ムーンライトのネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

大好きなevery nigger is a starから始まって興奮。悲しいループと綺麗な映像の釣り合わない感じが印象的だった言葉が少なくても表情でシャロンの純粋な気持ちが伝わってきました
まだ展開があると思ってたら終わっちゃったけど好きだなぁ無駄な性描写がないところもすき
当時映画館で観た時あまりにも音楽と波音が心地良すぎて寝てしまった!なんて勿体無い事をしたんだろう。
この映画は周りの環境に馴染めずどうにかして溶け込もうと自分のアイデンティティに嘘をついた事がある人なら誰しも思い当たる所がある作品だと思います。青の使い方が印象的で自分はこうであることを決めるシーンは青が増えている。 パトカーに連れて行かれるシーンでシャロンが真っ青のTシャツを着ているのに対してケビンはグレイのTシャツをきている ケビンは周りの環境に流され自分のアイデンティティに正直に慣れなかった、、、
そういったディテールに目を向けると 結構短い時間で映画が終わります 本当にこんなに繊細な映画は見た事が無いです。
私の知り合いにも学生の頃にこういう経験をしてる男の人が居るから身近に感じる話だった。

同性愛は良いんだけどただなんか、どうしてもケヴィンがショーンに同情してる感が強く見えてなんだかなって感じ

ケヴィンがショーンに対して
「そんなのおまえじゃない」「おまえは誰だ」とか言ってたけど
それは本人が決めればいいことだと思う。
自分のことは自分にしか分からないことがある。

過去の自分を捨てたくて、変えたくて努力して強く見せるように自分を変えたその精神が素晴らしいと思う。
そして皆の中でのショーンに対してのイメージを大人になったショーンは気にしていた・・・
あのオカマキャラとかいじめられっ子というイメージを取り払うために自分を魅せることに必死で頑張って過去と葛藤しながら強く生きようとしてる様子が伝わってきた。

子供の頃のショーンにファンが言ってた
「その時が来たら自分の道は自分で決めろ人には決めさせるなよ」
の言葉にグッときた。

売人なのに面倒みが良い子供好きな感じのファンいいなと思った

あとショーンとファンの海のシーン綺麗だった。
仕方がないってこうするしかないって塗り固めてきても、時間が経つとさらに仕方が無くなるように感じる

子供と親と周りの人間が、ずっと同じなら変わらず繰り返していくんだなと思った
人が成長していくところに目が行く

いろんなところにいろんな事情がぶつかって、簡単に解決するものでもないし
子供の周りにあるのは人生の縮図って感じ

いじめとか家庭環境とかジェンダーとか自分にある外からの見られ方はあるけど
シャロンが生きていく事にシンプルに寄り添って見れる映画だった

ラストの照らされたリトルが綺麗
(思ったことをとりあえずバーッと書いているので、後で修正加筆しようと思います)

こういうストーリーです!ここが一番見せ場だよ!というような映画ではないので、説明するのは中々難しい…。
でも、映像の美しさ、魅力的な登場人物、シャロンか生きている世界と彼の気持ちを少しずつ理解していく過程に興味が失われなかったので、あっという間の1時間50分だった。
これで、終わり?!早かったな…という印象。
全体的なテンポは淡々としているので、つまらないと思う人もいるだろうな、とも。

ゲイということでいじめられ、母親は麻薬中毒…という幼いころからヘビーな辛い思いをするシャロンだけど、テーマをそこにばかりフォーカスしている印象ではなかった。「彼が生まれた境遇がどれだけ辛いものなのか」「可哀想な男の子」「幸せになる道を探していく」という単純な終着点を辿るのではなかったのが飽きない理由だったと思う。

せっかちな人から、この映画は何を伝えたいのか?テーマはどこにあるのか?という質問が来た場合は、一言でなんと言うかの答えは自分の中に持ち合わせていないので(一言で言える人なんているんだろうか…)観ていない人に簡潔に伝えることは難しい。

