君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

映画からこんなにも空気感を感じた事がない位、夏の南イタリアを感じた。
時代、親の理解、同性、期間限定、様々な制約の中自然と惹かれ合う二人
横になりながらCall me by your nameと言うシーン、二人の美しさもだけど空気感や明るさ等が絶妙でした。
これ以上の恋なんて無いんじゃないかと思える位、エンドロールのエリオの涙を流すシーンに詰まっていたし、あっという間に終わった。
この時間がもう少し続けば良いのにと思えるエンドロールは初めてでした。
最初から最後まで綺麗な映像で、どこか現実離れしたような世界。
光と色が印象的だった。
その中にいるティモシーシャラメ、綺麗すぎた。
最初のほうでバッハが流れた瞬間これは好きな映画だと確信。
最後までうっとりでした!
Mio

Mioの感想・評価

4.0
ゆったりと進む北イタリアの街並み、日常、恋模様、全てが尊かった。
夏休みの間の恋。
エリオットとお父さんが話すシーンが心に残っている。
音楽もすごく良かった
以前爆音映画祭にて鑑賞

うーーーーん!

映像とか撮りかた、音楽がすごい懐かしい感じでよかった!

ただストーリーに共感できなくて、あんまりささらなかった😭

ハマる人は映像も音楽もステキだからきっと最高に浸れると思う!
まほ

まほの感想・評価

4.2
映画館でやってる間に行きたかったのだけど
結局行けなくてやっとこさ鑑賞。

原作読破していたので
流れとか展開は分かってたけど
あまりにもティモシー・シャラメ……!!
青春映画なんですよ、これどう考えても。
1人の少年のある夏の恋のお話。
原作読んでから見たおかげで
ティモシー・シャラメ演じる
エリオの表情見ながら
今心の中ではこういうことを
思ってるんだろうなってのが見えたので
それがとても良かった……
私は原作→映画の順番を勧めたい。

オリヴァーは大人だけど
考えてみればエリオはまだ17歳の子供。
最後には現実というのを突きつけられ
心が傷むのだけどあのラストが
私はめちゃくちゃ好きです。
まさかあのアングルで終わらせるなんて。

これまで見た映画で
一番好きなエンドロールは
ウェス・アンダーソン監督の
『ダージリン急行』だったのですが
ついにこの映画が超えました。

脚本を書いたのが『モーリス』の
ジェームズ・アイヴォリーで
一部あの映画と被るシーンがあったのも良き。

見終わった後のこのなんとも言えない気持ち。
家で友達と見ていたのだけど
お互いに虚無に陥ってしまって
これをどうしようかと2本目は
全くジャンルの違う
『インクレディブル・ファミリー』を
見るほど耐えれず引きずる……

小説もこれで終わりではなく
続きがあってこの映画も
続編構想があるのだそうけど
その時にエリオがこの時から
どのくらい成長したのかが
個人的には凄く楽しみ。
kudakazu

kudakazuの感想・評価

3.9
理解のある両親、特に父親が素晴らしい。父親もおそらくバイセクシャルなのだろう。
ただ、なんというかやはり男男モノは苦手、、、。あの美しい映像で、普通の男女のストーリーを観てみたかった。
こまち

こまちの感想・評価

4.3
Call me by your name
「君の名前で僕を呼んで」
こんな完璧なタイトル、ある???
好きな映画はなかなか一つに決められないけど、好きな映画タイトル堂々の一位はこれに決定。

耽美的という言葉がぴったり。
上半身裸率が高い。ピアノ演奏もパンツ一枚。
エリオの美少年っぷりも相まって、ギリシア彫刻みたい。

Because I thought you should know
Because I wanted you to know
曖昧な会話でも核心的なことが伝わってしまう。
チラチラ気にしてるくらいの、その感じ。

これから起こることへの淡い予感、夢中になっているときの多幸感、去った人の忘れがたさ……
北イタリアの爽やかな夏。
恋の綺麗なとこ、全部詰まってる。完璧か。
うーん、切ない。青春時代の恋愛の瑞々しさと胸を焦がすような思いが交錯するラブストーリー。

イタリアの美しい自然が、これ以上無い最高の舞台で、ピアノの調べが完璧な彩りを加える素晴らしい演出。
それを背景に展開される主演2人のひと夏のドラマ。

同性愛を描きながらも、その根幹は愛する人を思う気持ちを大事にすること。自分自身に素直になること。それを静かに、そしてしっかりと描いていたと思います。

全編通して大きな波は無く、淡々とした作品。その過度な演出に頼らないところが、作品自体の美しさをより引き立ていたと感じました。

互いの別れのシーンも言葉少なく抱き締め合うだけ。そして終盤の父親との会話のシーンも非常に印象的。

俳優陣の演技も皆当然のごとく迫真であり感動的でした。続編の話もあるみたいですが、ここで終わっておいた方が良いかも…笑
おむ

おむの感想・評価

-
同性愛をテーマにした映画でした。
映像も音楽もとにかく最高で、今でもあの夏が恋しくなります。

P.S. 某SNSにてフォロワーさまが、今年度トップ10に入るとおっしゃってて、首がもげるほどめちゃめちゃ頷いてしまいました。有難うございました(*ˊᵕˋ*)
Reir

Reirの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

男性同士のひと夏の恋のお話。

時間軸がやや前にあたり、男性以前に同性の恋愛に風当たりや偏見が今以上に酷かった時代。

やっぱり結ばれませんでしたね、HappyEND好きとしては辛いです。

でもBadENDという感じがしなくて、勝手ですけどTrueENDと思っています。

悲しい終わり方ですが、これが真実というか、あるべき結末とも思えるので。

HappyENDじゃなかったけど、なぜか本当にすごく惹かれた作品です。

ストーリーや進み方、BGMにキャストを含め、全てがとても繊細に丁寧に描かれてて、一切手を抜いていない所が、とても好感です。

そして男性声優さん好きとしては、入野自由さんと津田健次郎さんが吹き替えキャストで嬉しいです。

と言っても、好きとはいえ役に合っていないと吹き替えは1度見て終わりです。

あくまでも本来通りの字幕版で、買いたいほど好きかをもちろん楽しみながら観ます。

その上で、ぴったりのキャスティングだと思うので、スタッフさんには感謝します。

あとは最後、オリヴァーから結婚報告の電話を受け、エリオが涙を流すシーン。

悲しいけれど、とても美しく綺麗だと思い、ティモシー・シャラメさんに感謝です。

エリオが件の電話で、以前オリヴァーが「君の名前で僕を呼んで」って言った通りに、「エリオ」ってとても愛おしそうに呼んだ所も好きです。

まさかの結婚報告の電話でしたけど。

でも好きですので、あるかもしれないらしい続編にも期待です。
>|