ムーンライトのネタバレレビュー・内容・結末

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

観ました。

終盤から純愛ラブストーリー映画だった事に気付く。

黒人の方の人、町、文化、音楽であったりの空気感を映像から感じ、それらが新鮮で良かった。

幅広い音楽の使用や鮮やかな色彩も印象に残る。

映画全体から夢を見ているような、神秘的な、そんな印象を受けた。

‪(3. ブラックのシャロンがフアンの様になってるのアツかった。物語を感じる。)‬
ここで黒く見えているだけなんだ



月明かりの下では…ブルー

『自分の道は自分で決めろよ周りに決めさせるな』
『At some point you gotta decide for yourself
who you gonna be.
Can't let nobody make that decision for you.』


黒人の方がすごく美しくみえた、涙とかとくにね

フアンとテレサがほんとうに素敵なふたり!

どの場所にも、どうしようもないことを抱えて日々をどうにかこうにかやり過ごすように生きている人がたくさんいるね。
フアンの存在感がすごい。
登場シーンは短いのにこんなにインパクトに残るのは俳優さんの力なんでしょうね。
同性愛というなかなか難しいテーマでありながらすんなり観れる。

レストランの再会シーンは名シーン!
ちょっと繊細で面白い恋愛映画を黒人のゲイの人が演じたらという感じ。
シャロンは子供の頃からずっと辛い状況だが、大人になって少し強くなっても根本的なところは変わらない。
苦しく寂しい生活の中で、淡い恋愛を独特の色味と繊細さで描いた映画。
劣悪な家庭環境スクールカーストの最下層としての苦労気付けばストリートハスラーに…
ッて書けばたった二行の文だけどそこに至るまでの人生は多分どんな長文にも出せないものなのかも知れない
自由な国の自由じゃない人の話
最高でした
第89回アカデミー賞作品賞受賞作品です。

今までに観たことのないテーマの映画で、とても印象に残りました。
最近ではLGBTについてテレビで取り上げられることもありますが、それに関わる作品と言ってもいいのではないでしょうか。

シャロンという不器用な主人公の成り立ちを少年期、青年期、成人期の3部作で描く本作ですが、一番印象に残るのは少年期です。
人の成り立ちとは幼い頃の生活で決まる…というのが少年期編で個人的に抱いた感想です。
主人公であるシャロンはゲイ、男性同性愛者な訳ですが、少年期では彼がそれに至る理由が描かれていると思います。

シャロンは母子家庭で、母親はヤク中でした。
最も多感な時期に母親から愛を受けず、鬱屈とした生活を送っていた中で出会ったのはヤクの売人であるフアンと、引っ込み思案なシャロンとも気兼ねなく付き合ってくれるケヴィンでした。
シャロンはフアンから海で泳ぎの手ほどきを受け、人生は自分で決めなければならないと諭され、ケヴィンとはくんずほぐれつの喧嘩をして互いに認めあいます。
つまりシャロンはフアンから親愛を、ケヴィンから友愛というものを知り、初めて愛という概念に触れたのではないでしょうか。
そこから同性愛者へと目覚めていったのかな、と個人的に思いました。
海で波にもまれながら不器用に泳ぐシーンも、彼のこれからの人生を暗喩しているようで印象的でした。

エンディングも考えさせられる終わり方でした。
果たしてシャロンはこれからどういう人生を歩むのか…気になります。
ゲイの黒人少年が主人公。
LGBTの主人公を真っ向から描いている。
黒人しかいない映画に違和感を感じるあたり自分がアメリカナイズされてしまっていることを感じた。
琴線に触れた一作。
トラブルで話題を呼んだアカデミー賞にて作品賞を受賞したムーンライト。やっとこしみれました。

1人の男性について、少年(リトル)、青年(シャロン)、成年(ブラック)の三章からなる映画。いじめれて育った少年、青年時代。彼にとっての味方はフアンとケヴィンのみ。フアンからは泳ぎや生きて行く上で大切なことを学ぶ。そして、シャロンはケヴィンに対して、特別な感情を持っていることに気付く。

本当に淡々と進んで行く映画だった。シャロンを取り巻く環境っていうのが、なんとも言えないというか、複雑というか。母親はヤク漬けでろくに世話もしない。でも、そのヤクを売っているのはフアン。そのフアンは、シャロンのことを唯一気にかけてくれる存在。フアンにとってシャロンは過去の自分のようだったのかな?放っておくことができなかったのかな。

