。
母国を想い、救いたいとの願いだけで…もう、何て言うか…スクリーンの前で、ひたすら手をあわせるしか無かった。
>|