ムーンライトのネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ひとつの役を3人が演じていたけど、同じ目をしていたのが素晴らしかった。つねにシャロンだと思えた。
シャロンの、ケヴィンに殴られるときの顔つき、ケヴィンと再会して「触れたのは1人」と訴えるときの表情が好きだな。

リトル→シャロン→ブラックで役者が変わるから、時間の流れがすこし急で、お母さんとの和解があっさり終わった感じ。
フアンは亡くなり、テレサは最後には登場しなくなるけど、つねに存在感があるのはすごい。

うーん、あと何年かして、もう一回見たら、また考えが変わる気がするなあ。
パッケージがお気に入り。
題名からして芸術的な感じかと思いきや、恋愛ものと気づき驚き。
それでもどこかアンニュイな雰囲気が
抵抗感なく観させてくれる。
回転させるカメラワークが多い。

"黒人が人類のはじまり"
嫌いじゃない映画。
ダメでしたぁ(*´Д`*)

お子ちゃまな僕には、
全く合わない作品でした💦


性や時を超えた、普遍的な愛??
純愛??


何が言いたいのか、何を伝えたいのかサッパリわからなかったです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


この作品の本質はどこにあるのか、
僕は残念ながら理解する事が出来なかったようです。
無念じゃ、、、。


アカデミー賞作品賞でなければ、観ることはなかったですけど正直、

「え??これがその年のNo.1映画??」
と思ってしまいました。

好きな方には、ホンマに申し訳ないですが。


皆さんそれぞれ、嫌いや苦手なジャンル、作風、テーマがあると思いますけど、この作品は自分にとってその要素がてんこ盛りで、逆にテンションが上がりました♬



愛?
LGBT?
貧困?
黒人差別?
ドラッグ?
スクールカースト?
一体何にスポットを当てているのか、
何を観てるのかわからなくなった💦


シャロンという、
1人のピュアな男のラブストーリー?
やとしたら、絶対観ないやつ(*´Д`*)


男女のラブストーリーでさえも、あまり観ないのにww


それに、自分が1番大切にしている、映画に求めている、
ワクワク、ドキドキ、ハラハラの要素がなく、重く、静かで、起伏なく淡々と進む展開も苦手でした。


同じテーマでも作風が違っていたら、もう少し刺さったかもしれません(*´Д`*)


登場人物の誰にも、感情移入も共感も全く出来ないというまさかの展開に、自分でも驚きました💦


ケヴィン、そんなに殴る?
親友やろ??💢

シャロン、いくら憎くてもいきなり後ろから椅子で殴る?
どんなキレ方やねん!!
なんで、それで即逮捕??

夜のビーチで手コキすなw!!



良くない考えですが、ラストの波の音の余韻で、なんとなく良い映画風にまとめたような穿った見方をしてしまいます(*´Д`*)


唯一、タイトルの「ムーンライト」の響きはいいと思いました(^^)♬


またいつか再鑑賞すると違った印象になるのかもしれませんが、今回はこの辺にしときます( ´∀`)
昨年度のアカデミー賞作品賞、観る前からワクワク😍 あの。LaLaランドを抑えての受賞。 楽しみ楽しみ🤩

これは、現代の時代背景を鋭く切り取った作品だ。 まだまだLGBTには、理解されない風潮があり、描いてる私も頭では理解するものの、知識は微々たるもの。
そして、何より同性で手を繋ぎ歩いてるカップル【特に男性組】を目の当たりにすると少し固まって、凝視してしまう😳
愛の形は自由なのに、批判側に立ってしまっている。 まだまだ人として色々足りないんかな(;´д`)

作品に関して、印象深いシーンというのは、特に無い。 ただもうひとひねり欲しかった! 例えば、数年後に掛かってきた親友ケビンからの電話、あれがケビンになりすまして、復讐するレゲエ野郎とか、、、。 少しバイオレンスな要素🌚とか

趣旨が変わるから無理だけど、この映画のテーマはLGBTやんな? そうやんな?
皆さんのレビュー見てみよう(∩゚∀゚)🌼
大人になったシャロン(トレバンテ・ローズ)が強面なのに、最後のシーンはすごく可愛い目をしてて、内面は何も変わっていなかった所。最後の二人の沈黙がすごく良かった!
トレバンテローズ!この映画て初めて知ってインスタをすぐフォローしてしまった。
高校生の時にすごく傷ついて、自分の過去全てを忘れそようとしてたのは、それだけケヴィンの事が好きだった。
黒人ムキムキの強面が「誰にも触れさせてない!」なんて、キュンキュンする。
麻薬とか、イジメとか、性差別とか色々と重々しい内容ではあるけど、純粋に観ると少年の心がどう変わっていくか、って所をジーンと味わっていって、最後は良い余韻に浸れる素晴らしい映画。
でも、好きなジャンルではないのでスコア4.0です。
まとまりなくてごめんなさい🙏
この映画の良さって差別云々マイノリティ云々というよりも、
あの映画自体が、としつきを経て自分を守る鎧を手に入れてもなお無くなりはしなかった誰かの心の柔らかい部分に触れてしまう稀有な体験で、
主人公は白人でも女性でも異性愛者でも構わないんじゃないかと思う
優しくて物悲しく、心に残る映画
前知識全くなく見た、母親がなんとか〜みたいな予告は見たことあった為、感動系ヒューマンドラマかなって思っていた。
しかし実際見たら男の人を好きになる話?だった(そんな一言で表せる物語じゃないけど…
じんわり染み入ってくる、不思議な映画。

カットや主人公の表情、音楽の入れ方や間、どれも印象的。

マイノリティ社会の、やるせない日常を描きながら、1人の黒人男性の少年期、青年期、成人期を追っていく。

痩せ細った青年期までのシャロンから一転、成人期のムキムキ💪に変身して登場した時には、どう展開していくのかとハラハラした。

ケヴィンからの電話の後、名残惜しそうに携帯電話を耳から鼻へ、口へと撫でるように滑らせていく、あの感じが凄くキュンときた。見てくれとはかけ離れた、変わらないシャロンがそこに居た。

ラスト、シャロンはやっとぐっすり眠ることが出来たのだろうと、そう願う。
母親は薬中。学校に行けば虐められる。見かねたフアンはシャロンに心を開いてほしいと接するが、母親にヤクを売っているのはフアン。心を許していた親友ケヴィンには大勢の前で暴行される。

時は経ち、母親は職を見つけ更正する。ケヴィンは刑務所に入ったが、調理師として息子の為にも働いている。

そんな中、シャロンだけが傷を抱え、そして誰を傷つけるわけでもなく薬の売人をしている。昔のシャロンなら考えられないだろう。もっとちゃんとした仕事について欲しいと周りは思うが、誰がシャロンを責められようか?みんな勝手に自分の都合で生きてきたくせに。その影でどれだけシャロンが傷ついてきただろう?
それでも冒頭のフアンの言葉。
「周りがなんと言おうとお前が決めるんだ」
これから先フアンのように早死にするかもしれない。だが、生まれ変わったシャロンは売人としてゲイを隠しながら生きることを選んだのだ。辛さを海で癒しながら...
音楽は美しい。クラシック音楽が以外にもマッチしてた。

人間の心情がめっちゃ細かく描かれてた。

ブラック編は終始切ない。まず、シャロンがフアンになっていた。そうせざるを得なかったのかな…
そうさせてしまった母親の心情も描かれてて、そこも切ない。
ケヴィンとの再開だって切なかった。

全編上品な仕上がりでお洒落な印象でした。
>|