君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

#085
ふたりが美しくて眩しくて目を細めたよ

衣装のサイズ感とか天才的
わか

わかの感想・評価

4.0
期待しないで見たら思ったより良かった。
雰囲気映画かと思いきや、めちゃくちゃ計算されていて上手いなと思った。
特に恋愛の好きになる以前〜成就するまでの過程の描かれ方が丁寧で懐かしい気持ちになった。
あとは挿入曲のセンスが良かった。映画としての音楽が良いというよりは使ってる曲が良かった印象。
タイトルは邦題にしない方が良かったんじゃないかと思った。
注目の若手俳優ティモシーが出演するとあって期待していた作品。

思春期でエリオがなかなか気持ちを
うまく伝えれないもどかしい部分が
目線や手の表現につまっており、
ひとつひとつの場面の表現が
非常に繊細だなと感じました。
また、映像のどこを切り取っても情景が素敵過ぎました。

避暑地で過ごす夏ですが、
映像は結構な日差しを感じ暑い夏という感じですが、
バックサウンドが夏の暑さを忘れさ、
軽快かつ綺麗な思い出として演出してくれたのだと感じました。

最後のシーンはじ~んと来ました。
心にささります。
YuriP

YuriPの感想・評価

2.5
ドランな雰囲気のあるポスターに惹かれて観賞。
きっかけや気持ちがよくわからない部分が多々あったせいか、感情移入出来ずらく、淡々と見てしまった。
足長いなあーって印象!笑
お父さんすごくいいこと言ってて心にグサッと来たけど、そのあとのカミングアウトは、なんか、んー、、てなってしまった。自分が同じ立場だったら何とも複雑な気持ちになってしまうかも。お母さんのこともきになっちゃう。

このレビューはネタバレを含みます

2回目:18/5/26
ロマンチックで甘酸っぱい一夏のアバンチュール感はとても良かったのだけど…。
その方が美しいという理由だけでアンハッピーエンドになってしまうのは非常に意に介さないというか…死んで落とし所をつける映画にも同じような事を思ってしまうのだけど、幸せになってほしい…。せめて、2人が納得できるかたちで終わってほしかったな、同性愛だからこそ。
私の中では、
「オリバーは結婚生活が上手くいかず破局、オリバーの両親も息子に愛想をつかし、行き場のなくなったオリバーは再び北イタリアへ。そこでエリオと再会、あの夏の続きから2人はやり直す」で、脳内補完されております👊
→追記:いま知ったけれど、続編の可能性があるんですね。びっくり。この手の映画に続編って珍しいというか、大丈夫なのかな。少し心配。
ひと夏の、ではなく一生心に刻まれるめちゃくちゃ残酷で美しい呪いをかけ合う映画やった。そして主題歌を耳にする度に胸が苦しくなる呪いにかかる。完全に見逃したと思ってたら夏の間にかけてくれたナナゲイありがとう
nkkoba

nkkobaの感想・評価

5.0
誰にでもある初恋と初体験。
それがいいものであろうが悪いものであろうが記憶に残るものだ。

大学教授と翻訳家の父と母を持ち毎年夏はイタリアの別荘で豊かに過ごす、この設定だけでも主人公エリオに嫉妬してまう。

17歳という思春期真っ只中のアンニュイな男の子エリオと対になるのは24歳と年上にもかかわらず子供のように無邪気なオリヴァー。
二人の掛け合いはとても瑞々しく、世界はこの二人のためにまわっているかのような映画だ。

エリオの初恋はそう長くは続かない。オリヴァーがアメリカに帰国してしまうから。
帰った後にエリオの父が彼に向かって語る「痛みを消し去ってはならない。」という言葉が痛烈に響く。

自分もあの子のことを胸に残しながら生きていくのだと思いながら映画館を出て渋谷の雑踏へ繰り出したのであった。
シチリアの甘酸っぱいバカンス
人生のいちばん美しい思い出みたいな
美ゆう

美ゆうの感想・評価

4.4
こんなにもものがたりや人間を
愛おしいと思った作品は久しぶり
ストーリー映像空気感すべてが
儚くて切なげで愛おしくて
一瞬たりとも目を離したくない
airi

airiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

好きな人を思う心の描写は、何気ない仕草やいつもの景色、音の中に含まれている。慎重な言葉の選び方で気持ちがどれだけ真剣で葛藤を含んでいるのかが伝わってくる。

単純な同性愛がテーマじゃない。自分が同性を好きになるという事、自分となんら変わらない人間。親として子を支える、最高のお手本。

世界が愛と教養に満たされてますように。
>|