ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:86分
    監督
    アンドレ・ウーヴレダル
    脚本
    イアン・ゴールドバーグ
    リチャード・ナイン
    キャスト
    エミール・ハーシュ
    ブライアン・コックス
    オフィリア・ラヴィボンド
    マイケル・マケルハットン
    オーウェン・キャサリン・ケリー
    パーカー・ソイヤー
    ジェーン・ペリー
    あらすじ
    バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

    「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・レビュー

    てるる
    てるるの感想・レビュー
    2時間
    3.0
    4人が殺害された家の地下から発見された身元不明の女性死体ジェーン・ドゥ。ちなみに死体が男性だった場合はジョン・ドゥと呼ばれる。
    その死体が代々検視官を務める親子のもとへ運ばれ、検死を開始するが、様々な怪奇現象に襲われることになる。

    未体験ゾーン臭がハンパない検死ホラー。
    エミール・ハーシュとブライアン・コックスというちゃんとした俳優が出てるので、途中まではサスペンスなのかホラーなのか判然としないけど、途中からガチホラーだと分かる。
    あ、そっち方面いっちゃったかーという感じ。
    ホラー映画としては急にバーンと出てきたり、音で驚かせるザ・普通の演出だけど、解剖シーンはふんだんにあるし、かなりリアルだと思うので、そっち系が好きなら楽しめる。
    逆にグロ描写とか心臓に悪い系演出が苦手な人にはオススメ出来ない。

    でもこの映画で一番大変だったのは死体役の女優さんだと思う。アカデミー死体女優賞があるなら受賞させてあげたい。
    Kinmedai
    Kinmedaiの感想・レビュー
    9時間
    3.2
    ただただグロい展開が続いた。夢出ててきたら飛び起きそう…(´Д` )
    okimee
    okimeeの感想・レビュー
    9時間
    4.0
    めっちゃくちゃこわい。。
    力抜ける。。

    後ろの人の身じろぎがこわい。。

    もう1本見て帰ろうとしてたけど、無理だ。

    ネコを飼ったとして、首輪に鈴をつけらんないよ。。

    あと怖いから上映中に席立たないでほしい。
    エンドロール中の、階段につまづく人にまでびくっとするよ。ビビりだから!


    彼女はめっちゃきれい。で、それが余計にこわい。
    解剖とか科学捜査とかすごい好きだから、めっちゃ話に集中してしまった。疲れた、、
    日本のホラーっぽい感じだから、外国映画としてちょっと見慣れない感じある。
    ジェーン・ドウの表情は変わってませんよ!これが映画の良いとこね。話が進むにつれ、何度も映し出される表情が、色々に見えて来る、こわっ
    親子が冷静なのも怖いし、突き進む感じも怖い。
    最後こわいよ、彼女、手に入れちゃってるものー!

    「暗雲の中に道を見失った」
    AKIRA
    AKIRAの感想・レビュー
    11時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    顔のない死体が歩き回るあたりが安っぽくて残念、、、
    のんちゃん
    のんちゃんの感想・レビュー
    11時間
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    全体的に質が高くて終始楽しめた
    途中のb級ホラー映画にありそうな演出がなんかなぁ
    あそこはもう見えない怖さみたいなのを突き通して欲しかったような、、、
    常に横たわってるジェーン・ドウがプレッシャー(?)のような感じで終始緊張しながら見れた
    良映画でした
    ぷー
    ぷーの感想・レビュー
    12時間
    4.7
    フライヤーと劇場ポスターのビジュアルの強烈さに観たい衝動を抑えられなくなる。この映画の大半は「解剖」のシーン。隠すことなく開腹から始まり、内臓を調べ取り出す。臓器一つ一つのリアルさは圧巻。
    そして、この映画の要でもある死体。とにかく魅入ってしまうほど美しい。
    Hiro
    Hiroの感想・レビュー
    14時間
    4.0
    劇中、ずっと中心で横たわる彼女がいつ動き出すのか、緊張感が持続していて作品の尺を感じませんでした。

    美女の身体がサクサクと開かれていく、なかなか印象に残る画ヅラ。
    akr97
    akr97の感想・レビュー
    15時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    洋物のホラーって価値観の違いからかそんな怖くないんだけどこれは日本っぽいと言うか珍しくめちゃくちゃビビりました。グロさもリアルでよき!
    パニックホラーみたいなんじゃなく、ミステリーホラーな感じでぞくぞくじわりじわりと怖いから貞子的な感じで私は◎です!
    最終的なオチも不条理な拡散型の呪いでほんと貞子のようで。
    久しぶりにちゃんと怖かった!
    演出はびっくり系でベターな感じでしたけどストーリーが結構しっかりしてるのと解剖シーンがリアルでしっかり見られます。
    そしてジェーンドゥの女優さんがとてつもなく美しい!体の隅々まで美しかった!そして不気味!
    死体役だから表情もないし動かないけどなんなんでしょうあの雰囲気。
    どんどん美しくなってる気がするし、オーラが増している気がした!
    怖いだけじゃなく彼女に何が起きて死んでしまったのか突き止めるための司法解剖シーンはミステリー好き的にワクワクしましたね。まぁ、ホラー的なオチだから理論的ではないけどもぞくぞくと出てくる不審な点が繋がっていくのはやっぱスッキリする。
    あとおかしいかもしれないけどホロッと来ました、私は。
    パパが息子のために全部背負おうとするシーン。
    彼女が受けてきた拷問がパパに襲ってきて最終的に息子がとどめを刺す。うーん、辛いなぁ。
    でもパパの願い叶わず息子も呪いの餌食に…
    助けに来た警察の人の声があの不気味な歌に変わった時にあぁ無情…ってなりました。
    次は大学病院か…終わらないのね…
    後味悪い、しかしこのくらい残酷な方がホラーとして面白いですね。
    久々にいいホラーでした!
    きっつー
    きっつーの感想・レビュー
    16時間
    3.4
    後味の悪さ。

    この類いの映画って誰も幸せになれないね。

    顔の無い遺体のほうが凄く怖かった。
    すずきのま
    すずきのまの感想・レビュー
    18時間
    3.7
    グロイ→怖い→グロイって感じ
    グロいながらも解剖シーンとかが面白くて結局目を離せず
    ビクビクしながら見てました
    期待を裏切らない怖さ
    1人で見る勇気はない
    >|