ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価・動画配信

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

みぜ

みぜの感想・評価

4.0
スティーブ・グリーソンの記録。

日本でも流行ったアイスバケツチャレンジ。
あの流行に乗ることはなかったけど、なんでこんな事やってるんだろう?が当時自分の中で先行していた。(日本はイベント事が先行している印象。ハロウィンって仮装パーティーじゃないんだよ?てきな。このバケツの水被る意味を分かっていたひとって実際どの位いたのだろうか。)

そこから数年経ち、周りに罹患者がいたわけではないのだが、ALSという病気に興味を持ち(私自身が似た名前の病に罹患したのがキッカケ)調べ上げた。

最後まで脳は動いているのに、最終的には体の全てが動かせなくなるという病。
脳が通常通り動いて、意思はきちんとあるという状況の中、全てが自分の力で動かせなくなるって、もう想像が出来ない。

原因不明だし、誰にでも訪れる可能性がある病だと思っている。たまたま私が“今”なっていないだけ。

人生に絶対大丈夫なことって何もないと思っており、明日はみんな何が起こるか分からない。
毎日を精一杯生きる、これに尽きる。

スティーブと実の父の関係、
厳しかった父が、スティーブが死んでしまう事が怖い、と言っているシーン含め、涙が止まらなくなる。

スティーブとリヴァース(息子)、
僕と同じくらい愛して欲しいと言ってもそれは難しいと思うから、自分の子供を同じくらい愛してあげて、と言ってるスティーブを見て号泣。

昨日ちょうど親と揉めてしまった自分には突き刺さる内容ばかり。

よく母親から、恩返しして欲しいとは思っていない。いつか自分の子供が出来た時に、同じ事をしてあげて、と言われていたもので。
(日本の表現となると直接的じゃなくなるなぁ)

あと、自分の考えを持てるようになって欲しい、それを伝えたい。
そしていつか意見がぶつかってしまって、その時は悲しくなるかもしれないが、そんな日が来るのを楽しみにしている
↑若干うろ覚え。
みたいな言葉にも、じーんときた。
Akiramovie

Akiramovieの感想・評価

3.7
不治の病にかかった 彼の 人生ドキュメンタリー としての記録
と ヒーロー としてのドラマ。

両方があるから その残酷さ も感じられる。

病人 とか 障害者 は、 イイ人でなければ という 社会通念みたいなのが 病気や障害 より 残酷なんだよね!

二人の男性の存在
・やや、デリカシーに欠ける 彼の肉親である 実父の言動。
 彼を理解しようとしない父を 本当は 許していない彼。
・仕事を変えて介護の補助してくれてる 無骨だけど優しい
 他人である近所の男性。

