ギフト 僕がきみに残せるもののネタバレレビュー・内容・結末

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿されたネタバレ・内容・結末

終始涙がでる。こーゆう題材なのに、ハッピーエンドなのがすごくいい。主人公と家族の愛に賞賛!
言葉にできない。
知り得ない。
理解なんて出来る訳がない。



快方へ向かうことなんてない、絶望への片道切符。

だけど、そのなかでスティーブは、光を見つけようとした。

光になろうとした。



“生まれてくる子供のために遺すためのビデオレター”と銘打って始めたけれど、途中からは自分自身への為のような気がした。

自分が自分自身を忘れたくないから。。



綺麗事だけじゃなく、リアルが写し出されていて絶句した。


あらゆることが出来なくなっても、気持ちが言葉にならなくなっても、溢れる想いとクリアな頭。

嬉しくても悲しくても、辛くても。
それを伝える事すらできない。



“俺の幸せを父さんが決めないで”
と言ったときの、やるせなさ。



時が経つにつれ、業務のように淡々とこなしていくミシェル。

そんな彼女を冷たい、と感じる人もいるかもしれないけれど、私はただただ強さを感じた。

変わってゆく人間に、(しかも悪い方へ)変わらないように接することは、とても難しくて大変なことだと思うから。


良くは変わらない、続いてゆく毎日を過ぎるように生きながらも、ポジティブさとユーモアを忘れないスティーブとミシェル。



地位やお金、彼らの性格や生き様、周囲の人々に支えられていまの生活がある。

ALSの患者全てがこんなにうまく生きられるわけがないけれど、少しでも生きてゆく希望が見える世の中になってほしいと思った。


アイスバケツチャレンジや認知活動には様々なやり方があり、賛否両論あるけれど、何をするにも、本末転倒にならないように気をつけていかなければ、と思う。


生きるとは。
終わりなき旅。
父と息子の関係性は、母とのそれとは全く違うなと感じた。主人公&厳格な彼の父親、主人公&生まれたばかりの彼の息子。2組の「父と息子」ペアを見ているうちに、主人公同様、かっこいい父親って何だと考えるようになる。終盤、主人公を抱きしめ、お前を失うのが怖いと涙する父の姿が印象的だった。手持ちカメラの素材ならではのリアルさ。配給はトランスフォーマー!

途中、泣きたがっている自分がいた。もっと泣かせてくれよと思ってしまっている自分に気づいた。この映画はそんな安いお涙頂戴のために作られているんじゃなくて、ALSへの正しい理解の拡大のため、そして息子への愛情の権化だと感じて反省した、、
途中まで本人の映像と俳優が演じる映像が入り混じっているのだと思っていた
全てが彼とその家族の記録だと分かったとき、そして彼はまだ存命中であると分かったときのえも言われぬ感情…
人間らしさについてと、チームについて心に残った。
そしてグリーソン氏の、優しい心と諦めない心と冷静であることが印象深い。人に優しく自分に厳しいとも言えるでしょうか。

ミシェルさんの気持ち
悪魔でもなく聖人でもなく人間でありたい。
予告とレビューの高さに惹かれ、鑑賞しました。

第一印象は、映画というより奇跡体験アンビリバボーを観ているような気分でした。アンビリバボーと違う点は、最初から最後まで本人たちが撮影した映像であるということです。そして、再現VTRではないからこその嘘偽りのないリアルな内容となっております。


・スティーヴと父親
物語の中で、ALSであるスティーヴに対して父親が笑えないジョークを言うシーンがありました。
食事をするスティーヴに向かって
『味はするのかい?』
というものです。
スティーヴがそれを聞いてしかめっ面になり、一瞬周りの空気が凍りつきましたが、スティーヴ自身はしかめっ面をしたのは冗談だよと言いました。

このシーンを見ていて、私はスティーヴのしかめっ面は冗談じゃないように感じました。父親が放ったのは病気を理解していないからこその無神経なジョークであり、自分の病気を理解されていなかったことへのショックと憤りの感情をスティーヴは持ったのではないでしょうか。


・理想の父親とは
このエピソードもしかり、スティーヴの親はスティーヴが小さい頃、大きな声で怒鳴り合いの喧嘩をすることがしょっちゅうでした。そんな中で育ったスティーヴだからこそ、理想の父親というものに強いこだわりを持っていたのだと思います。

