ハローグッバイのネタバレレビュー・内容・結末

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

同じクラスだが会話を交わすことすら稀な2人の女子高生が、偶然2人で認知症のおばあさんを助けたことをきっかけに交流を深め、やがて一緒におばあさんの初恋の人の居場所を探すという話。

あらすじの印象では心温まる物語を想像していたが、女子高生のうわべだけの人間関係やスクールカーストを生々しく描いた作品だった。一方はカースト上位のグループに属し、もう一方は地味で友人のいない学級委員。相容れない両者だが、お互いの他者には言い難い悩みを知ったことで素直な感情を遠慮なくぶつけ合う仲となる。2人は友人とは言えないかもしれないが、打算が一切無く、変に言葉を取り繕わない。言葉少なめながら、少しずつ絆を深めていく流れは大変興味深かった。おばあさんの件が終わったあと、お互い明日からの決別を宣言しているのに別れ際に名前で呼び合うくだりは感動的ですらあった。
反面、同時並行で進むもたいまさこ演じるおばあさんのエピソードが少し弱い。おばあさんと初恋の相手との思い出のピアノ曲はかなり良い曲だったけれど。ただ、認知症のおばあさんが最後に女子高生2人のことを忘れてしまうのは切なかった。

ラストに委員長の女子高生が完全に孤立してしまった際に、よくある話だとそれまでの友人関係全てを投げ打ってでももう一方の子は委員長の子を助けそうなものだが、助けようとする葛藤を見せつつ、結局何もしないという対応をとった。その行動は不思議と説得力があった。
友達とは何かという深いテーマをていねいに描いていて意外な良作だった。
"友達ってなんですか?"
この言葉に惹かれて鑑賞
見始めたらあっという間でとても見入った。

リアルだな〜とかそれあったな〜とかなんか自分の周りの人にもあるようなことがあったり

主演の2人の関係性がすごくて

普段自分がいる友人との関わりでも本当のことを話せなくなるときがあるけど、
小さい時は「友達でしょ。」という言葉を何度も言われたり言ったりした。

今になると、その言葉を言われたらどう思うんだろう。
たぶん、友達じゃないとか言っちゃうのかな。本当のことなんて話せる人はほんの数人なんだろうっておもった。


もたいさんと木野さんの2人の関係には涙が出てきた。



あなたにとって"友達ってなんですか?"って聞かれたら、なんて答えればいいんだろう。友達の定義すらしっかりとわかっていない自分にとって、いつまでも答えられない質問なんだろう。
いつか答えられるときが来れば、。なんて考えながらメイキングとか見てた。



ステキな映画でした。
女性監督かな〜?と思って、作品途中から見ていたけど、監督は男性で脚本が女性の方だった。

萩原みのりさんのアップがどんな撮り方をしても映えるんじゃないかと思わせるくらい、作品全体の存在感が透き通るようで綺麗だった。

撮影方法は尖った見せ方はしていなく、
女性を綺麗に見せるような(役者を活かすような)自然なアップが印象的だった。

①鏡を見て、髪を結ぶ横顔のアップ
②おばあちゃんを再び、家に送り届けた後、おばあちゃんを見つめる萩原みのりの正面アップ など

脚本(内容)の面では、ちょいちょいリアリティを感じられない部分が個人的にはありました。
見せ方が長いというか、最初のおばあちゃんを警察にまで送り届ける見せ方が逆に丁寧すぎる印象を受けました。
そこに時間をかけるなら、女性二人の内面が伺えるようなカットやシーンを増やすべきなのでは?

などなど。
リアル。高校生って女子同士の色々あるよねえ。学生生活ってその世界だけで完結してるから狭い。そこが全てに思えてしまう。
萩原みのりちゃん可愛い。

あんなのつるむのやめれば良いのに(´・_・`)逆にめんどくさい

でもあんまりもたいまさこさんの良さが出てなかったなあ。。木野花さんが良かった!

