ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

月明かりの下で、朧で
地球の真ん中にいるのを感じて
タフなところを奴らに見せて
“ご飯を食べたら
ちゃんと話して”
Idetan

Idetanの感想・評価

4.0
美しい映像、詩的な映画

ラ・ラ・ランドとアカデミー賞作品賞を競い、見事受賞した作品。
主人公の人生を1.幼少期2.青年期3.成人期に別け、それを別々の俳優が演じている。パッケージの顔は、3人の顔がそれぞれ合わさってできているんですね。見終わるまで気づきませんでした。

成人期に入ると、急に今までの弱々しいイメージから一転、鍛えられた身体で高級車に乗り、爆音でヒップホップを流すというフアンを思わせる風貌へ。青年期から成人期までに何があったんだろうと思う。レゲー野郎を殴る前、洗面所で顔を洗い鏡を見た時の顔。この時、彼の中で新たな感情が芽生えたような気がします。
しかし、時に見せる悲しげな眼つきは、昔の面影を残す。素晴らしい俳優さんだと思う。
この作品は、決してテンポ良く分かりやすい映画では無く、静的な考え深い映画だと思います。
リトル、シャロン、ブラック、全員救われることを祈りながら観た。
自分を捨てて強く生まれ変わったシャロンが切ない。
セリフの間が長いのも、いい。
ストーリーも良かったけど、何よりパッケージのデザインが美しい。
ブラックは月明かりの下ではブルーに見えると初めて知った。
DOBBY06

DOBBY06の感想・評価

3.8
深刻な話やけど美しい映画
観終わってから映画のポスターのデザインに納得!いいデザイン。
ジュークボックスのシーンが好き
ひなこ

ひなこの感想・評価

4.0
こんなにも美しいラブストーリーだったのか…。単なるゲイ映画ではない。自分を守るためにどう生きるか。
なつこ

なつこの感想・評価

3.9
性、いじめ、家族関係、ドラック…深刻な問題を扱っているけど、一方で映像はブルーが印象的で綺麗だし、撮り方も主人公の不安定で繊細な感じを反映している感じでとてもよかった。

ただテーマが深刻な分疲れたし少し長く感じた、かな、、
あたみ

あたみの感想・評価

3.7
新文芸坐オールナイト上映にて
これを黒人のげい、ホモセクシュアルの話でまとめてしまうのはどうなのかと考えさせられた
シャロンの瞳が子供期から大人まで役者が違うのに同じだった
あと、大人になったケヴィンのタバコ吸うシーンがえっちだった
sym

symの感想・評価

4.5
音楽も映像も美しかった。
等身大の大げさでない話だからこそ
いいのだと思った。
シャロンが少年から大人まで
そのまま面影を残しつつ
大きくなったような感じがすごくして
役者さんがとても良かった。

シャロンは強いと思った。
学校にも家庭にも救いのない少年期で
それでもあそこまでよく
心折れずにいられたなと。
そしてすごく優しい子だなって。

人への想いや過去の思い出も
生きていく上での
糧になるんだなと思った。

きっと登場人物の誰が欠けても
成立しなかったと思う。
厳しい現実にも直面しつつ
主人公の心が報われる場面も
確かにあって、
救いがない話ではないと思った。

特に最後のシーンの美しさに
息を飲んだ。
確かに切なくて辛いところも
あるんだけれど
タイトルの通り、
柔らかく注ぐ月の光みたいな、
気づけばそこにあるみたいな、
穏やかな気持ちにもなった。不思議。
おはぎ

おはぎの感想・評価

3.9
ひとつひとつのシーンにこだわりを感じる

それは美しさでもあり、苦しさでもあった

MVの様な美しい円を描く片面

グシャグシャにしたくなる様な心苦しさ

真っ直ぐの道をわざとハンドルを切る感じ

アクセルだけ踏んでいればいい訳では無い

ただそこに差し込む光があるのであれば

そこを目指してもいいかもしれない



エセポエム調でお届けしました。
ポエム好きな方大変ご迷惑をおかけ致しました。熱盛
やつい

やついの感想・評価

4.0
とても美しい映画

青年期のシャロンの目が、とても寂しくて悲しい
>|