ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

AR2

AR2の感想・評価

3.8
当たる光によって色は変わる

画が独特で不思議な妖しい魅力があった
arakimaki

arakimakiの感想・評価

3.5
ムーンライト、やっと観ることができた。なんか…なんというか私これ何も言えないわ…。つらくて残酷でだけど底には美しいものがある物語でした。ティーンエイジャーの章が胸に詰まる。それぞれの章のシャロン、一見似てない(特に最後)なのに成長した姿に納得できたのは目の表情かな。観られて良かった。
ムーンライトというタイトルがすごく響く映画でした。

救えるはずなのに、
救いの手が足りていない。

この主人公はすごく強いなと思うし、
ラストはすごく切なさを感じた。

海のシーンが本当に魅力的でした。
金歯を外すシーンでぐぐっときた
愛する人の前では仮面を外すのね
KM

KMの感想・評価

3.6
母親はヤク中で育児放棄気味、父親はいない環境で育った黒人シャロンの人生を描いた物語。
エンタメっぽい迫力あるシーンとかどんでん返しとかはなく淡々と物語は進んでく。そのせいかドキュメンタリーのような一種のリアリティを感じた。
父親のように親身にシャロンに接する麻薬売人のファンも意味深な台詞を言うが分かりやすく伏線として回収することはなく、「ブラックではなくブルー」、「自分を曲げるな」のような台詞は成長するにつれ内面が変わっていくことに対する警報だったのかなと。

ファンもシャロンと同じ道を辿ってそう。
相談所に4人組の告発をするとケヴィンが巻き込まれるから主犯を椅子で殴ったんだなとか(過剰すぎる暴力で犯罪だけど)考えるとシャロンは悲しいまでにピュアでひねくれてない不器用な奴だなと。そんな奴だから変わることなく(変われずに)危険なコミュニティでファンと同じ売人になってしまったのかなとも。

BL描写は正直苦手だけどもケヴィンといるときは昔と同じシャロンに戻っていたような気がする。
なお

なおの感想・評価

3.4
私には少し難しかった…
また観たいと思いつつまだ観れてません…。
hayato

hayatoの感想・評価

4.0
【何も変わらないこともある。その中で、
綺麗な月の光が静かに照らしている。】

★名台詞

フアン『At some point you gotta decide for yourself who you gonna be. Can't let nobody make that decision for you.』
(自分の道は自分で決めろよ。ほかの人に決めさせるなよ。)

その通り。
自分の道を行け。

《ストーリー》◎
《演技》◎
《音楽》△
《展開》○
《笑い》△
《感動》◎
《泣》△
《ハラハラ度》○

★感想

私はこのような映画を初めて鑑賞した。

海岸があるからか、波がとっても静かで、淡々と冷たく流れるように展開していったので、しみじみと感じる。
ムーンライトという題名も、とってもマッチしてるな!!

『今年、一本だけ選ぶなら、ムーンライトを選ぶべき。』

『この映画こそが、我々が映画を観る理由だ。』

マハーシャラアリ、ナオミハリス。
とっても演技が上手く、感情が揺さぶられて、とっても心が痛いシーンが多い。
ナオミハリスの007のマネーペニーとまた印象が全然違うよ笑笑

シャロンの成長につれてブラックミュージックというか、曲が段々と変わっていくのも何だか面白い。
リトル、シャロン、ブラックとね。

あと、ビックリしたのが、ムーンライトのポスターの写真。
鑑賞する前に普通に月明かりで顔が照らされてるのかなと思っていたら、三人に分かれていて、映画を観て、あっ!そういう事なんだと思った。

マハーシャラアリの子供にありのままの姿を見せ、教育する。
この姿がとってもダディ感を出していた!

優しそうなパパですよ👨

こういう人が父親だったらとっても楽しく愛を感じれたんだろうなと思う。

個人的にはジャネールモネイが黒人の中ではとってもキュートだなっておもう。

いじめは良くないよな。
ましては、ヤクを使うのも良くない。
そんな時代を生き抜いていきたシャロンとケヴィンの二人の関わりが密接に描かれていて、月明かりに照らされたシーンが何とも言えない。

ララランドが作品賞に及ばなかったのもなんだがわかる気がする。
無口って何事もしゃべらずとも、愛があれば何もいらないですよね。
私も無口ってなる事はあるけど、それは意思の疎通を何気なくしているからかもしれない。
Asuka

Asukaの感想・評価

4.1
作り込んでる映画やなあと。
1シーン1シーン何か意味があるんかな?と見入ってしまった。
ストーリー的には複雑ではないのに、こだわってるからこそ、すごく複雑に入り組んでた。

ほんで、あんだけしか出てないのに、助演男優賞とったマハーシャラ・アリは何者なん。
<ホントの自分と向き合うこと>

タイトルしりとり。『グッドモーニング、ベトナム』から受け継ぎまして、本日は『ムーンライト』です。

この作品を見終わった時に「あースッキリした!!!」と感じる人は少ないのではないでしょうか?何か残る、このモヤモヤ感。徐々に徐々に、感動が染み渡っていくこの感じ。多分この感覚は、作中でシャロンが10年以上の時をかけて「自分」を理解していくことと似ているのだと思います。家庭環境、貧困、LGBT…そういったものを全て含めて「自分」を受け入れ、解放されていく。そのシャロンの心理描写の繊細さと映像美が絶妙にマッチした名作です。

『ムーンライト』→「ト??」
お楽しみに⭐️(おがりな)
Rio

Rioの感想・評価

4.0
セリフが少なく、無音を通して現代社会の根深さを表していたように思えた。

ラストシーンの捉え方が難しい。
>|