ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

怖かった!不穏な前半は特に怖かった!
お化けの無慈悲感も、被害者達の可哀想さもフルスロットルでした。なぞときがシンプルなのも良かった。

しかし外国は個人宅で遺体安置所兼検死所運営とかあるんですかね…?
ほんとに…?怖すぎませんかね…?
「こうなったのは何故なのか」を遡って追求していくわけだな。でも遡ってる様で実は現在進行形。なんとも表現しにくい、ひねくれたアプローチの仕方でとても面白かった。構造はリングっぽいと言うか…Jホラーに通じるものがある。

グロと言えばグロなんだけど、死体という事で意外と平気だった。彼女がいつ瞬きをするのか不安でゾクゾク。切除した脳みそはどうなったのかな…
eliza

elizaの感想・評価

3.8
ひたすら死体の美しさに見惚れる作品。
でもパッケージと人が違く見えて不思議。
オカルト系な話で、後半のストーリーの展開は何がどうなるかは大体予想できたけど、手の隙間から見るくらいドキドキでした(笑)
最後はもっとすっきり終わってほしかった…。
登場人物が少ないのと、親子で現象巻き込まれるところがよくある感じではなくて良かった。
あと解剖をがっつり見せてくれるので最高でした!
iwapuuuu

iwapuuuuの感想・評価

3.8
ブルーレイで鑑賞。

ビックリ・ドッキリではなく、“雰囲気”で怖がらせる。

“静”の前半、“動”の後半のバランスが絶妙で、満足感高い。
mayapus

mayapusの感想・評価

4.0
面白いっていう評価を聞いたのみで内容を知らず観始めた。恐ろしいほど美しく、解剖すればするほど謎の深まる死体がどういう役割なのか、どう展開していくのか、全く予想がつかず、最後まで息つく隙なく楽しめた。挿入歌の歌詞が明るいのに、不気味で、「悪の教典」以来の衝撃チューンだった…
さかい

さかいの感想・評価

4.0
えっ90分に満たないの?
すごい…

でもラストカットは微妙…
解剖作業が済んで地下から地上に上がってきたお父さんがタバコを吸うシーン、めっちゃ美味しそう。
silencio

silencioの感想・評価

3.8
90分映画の類いとしては絶妙に面白い。これが100分以上になると長くて評価が下がるはず。
解剖室内のワンシチュエーションものだけど、こういったものは大抵一人で恐る恐る行動することが多いけど、この映画は父と息子で助け合う形。
解剖室が停電した後めちゃくちゃ恐かった。。
死体が死体であるために、死に続けなきゃならない。こんな過酷でリスキーな役をよく引き受けたものだ。
MBac

MBacの感想・評価

4.5

極たまに"想像がつかない"という言葉の代名詞になるような作品が出てくる。今作はまさにそう言った作品であった。対象者が直接何かをしてくるわけでは無い(少なくとも前半は)のに主人公2人がどんどんと追い詰められて行くさまはまさにソレであり『エクソシスト』(1973)を彷彿とさせるかのようだった。又、寛容というよりは好奇心旺盛な(イタズラに「死体を見たい」という息子の彼女に見せようとしたりと)父親がジェーン・ドゥを扱うにつれ些細なことにも敏感に厳しく反応するさまは観ている我々も今がどれ程異常な事態なのか。という事がひしひしと伝わってくる。前半はその状態、つまりは、なにが起こっているかは判らないが間違いなく異常な状態であるのから後半に行くと一気に物事が展開していく。それらの畳み掛けも素晴らしいとしか言えない。私はDVDにて本作を視聴したことが悔やまれる。勿論、どんな映画も出来れば劇場で観るのがベストではあるが、今作のコレを劇場で観ていたらどれ程感動したか想像するだけで計り知れない。とにかく、今作の製作陣には感謝の念しかない。
>|