子どもの頃に会った魅力的な大人、大嫌いだった大人や友だち、初恋の人、親との確執はどんな人もそれぞれの経験があるだろう。
日本の(おそらく)標準くらいの家庭で育った自分と、シャロンの境遇ははたから見るとかなり違うのだが、自分が今までに経験した幸福感や悲しみ、葛藤、閉塞感などを思い起こしながら、この映画を観ていたようにも思う。むしろ、シャロンの境遇がとても重いものだったために、自分の中で思い起こした感情は、異常に強調されたものになっていたような。
静かな映像を観ながら、湧き出てくる感情を追い続けていたので、そ全く終わりが予測できずにいた。
でも自分たちが生きている世界ってそうだよなあ、常に複雑な状況と感情で埋められて時間が過ぎていくよなあ、自分の人生の最低最高点とかクライマックスがどこかなんてわかるわけなんてないよなあ…。

テレサは、何かの映画で見たな…美人さんだよなあ〜って思ってたら、「ドリーム」の勝気な美人さんでした!(ドリームでもとっても素敵)
あと、学生時代に殴られてかけつけた警備員さん?の超長髪ドレッドが似合っててかっこよい…。
アカデミー賞を受賞した作品ということもあり気になっていました。huluで配信開始したのでやっと観賞。

ここ最近、黒人の社会問題やLGBT作品を多数観賞。

またでしょ、とちょっと思うかもしれないのですが、この作品は見てほしいです。
ジワっと後からくる好きな作品でした。

物語は幼少期、青年期、成人後の3部作からなります。

◼︎幼少期 自分で自覚がないのに周りがシャロンが他の子と違う事に気付いて虐められるシーン。
シャロンの悲しい目を麻薬売人のフアンが救います。

母親もすごく悪いならまだしも、憎めない感じかやっかい。

ですがフアンとテレサの愛情に、見ているこちらが救われました。

この時フアンから言われた「自分の人生は自分で決めろ。他人に決して決めさせるな」が後の成人後に繋がります。



◼︎青年期 原因不明にフアンが亡くなっていて悲しかったです。
でもテレサの愛は相変わらず。

自我が目覚め、物語の大きな転換期を迎えます。



◼︎成人後 なんとマッチョのシャロン。
初めはフアンかと勘違いする程激似。
同じような道に進んでいました。

お母さんとの和解や、ケヴィンと関係を前進させ、自分を受け入れられたシーンは、心にじーんときました。



◼︎まとめ:これが良い!と上手く表現出来ない映画で好みは分かれると思います。

というかシャロンはゲイというより、内面をちゃんと理解してくれたケヴィンが好きで、たまたまその人が女性ではなく男性だった、、、というだけではないのか。


私はLGBTではないけど、男女関係なく人として好きになったんだ、とかエンディングも想像させる系なのも高評価のポイントでした。


後から見るとこの映画のポスター凄く良いと気づきます。
置かれている状況や、その時には覆し難い困難をジッと堪える。

人生はままならず、大部分では悲劇。

自分で人生を切り開け、そう教えてくれた人の思いとはかけ離れた自分。

不遇の時を過ごし、わだかまりを抱え生きた人達がもう一度向き合う時、大きなカタルシスと共に、月明かりに碧く照らされた在りし日の自分が立っていた。

魂の浄化、ラストのシャロンの顔が全てを物語っている。

とても味わい深い作品だった。
日本にいるから知らない貧困国などの問題が映される中でのlgbtへの差別などといった世界的問題を取り上げていたが理解しにくく難しかった。
フロリダ州マイアミのアフリカ系アメリカ人のみが住む貧困地区が舞台らしい。

私もアメリカには東部、中西部、西部と住んだ事があるけど、実際にここのような一つの人種だけが住む地域は見たことがないので、この手の映画は、分かりやすい設定の為にデフォルメされてると思い込んでいたけど、こういった場所は誇張される事なく実在し、登場人物のモデルもいるらしく、それを知った時点で、この映画の持つ意味とかよりも、ただ現実を受け止めなければならないんだなと思った。

貧困、LGBT、人種、麻薬、イジメ、刑務所、育児放棄、家庭崩壊、
世界的一の大国である一方、アメリカ国内の持つ殆どの闇要素を、美しい情景とともに淡々と描いている。
ここに受賞の意味があるんだろうね。

だけど、最高峰の賞を獲る作品としては、やはりもう少し脚本には高いクオリティが欲しかった。
それが正直な感想。
最後まで出そうなワルだが優しい系お兄さんがすぐ死んじゃっててかなしい

全体的になかなか共感しにくい

役者演技うまい
>|