ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

テンポの良い展開と主演3人の高い演技力も相まって
終始飽きることなく物語に没入できた
終わり方もかなり好み

高校生と、かつて高校生だった全ての人に観てほしい映画
ミイコ

ミイコの感想・評価

4.5
すごく好きな映画、とても優しい作品。
自分の絡み合った苦い青春もときほぐしてくれるような。
友情ってなんだろうね。

いい作品に出会えました。
色合いも、奥行きのある構図もすごく好みだった。
監督・脚本家・企画Pの3人アフタートーク回にて。
10年後のグッバイハロー、期待してます!!
サントラ欲しい
零

零の感想・評価

3.9
心に闇を抱えてはいるが、生き方自体が余りにも対称的な二人の女子高生が痴呆症のおばあさんと出会いそれキッカケで2人の交流がはじまり...。

"今"を生きる女子高生達と"過去"を生きるおばあさん。そのやり取りや違いがリアルで淡々とだが丁寧な描き方が素敵な作品。
○2人の女子高生がともに歩くシーン(その速度はまちまちで、ときには全力疾走)がどこもきもちよかった。階段を上るとなにか新しい展開が待っている、というよりも新しい展開は階段を上ってからのお楽しみ。
○おさえめの演出(最後は教室で肩くらい触るのかと思いきや)にやられっぱなし。2人がののしりあうシーンさえもリアルを感じれた。
○流れがスムーズで、監督はきっと運動神経抜群なのでは(もしくは、運動に対して敏感)と思いました。
○名シーンいっぱいだけど、ベストは、ラスト近くの婆さん家前の夜道で別れる2人の切り返しショット。前半の夜の商店街アーケードで超ゆっくり歩く(歩くというよりもかろうじて止まってない程度の歩み)2人のため息同調シーンも。
とても良かった。皆いい演技していた。

ハローと言ってはグッバイ。距離感が近づいては離れて。
真面目な高校生とイケイケな高校生。おばあちゃんと高校生。

孤独な葵と友達がいるのに孤独なはづき。対な2人がいることで強調されてた。長い時間いるはずなのに、1番わからない存在の友達。
友達とはなんなのかをとても考えさせられた。
とりあえず萩原みのり可愛い。
とてもいい映画🎬
くみこ

くみこの感想・評価

3.8
音楽がとても素敵。
本音で相談できる友達いないもんねってガツンとくるだろうなぁ
十六夜

十六夜の感想・評価

4.0
かなり良かったです。
女子高生2人の関係性が大袈裟過ぎず、でもきちんと強いもので信じ合っているあいだになっていた。

口論というか喧嘩するシーンは静かな迫力があり見応えがありました。その後にくるシーンともしっかり繋がっていて印象的。

よくある正反対の境遇の2人だけど、感動もので終わっていないのがいい。

もたいさんと渡辺真起子さん親子のやりとりは介護と独居の現実を描いていて泣けてしまう。ああいう親子いるよ。

この作品のキーになる音楽の使い方もうまいですね。
xxx

xxxの感想・評価

4.6
2人が本気で喧嘩をするシーンの一言一言がリアルで、そのあとに葵がはづきを気遣うシーンもリアル。
あのとき本気で言い合って互いを曝け出したからこそはづきと葵の間には信頼が芽生えたわけで、本気で言い合うことができず互いに取り繕っている4人の関係はいつまでも不安定なままなんだろうな。

おばあちゃんの手紙はとても素敵で音楽も素晴らしかった。
それだけにおばあちゃんと別れたあとの2人の中に達成感とか充実感とかよりも喪失感の方が大きかったんじゃないかと思うと切ないというかやるせなく思う。

終わり方もよくて、スクリーンで観れた満足感でいっぱい。
上映後に監督、企画、脚本の3人のトークも聞けてよかった〜。
渋谷アップリンクでの特集上映「見逃した映画 2017」にて鑑賞。
ようやく観れました…本当に素晴らしい…。菊池監督応援してます!
>|