2MO

ギフト 僕がきみに残せるものの2MOのネタバレレビュー・内容・結末

3.6

このレビューはネタバレを含みます

遺言だったはずのビデオレターが、今なお続く戦いの記録だったと気付いた瞬間、心臓が震えた。
無意識のうちにドラマチックな悲劇を求めてしまっている自分に、愕然とした。
改めて。終末の美に囚われ過ぎている。

どれほど苦しく、絶望の淵に立たされる日々が続こうと、決して白旗を揚げることなく、生きることを諦めない男の姿と、彼を支え続ける妻のまごうことなき愛を眼前に、何を思う。何を思い、如何にして立ち上がらんとする。

悲しみに暮れる人々の希望は、ヒーローの死に様ではなく、生き様にあるのだった。