ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    umi
    umiの感想・レビュー
    14分
    5.0

    音楽と光が映画を作るのだなと痛感した。意味のあるアカデミー賞だとは思うけど、意味が付きすぎるのも似合わないので、ひっそり単館上映していて欲しかった気もする。

    個人的には少し主人公に寄り添いにくかった。伝わるのに間にある空間が埋められない感じ。

    タイトルとポスターが秀逸だなと思う。
    えぽっく
    えぽっくの感想・レビュー
    1日
    5.0
    凄い好きです。
    ただ、人には勧めにくいかなと正直思いました。
    アカデミー取ってなければ単館で、隠れた名作扱いされるような作品だと思います。
    それはともかく、演者、脚本、演出のリアリティが素晴らしいです。じんわり来ました....
    MamiN
    MamiNの感想・レビュー
    1日
    4.0
    filmarks試写会
    思ったより素朴でリアルで美しい作品だった。穏やかというか静かなのに、心の動きが伝わってくる。今までにないブラックムービー。
    となりだ
    となりだの感想・レビュー
    1日
    -
    filmarks試写会にて鑑賞。
    静かで、でも力強い作品でした。うまく言葉で表現するのが難しいです。
    カコ
    カコの感想・レビュー
    1日
    3.9
    非常に静かで、繊細な物語だと思いました。

    多くは語られない中、その主人公の気持ちとかを見る側がどれだけ汲み取って感じ入れるかで、印象は全然違うと思います。

    わかりやすいストーリーを好む人は物足りなさも感じるかもしれません、現にわたしももう少しその先を見たいと素直に思ってしまったので。だけど、そこを語らないのが余韻を味わえるのかなと思います。

    どこにも行き場がない少年が成長して、どうなるかという話だけど、結果的にこうなったというのが映画で示唆されているけども、もしそうじゃなかったら?あの時、ああなっていなかったら?と考えたくなる映画でした。

    この作品がアカデミー作品賞を取ったということを、見終わったあと考えるし、世界は変わっているんだと思えたので、たくさんの人に届いて欲しいと思えました。
    Sayo
    Sayoの感想・レビュー
    1日
    4.0
    繊細で静かで美しい。
    想像もつかないような背景なのにそれを感じさせずに、すっと入り込んでくる。
    それぞれのキャストの演技が圧巻。

    じわじわと心にしみてくる。

    #試写会
    samandabadra
    samandabadraの感想・レビュー
    1日
    4.0
    静かな映画
    一つのシーンを覗いて、大きく場面が展開するということが起こらない
    それだけに、それぞれの役者の表情や身体的な表現がきめ細かくあったように見えた。
    二時間近い映画であったが、最後、意外にするっと終わってしまった時にはもう終わったのと感じられた。
    LGBTであり、黒人が主人公であるというテーマ自体は恐らく21世紀にならなければ、ここまでの映画にならなかったはず。ただ、淡々と動いていく時間の中で、その人たちがどう生きていくかに注目が行く。
    大きな変化が起こらないと書いたが、劇的な変化が起こるべきシーンは、わざとスクリーンに出てこず、終わったこととして語られるなどして避けられているのも、人物の小さな動きに目が行くように創られているのだとすれば、構成の妙である。
    主人公が成長していくにつれて、体つきは変わってゆくが、その性格が一貫して同じものであるというのは、よほどその人物像が作りこまれていないとできないだろうが、同じ人が成長するとこうなるかなと思わせるしぐさがあったりするのも素晴らしい。
    印象に残るシーンは最後のレストランのシーンという人もいるかもしれないが、どちらかというと個人的には、第1章(?)の子供の時、親しくなった麻薬の売人の元締めと海に出かけるシーンだろうか。元締めの人物が言われる月のもとではあるものが「ブルー」に見えるというのが何を象徴しているのか、色々と考えて話し合ってみたいところ
    sana
    sanaの感想・レビュー
    1日
    3.0
    試写会にて鑑賞

    音楽やライトの使い方など演出がとても素敵な作品。
    手持ちカメラで撮影しているカットが多くこれによりフレームがよく動きドキュメンタリーっぽく、主人公シャロンをより生き生きと感じさせる演出効果があったのでは…と感じました。
    主人公シャロンもさることながら助演男優賞を受賞したフアン役の俳優さんがとても印象に残っています。
    テーマや構成もわかりやすくシンプルだけれど、多くの問題を提示していたり主人公の捉え方は観客1人1人に委ねられているような少し解釈が難しくもある作品だと思いました。
    古谷明香
    古谷明香の感想・レビュー
    1日
    -
    奥の深い映画で私にはほとんど理解できませんでした。暗くて、静かで、内容は深刻な作品でした。
    OKB
    OKBの感想・レビュー
    1日
    4.2
    「あの夜のことを今でもずっと覚えている」というコピーは秀逸だ。
    いや、ほんとうは、覚えているのはあの夜のことだけではない。だけれども、(ほんとうの)自分が、この世界で、ついに承認されたあの瞬間だけは、たとえ自分を救ってくれた恩人の人生をなぞり、何かを得たところで変わることはない。
    本質は常に絶対的であること、映画を見終えてはじめてポスターの意味がわかった。
    >|