ラストの、上見上げたカットで終わったのも清々しくて良かった。
甘酸っぱい小品かな、と思って観に行きましたが、いい意味で裏切られました。しなやかで強い、観応えある素晴らしい作品。

一番印象に残っているのは、おばあちゃんの手紙の真実が明かされるクライマックスの場面です。ラブレターかと思いきや、友情を伝える恩讐を超えた赦しの手紙!ある意味最高のラブレターとも言えます。
シュローダーヘッズのピアノ、もたいまさこの朗読が相まって、本当に特別なシーンでした。深く深く心に刻まれ、震えるほど感動しました。

友情の描写も真を突いているように感じました。
はづきと葵の2人はつるむような友人関係にはならないけれど、その瞬間は確実に友情が存在していました。それは2人にとって確かな手応えがあり、かけがえのない体験になったはず。
特にはづきにとって、妊娠検査後に葵が寄り添ってくれたことは宝物となるでしょう。それが例え一瞬の交錯であっても、遊び仲間とは一線を画した関係です。
また、成長した葵が魅力的。ポニーテールにして自首し、停学後もビシッと登校する葵には誇り高く凛とした美しさがあります。

友情の話なので、はづきと葵の友情の対比として、はづきの友人グループが描かれています。
このようなグループのつきあいは、友人関係というよりも学校生活に適応するための仕事のように見えました。場の空気によって友人的振る舞いを強いられる印象で、義務に近いのでは。義務といってもかなり狭い世界への適応なので空虚なものですが。
SNSの言葉が音声となりはづきを押し潰そうとするシーンは、無意味な仕事をし続けて参ってしまったような印象。葵との友情と友人的グループの対比は、友情の厚さ・薄さではなく、意味の有無・価値の有無を表しているように感じました。

セピアがかった映像と、極上のピアノの旋律。
(テーマ曲『手紙が届けてくれたもの』は、菊次郎の夏のSummer に匹敵する名曲!)
実に品のある美しい傑作でした。主演の2人も美しい。時間も比較的コンパクトで、間延びも感じませんでした。短いけど、無駄がなく映画としてとても洗練されている印象です。
そして、シュローダーヘッズの音楽は以前から聴いていましたが、姿は初めて見ました。あまりにも男前でビックリ。今後も俳優イケますね。
女子高生だった時を思い出した
こんな関係嫌だって、あおいとはづきのお互いの普段の人間関係で出せない2人が
どうでもいいただのクラスメートにありのままの感情をぶつけ合っていることでお互いに相手を認識するところがリアルだった

女の子の嫌なところ、人として優しいところ、なんともいえない押し付けられていない不自由さがリアル
それでもその人として最大限の寄り添いや思いやりがもがきながら行動に移されていて、ほっとしたし、2人ともしっかり者、凛としてるなと思った

おばあちゃんの大きな長い間の苦しみや辛さが年月を経て想いのある大切な宝物になっていたところに、この2人の若さが救われている
女の子映画

良くも悪くも「邦画」って感じだ
劇的なシーンは少なく、
ゆったりと観ることができた
(おばあちゃん歩かせ過ぎなのはちと残酷ではあるが)

すぐ既読になるLINEと渡せなかった手紙
そんな対比を表現したかったのかな
それでこのタイトルなのかな
なんてことを考えている
うーむ
これから友だちになる流れ…?と思わせといての「安心して、明日から喋りかけないから」てセリフ、女社会でなんとか生き抜こうとしてる感があってリアルはこうなるよなー…と思って凄い納得した

萩原みのりさん舞台挨拶
あーよくあるよね、対象の2人がひょんな事から絡んで少し変わる物語。って感じ

イケイケグループに所属してるけど居心地の悪さを感じている女の子とグループに所属していなくて優等生タイプだけど影がある女の子。
悩んでいることもあーよくある設定よね、て感じだけどすんごく好きでした。

ストーリーはそんなだけどそれを映す、描いていくのがとても繊細で綺麗。
ちょっとした表情や構図、カットの尺などがとても素敵、説得力がある!
物語としてでは無く、作品の持つ空気が好きでした。
鍵となる歌の使い方もとても良かった!
クラスで目立つ存在でいつも友達とつるんでる「はづき」といつもひとりぼっちの優等生「葵」、そしてそんなふたりを繋げる
認知症のおばあちゃん「悦子」の織りなす派手ではないけど心が落ち着くストーリー。

はづきは事あるごとに友達に対して「友達だよね」「うちら味方だし」という言葉を多用するけど、
その裏ははづきの妊娠疑惑(実際はしていなかったが)に対して陰口を叩かれていてものすごく軽薄である事が明確に示し、
葵の万引きを繰り返すことで心の闇を表現していた。
そんな接点のない彼女たちが「悦子のラブレターを届ける」という目的のもとに結束し、事が終わるとふたりはこれをきっかけに仲良くなるわけではなく、
リセットして元の関係になるというのはこの年代のめんどくささを表してるのかな。

はづき役の萩原みのりも葵役の久保田紗友もこの時期だからこそのいいものが撮れて、彼女たちの代表作になることは間違いない。
そして悦子役のもたいまさこの認知症老人の佇まいが完璧すぎた。
>|