Keny

君の名前で僕を呼んでのKenyのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.4
初恋の涙はアプリコットジュースの味がする

Ambiguity
古代ローマ彫刻の曲線が曖昧なように。
ぼやける輪郭線が溶け合うように。
恋は互いの曖昧性を交換し合う。
多くを語らない映画は、多くを語らない恋と等価値だと宣言することにしよう。

それにしても音楽。Simon & Garfukelのように囁く声に甘い蜜の香りがする。Sufjanだけでなくってピアノも絶品なんだ。
月夜も。池での戯れも。木漏れ日も。一夏に集約されるだけでもこんなにも美しさがあるのです。
最後のエリオの表情と父の言葉に全身が強風を浴びる大草原のようになりました。魂は疲弊する。痛みを葬らず喜びも忘れちゃあいけないよエリオ。