pencil

君の名前で僕を呼んでのpencilのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.0
映画館で観る機会を逃してブルーレイで鑑賞。

2人の機微な心理描写が、決して多くないセリフの中にすごく出ていてその分グッときた。さらにそれを引き立てているのが彼らをとりまく周囲の人達の温かさや、北イタリアのキラキラした景色、それとSufjan Stevensの曲。

オープニングクレジットと、エンドロールがかなり好き。特に、エンドロールはティモシー・シャラメの表情から目が離せなかった。

まだどこかでやっていたら、映画館でもう一度観たいなぁ。