椿

ハローグッバイの椿のネタバレレビュー・内容・結末

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりの邦画。
なかなか好きな雰囲気とストーリーでした。
わりとベタな、タイプの違う子たちのガール・ミーツ・ガール。
(島本理生や豊島ミホの青春小説みたいだなーと思いつつ… )

なんだろ。10代のときって、学校周辺だけが世界の全てなんだけどある程度のトシになると、全然そんなことはないって気がつく。
はづきとあおいの苦しさも、もう何年か経ったあとには、そんなことあったな…くらいになってしまうんだとおもう。
そういう感覚の入り口に、えつこさんとの交流によって立ったのかな。

『ハローグッバイ』……こんにちは、さようなら。
ささやかな出会いと、お別れ。

あの人にも、この人にも10代の頃があって、出会って別れて、ここにいるんだよ、というこじんまりとした、でもやさしい話でした。

劇中曲は軽やかな仕上りだったんだけど、あれが相手への気持ちや過ごした時間を表現してるなら、ほんとに明るくて幸せな時間だったんだろうな。