ハローグッバイのネタバレレビュー・内容・結末

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

リアル。高校生って女子同士の色々あるよねえ。学生生活ってその世界だけで完結してるから狭い。そこが全てに思えてしまう。
萩原みのりちゃん可愛い。

あんなのつるむのやめれば良いのに(´・_・`)逆にめんどくさい

でもあんまりもたいまさこさんの良さが出てなかったなあ。。木野花さんが良かった!

ラストの、上見上げたカットで終わったのも清々しくて良かった。
甘酸っぱい小品かな、と思って観に行きましたが、いい意味で裏切られました。しなやかで強い、観応えある素晴らしい作品。

一番印象に残っているのは、おばあちゃんの手紙の真実が明かされるクライマックスの場面です。ラブレターかと思いきや、友情を伝える恩讐を超えた赦しの手紙!ある意味最高のラブレターとも言えます。
シュローダーヘッズのピアノ、もたいまさこの朗読が相まって、本当に特別なシーンでした。深く深く心に刻まれ、震えるほど感動しました。

友情の描写も真を突いているように感じました。
はづきと葵の2人はつるむような友人関係にはならないけれど、その瞬間は確実に友情が存在していました。それは2人にとって確かな手応えがあり、かけがえのない体験になったはず。
特にはづきにとって、妊娠検査後に葵が寄り添ってくれたことは宝物となるでしょう。それが例え一瞬の交錯であっても、遊び仲間とは一線を画した関係です。
また、成長した葵が魅力的。ポニーテールにして自首し、停学後もビシッと登校する葵には誇り高く凛とした美しさがあります。

友情の話なので、はづきと葵の友情の対比として、はづきの友人グループが描かれています。
このようなグループのつきあいは、友人関係というよりも学校生活に適応するための仕事のように見えました。場の空気によって友人的振る舞いを強いられる印象で、義務に近いのでは。義務といってもかなり狭い世界への適応なので空虚なものですが。
SNSの言葉が音声となりはづきを押し潰そうとするシーンは、無意味な仕事をし続けて参ってしまったような印象。葵との友情と友人的グループの対比は、友情の厚さ・薄さではなく、意味の有無・価値の有無を表しているように感じました。

セピアがかった映像と、極上のピアノの旋律。
(テーマ曲『手紙が届けてくれたもの』は、菊次郎の夏のSummer に匹敵する名曲!)
実に品のある美しい傑作でした。主演の2人も美しい。時間も比較的コンパクトで、間延びも感じませんでした。短いけど、無駄がなく映画としてとても洗練されている印象です。
そして、シュローダーヘッズの音楽は以前から聴いていましたが、姿は初めて見ました。あまりにも男前でビックリ。今後も俳優イケますね。
女子高生だった時を思い出した
こんな関係嫌だって、あおいとはづきのお互いの普段の人間関係で出せない2人が
どうでもいいただのクラスメートにありのままの感情をぶつけ合っていることでお互いに相手を認識するところがリアルだった

女の子の嫌なところ、人として優しいところ、なんともいえない押し付けられていない不自由さがリアル
それでもその人として最大限の寄り添いや思いやりがもがきながら行動に移されていて、ほっとしたし、2人ともしっかり者、凛としてるなと思った

おばあちゃんの大きな長い間の苦しみや辛さが年月を経て想いのある大切な宝物になっていたところに、この2人の若さが救われている
女の子映画

良くも悪くも「邦画」って感じだ
劇的なシーンは少なく、
ゆったりと観ることができた
(おばあちゃん歩かせ過ぎなのはちと残酷ではあるが)

すぐ既読になるLINEと渡せなかった手紙
そんな対比を表現したかったのかな
それでこのタイトルなのかな
なんてことを考えている
うーむ
これから友だちになる流れ…?と思わせといての「安心して、明日から喋りかけないから」てセリフ、女社会でなんとか生き抜こうとしてる感があってリアルはこうなるよなー…と思って凄い納得した

萩原みのりさん舞台挨拶
あーよくあるよね、対象の2人がひょんな事から絡んで少し変わる物語。って感じ

イケイケグループに所属してるけど居心地の悪さを感じている女の子とグループに所属していなくて優等生タイプだけど影がある女の子。
悩んでいることもあーよくある設定よね、て感じだけどすんごく好きでした。