余命を5年と宣告された 彼は 今も存命。
でも、近況の映像は・・・。
 
naoyama

naoyamaの感想・評価

4.0
強すぎるー。
奥様も強すぎるー。
こんなに世の中を変えた彼は凄すぎる。

ドキュメンタリーだから
私の語彙力のなさでは伝え切れないが、
学ぶものが多すぎました。
アメリカンフットボールの最高峰NFLニューオーリンズ・セインツに所属するスティーブ・グリーソン。タイトルがそのまま人名の映画もあるけどこれはなぜかな。巨大ハリケーンに被害をうけた後、すばらしいプレイでチームを勝利に導き有名に。選手生活を終えた後難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして妻の妊娠が発覚。これから生まれる息子のために友人が撮影した4年間、1500時間のビデオダイアリー。個性豊かな妻。🤗段々とできないことが増える。トライアスロンで明らかに前と違うぎこちない動きに戸惑う妻。元気と思っている人もいる。僕たちは仲がいいし善人なのになぜ…2ヶ月のアラスカの旅行。治療法より思い出を。口を動かしにくくしゃべれなくなっていく。子どもが話せるようになった時僕はしゃべれない…人間修復をしようとしたが父独特。イライラ。私も両親が苦手だからわかる。神に祈ったって治らない。話がそれるが出産日本と違いすぎてうらやましかった。基本無痛分娩だからか産んだあと楽だったって😳😳😳まだまだ日本は無痛分娩に偏見がある。出産こわいしめちゃくちゃ痛いからそういうのがなくなればもっと産む人増えるかもなのに。過去の元気な自分をみてどう思うのだろう。声のとりだめ。話せなくなった後も音声の機械で目で文字を追うことで会話できていたのは素晴らしい👏🏻これは保険適用だとありがたい🙏🏻赤ちゃんかわいー♡1歳のケーキのスマッシュケーキいきなりあんなにたくさん食べさせちゃうんだ🤣😳叱る時部屋で1人で反省させるのは知ってたけどこんな感じなんだーと思った。1人で食事をとる赤ん坊と誰かに食べさせてもらわないと食事をとれない父。障がいをもっていても周りがらふなかんじがいい。排泄や痰問題きつい。治る気配のない恐怖、希望がもてない。苦しくて苦しくても自分を殴ることもできない。かつてのヒーローが便をもらす。その針のふりきった差に自分もついていけない。病気の進行は早く随分痩せた。車椅子を通した子どもとの遊びやスキンシップはこの親子にしかできないもの☺︎妻は人に世話を任せたくないがそれも厳しくなってくる。死にたくないけど苦しい、助けを求めるのももう疲れた、子どもにもイライラしてしまうし妻は疲れている。仕方ないんだけど妻の介護が雑。早く終わらせようとしていて思いやりがないと。苦しみと莫大な出費から延命を望まない人が95パーセント…手術をしないと数週間で死んでしまうので気管切開をし人工呼吸器をつけた。ただ24時間介護が必要になってくる。どちらの選択も理解できるが生きることを選ぶ強さを感じた。絵を描いて時間をつぶす妻。どれもすごい絵だった!個展ひらいてほしい。苦しみに耐える顔、そしてその横でさらにゆがむ妻の顔😢子どもに自分の子どもをたくさん愛してあげなさいってメッセージすてきだったな。今この方がどうなっているのか調べたけどわからなくて、わかる方いたら教えて下さい。
キキ

キキの感想・評価

-
新しい友だちから教えてもらった映画

知らないことがほんとうにたくさんある。人生って、生きるって奇跡の連続だな。自分には何ができるのだろう
見ていて辛くて苦しかったけど、見てよかった
Yuka

Yukaの感想・評価

4.2
やっと見れた、ALS取り上げる映画は結構多くて見てきたけど、実際のドキュメンタリー映画は、やっぱ見た後の重さが違う。
michi

michiの感想・評価

3.8
初めてちゃんとしたドキュメンタリー映画観た。実際の映像だから重みが違う。
Shimogai

Shimogaiの感想・評価

3.9
難病ALSを発症した元NFLのスター選手が産まれてくる子供のためビデオメッセージを撮り続ける姿を綴ったドキュメンタリー。

弱っていく父の映像はリアルで痛々しいが、諦めず病と闘う姿と、彼を支える妻や周囲のたちには心打たれる。
Hide

Hideの感想・評価

5.0
ALSの苦悩が少しだけ分かった気がする。生きるって生きがいの為にあるんだなぁ
C

Cの感想・評価

4.5
【ギフト 僕が君に残せるもの】
(原題 : GLEASON)鑑賞。
この映画はALS(筋萎縮性側索硬化症)を告げられた元アメフト選手のスティーブ・グリーソンが、これから生まれる息子のために撮影したビデオ日記をもとに製作されたドキュメンタリー。
ニューオーリンズのヒーローとして活躍した彼が”どうして自分が?”という気持ちを抑え
話せるうちに、まだ動けるうちに
限られた時間をただ懸命に大切に
家族と旅行をしたり、介護士と奥さんと息子と自分の4人で遊んだりの思い出をビデオに残す。
さらに自分が経験して感じた事やその時代のALS患者を救えるよう支援するための財団を
グリーソン自身が作るなどの活動も行ってきた。
その行動力や周りへの影響力は大きく、多くの人に希望と感動を与える。
人生でここまで行動に起こせる人がどれだけいる?っていうのを考えると やはり人生を濃く強く生きる術を知ってる人に、こういう試練が降りかかるんだなぁって思ったり。
それにしても、子育てと介護を両立しているにも関わらず
”悪人じゃないけど聖人にもなりたくない”
と言った奥さんが本当に素晴らしくて強くてユーモアのある女性で尊敬。
.
あと最後に1つ
『生きるのは簡単じゃない』だからこそ、
『白旗は上げない(No white flags)』を胸に強く生きることを決意したグリーソンの選択に胸を打たれた。
#nowhiteflags#gleason#stevegleason #ギフト僕が君に残せるもの #movie#als#ドキュメンタリー#映画#ヒューマントラストシネマ渋谷#土日連続映画
>|