Kitty

ジェーン・ドウの解剖のKittyのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
4.0
ここ1、2年のホラーではベスト3に入る出来の良さ。物語の構成的にはオーソドックスな謎解きホラーではあるけど、設定と描写のこだわりで何倍も面白くなる好例。そもそも脚本自体が良いテンポでこまめに真相を出すこととショック描写のタイミングで客がダレる瞬間が無いのも良い。
ホラー的な演出もオーソドックスな物が多い印象だったが、客の期待に応えたものが多く満足。暗闇やピント、影を使って明確に描写しないのも、対象の状態が事前の説明で提示されているぶんこちらの想像力で補完させる手法も効果的。密室という性質を活かした閉塞感、どこかに確実にいるという絶望感と不安感もよく表れていた。
展開的にはJホラー的でもあり、謎を残した続きのありそうな、だいたい予想の出来るオチ。ただ、納得のいく終わり方なので文句はない。
効果的に観客の想像力を掻き立てる余白を作った、Jホラー的でもある洋ホラー。丁寧に作られた、いい意味でホラーのお手本のような作品。脚本も演出も役者も見事。