物語の途中でスティーヴが息子であるリヴァースにすらイライラしてしまうときがありました。
私は、理想の父親=完璧な父親ではないと感じました。。


たとえキャッチボールができなかったとしても、息子に対して最高の愛情を注げることが理想の父親なのではないかと思います。

・ミシェルの存在
そしてもう一つ感じたことは、この映画の主人公はスティーヴであって、ミシェルであるということです。ミシェルは聖人でも悪魔でもなく人間でありたいと言いました。どんなに介護に疲れても悪魔のようにスティーヴを見捨てず、かといって聖人のように尽くしすぎることもない。たとえ病人だからといって、スティーヴに対し人間らしく接し続けているように私には見えました。
試写会仕事で行けなかったやつ。でもどうしても観たかったから観れてよかった。

とりあえず暫く言葉にならなかった。

ALSの認知や寄付、息子への贈り物、妻を初めとした周りの人々への感謝、ビデオを録った目的は色々あるのかもしれないけど、一番は自分自身の為だったような気もした。

エンディングノートと少し前に観直した博士と彼女のセオリーの色んなシーンが脳内再生されたなぁ

アイスバケツチャレンジのことも賛否両論あるけど、まずは知ること!知らないのにごちゃごちゃ口出すだけのやつは一番ダメと思う🙊
奥さんの苛立ちもショックに感じるタイミングも、スティーブの絶望も希望も、リアルだった。
魂は生きてる?喜んでる?みたいなとこ泣いた。
そんなこと言えるか?普通に生きてても言えるか分からない。
自分だったら延命治療を決意するか、ずっと連れ添って支えられるか、なんかも考えてしまった〜。
後半、元気になった?奥さんの強さに感動😢生きててよかった。。
意識や感覚はあるけど、次第に喋ることも、自分で排泄さえもできなくなるALS(筋萎縮性側索硬化症)にかかった、元アメフト選手の、生まれて来る子どもに向けたビデオ日記を記録したドキュメンタリー。

日本では一時期、ほとんどの日本人が(おそらく)意味もわからずアイスバケットチャレンジが流行していたけど、その病気の生々しい実態と、それでも、息子のために人生を諦めないスティーブの話。

妻のミシェルの愛も凄い。仮に自分の愛する人がALSになった時、辛い現実に負けずに一緒に立ち向かえるだろうか。言葉だけの薄っぺらなものじゃない、本当の愛を見た気がする。

1人の人間が、苦しみながら、支えられながら、父に本音をぶつけながら、子どもに惜しみなく愛情を注ぎながら、生きることを諦めずに生きた証の映画。

沢山の人に見て欲しい映画。

No White Flags!
ALS。最近描かれる事が凄く増えたこの病気。
子供の頃読んだ小説に出て来て、本当に怖くなった。
この病気になったらすぐに死を選ぼう・・と子供心に決意した。

・・・なんだけど、このドキュメンタリー映画で、この病気を患った元アメフト選手のスティーヴ・グリーソンは真逆の選択をする。
兎に角、生きる。出来るだけ長く。
病気を告げられた時、将来、病状が重くなった時に今と同じ決断が出来るか不安だ・・と彼も語っている。
辛くて、苦しい・・と嘆くことも有る。

だけど、彼は信念を変えない。アメフト選手だったから?そんなんじゃない。
幼い我が子の側に居たいから?でもそれだけじゃない。
家族の為に・・と言い切るのは難しい。過去がどうあれ、今、病気の自分が家族のお荷物になって居る事は分かるはず。
苦労を掛けてる。無理をさせている。負担になっている。本当は、死んでくれたら楽なのに・・と思われているんじゃないか‥その想いで、私は耐えられなくなると思う。
だけど、家族の為に生きると言う。そこに有る信頼感。自信。それが凄い。

勿論、彼は病気になってからもアメフトの元スター選手として、街の象徴であり、同じ病気の人たちの希望であり、財団で支援をしている。
本当に強い。
金銭面や知名度や人脈が有るのもそうだろうけど、それだけじゃないんだ。
彼の強さは何なんだろう。

この映画を見た今でさえ、この病気になったら動ける内に死を選ぼうと思う気持ちは変わらない。
その位、辛い病気です。
奥様に頭が下がります。そして息子は可愛すぎ。
泣きながら、時々息苦しさを感じながら観ました
>|