ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

家族で難病に立ち向かう姿を描く作品に感動するのは当たり前



親兄弟もなく天涯孤独で無職、そして貧乏の鼻つまみ者が、難病をきっかけに人生観を一変させた生き方が、生涯未婚者達の胸を打ち、希望を与える作品ってありませんか
そんなのが観たいです(実在した著名人でいますかね?)
ドキュメンタリーとして残されてるのは素晴らしい!
映画として見始めると…ちょっとグダる部分もあるかも!?人によりけりですが。
しかしながら子を持つ親としては考えさせられる映画でした。
Mimi

Mimiの感想・評価

3.7
ギフト。
人が生きるって、こういうことなんだと。
私にもお裾分けしていただいた気分。
一人じゃ生きられない。
いま、一人で立っていられることに感謝する。

父親とはそういうものだ。
自分の一番良い部分を子供に贈るんだ。
というラストの言葉は響くね。

ハンサムな皆さんなので、俳優さん達が演じているかのよう。
おじいちゃんとお孫さんがそっくり。

奥さんの人間としての強さも本当に凄い。
子育てと介護をしっかりとして…ユーモアを忘れずに…。介護人をされている男性の力も大きいよね。
アイスバケツチャレンジの始まりが初めて分かった。こんなに多くの人の気持ちを動かすスティーブグリーソンさんの凄さは言うまでもないが。
kent

kentの感想・評価

3.9
ALSって本当に辛い病気だけど、これだけ闘える2人がスゴい。
病気の事だけじゃなくて、家族とか友人との関わり合い方まで考えさせられる。
KKK

KKKの感想・評価

3.8
映画ではなくドキュメンタリーなので綺麗ごとだけじゃなく、苦しい場面もあったけど、それがリアルで刺さった
kny

knyの感想・評価

-
呼吸器つける選択をしたスティーブは強い。
それを支え続ける奥さんもしかり。
喧嘩していたシーンが、とても印象的。
お互いに傷付けたくないのにそうさせてしまう
何度も乗り越えた絆は強い。
リヴァースくんがどんな大人になるのだろう
ドキュメンタリーで病状の進行がリアルに観て取れたからか「博士と彼女のセオリー」よりも強くALSについて考えさせられた
難病を患った元NFLスター選手が息子に送るギフトというより、ALSに罹患した人とそれを支える妻を始めとする周囲の苦悩と葛藤が自分にとってメインテーマだった、自分がなったらどーなんだろ、的な

一番グッときたのは教会で4歩走ったシーン
chamur

chamurの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーとは思わず鑑賞。
ALSを題材にした映画は既に数本見てきたけど、ドキュメントは実際の苦悩が正面からぶつかってくるから観ていて苦しくなる。

早く治療法が見つかってほしい。
切身

切身の感想・評価

4.3
もう号泣でしかない。
子供いる人は自分とリンクさせて泣くしかないよこれ。
本音が垣間見えるのがリアルだし、病気と共に生きていくってそういうことだよなと思う。美談にしがちだけど、そんな綺麗なものじゃないよね。

記録に残し続けるの大事だなって思った。
面倒くさがらずに残そうかな…。なかなかできないんだよな。
映画を意識せずv(たぶん)本人が本当に残したいと思って息子に映像を残してるのが、飾ってなくてへんにオシャレじゃなくてすごくよかったな。

ふと出てくる詩的な言葉が深くて痛い。
>|