ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

YUKINA

YUKINAの感想・評価

4.0
マイアミの貧困地域に住むゲイでいじめられっ子の黒人‪の人生を描いたヒューマンドラマ。

話題になった時にポスターを見て惹きつけられるようなものを感じた。とても綺麗。
見終わってよく見ると3つの顔に分かれてるのに気づいて鳥肌。

登場人物はほぼ黒人。重いテーマの中、とにかく映像、音楽全てが美しい映画だった。
幼少期、青年期、大人期と3部構成になっている。この移り変わりがすごい良かった。
ダメな母親のたまに出る優しさが余計に辛い。どんな親でも子にはたった一人しかいない親なんだよなあ
Tig

Tigの感想・評価

4.7
最初にWikipediaであらすじみちゃって自分には合わないだろうと敬遠してたんですが3つのチャプター全てが胸に刺さった。シャロンの生い立ち、その苦労、そしてコンプレックスを受け入れられずに、それを覆い隠すように生き方をハーコーな方向へ舵を切ってしまう…その姿に涙した。海辺の描写をはじめとした美しい映像も素晴らしい。なんかうまく言えないですが、辛い描写も多いけど、全編にひと肌の温もりを感じた。観てよかったと心から思えた作品。
映像の美しさすごい。海で泳ぐ時や冷水から顔を上げた時の黒い肌の美しさ。ひたすらに美しかった
最近の他の作品が濃い演出が多いからか、淡々としていた印象だった。
ち

ちの感想・評価

3.5
地味で起伏がない。でもシャロンの繊細さが溢れてて、3章の俳優みんな同じ人なんかと思わせるくらいだった。
ポスターの顔が3人別人なのも、顔の傷とかもなっとく。
茅

茅の感想・評価

-
タンザニアのことをいろいろ思い出した。この映画はごちゃごちゃ語る映画ではない。感じとる映画だ。ムーンライトとブルーの関係を。
そんなに起伏はなく進んでいく。
生まれた環境ってのは、やはり人生に影響するよね。
あまりハマらなかった本作。
アート作品ということであれば、まぁ。
でも映画ってアート作品の前にエンタメよね?
toru

toruの感想・評価

3.3
麻薬、虐待、虐めといった過酷な環境で生きていく黒人の人生をリトル(少年期)、シャロン(青年期)、ブラック(成人)の3パートに分けて描いていく

「月明かりの下で黒人はブルーに見える」
っていうのは、黒でも自分次第で何色にでもなれるっていうメッセージかなと
映画のジャケットの主人公が三色、3年代で分けられてるのも見終えると意味がわかる

ララランドを抑えてアカデミー賞を獲得、って聞くと逆境のバックボーンを押しのけ主人公が立派に成長を遂げるみたいなのを期待するけど、ここにはそのドラマはなくなくただただ平坦な現実
自分にはどうしても期待はずれと感じてしまった、見終わった後のぽかーん感
sumio

sumioの感想・評価

4.7
スローなテンポだが最初から最後まで時間を忘れるくらい見入ってしまい、気がついたら終わっていた。

カメラワークがそうさせるのか役者の雰囲気がそうさせるのか、またはこの物語のテーマがそうさせるのか。

一人の人生の物語。そこに人種、性別は関係ない。あるのはただの人の生き方だけ。

とにかく観て損はない。むしろ観ないと損するかも。
>|