君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

宇須井

宇須井の感想・評価

4.5
夏の終わりが近づくと感じる、あの感情…。悲しいとか寂しいとかの言葉では言い表せないアレを表現しきってる。見終わったあとの「ちょっとなんか寂しい」感。

エリオの感情にとことん移入してしまう。
エリオが嬉しいと私も嬉しいし、エリオが泣くと私も泣ける。エリオの感情に親身に寄り添って映すことで、人を好きになり、愛するとは何かをそっと教えてくれるような、そんな映画。

ラスト、お父さんのことばが印象的。自分の感じたことを大事に生きれている人が、どんなに少ないことか。感情豊かに、今自分が感じた気持ちを忘れずに。
山下

山下の感想・評価

3.6
2回目。エリオのやったことが許されちゃうのは違和感。若くて綺麗で繊細だからっていうこと以外に理由が見つけられなかった。でもずっと映像が綺麗だから観れてしまう
ななみ

ななみの感想・評価

3.9
同性同士の恋愛になると、どうしても葛藤や周囲からの差別などが中心になるところがあるけれも、
これはたどただ二人の純愛、心の交流を描いてくれてて良かった、同性異性なにも関係ないと感じさせてくれる
ストーリー的にはベタなのかもしれないけど、、それが逆にいいという感じ
flower

flowerの感想・評価

4.8
とても晴れた日にカーテンを全開にして部屋の電気を全部消して、自然光だけの明るさでこの作品を観てみた。なんとなくそうした方が気分良く観れると思った直感だったけど、正解だった。
終始作中の自然や街並み、話し声、微風、吐息、囁く声...全てが心地よく感じた。美しいと言う感覚が伝わってきて、思わず深呼吸をしてしまうほど良い空気を感じた。

最後のエリオの父の寄り添う言葉が、とても素敵で、こんな父あるいは知人がいたらどれだけ若い日の心が素直になり切れたかって思えた。
出会いも大事だし、こんなにも価値観や視野を固定せずに視野を広げてくれるような人は大事にすべき者だと改めて思う。

個人的な意見では、これは誰かと鑑賞するよりかは、ひとりで観た方が良い気がします。リラックスして観ることのできる環境で考えながら鑑賞することがおすすめです。
Haru

Haruの感想・評価

3.5

”THE フランス映画“っていう感じで
映像は美しいけど
解釈がいつも難しいなと思ってしまって、
途中でみるの止めようかと迷いながら流してたら
結末が素晴らしかった。
最後まで観てよかった!
エリオのお母さんの包容力と
お父さんのひとつひとつの言葉に感動。
こんな風に思春期の子供を励ませる親、
なかなか少ないと思う。

それにしても、どの角度から見てもティモシーが美しい。

🖋
「君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶ。」
「人は早く立ち直ろうとして自分の心を削り取り30歳までに枯渇させてしまう。新しい出会いの度、与えるものが減っていく。
だが何も感じないこと
自分の想いを無視することは
あまりに惜しい。」
mmm

mmmの感想・評価

-
大人になるってある意味で残酷だな。。人にのみ与えられた理性は時に取り返しのつかない誤ちを侵させる
あやと

あやとの感想・評価

2.5
舞台となる夏のイタリア避暑地、この自然と気候に恵まれた風景を眺めてるだけで良い気分になる。自分が引っ越したいくらい笑。 

17歳のエリオと大学院生のオリバーが恋に落ちてから話が進むにつれて、エリオのピュアな感性が魅力的に感じてくるのに対し、大人のオリバーのほうが未成熟で深みのない人間に見えてきて、二人の愛情の深まり方がややぼやけた感じがしました。

オリバーが去ったあと、傷心のエリオに理解を示す父親の言葉は胸にしみる。

エリオ役ティモシー・シャラメは適役。
sachi

sachiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

知識ある人って魅力的
芸術作品やった特に前半

To make yourself feel nothing so as not feel anything, what a waste
mine2cho

mine2choの感想・評価

4.8
なにかしら障害のある恋愛や、思い通りにならぬバットエンドの恋の方が美談になる。ただそれだけの恋愛映画。

主人公の二人
叶わぬ恋
風景
音楽
ファッション

このどれもが魅力的。

自転車に乗って、ツーーーって川まで行ってタバコ吸って。庭に生えてるアプリコット食べてピアノ弾いて

好きでもない女の子と一緒に過ごして(ちょっとは好き)セックスして自己嫌悪になって

流れるように自由に生きていくことが出来ても、人は悩む生き物なんだなって

人は恋せずにはいられないし、そのせいで苦しんで泣いちゃったりする

うーん。美しい。

思わずサントラ買っちゃったよ。
ぐめ

ぐめの感想・評価

3.5
355
短くて切ない一夏の恋。
テーマが同性愛だと生々しくなりがちなイメージがあるけど、爽やかで綺麗に描いているところがこの映画の良いところだと思う。
ちょっと盛り上がりに欠けていて時間の流れが遅く感じるけど、イタリアの自然の豊かさと流れてくる曲の良さが映画をすごく引き立てている感じがした。
最後までみ終わったあとにこのタイトルを読んだ時、主人公の気持ちをこれ以上表現できる言葉はないのでは?ってくらいしっくりくるタイトルだと思った!
>|

あなたにおすすめの記事