君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Layla

Laylaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

水も滴るいい男とはアーミー・ハマーのためにある言葉だったのか。

登場人物が皆善人すぎて、特にあの時代にあんなにも理解がある父親が存在するのか?とか、
「ムーンライト」と同じく、初恋の人が(も)偶然バイセクシャルだなんてありえない。。といった点がファンタジー感を強めてしまってるけど、そんなことが気にならないくらいの強烈な画面の美しさ。

エリオにとってのオリバーのように、ひと夏の忘れられない思い出のような、全てが眩しくて綺麗で儚い作品。
80年代の北イタリアの避暑地でバカンスを過ごす多感な少年が、アメリカ人青年とのひと夏の出会いと別れによって性の目覚めを体験する文芸ドラマ。ヨーロッパのお金持ちのバカンスはこう楽しむべき、みたいなプレッシャーがきつい。2人の想い出の曲がサイケデリック・ファーズで、夏にはギリシア彫刻みたいだった浮世離れした少年が、冬になったらプリティ・イン・ピンク状態になっており、その時代のヨーロッパのティーンらしさが見られた。撮影はイマイチ。2人のウキウキ小旅行のロケ地の街並みが変にぞんざいだった。
2018.6.21 映画館(字幕)
あの場所の風景があるから、それぞれの言葉とか想いがそのままに入り込んできた。
どんなことであっても美しい思い出や誰かへの想いは忘れないでいていいんだと思う。

最後のお父さんの言葉は名台詞すぎる。
わたしも30までに心を擦り切ってしまわないようにしたい。
しばこ

しばこの感想・評価

3.3
俳優さんがギリシャ彫刻。映像は光の取り方が綺麗だったし、一瞬一瞬の持つ輝きが存分に引き出されていた。
時間の流れがゆっくりしたバカンス的な雰囲気はすごく伝わってきたし良かったけどその分少し間延びして感じたかも。
ベスト小道具賞は果実とピンクのパンツです
MitaKo

MitaKoの感想・評価

3.8
美しい。人に想いを寄せる様子、愛する喜びと苦しみを実に丁寧に描いてる。
夏休み、街ぶらぶらして、水遊びして、草むらに並んで寝そべる。これって最高。
何も考えずにみるとただのAVなんだけど、よくよく考えると深いことに気づく。親父さんの言葉が全てだよ。冒頭寝てたからめっちゃ話掴むの大変でした。間延び感あるのが残念。
Meke

Mekeの感想・評価

-
・画の美しさ
・想う人に会いたくなる映画
・ティモシーシャラメの造形美
chipa

chipaの感想・評価

3.7
ひと夏の恋といえばありきたりに聞こえるけどそれ以上に眩しくて切なくて。

なにひとつ忘れないがキャッチコピーになってるけど幸せも、別れる悲しみも、その後におこることも全て「忘れられない」が正しい、私もこんな恋をしたことがあった気がすると思えるようなステキな映画でした。
RAT

RATの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

すごく良くできた綺麗な映画
ただホモしてる時間などなどが長くて興醒めしそうになった。
90分にまとめろとまでは言わんがあと10分短かったらラスト超感動できたのに。

いらちが故に長回しのカットに浸れんのが悲しいし、インスタントな動画に毒されているのを実感する。何度か脳内で右側をダブルタップしてしまった。

あ、気づいたけどこれ萩尾望都や。
やたら表情の描写が丁寧なんも無音コマみたいなもんか。
耽美の人ってやっぱりこういうの好きなんやな。
いつもこの類のもの、好きな人はむっちゃ好きなんやろなーと思って観るなり読むなりしてしまう。

もう二度と生のあれ食えん。
noa

noaの感想・評価

3.5
どこかのレビューを観て、観たくて観に行った映画。

純文学。
少し、寝てしまった。

波乱というよりは、思春期の少年〜青年の心情が情景とともに描かれてるような、さざなみのような映画でした。
>|