ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

なんと言えば良いのか。やっぱり病めるアメリカ。
異性間だと物語にならない。ゲイだと普遍的な愛?ちょっと分からない。格差、イジメとか厳しい環境の中、見出した愛を語ったのか?
平和な日本でノーマルな性癖の自分には難しい。
chinpan

chinpanの感想・評価

3.0
最近多い、どのシーンも背景ボケてて、役者が真ん中にいる感じ。かっこいいな〜と思うけどストーリー性みたいなところが二か三の次。カメラ機材の発達なのか流行なのか。

ぬるっと進むストーリーにもまったくビンビンこないけど、今思えばシーンの数々を覚えてる。よく言えばファッショナブル、悪く言えばつまらん。

小説みたい、このストリーリーは文字での方がええな〜と思った。
sai

saiの感想・評価

3.8
“私を愛さなくていい”

顔を冷やすシーンと、母親との煙草のシーンが印象的。正直ゲイ云々より、母との確執とも言うべき関係の方が目立っていたように思う。あの母親の言葉は、遅すぎた。何の救いにもならず、今さら愛さないこともできない。
ねこ

ねこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

私の知り合いにも学生の頃にこういう経験をしてる男の人が居るから身近に感じる話だった。

同性愛は良いんだけどただなんか、どうしてもケヴィンがショーンに同情してる感が強く見えてなんだかなって感じ

ケヴィンがショーンに対して
「そんなのおまえじゃない」「おまえは誰だ」とか言ってたけど
それは本人が決めればいいことだと思う。
自分のことは自分にしか分からないことがある。

過去の自分を捨てたくて、変えたくて努力して強く見せるように自分を変えたその精神が素晴らしいと思う。
そして皆の中でのショーンに対してのイメージを大人になったショーンは気にしていた・・・
あのオカマキャラとかいじめられっ子というイメージを取り払うために自分を魅せることに必死で頑張って過去と葛藤しながら強く生きようとしてる様子が伝わってきた。

子供の頃のショーンにファンが言ってた
「その時が来たら自分の道は自分で決めろ人には決めさせるなよ」
の言葉にグッときた。

売人なのに面倒みが良い子供好きな感じのファンいいなと思った

あとショーンとファンの海のシーン綺麗だった。
robo9

robo9の感想・評価

3.1
ありがちなLGBTを扱う作品とは少し違って、家庭環境や地域環境もろとも説教臭くなく、でもすごく重い青年の人生に仕上がっていると思う。
さん

さんの感想・評価

3.5

アカデミー賞受賞作品🎬

正直「La La Land」の方が好みです😍

主人公が黒人でゲイ、、もうお腹いっぱいの設定ですね。最近流行りのLGBT、黒人、、アメリカらしいです🇺🇸観終わった後のモヤモヤ感がとてつもないです、、

今作は様々なテーマが詰まっていました。黒人社会特有の文化や、貧困や麻薬中毒などの社会問題、LGBT問題や家族や友人との絆など、様々に絡み合ったテーマが、美しく詩的な映像美の中で淡々と展開していく映画でした🎞

主人公シャロンと準主役のケヴィンは、幼少時代、青年時代、成人後と3つの時期をそれぞれ別々の人物が演じています。全く別々の人物が演じているのに、映画を通して見ると、一人の「シャロン」という同じ人物に見えてくるという不思議さは、今作での見どころの一つです。

この映画の核は「どんな状況であっても自分自身であること」の大切さであると感じました。前半部分でフアンが幼少時のシャロンに海で泳ぎ方を教えるシーンがあります。この描写は、シャロンが「人生という大海を自分の力で渡っていく重要性を初めて教わり、自分の心に刻んだ」と読み取れるシーンでした。その直後「自分の人生は自分で決めろ。他人に決して決めさせるな」この言葉に強いメッセージを感じました!!

最後はシャロンが自分自身を取り戻して静かなハッピーエンドを迎えます、母親のポーラ、親友のケヴィンも含め彼らは物語のスタートから15年以上の長い時間をかけて、ようやくそれぞれ本当の自分を取り戻していきます。自分自身と向き合うには膨大な時間がかかるという事も学びました。経済的状況や世間体、周りの期待、社会条件など様々な要素が絡み合う中で、自分自身の気持ちに素直になり、自分らしく生きていくことは、大人になればなるほど難しくなっていきます。何も知らない子供が1番幸せかもしれませんね。
mtok

mtokの感想・評価

-
黒人の生活、ゲイとして生きること、この映画の取り上げるテーマのどれを取っても自分が不勉強なばかりに感じ入ることができなかった
もう少し教養を身につけてからリベンジしたい
gya

gyaの感想・評価

3.5
音楽がいい。生きていくためには強くなるしかないんだなぁ、人間らしい映画
RYOKO

RYOKOの感想・評価

3.9
これは好みが別れそう…ずっしり。わたし好みでした。ラストシーンの美しさでモヤモヤが腑に落ちた。
鹿

鹿の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

仕方がないってこうするしかないって塗り固めてきても、時間が経つとさらに仕方が無くなるように感じる

子供と親と周りの人間が、ずっと同じなら変わらず繰り返していくんだなと思った
人が成長していくところに目が行く

いろんなところにいろんな事情がぶつかって、簡単に解決するものでもないし
子供の周りにあるのは人生の縮図って感じ

いじめとか家庭環境とかジェンダーとか自分にある外からの見られ方はあるけど
シャロンが生きていく事にシンプルに寄り添って見れる映画だった

ラストの照らされたリトルが綺麗
>|