ムーンライトのネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

自分に殴りかかるケビン、昨日の浜辺での出来事が有ったから?
氷水から顔を上げ鏡に映る自分を見る。
強くなりたい、変わらなきゃ、自分がLGBTである事も含めて、苦悩、葛藤、


ケビンからの電話、ようブラック、再会、体に感じる風、優しい時間‥
ヤク中の親からの虐待、イジメ、LGBT差別を受けてきた男の子の話。三部構成で少年時代、青年時代、大人を描きチャプター名は主人公の呼ばれ方で統一されていた。話としては淡々とそれぞれの時代で物語が進んでいき、特別盛り上がるといった所はなかったが、全編を通して音と画の使い方が非常にうまかった!主人公が無口でほとんど喋らないこともあり、セリフ以外の仕草や音、カメラワークに集中する。Mommy程ではないけどクラシック調のBGMと美しいカメラワークでまるでミュージックビデオのPVのように見える。話に盛り上がりがないけど映像の強みを活かしてるから不思議と飽きることなく見れてしまった。
あと出演時間が30分ほどしかない中で助演男優賞を貰ったマハーシャラアリは凄い!
見終えた後は、めっちゃぼんやりした終わりかたじゃん!って思ったけど、数時間経つとじんわりしみてきた。
最後シャオンの恋が成就したのかは分からなかったけど、拒絶されることなく受け止めてもらえたみたいでよかったなと思った。
1部では母親からもらえなかった愛情をフアンやテレサから受け居場所ができる。2部ではケヴィンに対して恋心(自覚はしていない?)を抱くものの、お互いに一方的なものですれ違いが起こる。3部では虐待をしてきた母親が反省して愛してると言い、長年燻らせてきた恋心をケヴィンにぶつけて受け止められる。シャオンの身の回りの親子の愛や恋愛の問題が、最後の3部でまとまっていてすっきりした。
ある黒人の人生を描いたドラマ。三部構成になっていて幼少期はシャブ中の母親に虐げられ友達にはおかまといじめられ、青年期で切れて少年院送り、成人になったら麻薬の売人。
成人編始まってから気づいたラブストーリーって事に笑
子供時代そんなに引っ張ってると思わんよ。
重すぎるわっ、
勘弁して!
っていうのが第一印象。笑


凄く惹きつける内容だけど難しい問題をテーマにしているので、観ていて途中で投げ出したくなったのを堪えて観ていた💦💦


主人公に影響を与えた母親と親友ケヴィンに対して無責任さを感じ憤った。

三部の母親。
「私はロクでもない親だった、ごめんよ…」と言うが、深夜に会いたいと電話してくる。結局は未だもって主人公を振り回してる。しかし、それを言われた主人公は、母親を許すしかできないわけで。
「売人をまだやっているの?」と尋ねる。それもまた今の彼を否定しているわけで…
(もちろんお薬はいけません)


久々に再開した親友ケヴィンも、
「昔のクラスメイトと結婚して、今は別れたけど、子供もいるし別れた奥さんとも関係良好さ、ハハッ」と自嘲気味に話すシーンに何だか違和感。

いや、あんたは幸せかもしれんけどさ、と思った。


主人公がヤクの売人をやってると聞いたら「嘘だ、お前がそんな事するわけねぇ!」と言う台詞。これにも観てい憤り…

いやいや、貴方も原因の一つよ!
と言いたくなったよ💦


じゃあ、今の主人公は幸せなのか…、と冷静に考えてみる。
ヤクの売人という人に言えない仕事をしているが、鍛え抜かれた体や、持っている高級車、スゲェ金歯(ケヴィン談)を見ると、過去を乗り越え自立できているという点で、今の彼は幸せだと思う。


なんかそんなこんなで凄く考えさせられ、テンションがズーンッと落ちてしまった💦💦💦

こういう話は難しいね😅
ゲイで黒人で母親がドラックの常習者。マイノリティの少年シャロンの人生を三幕で描くヒューマンドラマ。

理解のない環境で傷つけられていくシャロンは生きるためにタフにならざるを得なかった。

彼の鍛え抜かれた身体やマッチョな立ち振る舞いがこれまでの境遇を思わせて胸が痛くなります。

だから、ケビィンとの再会にそわそわとするシャロンがいじらしかったです。

辛くやるせないことがあっても、世界には美しさもあると思わせてくれる、じんわりと沁み入る映画でした。
ジャケ写はLittle, Chiron, Blueだったのか 全然気づかなかった
予告とか見たからわりと期待通りの暗さと起伏のなさ(?)だったけど、もどかしさというか、やるせなさというか、そういうのもあった あの母親、、
ブルーに見えるとか泣きすぎて水滴になりそうとかきれいな台詞いくつかあったし映像もきれいだったけどいじめとか薬とか差別の内容もその映像の中にあるから安易に「きれいな映画」とか言いたくない
これアカデミー賞取ってなかったら日本でこんだけ広く公開されてたのかな
あと内容関係ないけどごついメタルのアクセサリーはやっぱマッチョな黒人がつけるからかっこいいんだと思ったwそいえば黒人以外ほぼ出てこなかったなあコミュニティの中だとあんなかんじなのかな
全シーンを通してシャルル役の演技が凄い。自分の心の中に一石を投じられた気持ちになる映画。もう少しファンとのストーリーが見たいと思ってしまった……ああいう人間(バイヤー)しかマトモな人が周りにいなかったのがなんとも言えない気持ちになる。また年月を空けて観たいと思わせてくれる映画でした。
アフロアメリカン(という言い方で合ってるかな)であり、ゲイという二重のマイノリティーである青年の物語。
親友ケビンとの会話がよかった。浜辺のシーンとか。
音楽も素敵。
シャロンの最後のセリフ、静かに物語が進んで行く中でこんなに強い想いを抱えていたんだと正直驚いた
シャロンの周囲は、目まぐるしく変化していき思い通りにならない
その象徴が売人になっているシャロンだろう……でも中身はそのままに生きていた力強い想いに心打たれた
>|