ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    あるふぁ
    あるふぁの感想・レビュー
    2日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    身勝手な社会と大人に振り回される主人公の人生録。泣いた。シャロンがいつか心から幸せになれることを祈らずにはいられない。
    海辺でのあの後にシャロンが言った「ごめん」という言葉が胸に突き刺さりすぎて痛い。
    キルキルマキル
    キルキルマキルの感想・レビュー
    3日
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    いい映画だと思うんだけど、僕が物語に求めているものはなかった気がする。

    暴力的な言い方をすれば
    悲観的な人が偶に優しくされて嬉しくなる話。

    んんんん。
    いやきっと僕が擦れてるんだろうな。うん。
    確かに登場人物たちは素敵なんだけど、素敵に優しく配置され過ぎてる気がして、主人公に嫉妬してしまうからかな。
    状況不幸で、肝心な所は優しいなんて羨ましいですね。はいはい。ってなっちゃった。

    けど、ほんといい映画だと思う。優しくて静かで。
    あと役者冥利に尽きるシーンがたくさんあった。目とか、ほんとに表情の写し方が繊細。監督やさしい方だ
    Saya
    Sayaの感想・レビュー
    4日
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    私は凄くこの作品にはがっかりでした。今の現代社会においてとても重要な課題である、黒人社会、貧困、いじめ、同性愛などについて取り組んでいる素敵な映画なのですが、その伝え方が間違っている気がします。私はこの監督が伝えたかっであろうこよ4つの問題から1つ貧困の問題しか学ぶことができませんでした。(親が働かずドラッグで金を稼いだいた。青年期に自分を大切にしてくれる人にも出会うが結局、彼も落ちこぼれてしまい、結局親と同じ道を進んでしまう。)

    特に編集は凄く疑問です。主人公の幼少期、青年期、中年期の三つに分けて話が進んで行きました。しかし、伝えたいことがたくさんあるはずのこの映画に、なぜか未解決なことやなぜそうなったのかと言う疑問をたくさん残したまま話は終わりました。近代の映画では、謎を残したまま観客に考えさせるというスタイルが増えてきています。しかし、私はこの映画ではその使い方を間違っていると感じました。伝えたいことと、観客に考えてほしいもののメリハリがなさすぎます。それではストーリー自体に深みや面白みがなくなってしまいます。例えば、幼少期では仲良く遊んでいた子供達が青年期では主人公をひどくいじめていたり。
    この映画はアカデミー賞初の黒人フルキャストのみで挑んだと凄く話題になりました。私はこの映画はアカデミー賞に最適とは思いませんし、個人的に、この話題性を見込んでこの映画を作品賞にしたのではないかという差別問題を考えてしまいます。

    この映画は素晴らしい映画だったと思う方ももちろんいらっしゃると思います。しかし、ではなにをこの映画から学んだか?疑問に思う場面はなかったか?と私はお聞きしたいです。
    はしもと
    はしもとの感想・レビュー
    4日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    淡々と進んでいき、見終わってすぐはマイナスな感想こそ抱かないものの「見てよかった、のか…?」となんだかちょっともやもやとした。

    その後あらためて内容を振り返っていくうちに、なんだかじんわりと「見てよかったなあ」と思わせる映画のような気がする。


    この映画の根本は、愛と言うよりは愛情と言った方がニュアンスとして近いのかも。同情みたいなものは一切含まない、もっと純粋な愛情。個人から個人へ向けられる愛情。それがあるから人は生きていけるんだろうなあ。誰かに対する怒りや憎しみも、また他の誰かへの愛情があるからこそ。ここで言う「誰か」には自分自身のことも含まれる。

    夜の砂浜で二人きりのシーンが特に印象的だった。人と人とが心を通わすとき、重要なのは性差ではない。心を通わせているなあ、優しさが溢れているなあ、と思わせるシーン。さらに相手に見えないように砂に手をやる画はかなりグッとくるものがあった。

    派手な演出は一切ない。でも、だからこそ凡な日常を送る私にそこはかとない優しさを感じさせてくれた。

    ムーンライトというタイトル、本当にぴったりだと思う。
    pan
    panの感想・レビュー
    4日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    ようやく地元に来た。
    期間限定だけど。
    お客さん10人くらいしかいなかったわ。
    周囲に誰もいなくて集中できて良かったけど、こんないい作品なのにもったいない。

    カメラのアングルに圧倒されてしまった。
    ドレッドヘアがスケープゴートを物色する場面とか、フアンと海で泳ぐ場面とかいろいろと。
    3人とも瞳が印象的だった。
    肉体を鍛えて見違えるようになっても、中身は変わっていなかったのね。

    「愛している」という言葉であんなに人を傷つける事ができるなんて。
    かくわ
    かくわの感想・レビュー
    6日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    少年・青年・成人期と3編構成となり、それぞれを象徴する名前がついている。

    全編通して“静“。
    だけれども一つ一つは“動“。

    1.リトル編
    シャロンは“リトル“と呼ばれいじめられていたが、フアンという大人に出会い、生き方を教わる。

    2.シャロン編
    ある“自分“に気がつき、苦悩しつつも受け入れる。
    タイトルが自分の名前ということからも伝わってくる。

    3.ブラック編
    これまでとは一変、フアンを彷彿とさせる大人へと成長したシャロン。
    シャロン編でのある出来事をある種のトラウマを抱えていた。


    昨今やたらと目にするLGBTという言葉で片付ける事のできない苦悩がみれるすごく切ない物語

    2017年48本目
    MaiOmori
    MaiOmoriの感想・レビュー
    2017/05/20
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    宇多丸さんのラジオ聞いて観にいった。だいすきな緑色がたくさんでてきて脳がしびれた。色々あったあとに、お母さんが更生したところでなんかやりきれなくて泣いて、かつての初恋の人んち行ったあたりで、人間って一人なんだなって思った。
    にんそく
    にんそくの感想・レビュー
    2017/05/20
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    幼少期のあの面倒見てくれた人の存在、ただ頼りになる人ってだけじゃないのがもうなんとも言えなくてつらい
    qsychedelia
    qsychedeliaの感想・レビュー
    2017/05/18
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    ラストのメシ食ってるシーンで寝てしまったのでレンタルされたら改めて点数を…。
    後藤雄大
    後藤雄大の感想・レビュー
    2017/05/18
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    京都シネマにて鑑賞。前評判がすごく良かった(あまりにも美しい、とか私たちが映画を観る意味がここにある、とか)ので、少し遠い映画館まで足を伸ばして観に行きました。冒頭から薬物売買、使用の描写もあり、貧しい黒人が住む地域の救いのないリアルはよく伝わりました。主人公シャロンになにかと目をかける麻薬の売人、フアンがかっこよく、終始ムッとして何も言わないシャロンに対してもものすごく余裕というか、器の大きさを感じさせて良かったです。話としては、自らがゲイであるということ、母親はジャンキーであることからいじめを受けつつ、親としての義務を果たしていないのに、知ったような口ぶりで息子を束縛する母親にも怒りとも悲しみともつかない感情を鬱屈させて成長していく男の物語で、なにか大きな展開があるでもなく、わかりやすい示唆があるでもなく、ただただ淡々と事実だけを追っていくようなつくり。正直、絶賛されるほどの良さは自分にはわかりませんでした。センスや知識が足りていないのでしょうか。

    追記
    宇多丸さんの映画評を聞くと細かく作られている映画なのだなとわかりました。ある程度の教養を要求する映画ということでしょうか。鑑賞後に思い返すと「あそこよかったな」「あれはああいうことだったのかな」というところも出てきて、不思議な映画です。
    >|