ムーンライトの作品情報・感想・評価・動画配信

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

c

cの感想・評価

2.0
被害者はシャロンなのに。
少年院に行くことになるのがなんとも理不尽。歯痒い。
先生が言う言葉は本当に大人って、、、と思いたくなる。
あの場にいた人、それまで見てきた人、
みんなが見て見ぬ振りな世界に感じて絶望的に感じさせられる。
世界はこんなに広いのに、シャロンの世界は窮屈で生きづらさに溢れてた。

大人になったシャロンはフアンのようだ。
慕っていたからこそ、あの時の面影を追っているのかな。
見た目が強くなったシャロンでも中身はあの頃のシャロンが垣間見られる。
トラウマになるくらいのことをされても、売人になっていても、根本に優しさがあるから、邪険にしない人間に成長していて良かった。
その人自身の温かさのことをいうと、私は親とか環境は関係ないと思っている。

ポスターをまじまじと見ていなかったけど、
終わってから見ると3人のシャロンがそこにいてそれが全て自分なんだよなと思わせてくれるように感じた。
最後はフアンやケビンと海にいたあの頃の自分を思い返してたのかな。
自分を形成する大事な瞬間が海に詰まっていたようだった。
風を感じて心臓の音だけになって気持ちよくて泣きたくなるという表現が好きだった。

何も起きていないようで淡々と色んなことが起きている波乱万丈な人生にも見える。
この世界にはこういう人生を送っていような人がいるということを教えてくれる映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

シャロン結局麻薬の売人になってしまうけど別に大きく歪んでしまったわけではなく、心は小さい頃と変わらず綺麗なままだった。
フアンもシャロンみたいに排除されたりしてきた人生だったのかも。

「綺麗な」人たちが麻薬売人になってしまう、そういう社会に訴えてる映画。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.1
マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「リトル(チビ)」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が起こり……。母親ポーラ役に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのフアン役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマハーシャラ・アリ。プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮。本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。
Miki

Mikiの感想・評価

3.5
ジャンキーの母といじめられる環境で育った黒人の少年の話でした。登場人物が全員黒人で、アメリカのブラックコミュニティを知ることができる作品だと思います。作品に関してセクション分けは必要なかったと思います。その方がシャロンにもっと感情移入できたと思う。大人になって外見は変わっても中身は変わってない。DJ松永も性格は変えられないから、それとどう付き合うかだと言っていたことを思い出しました。すごく社会派ってわけでも感動作ってほどでもなく、普通でした。
重たい内容なんだけど、なぜか心に響いてこなかった。
描き方が表面的な感じがした。
Aica

Aicaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フアンが死んだ理由がわからんままやん

私(たち)だけが知るシャロンとケヴィンの関係性。

シャロンの人生濃いなぁ。
フアンと出会わなかったらどうなってたんだろうね。

んでシャロンめっちゃフアンに影響されてたよね?売人は影響ではないけど
GyaO無料配信。幼少期に感じたこと、影響、大人になっても根本変わらないこと、多々ある。

ブラッド・ピットが製作陣に名を連ねる。
マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、少年、青年、大人の三つの時代に分けて追う。

マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、そして唯一の友人ケビンが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。
すいつ

すいつの感想・評価

4.3
ただ淡々と“リアル”がそこにあって胸がジンとした… タイトルの通り月明かりに照らされた肌の色がめちゃくちゃに美しい

このレビューはネタバレを含みます

久々に観た(二回目)。最初は胸がざわざわするような少年の目線で話が展開していくが、全体として静謐で画が綺麗。 :他の方のレビューを読んで、自分はこの映画に救いも解決も求めずに観ていたから、ただ言葉少なに人間の顔が映るのにドキドキしたり、安らいだりしただけだった。
瑛都

瑛都の感想・評価

3.5
完璧な答えを求め過ぎるのも良くないかもしれないがちょっとよく分からなかった。一つ一つのシーンは綺麗だと思ったし、シャロンの成長も納得はする。自分にはいまいち刺さらなかった。申し訳ない。
>|