ムーンライトのネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

演技も作り込み方もすごい。映像も引き込まれる感じ。ストーリーも素敵だったけど、個人的にゲイの要素を含む映画は感情移入がしづらい、、単純に求めていたものと違った。
2017アカデミー賞作品賞。
主人公の成長に合わせた3部構成。固定しない揺れるカメラワークが多かったように思った。親の愛を受けられなかった幼少期に出会った売人のフアンを辿るように売人へ。親を蝕む薬と分かっていながらも売人に。分かっていてもそうしてしまう無情さ、人間の性。
伝えたいことは分からなかったが、他の方のレビュー読んで、黒人、性的マイノリティーへの差別とそれを超えた愛がひとつの大きなテーマ。
母がヤク中でどうしようもなく、いじめられっ子で居場所がないシャロン。
麻薬売人役のフアン(マハーシャラアリ)がシャロンに居場所を作り、救おうとする。
しかし、シャロンの母に麻薬を売っていたのはフアンだった。
フアンはその後恐らく麻薬売買の関係で死んでしまう。
それから、成長したシャロンはフアンの女の家によく助けてもらうことに。
居場所がないシャロンにケヴィンが現れ、愛を与えてくれようとしたが、、、。
ゲイであると母に言われてからシャロンはそう思い込んでゲイになったのか。
もとからそうであったのか。
環境によって人間は性格や人生までも変わってしまう。
緩やかに進む夜に見るのにオススメな映画。
正直この映画が公開された時に私はlalalandに夢中でしたので大して目を向けていませんでした。netflixで配信されたので目を通しましたが、結果的にいうとかなり想像してたものとは違い不思議な話でした。
主人公の半生が三つのパートに分けられて語られている話なのですが大して多い情報は語られません。ただし主人公の周りにいる人はなるべくフォーカスして、同時にその人たちも同時に年数を経るごとに様々な変化をしていくのがすごくリアルでそれでいてどこか懐かしみを与えるそんな作品でした。
個人的にはナオミハリスの演技がすごくこちらにグッと食い入るような感じで本当にすごかったです。
主人公がここまで最初から最後まで変わらない映画も珍しいですね
観賞メモ

周りに流されるなと言われて、結局周りに流されてしまう主人公。
そういう生き方しか選べない主人公の境遇。
それと対比するように最終的に自分で道を選んだ主人公の友人。

対比の見せ方が見事。
最終カットはこれからの人生の選択肢を問うている。

作中でBGMを多用せずに、終始シリアスな雰囲気を作り出しているのは、この映画にとってプラスに働いていると思う。
泣きすぎて自分が水滴になりそうだってケヴィンと話してるシーンの生々しさも良かったし、ご飯屋さんで流した曲も良かったし、俺に触れたのはお前だけだってセリフもなんか凄い良かった、あーー良かった難しかったけど
悲しいな、、、。
主人公シャロンは、大人になって強くなり、昔よりは幸せそうだけど、せっかく会えた好きな人、ケヴィンは真っ当な仕事をしているし、、ケヴィンはシャロンのことをけなしたりはしなかったけど、でもケヴィンは息子もいるから、売人のシャロンとはあんまり仲良くしないんじゃないのかな。。。と考えた。なんか切ないよ、、、

映像とか綺麗で好きだな。やっぱみて良かったと思う!
ここで終わり?って感じだった。

色使いめちゃめちゃいい。
シャロンと母親の対比の場面とか。

大人になってゴリゴリになっても変わってないのがいい。ファンに憧れた結果なんだろうなぁ。
母親にタバコの火をつけてあげるシーンが好き。
・画がきれい、カメラワークがすき
・フアン夫婦が素敵だった。「オカマってのはゲイを不愉快にさせる言葉だ。」

・ケヴィンの恋愛的な気持ちがよくわからなかったけど、友情とか、若さゆえの弱さとか、本当の幸せを先に見つけていてブラックをそちらに導けるのもケヴィンしかいないんだろうなとか、そういうことは感じた。

#13

ラストは絶対バトエンだと思ってたので
ラストの会いに行くところからの流れは愛おしくはあるが
情熱が足りないというかなんというか…

んーなんか説得力にかける映画だなと
>|