ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・評価

    マイノリティとしての主人公の単純な葛藤だけではなく、その自分のアイデンティティと向き合い、進んでいく姿を、実に美しく描いた傑作。
    私は黒人でもないし家庭環境は悪くないしゲイでもありません。シャロンとの共通点なんてほとんどありません。しかしながら、どんどん彼という人物に引き込まれ、心に響いていきました。不器用なまでの葛藤はとても切なく、美しい表現をされていたのです。
    映像面に関してもそれは同じで、月明かりに淡く照らされる姿、街頭の色が濃く感じられる姿、、など、照明効果が素晴らしい。登場人物には黒人しかいませんが、黒人ならではの美しい色合いの画面に仕上がっていました。
    ただ苦しむだけ苦しんで鑑賞者に何かを感じさせる作品ではなく、この苦しい中での彼の生き様に心揺さぶられる作品でした。
    全体を通して、まるでシャロンの人生の転換期を切り取ったような作品で、大きな盛り上がりはありません。その淡々とした演出こそ本作の良さでもありますが、正直分かりやすいエンターテインメントのほうが好きな身としては、好きかどうかは微妙なところです。
    とはいえ、
    フアンやケヴィンとの思い出の象徴となる海や、母親との関係、様々な要素が一貫して描かれており、構成力は抜群です。その中でとても重要だと感じたのが「食事」のシーンです。個人的に映像作品での食事シーンは注目してしまう癖があるためか、シャロンを取り巻く人間関係を絶妙に表現していたと感じます。
    彼の父親的な立場として現れるフアンはまず飲食店で御馳走し、フアンの恋人テレサは手料理を振る舞ってくれます。シャロンと互いに心を開いた証として食事というキーワードが取り込まれていたように感じます。
    3部構成でいう第1部は特にその食事シーンは印象的ですし、心に大きなショックを受けることとなる第2部では独りで食事しているシーンなんかもありました。ケヴィンとの肉体的な繋がりができるのは第2部ですが、真につながることの叶わなかったこの時には、食事というパーツで彼らが表現されることはありません。
    第3部で料理人となったケヴィンが飲食店で手料理をシャロンに振る舞うことになるのですが、まさにテレサとフアンの2人の要素を盛り込んでいると感じました。環境により様々な苦痛を感じていたシャロンが、ついに報われることになるこの場面。大きく純粋で不器用な愛を確かに感じました。
    共通点の少ない人にここまで引き込まれ、その美しさを感じることができる映画体験となりました。単純な好き嫌いでいえば好きだと言い切れる作品ではありませんが、非常に完成度の高い、今観るべき作品といえそうですね。
    saba
    4.0
    バキバキの映像美。奇跡の恋愛映画。
    〜 どんな虐げられても、受け入れてくれる人はきっといるぜ!人生は。


    カメラワーク
    人物バックショット、
    水面からの洗礼カット、
    砂浜のカット、
    ほぼ全編。

    手持ちカメラ、アングルはワイルドで、
    美しすぎる映像トーン。
    肌の質感。光のハレ。水中の洗礼。メシ。
    手のコミまくった映像美

    男の子の演技。
    虐められそう。

    名言「自分で決めろ」
    名言「お前だけだ。」

    キャラクター性
    近所の粗暴だけど優しいオジサン。
    暑苦し距離感
    肝っ玉母ちゃん的な優しさ。
    適度な距離感
    でも、シゴトはドラックディーラー。
    いかにもイヤないじめっ子たち。


    貧困、差別されてる状況がわからん。

    母親、泣いたところで許される問題?
    息子も受け容れるの?納得できず。
    少なくともあの段階では怒れよ。

    友人がバイ。奇跡的過ぎないか?
    結構フツーのハッピーエンド感。

    さすがにマッチョになり過ぎでは?

