ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

餅山

餅山の感想・評価

3.6
人間の本質に潜む美しさっていうかなんていうか、
なにか尊いものを見たような気分…
アカデミー賞受賞でなかったら観てないであろう作品。娯楽として観るには深いし重いし疲労感たっぷりなのでおすすめしません。
eric

ericの感想・評価

3.5
大人になって体格や住む場所も変わったけど、ファンと同じ格好と仕事をして、取り巻くものは嫌いな思い出の詰まった子供の頃のままなのが哀しい…。

ケヴィンとの再会で、シャロンが人生に良い方向に転換してくれればいいな、と願うばかり。

監督が本作を「社会問題を扱うドキュメンタリーのようにリアルな質感で描くつもりは全く無かった」て語ってる記事を見たけど、確かに写真展を見ているような不思議な感じがして、物凄くハプニングが起こる訳じゃないのに観入ってしまう綺麗な色合いでした。そこが好き。
K

Kの感想・評価

3.0
ⅰ. Little
ⅱ. Chiron
ⅲ. Black
"In Moonlight Black Boys Look Blue"

マイアミの貧困ドラッグ街に生まれ育った少年シャロンの幼少期から成人するまでの三部作構成。
アメリカの貧困地区ともなれば、白人が一切関与しない、未だ根強い米系黒人の差別と貧困問題。そんなマイノリティ社会の中でシャロンはさらにセクシュアルマイノリティのLGBTでもある。
ドラッグ漬けで体を売る仕事をする母から愛情を注いでもらえず、母親の仕事やLGBTゆえに小さい頃からいじめにあうLittleシャロン。黒人が月光で青く見えるという揶揄は、この差別や貧困に満ちた黒人社会の中での唯一の希望の光。10代のシャロンも本当の自分をさらけ出すことなく、いじめられる日々。
成人したシャロンは結局麻薬売人へとなってしまったが、親との和解、幼い頃から恋をしていたケヴィンとの和解によって、初めて立派な大人、本当の自分、Blackシャロンへと成長を遂げる。
問題を抱える社会の問題だらけの少年がらアイデンティティを探す人生を描く。
101miss

101missの感想・評価

4.5
やられました〜〜

ドラッグ、ゲイ、暴力、貧困、ネグレストなどなどネガティブ要素をはねのけ、主人公シャロンの幼少期から成人までの半生を、ただ可哀相な男の子だけで終わってしまうのかと思いきや、後半はシャロンの純粋な心が神様に届いたのか、観てる側がきっとみんな心熱くなるラストを迎えた。

幼少期ではオカマと呼ばれてもその意味さえ知らなくて幼すぎて薬の売人も放って置けないほど危うかったシャロン。
青年期にはずっと虐められてた不良に仕返ししたシャロン。
リトルと呼ばれていた幼少期から打って変わり逞しい男になったシャロン。
初恋を大切に温めて、ネグレストだった母親にも優しいシャロン。
色んなシャロンを観ながらどんどん引き込まれていった。

映像、脚本、俳優含めてトータル的に素晴らしい、圧倒的なセンスを感じずにはいられなかった。
キコ

キコの感想・評価

4.8
黒人の男の子が自己を模索しながら大人へと成長していく物語。主人公がゲイなのでLGBTを描いた映画として知られているが、実はとても普遍的な物語なのだと気づかされた。トランプが大統領に就任した後この作品がアカデミー作品賞に選ばれたことに、選考員達の気概を感じた。
hihirou

hihirouの感想・評価

2.0
父と内容を知らずにみにいって、きまずくなったある意味いい思い出の映画となりました
SOSTONE

SOSTONEの感想・評価

3.3
オープニングがハイライト
44R

44Rの感想・評価

3.5
LGBTに理解はあるが、もう少し深い所まで描いて欲しかった。。

ただ全体を通して美しく、とても見やすい作品だった。
>|