ムーンライトのネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

無口で、俯きがちな少年シャロン。
シャロンを気にかけるフアンは、彼を海に連れ出す。そして、ある夜に老婆がフアンに放った言葉を話す。

ー月明かりを浴びて走り回っていると、黒人の子供が青く見える。だから、お前をブルーと呼ぶわ、ブルー
ー名前はブルーなの?
ーいいや。どんな自分になるか、いつかは自分で決めるんだ。周りに決めさせてはいけない。

崩壊した家庭、学校でのイジメ、LGBT。複雑な環境に置かれ、自分の言葉を二言三言しか話さないシャロンも、時に見せる笑顔は真っ直ぐで、純粋だ。一見成年になったシャロンは、置かれた環境に身を委ね、まるで違う人物になったようでもある。しかし、愛する人に再会し、月明かりに照らされる自分自身を見つける。
全体的に「見て、察しろ」という空気が流れてて、こういう映画!っていう感じの映画ひさびさに見たので結構疲れた(笑)。
シャロンは幸せになれないんじゃないかと不安ばかりだったので、ラストはなかなかよかったです。
フアンがなんでシャロンに目をかけたのかとか、なんで死んだのかとか、細かいことを言ったらキリがないけど…。
ケヴィンは再会後もあんな風にシャロンに優しくして、責任取れるのかな?
ノンケなの?バイなの?
息子もいて世間体とか気になるだろうし、このまま平和解決!とはならないよなぁ。
罵られて終わらなかったのはよかったけどさ…テレサいい奴。それに尽きる。
1番はシャロンの成長過程に驚いた。いやいやゴツくなりすぎっしょ(笑)ピアスも金のブリンブリンも完全に師匠のフアンの影響を受けてて、おぉってなったし、ご飯食べるシーンで金歯外した時「いや取れるんだそれ!」ってなった。レストランでケヴィンがシャロンにかけた曲のチョイス…ナイス。

総評として派手なストーリー展開とかはないけど濃いぃヒューマンドラマがあって見ごたえがあった。けどなんか物足りない感もある。広告業界志望としてはこのフライヤー作ったクリエイターのセンス凄すぎと感心してしまった。あと宇宙兄弟でシャロンって女性が出てたけどシャロンは男性と女性、両方いける名前なのかな?それもあってのオカマ扱いなのかと勘ぐってしまった。
ピントが浅くてコントラストが高くて、影が青くてきれいだなと思った
フアンがあまりにも簡単にいなくなってしまって、え〜と思ったけど、全体通すとフアンのことも少年院のこともあの程度でよかったと思う
最後のカットよかったなあ
アカデミー作品賞を獲ったということで鑑賞。

難しい話だった。
マイノリティとして生きることはどこの国でも未だ簡単ではないのだろう。
シャロンの世界も幼少期から青年期まで圧倒的に困難な状況であり、
自分の本当を隠して、
いじめ、親子の関係、自分を救ってくれた人の退場にただひたすら耐え忍ぶ・・・

そんな息苦しい人生の中で、捨てられなかった想いがラストようやく叶って、
そっと寄り添う2人に、夜明けとともに明るい何かがやってきて欲しい、
小さな祈りを覚える映画でした。
二度と手に入らないもの
取り戻せるもの
取り返しのつかないこと
忘れられない思い出
忘れようとした思い出
大事な人たち、優しい人たち


個人的にいちばん印象に残ったのは、ブラックと母親の会話のシーン
親という立場は、絶対的で、
どうしようもなく勝手で、
子供に対して絶対的に対等じゃなくて、理不尽で
その複雑さを抱えて生きていかないといけないことに、絶望したり救われたりする

もちろん親に限ったことではないけど
シャロンとケヴィンの関係しかり、
人間の関係性ってなんでこんなに複雑なんだろう

その複雑さをとてつもなく繊細に描いた映画だと思った
思うことが多すぎて言葉にできない

すごく美しい映画
麻薬、ゲイ、人種差別、貧困ってシビアな社会問題に触れる内容だったけどなぜか安らぎみたいなのを感じられた
海行きたくなった

フアンがお父さんだったのか…
いつだってどこか社会から少し外れた環境に置かれた主人公のお話。

心の拠り所はどこにあるのだろう。親?友人?教師?
荒んだ社会の中では自分の気持ちに正直になるだけでは生き残れない。
色々なものに見放されたかに思えた主人公に一筋の光を見出すようなラスト。

最後に人間を救うのは結局「愛」なんですよ!

ってトルストイが言ってました。
シャロンには、逃げ込める場所と人に出会えてまだ良かった。
偶然の出逢いのファンとテレサのカップルが現実の拠り所になっている。
印象的的なシーンは、海岸迄のヤシの木が海風に揺れる道と、ケヴィンとハッパを吸いながら交わす詩の様な会話。
売人になったシャロンの車にもファンが飾っていたゴールドの👑があってニヤリ。
母親に怒鳴られる悪夢で飛び起きるシーン。😱
青年期パートで主人公がやけにゴリゴリになってて最初誰かわからなかった…。

青年期にケヴィンと会った時の主人公の無垢な笑顔好き。

色彩綺麗だなーって思ってたら、こんな事情があるらしいね☟
https://miyearnzzlabo.com/archives/41605

フアンが「自分の人生は自分で決めろ、人に決めさせるな」的なこと言ってたけど、そんなものは所詮綺麗事の理想論でしかないのかね…。結局流されるがままに流された主人公の遣る瀬無さね。でも反対にケヴィンは抗って料理人になった。本当に理想と現実って感じの対比よねこの二人は。
>|