ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

これは謎解き系の
サスペンスなんかな
思って観てたら

何と何との
呪い系
ホラーなのね!!!

何とも不気味で
おぉっと驚かす音など

こんな暑い日に
エェ具合の
ホラー作品ですな
ほぼ解剖シーンなので、ホントはグロいんでしょうけど、死体があまりにも美しく、人形としか私の脳は認識しませんでした。(笑)


よって、退屈…

こんなん終わりがない話じゃん!


どうやら本日のレビューはひねくれているようです。
(╯•ω•╰)スミマセン
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.6
こ、こえーよ!.....こえーよ!
遺体が美しすぎ、なるほど、なるほど、、
Timmy

Timmyの感想・評価

4.5
夜中に一人で見るものではない(戒め)

トミー・ティルディンとオースティン・ティルディンは親子検死官。ベテランの父と新米息子で、持ち込まれる遺体の検死をして暮らしている。
ある嵐の夜。身元不明の美しい女の遺体が運び込まれてくる。名無しのジェーン・ドゥ。さっそく解剖を始める親子。しかし、すぐに、遺体の異常性に気がつく。
この死体、何かがおかしい。それに気づいた時にはもう、遅かった。

今まで見た洋画ホラーでダントツ怖いかもしれない。

死体の化け物という新しいパターンやね!!ジェーンの解剖を進めると同時に始まる地獄の夜。ちなみに鑑賞中にウチの中にでっかいこおろぎが出た。なぜ俺は映画を見ながらこおろぎと戦わねばならんのだ

品性もなく音で驚かせてくるような、そんな即効性の恐怖じゃなく、じわじわ断続的に襲いくる恐怖。どえらいホラーですよこれは(戦慄)。マジで心臓弱い人にはオススメできない。死んじゃうよほんとに。

いや、死ぬほど理不尽で残虐で遣る瀬無いストーリーだった・・・ラストもあぁそう来るかって感じでいいぞぉ・・・ちょっと不完全燃焼なところもあるけどな・・・スタンリーを殺した犯人とか・・・

解剖シーンは若干グロいけど、なんていうのかな、医学的だからそんなに酷く感じない。ただ臓物は出るから、臓物ってだけでNGの人は控えた方がいいと思う。

しかし、そうか・・・ゾンビではなく、死体が人を殺す時代なのか・・・映画界は進んでるなぁ・・・
あら

あらの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あーいい!いや、ちがう!そこはいい!最高!でも違う!そういうことじゃない!

の連続… 、序盤の解剖シーンが最高すぎるあまり、ラストに掛けてのグダグダ感と、それがオチか〜い!って感じが凄かった


エマちゃん殺しちゃったシーン見て、死体から出てきた花による幻覚でも見てたオチかな、と予想立てていたんですが、そうじゃなかった様で。

解剖シーンめちゃくちゃすき。
オカルト的ホラーじゃなく、美しい死体を解剖していくミステリーホラーな作品、あったら見てみたい!
正統派なオカルト映画。

短くサクッと見れるけど、シチュエーションや演出が良くて、印象に残るシーンばかりで密度が濃い。

序盤は解剖シーンだけでひたすらグロいけど、不気味な雰囲気が漂うので惹き込まれる一方。

絶対おかしい、なにか起こるぞとジワジワせめてくるので一つ一つの展開がホントに面白い。遺体ひとつの要素でここまで魅せるか。

終盤のある展開以降の失速が残念。それが無ければ大傑作だったなあ。続編ある?
mihomiho

mihomihoの感想・評価

3.8
気付けば終わっていた。そのくらいスピーディーでスリリングな雰囲気を持っていたし、先が気になる気持ちをそそられた。なんかちょっと期待し過ぎて シンプルで物足りない気持ちもあるけど、空気は大変好きな感じだった。

洋画ホラーと言うと、大抵泣き叫ぶ女性の耳をつんざく悲鳴が苦手なんだけど、この作品は父と息子のお話なので、新鮮であり 驚きや悲しみが静かなのが味わい深くて より良かった。お父さん、若干デ・ニーロに似てる。

解剖って題材だけで 異色で恐いものだし、遺体安置所という冷たく恐ろしい場所には 嫌な思い出があるので、きつい部分もあった。

どんな死因であれ遺体は遺体で、人だったので、悲惨な姿になっても 音楽聴きながら解剖してる姿を見ていると、遺体を軽視されている気分になって違和感を感じて、不思議と 自業自得じゃない?くらいの気持ちになってしまった。 自分の家族の遺体を仮にそうではなくても 物として面白がられたくはないからね。遺体を見たがる彼女にはかなりイラっときました。

安置された遺体をはじめ、謎めいた ジェーン・ドウの遺体は終始怖い。次々と解剖から明かされる真実と背景。綺麗で 末恐ろしい。でも味気なかった。ラストは呆気なかったけど、騒ぎ立てるだけでない良質な作品だったと思う。意味がわかると怖くて、実にシンプルだった。
も

もの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストと話が合わさってない死体は舌べろがないのにお父さん最後まで喋ってるあんな足首折れる演出するならシタベロが切り取られる演出求む
吹き替えで見たので字幕で見たならまた違ったかも
中盤までの謎解きとドキドキ感は最高!

その先はグダグダ、ラストの陳腐さ!

開始50分位でストップすると最高にひんやりする納涼ホラー!
Youtuki

Youtukiの感想・評価

3.2
これ観てて「なんかに似てるな~」とずーっと考えてたんですが「ロストボデイ」に似てませんか?って話。

あっちはサスペンス、こっちはホラーですがね。ジェーンドゥの遺体についてもやもやと悩む部分がサスペンスぽくないですかね。その後の展開はホラーですけどね。

ホラーという点では思ったより面白かったです、というかホラーテイストはとても好みでした!今にも目が開きそうなジェーンドゥのお顔。ヒヤヒヤしましたね~。でも所詮遺体じゃん!って気持ちが抜けず、ちょっとパッとしなかった印象が。
おかげで、観ていたことを今の今まで忘れてました。
>|