ストーリーはそんなだけどそれを映す、描いていくのがとても繊細で綺麗。
ちょっとした表情や構図、カットの尺などがとても素敵、説得力がある!
物語としてでは無く、作品の持つ空気が好きでした。
鍵となる歌の使い方もとても良かった!
クラスで目立つ存在でいつも友達とつるんでる「はづき」といつもひとりぼっちの優等生「葵」、そしてそんなふたりを繋げる
認知症のおばあちゃん「悦子」の織りなす派手ではないけど心が落ち着くストーリー。

はづきは事あるごとに友達に対して「友達だよね」「うちら味方だし」という言葉を多用するけど、
その裏ははづきの妊娠疑惑(実際はしていなかったが)に対して陰口を叩かれていてものすごく軽薄である事が明確に示し、
葵の万引きを繰り返すことで心の闇を表現していた。
そんな接点のない彼女たちが「悦子のラブレターを届ける」という目的のもとに結束し、事が終わるとふたりはこれをきっかけに仲良くなるわけではなく、
リセットして元の関係になるというのはこの年代のめんどくささを表してるのかな。

はづき役の萩原みのりも葵役の久保田紗友もこの時期だからこそのいいものが撮れて、彼女たちの代表作になることは間違いない。
そして悦子役のもたいまさこの認知症老人の佇まいが完璧すぎた。
最近、日本的スモールムービーが観たくて仕方なかった。
丁度いい感じっぽいやつがユーロで上映していたので鑑賞してきた。
今で言う、対等に交わることのない陽キャラ(はづき/萩原みのり)と陰キャラ(葵/久保和紗友)がタッグを組んで認知症のおばあちゃんの想い人探しをするというお話(2割嘘)
期待通りそこに絡んでくる要素はいい意味で使い古された委員長、金持ち、万引き、妊娠、癇癪持ちの母親?、花壇、理科室、騒音からの無音、薄っぺらい友情などなどがセットに。大丈夫、こういうのを求めて観にきたから。
ただ、もう一歩踏み込めた脚本があれば良作になれたはず。加えて、「友達ってなんですか」のキャッチコピーの割には"認知症のおばあちゃん"に割と引っ張られてしまって薄味になってた(はづきと葵の友情??のために持ってきたものだが)。


音楽は総じてハイレベルでやや壮大。ストーリーや色使い的にはやや浮いてしまっていた気が。バス中で流れる音楽は映像との乖離が著しかった気が気が。
同じくバスの車窓から車内の映り込み、あれはどういう意図があったのだろう。

タイトルの入り良し!
階段っつう美術が結構好きだから、演出上出番がたくさんあって好印象。
『恋人たち』でゲイ弁護士役の池田さんが出てて嬉しくなった。あの人好き。


・隣の席だったカップルの彼氏の口臭が渋谷の裏路地でも嗅げないようなドブ臭さで苦しかったんだけど、彼女さんは正気なのかな
見終わった直後、良い映画見れたと素直に思えたけど、今振り返ると絶対に普段好きなタイプストーリーではない。

女子校生のスクールカースト上の子と下の子が、おばあちゃんキッカケで近づいて、普段交流しない人と接して、自分の現状から少し抜け出す。そして、ふたりの関係は、何もなかった様な関係性に戻る。

それだけやけど、ライン通知の怒涛さを声を比喩にして、うるささを表現したり、野次馬でしかない好奇心をあたかも心配してますよという態度に変える気持ち悪さとかの表現が上手かった。

野次馬の好奇心は、その後に『喜嶋先生の静かな教室』読み直したから、そこともリンクしてちょっと整理出来た。

ところどころ映像やたら緑よりな気もしたけど、どうなんやろね。夏ぽいけど、人がばんばん映ってるシーンでもわりと強くて珍しい気がした。

あんま主題ではないとは思うけど、もたいまさこ演じる祖母とその娘の関係性にちょっと考えた気がする。
映画では祖母がボケて、娘はたぶんしんどくて強めの姿勢で接してしまってて、けどその関係性を他人の女子高生は瞬間の場面を見て、娘を悪く捉えるシーンがあるけど、なんか色々難しい問題やなって感じ。

変わるもんやろうけど、変わってしまう人との付き合い方は、悩ましいですねって感じ