ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

もち

もちの感想・評価

3.6
ジェンダーとセクシュアリティの授業の課題で見た。アカデミー賞での騒動の印象が強かったが、見てみると、「おっとこれは複雑な映画だぞ」となった。

主人公は黒人で貧困の家庭の元で育ったシャロン。映画では3つのパートに分けられて話が進んで行く。

ⅰ リトル
ⅱ シャロン
ⅲ ブラック

シャロンはゲイなのか?

これは私には分からなかった。映画の中で、友人のケビンに対して性的な感情は抱くものの、それ以外のシーンは出てこない。デミセクシャルかもしれないし、バイセクシャルかもしれないし、それは見ている人が決めることじゃなくて、シャロンが決める/思うことだろう。

ムーンライトは同性愛者が差別される話か?

貧困、薬物中毒の母、内気な性格、人種、ステレオタイプ...いろんな問題が絡み合っていていじめや差別になっているように感じる。単に同性愛だからいじめられるのではない。Intersectionality という言葉があるで詳しく知りたい人は以下を見て見てください。
https://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/section4/2018/01/intersectionality.html

低予算、少人数の映画ながらも訴えてくるものはその何倍も強い。ハリウッドでは特に白人主義が叩かれているからその影響もあって受賞したのだろうか(優遇したとかという話じゃなくて)。人種差別(あとは女性の地位とかね)とか敏感すぎない? と思う人もいるかもしれない。でも映画の歴史もアカデミー賞の歴史も、時代とともに変化をしていて、その裏には常に、疎まれながらも変革に挑戦してきた人がいるのだろう。その結果がきっとここなのだ。
odd

oddの感想・評価

3.0
話題作だったのに何も情報いれないで見たからきちんと感じれなかった。

でもいまさらパッケージのデザインにも気づいて、カメラアングルとか切り替えとか目でする演技と感情にめっちゃどしんときた。
masD

masDの感想・評価

3.5
淡く幻想的な映像と壮絶な現実の出来事の数々.
最後の最後でシャロンは救われたのか否か.
ぐみ

ぐみの感想・評価

3.6
前情報なしで観たから展開にびっくりした
青年シャロンが少年シャロンと顔の系統が全然違う感じの配役だったのが気になったかな〜…シャロンの白目の多い特徴的な目が…
あとここで終わりなの?!とおもった
スリービルボードもそうだが、やはりこの地味なテイストに映画らしさを感じる。

フェーズ1〜3までの主人公の仕草や表情が忠実に引き継がれていたのが印象的。
いい映画。
ユッケ

ユッケの感想・評価

2.5
登場人物の心情を想像して観ると面白いのだと思う。
だが、私は携帯を見ながらだったので途切れ途切れで観てしまい、あまり主人公のシャロンの心情に入り込むことができなかった。
うめ

うめの感想・評価

3.1
アカデミー賞作品賞を獲ったけど、私には、イマイチでした。雰囲気で感じろ!己の心で感じろ!的な映画が苦手なんだよね。
正直なぜこの映画がアカデミー賞なのかと思った自分がいた、しかしこの映画は観た後が考えてしまう。やはりこの映画だな、この社会、世界を見ればアカデミー賞はこの映画に違いないと納得した。すごくアバウトなレビューになってしまうが、どう書いていいかわからない、観ればわかるといった感じ。

このレビューはネタバレを含みます

うまく言語化できない映画。

まず、映像美。カットや沈黙、つなぎ、全てがシャロンが見ている世界を表現していた。青みがかった映像は、フアンがシャロンに話していた、月明かりに照らされた黒人の子どもの色。ただ、題名が、ブルーではなく、ムーンライトってところが、なぜなのか、うまく咀嚼できなかった。

そして、演技。感情を過剰に発露させたありふれた映画と違って、沈黙、無表情、写された空間から、シャロンの気持ちを想像できる趣深い映画。シャロンを別人がそれぞれ演じているのに、なぜかシャロンという1人の人だと認識してしまうのは、それぞれの役者の目の演技の影響だろうか。どこか虚ろで憂い漂う悲しげな目は、シャロンの悲惨な境遇を想起させる。

最後に、ストーリー。舞台はマイアミの貧困街。登場人物は皆黒人。シャロンの境遇は、日本では想像もできないほどに、悲惨だった。薬物中毒で売春婦の母親、なぜかゲイと見抜かれ同級生からうけるいじめ、居場所は家にも学校にもどこにもない。そんな中偶然出会ったフアンを、最初こそ警戒していたが、父親のように思っていたのだろうか。ところが、そのフアンは、母親に薬を売る売人だった。フアンのその矛盾した偽善に、シャロンは心を閉ざす。
いじめていた同級生を殴ったことで刑務所に入り、何があったのか、よりによって、彼は薬の売人になる。彼のか細くひ弱な肉体を武装するように、鍛え、かつてのフアンのような容姿へと変貌していた。一度染み付いた偽善の父親による男性像によるものなのだろうか。偶然、最初で、恐らく最後の、愛する人から連絡をもらい、会いに行く。そこには、不健康と絶望で淀んだ青春を克服し、新しい生活を始める友人の姿があった。過去への愚かな執着を捨て、自分の思いを吐露したシャロンは、次へ進むことができたのだろうか。

薬物、LGBT、貧困、人種、さまざまな社会問題がこの映画では写されているが、それはあくまでも背景でしかない。「社会問題」と括られるうちの、ある1人の少年の話。それはあまりにグロテスクで、そして美しかった。舞台であるマイアミの背景とか、黒人同士の言葉遣いとか、きっともっとわかったら、この映画をもっと理解することができたんだろうな〜と思う。
Mina

Minaの感想・評価

3.5
“At some point, you gotta decide for yourself who you gonna be. Can't let nobody make that decision for you.”

🌖💙
>|