    砂浜の砂でゴシゴシはちょっとキモい
    性的表現抑えるなら、
    もっと控えるべきでは?
    下高井戸シネマにて。
    「LGBTの映画」とか「黒人たちの社会を描いた映画」っていうあたまで観に行くと拍子抜けするはず。そういう、普通ならキーワードになりうる何かはただ、LittleあるいはChironあるいはBlackという一人の人間の人格の一部として、誇張されることなく描かれている。テーマは「LGBT」でも「人種問題」でもなく、あくまで彼について。
    まだ何者でもない”Little”がJuanに出会い、Teresaに出会い、あらゆる人間関係や痛みの中で”Chiron”になり、Kevinとの出会いを経て、何者かになるためにもがいて”Black”になっていく。
    3人の俳優たちがそれぞれの時期のChironを演じているけれど、外見は驚くほど変わっていくのに”Little”から”Black”になっていくまで彼の「眼差し」が一貫している。特に”Black”はその外見から全く”Chiron”とわからないけれど、彼がKevinと再会してからの顔つきはまさしく”Chiron”、そして”Little”そのもの。一見した”Black”は”Chiron”や”Little”と別人だけれど、”Black”の生き方は、”Little”や”Chiron”だった時期に撒かれたあらゆる種が発芽した結果であって、ある一人の人間のもっている人生の不思議な一貫性みたいなものを、目線ひとつの繋がりで表現している3人はすごい。
    受賞作だから、LGBTの映画だから、黒人についての映画だから、何かメッセージを受け取らなければ。と思わず、先入観なく観た方が結果として得るものが多そうな映画だと思う。
    カメラワークがすごく主観的だったのが印象に残った。
    最後、彼が振り向いて、画面が真っ暗になって、その姿が青っぽく残っていて泣きそうになった。
    l
    -
    阿佐ヶ谷のユジクにて。なにがいい生き方だとか悪いだとか多分あるけど、わたしはスカッとしたぜ。椅子でブン殴ってから、幼い自分に手を差し伸べてくれたフアンと(望んだかはしらないけども)おなじ職に就いて、海で素敵な時間を過ごしたケヴィンだけを想い続けて。
    たしかに物語の2/3は辛かったけど、
    最後の母親の言葉で、わたし含めてあちこちからズズッと鼻をすする音がきこえた。母親って本当に狡いよね。自分が母親になったら、とたまに考えるけど、テレサみたいになれたら最高なのかもしれない。おっぱいあれくらい欲しいなってちょっとだけ思った。
    とても個人的な感想は、忙しくて死んでいた心が生き返った、くらい、この映画を観れてよかったです。
    MariLily
    4.0
    こういう映画がアカデミーをとって、映画史に残るのは個人的に嬉しい。
    主人公の環境の中では、選択肢が少ない人生を歩むしかない背景が何とも暗く感じてしまうが、ずっと俯いて、黙って、聞かれても「知らないくせに」と言って本音を言わなかったけど、最後の最後に自分の本音(気持ち)を伝えるのは題名通り、暗闇の中の月明かり(希望)を感じた。愛はすごい。静かだけど、私の心に残る作品。
    tr
    4.4
    図らずも「ダイ・ビューティフル」とLGBT映画二本立てになってしまった。
    全編にわたって美しい色。
    どこかしら青が入ってたり青みが強いカラーリングの画面はアデル、ブルーは熱い色を思い出していた
    それだけに青が入り込まないシーンが印象深くて、車で別れるシーン、電話のシーン、あそこにはなにか希望や光を感じる
    全編光は非常にキーになってるんだけど…
    役者陣はそれぞれ演技が非常に素晴らしい
    特に青年期を演じた主人公、彼の絶妙なナヨっと具合は最高。あんな私がいたし、あんな彼女や彼を私は知ってる
    海でのシーンもどれも非常に素敵でロマンチック
    二度目の海、ああ彼は受け入れてもらえたんだなと心の底からじわっときた
    なんてったって行為の描き方の品の良さよ
    その後にあのシーンがくるから絶望、悲しみ、混乱
    シャロンがいじめられているところはカメラワークがぐるぐる回ったり激しい手ブレで、それがシャロンの内面を映し出しているように感じた
    大人になったシャロンの筋肉や装飾品、高級車は彼の心を守るための鎧
    彼は手下の前では堂々としているのに、ケヴィンの前では俯き、言葉を選んで口にする繊細な子供がそこにいることに、ほんとうの彼の心に触れたのは目の前のあなただけなんだよって、あの告白がすごく切ない
    時々入る食い気味の編集とか、音楽の使い方ももっとじっくり味わいたい
    ああ、もう一回観たいな
    ニッガと語尾につけるメンという表現を一万回くらい聞いた映画は初めてでしたが、僕はとても好きな映画でした。

    「俺(の心)に触れたのはあれ以来一度もない」というシーンがやはり頭に残っています。

    ちなみになぜかケヴィンがシャロンにシェフのおすすめを作っているシーンで泣きました。
    2人のその後を少し描いて欲しかったな...!

    要約すると「愛はきっと奪うでも〜」ってやつですかね。すいません。
    えーこ
    3.8
    マイアミの貧困地域に暮らすシャロン。
    学校ではいじめられ、家ではヤク中の母親にほったかされ、
    同級生のケヴィンだけが唯一の友だち。

    少年期、青年期、成人期?と3つの時代で構成され、
    シャロンを3人の役者がそれぞれ演じている。
    キャスティングの決め手は目、その瞳の奥にある脆弱性だったとか。
    ほんとだ、彼らは同じ目をしている。

    いじめっ子から逃げてきて、フアンと出会う。
    「自分の道は自分で決めろ、他人に決めさせるな」
    もー、その包容力にヤラれるっ(笑)
    演じるマハーシャラ・アリの存在感ったら!!
    この人、どっかで見たことあるなーて思ってたら、
    あー、「4400」に出てた人かー
    フアンの恋人テレサも彼を温かく受け入れて、
    彼女の家は彼のシェルターとなった。
    彼らに出会えなかったら、シャロンはどうなっていたことだろう。

    相変わらずの母親、相変わらずのいじめっ子、
    相変わらず、優しいケヴィン。
    ケヴィンへの恋心に気づいたところで、告白出来るわけもなく、秘めたままの彼の想いが切ない。

    月日が流れ、そのシャロンの変わりように驚く。
    あんなにひょろ~としてたのに、体を鍛え上げて、
    金歯に金のチェーン(笑)
    "ブラック"と呼ばれ、皮肉にもフアンと同じ人生を歩んでいる。
    でもそんな強面なのに、瞳は昔のまま弱々しく、不安げだ。
    こうならざるおえなかった彼の苦しみを推し量ると悲しい。

    ゲイ、ドラッグ、貧困、ネグレクト…
    マイノリティを描き、様々なテーマを含んでいるけど、、
    これは紛れもなくラブストーリー。
    『ムーンライト』なんてステキな題名なんだろう。
    "月明かりで、おまえはブルーに輝く"
    彼の黒い闇に光をもたらすのはケヴィン、
    ケヴィンがそばにいれば、きっと何色にだって輝けるはず。
    Hiro
    3.9
    見る人には是非この映画はララランドみたいなスペクタクルではないことを考慮してみてほしい。

    黒人、薬物、ゲイと様々な特殊な要因があるのになぜか普遍的に人の心を動かす映画。

    ラストの終わり方が個人的に好き
    >|