骨法十か条

ムーンライトの骨法十か条のネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト(2016年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

 黒人の貧困問題にドラッグ問題に同性愛にとマイノリティの1人の男性の成長の話。

 デジタル映画の強みなのか映像がやっぱり綺麗で話自体はマイノリティとして必死に生きる1人の男性が少年から成長していって、親友との王道のラブストーリーだと思いますが、映像が詩的なので良質な映画っぽさを前面に出ていたと思いました。

 麻薬の密売人が縄張りの廃墟を訪れたらいじめっ子から逃げていた主人公の少年と出会い、彼を家に招いて食事をさせ母親のもとへ帰す。主人公の母親は麻薬常駐者で男遊びが激しい。主人公の唯一の親友も1人だけいて。画面が切り替わると少年は青年になっていて、親代わりだった密売人が亡くなっているらしく。彼の妻との交流や親しかった親友との浜辺でのキス。最終章では密売人になった主人公が母親からの謝罪を受け、料理人になった親友と久しぶりの再会をして想いを吐露するのかしないのかのクライマックスがあって…。

 社会問題を根底にしたラブストーリーで秀作だとは思いますが、個人的な好みの問題として映画全体の演出が暗いし大きなうねりもないため110分が長く感じてしまいました。