ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

琴乃

琴乃の感想・評価

5.0
お涙頂戴なんて言葉があるけど、この映画には私のお涙受け取ってほしい…。

もちろん俗に言う"お涙頂戴映画"ではない。愛を心で感じることができ、そうなると人は自然に涙が出るということを教えてくれる作品。好きとか嫌いとかで評価しがたい尊さに満ちてる。

"人は悲しい物語だと言うだろう、でもそれだけじゃない"って。
確かに心臓をすごい強さでねじられるかのように苦しくなるけど、それよりも観ている私の心が軽くなる方が少し勝っていた。人生をより良いものにするヒントが詰まっている。制作陣も後者にフォーカスを当てているだろうと思う。

息子にできることは全てしてあげたいという思いから、ビデオを撮り始める。これがまた私に話しかけてくれている感覚になれるんだなぁ。そして自分の父親との関係性や愛情も重ねずにはいられないんだなぁ。(それであれこれ考えてヒンヒン泣いちゃう)
で、そう、息子の名前はリヴァース。炎は木が燃えて生まれる、その木は川の水を栄養にして育つ。
だから僕の源は君だ、って。
リヴァース。ええ名前やわ…ほんま…。ほんでまた可愛い。笑

ALSとスティーブさんが診断されてから、あらゆる感情を彼らと分かち合うような心持ちでいられた。妻のミシェルさんもしたたかでユーモアに溢れてて素直な、魅力に溢れた人。彼女の表情は心がそのまま表れてて、自然とつられる。
スティーブさんはほんまに強すぎるぐらいやのに、辛さを抑え切られへん場面もところどころあって(ミシェルさんも)、"健康でいられることはありがたい"というよりも"病はどんなに強い人をも脅かすほど恐ろしい"ということを思い知った。
どんなに辛くても生き続けることを選ぶスティーブさん。介護の中で絵を書くようになったミシェルさん。

彼らの人生から人間らしさは奪えない。人間でいることの意志の強さ。

私も人間らしく生きることに全力を尽くそうと改めて決心しました。つまずいたり、辛くなったり、もし自分が親として生きていくことになったりなど、人生の小さな出来事から大きな出来事まで、この作品が共にあってくれたら私は私でいられると思います。

何より彼が立ち上げた財団チーム・グリーソンについて知るキッカケになったのもほんまに大きい。不治の病と言わているけど"白旗は掲げない"、治る病にしていくために確実に偉業を成し遂げてらっしゃる。
知る必要がある、寄付をすることで力になれる。
難病ALSを発症し、静かに迫りくる死と向き合うのではなく生まれてくる子どものために父親としていまできるすべての努力と愛情を捧げるスティーブはもちろん、計り知れないほどの愛とユーモアで彼を支え介護をしながら子育てに励む妻のミシェルもとても芯の強い女性でみてるこちらが勇気をもらえる。
ただ症状の進行は想像以上に残酷で、少しずつ身体が動かせなくなりコトバが話せなくなるスティーブや、病魔に冒されていく彼の姿をいちばん近くで見守るミシェルを見てるのはツライし、スティーブが生きてるのが辛いと漏らした時、ミシェルも精神的・肉体的に参ってしまっていて、どんなに強い意思を持った人でも心が弱ってしまう瞬間はあるんやな、ってゆうのを痛感してかなり苦しくなった。
それでも二人は前を向いて目の前の現実に立ち向かい闘い続けるし、何より自分だけじゃなくて家族はもちろん人に何かを与えられる人生の豊かさをひしひしと感じたし、そんな関係がとても羨ましくもあった
Toru

Toruの感想・評価

-
健康でいることが実は素晴らしいことだと思い知らされた。
いつどんな病気にかかるかなんて分からないから時間を大切にして、身体がちゃんと動くうちにいろんなことをしたい。
kyuta

kyutaの感想・評価

4.5
今年度1番観るべき映画。

本物のヒーローを目の当たりにすると、どんなに素晴らしい映画も霞んで見える。

とてつもない強度を持つ映画なのに、日本で全然ヒットしていないのが悲しい。
わい

わいの感想・評価

-
2017年138本目
RikaAbe

RikaAbeの感想・評価

3.9
この映画を通して、現実の残酷さと共に、その試練を乗り越える強さを得るためのヒントをいくつかもらえるのでないだろうか。主人公の境遇から、私たちが生活を送る上での優先順位の付け方、もっと日頃から大切にしておくべきこと、考えておくべきことを教えてもらった気がする。

フットボール選手として一大活躍をし、誰からもヒーローとして尊敬されて来たグリーソンは、引退後ALSという難病の宣告を受ける。未だ治療法が確立されていない病、身体が不自由になりいづれは植物人間となるという絶望的な病気だ。それに対しグリーソンは諦めず懸命に立ち向かおうとする。これから生まれてくる息子を希望に。

日に日に身体の自由が効かなくなることへの苛立ち、自分に対する理想と現実とが乖離していく中で、グリーソンは模索し続ける。良い父親とは、家族のあり方とは、生きることの意味とは。
苦しみ、嗚咽し、感情を露わにしながらも、飾らずにありのままを見せているということが、この映画見どころなのだろう。このような善良な人が突然災難に見舞われるという内容は、同情を買うだけに終始してしまいがちで共感を得づらいこともある。しかし、彼の「親子のあり方」に対する問いかけは私の心を動かした。自分の父親との確執、常に抱いていた不満とそして期待が入り混じるグリーソンは、自分の息子に何を教えてあげられるのかについて真剣に対峙するのだ。息子に何を残してあげられるのか、それがとても素直に語られ記録されていくシーンは本当に素敵だ。何よりも伝えたいのは、誰よりも息子を愛しているということ。それが痛いほど伝わってくる。

最後に、彼のパートナーであるミッシェルは本当に素晴らしく魅力的な人だということも、この映画の重要な要素だ。何か真剣に考えて見たい人、勇気をほしい人にオススメしたい映画だ。
OWeeeeN

OWeeeeNの感想・評価

3.8
ホームビデオとドキュメントの境目がいよいよわからなくなるくらいリアリティは抜群。序盤から結構泣いてしまいました。

終盤はそのリアリティのせいか辛くなって、この作品ってユーモアでそこを打ち消す作品じゃなかったっけ?っていうのは気になりましたが(笑)

いずれにせよFilmarksのスコアが本格的に信用できなくなってきました。平均4.2の映画ではないと思うんですけどね。。
buddy

buddyの感想・評価

5.0
This is not a movie...
It is true life.
Watch and feel.
Bom

Bomの感想・評価

3.4
辛く絶望的な時も、家族は強い絆で繋がっている。何度も涙が込み上げてくるけど、これはポジティブな涙。チームやファン家族友人に愛されているスティーブとそれよりも大きな愛で包み込んでいるミシェルの姿が屈強で、とても輝いている。
2017年~310本目
10月~444本目
ぴよ

ぴよの感想・評価

4.0
悪い意味ではなく、
映画よりホームムービーとドキュメンタリーの融合のような感じ。
奥さんも映画ぽくないって言ってたしね。

開始から終了まで終始泣きっぱなし。

No white flags.
自分も、自分が周りに迷惑もかけるのも
生きるのも辛くて苦しかったんだろうけど
もはやアメフトファンだけじゃなくて
ALSの患者にも彼を必要とする人が多かった以上
彼のお父さんも言うけど、
諦めてはいけない、そんな
宿命ともいう以上のものがあったんじゃなかろうか。
>|