そしてケヴィンに対する想い。浜辺での出来事。その後の暴力。話を聞こうとする先生に対して「何もわかってないくせに」って言いながら涙を流すのは辛かった。きっと彼はレゲエ野郎やその取り巻きに殴られることなんて、きっと屁でもなかったんだろうし、ケヴィンに殴られるからこそ、何度も立ち上がったんじゃないかな。

最後、再会して、家での会話からの最後のシーン。体や身なりをいくら変えたところで、シャロンの中身は何1つ変わってなかったんだなって。あんなにいかつくなったシャロンが頭を撫でられながら心の底から安心したような顔をしてて、それで良かったと思える映画だった。

アカデミー作品賞だからといって、簡単に誰にでもすすめれる映画ではないけど、こういう作品がアカデミー作品賞に選ばれるむていうのが、ハリウッドらしいなと思う。

あと、フアン役を演じてアカデミー助演男優賞を受賞したマハーシャラアリですが。出演時間、多分30分もなかった気がする。それなのに存在感凄かったー!
世界でも”最下層”の地域に住む、黒人の男の子 シャロン。

学校でもイジメられ、家に帰っても薬中の母親の存在。

イジメられている理由は”ゲイ”であること。

「オカマって何?」とフアンに問うところを見ると、自分がゲイだとは気付いていない。

そんなシャロンに良くしてくれるフアンも母親に薬を売っている。

「ドアに背を向けるな、後ろから襲われるぞ」
子供にそう教えなくてはいけない治安の悪さ。

家に帰れば薬を買うために金を寄越せという母親。

もう何もかもがメチャクチャ。

「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」
そういう環境の中で ケヴィンが居てくれてどれだけ助かるか。

そんなケヴィンが仲間に言われてシャロンを殴る。
なんで。
倒れたら終わりなのに、立ち上がるシャロンもなんで。

でもこの事件をキッカケに、シャロンは変わった。

ケヴィンに裏切られる ってのは
最後の頼みの綱が無くなるのと同じで物凄く心に来たんだと思う。

1. Little 2.Chiron 3.Blackの3部構成。
なのに、1と2の転機であるフアンの死、2と3の転機である逮捕が
全く描かれていない。

こういう描写の仕方もあるんだなぁ...。
個人的にはフアンが好きだったからもう少し...
でも、想像に任せたのかな。

シャロンも薬の売人をやっているという事は、フアンとの過去は良い物だったんだという解釈でいいのかな??
それなら嬉しい。

母親が今更「愛してる」っていうのは都合が良すぎだろ。
「私の事は愛さなくていい、必要な時に愛を与えなかったから」

そんなのズルイよなぁ...。


月明かりに照らされると黒い肌が青く見える。
フアンの死、少年院に行って大きく変わったシャロンの人生。
また、シャロン自身。

一方で ケヴィンとの関係。

「売人をやっている」
どこかでケヴィンは自分のせいなんじゃないかと思ってるように感じた。

変わっていく物と変わらない物。
変わってしまう物、人の方が圧倒的に多いのが人生だと思うけど

「どうか変わらないで」と思えるものを大切にしようと思った。
平坦な印象の映画だったけど不思議と引き込まれラストまで観てしまった〜〜
とてもよかった!
アメリカのゲイ映画ってあれなシーンが唐突に始まるんだけどなんで?「ブロークバックマウンテン」も急にラブシーンでえ??てなった。まあケヴィンも普通にバイでシャロンに惹かれてたってことですか?

強いマッチョの売人になったシャロンがケヴィンに再開した途端昔の内気なシャロンに戻ってしまう感じにああ〜〜てなった。本質は変わってないんだな、と思いケヴィン同様ちょっと安心してしまった笑

結局人の本質はそんなに変わらないって話なのかな。そんなシャロンがケヴィンは好きで、シャロンはケヴィンの前では本来の自分でいられる、という。
でもこのままゲイカップルとして暮らしていくのはなんか難しそう、とラストで思ってしまったけどどうなんだろ。なんかシャロンには幸せに暮らしてほしいです。

ラストの幼いシャロンと月がとても情緒的で美しかった

あとお母さん子供への愛情をぶん投げすぎ。これは子供困るわ。。完全に憎めないしたまに愛されてしまうぶん期待してさらにブーメランで傷つけられる!
>|