ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

ずっと泣きっぱなしやった( ;∀;)

感動だけじゃない、
悔しくて、
哀しくて、
嬉しくて、、

本当にたくさんの人に見て欲しいと思いました。
asami

asamiの感想・評価

-
赤ちゃんにミルクをあげながら、結婚式のビデオを観ているミシェルの涙が頬をつたうシーン。彼女はあの時何を思ったんだろう。

私は聖人にはならない、といった彼女の覚悟は、私には想像も出来ないくらいの覚悟なのだと思う。

生きるって綺麗事じゃないし、夫婦でい続けることの難しさは言葉では言い表せない。それでもそばに居る、一緒に生きる。そう決めたのだから。
おかか

おかかの感想・評価

3.0
病気だから出来ないと、ふさぎ込まない。様々なことに挑戦する。
…なんて強い人なんだろう。
なんて愛に溢れた家族なんだろう。

五体満足であることに感謝して、前向きに生きよう💪
そう心から思える、ドキュメンタリー映画。
TM

TMの感想・評価

4.0
映画鑑賞評価の対象になり得ない
省いたシーンは数知れないだろうけど、このビデオレターはとても生々しく、そして圧倒的な熱量を持っている
ALSという病気の過酷な現実が、よく理解でき、つらかった。本人のことだけでなく、介護する家族のことも、よく描かれていた。妻ミシェルの「悪魔にはなりたくないけど、聖人もいや。人間でありたい。」という率直な言葉が印象に残る。
ヤット

ヤットの感想・評価

5.0
こういった映画には本当は点数は付けたくありません。
少しでも多くの方に観てもらいたい作品ですね。


2017年劇場鑑賞90本目
かめ

かめの感想・評価

-

自分が中学生の時に祖父をこの映画のスティーヴと同じALSという難病で失った。活発で運動が大好きだった祖父の姿がスティーヴと重なってみてて辛い場面がたくさんあった。でもそんな状況でも希望を持ちながら生きていく姿に強い感銘を受けた。また祖父も思うように食事はもちろん声も発することができなくなったが本当に最期まで弱音1つ吐かずに生き抜いていた。映画を通して当時理解していなかったこの病気の残酷さを目の当たりにして苦しかったけどスティーヴの強さや家族の在り方を考えることができた。それになにより祖父に対する尊敬の思いや誇りに思う気持ち、自分が孫で良かったという思いを強く心の底から再認識することができて本当に良かった。
ソア

ソアの感想・評価

4.5
余命宣告をされても強くやさしくユーモアを忘れないスティーブ
彼を支える妻のミシェル
彼らの息子はあのビデオを観てどんな風に育つだろう
のあ

のあの感想・評価

4.0
ドキュメンタリー映画

アメリカンフットボールの世界で特別なスターとして名をあげたスティーヴグリーソン
現役を引退し恋人ミシェルと結婚し、幸せな生活を送っていたある日、筋肉に異常を感じ病院に行くと医者からALSと宣告される
それとほぼ同時に妻ミシェルも妊娠した
スティーヴは息子に以前から撮っていたビデオ日記を残そうと決めた

ドキュメンタリー映画は嘘や偽りがないので余計感情が揺さぶられる……
病気になっても自分をしっかり持ってるスティーヴとミシェルはとても強くてカッコよかった
所々、スティーブの感情が露わになるシーンがあり涙がどんどん出てきました

ALSのがどんなに辛い病気かが分かります。
見に行く時はハンカチ必須ですね😭
難病ALSを宣告された、元アメリカンフットボールのスター選手スティーヴ・グリーソン。 生まれくる息子のために撮影した1500時間に及ぶビデオダイアリーから生まれたドキュメンタリー。
ALSを扱った映画は何作か観ているけど、ドキュメンタリーで観ると、確実に病気が進行して行く過程は想像以上に残酷で、それを目の当たりにする事になる。 「君が生まれる時、抱きしめられないかもしれない」
それでも出来なくなった事を嘆くだけではなく、先を見越して 今出来る事をやれるだけして、ありのままの姿を息子に残す。
父親としてだけではなく、実父との対峙から息子として、スティーヴが精一杯偽りなく正直に生きている姿は、病気を抜きにしても素晴らしい家族のドキュメンタリーだった。
決して綺麗事だけではない。 スター選手だったスティーヴが絶望に打ちひしがれる姿、時に疲れで険悪になった夫婦のありのままの姿が映し出される。
アメリカでは人工呼吸器の使用は、24時間介護と莫大な費用がかかる為95%の患者が選択しないという現実に胸が痛む。 高度医療を受ける事が出来るのは金銭的に恵まれたスティーヴだからなのかもしれないんだけど、有名スポーツ選手であった事でメディアにも取り上げられ、財団を設立し救済活動が広まって行く。 こうしてドキュメンタリー映画になり、人の関心を集めて病気の研究に繋がれば、それは良い事だと思う。
赤裸々に全てをさらけ出した飾りのないスティーヴの姿には、残酷な病気の現実と、家族であり続ける尊さと、白旗は上げない強靱な精神力が見えた。
妻ミシェルが言った「悪魔にはなりたくないけど、私は聖人ではない。 人間でありたい」が印象に残った。 彼女も飾り気のない素敵な女性だった。

マイケル・キートンの「マイ・ライフ」生まれて来る子を思ってビデオを残す、父親の思いが溢れる映画で、鑑賞後に思い出した。
>|