ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

4.0

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

sii

siiの感想・評価

3.9
女子高生2人がかわいい
内容もペースも自然と頭に染み込んできました。
anapan

anapanの感想・評価

3.8
オープニングからハートウォーミング映画然とした音楽の使い方が気になって、モゾモゾしました。後半のピアノのシーンとかエモーショナルにし過ぎではないか…とも思ったのですがこういうシーンでスカしたハズしを入れてしまう日本のインディシネフィル監督へのアンチテーゼというか、正面からイイ話として盛り上げるぞという気概、と受け取ったのですが全然違うかもしれません。妻はそこらへんまったく気にならなかったようです。気に入らないところを書いてしまいましたが、それは気に入っている部分が多いからに他ならず。一作目も、すぐに公開されるという三作目も観たいなと。主演の女子高生ふたりはとても眩しく、特に委員長はゴクミ以来の絶世の美女なのではなかろうか。
og

ogの感想・評価

3.8
素直で素敵できれいな青春映画だった。女子高生とおばあさんというふたつの年代が交錯するのが良かった。
80分と短い映画だったんだけど短さを感じさせなかったし、80分の中で何十年間という時間の流れを感じられて素敵だった。あとSNSが不快なものとして扱われてるから、ストレートなんだけど表現がわかりやすかった。
ラストのシーンがいかにも〜〜!って感じなんだけど、なんかこの主演のふたりだからかすごく良かった。
認知症のおばあさんと、そのおばあさんの友達がもたいまさこと木野花だったのずるすぎない?それだけで泣けた。
渡辺シュンスケのピアノシーンが見れて良かった。やっぱピアノやってる人の流れるような指遣いはいいね。
A子

A子の感想・評価

3.5
渡辺真起子と木野花!
青くて痛かった。40歳で現代の高校生をリアルに撮るってすごい。
りさ

りさの感想・評価

-
10代の閉鎖された人間関係のなかでもがくしかない感じとか、女子特有のドロドロとか、年月をへての諦めとか許しとか、全てが人間臭くて観ていて苦しくなったりした。それでも10代はキラキラしてるし素敵な時間だったんだなと思えるお話しでした。

主役の女の子の存在感がすごすぎた。
ayapan

ayapanの感想・評価

4.6
前に予告編観て、気になって気になりすぎて、やっと観に行けた。。公開が延長になってくれてほんと良かった🙆💗

萩原みのりちゃんも久保田紗友ちゃんも
すっっっごく良い。


なんだろうか、、どうゆう感情なんだろうか、自分でもよくわからないんだけど、後半ピアノの音がすっと入ってきて、気付いたら涙が。。口ずさみたくなるような、耳から離れない素敵な曲。。誰のなんだろうって帰り道に調べたら昔、偶然にもビレバンで心奪われて買ったCDと同じ人だった。。。びっくり。Schroeder-Headz、渡辺シュンスケさん、この人の音楽の虜みたいだ。

交わりそうで、交わらない
終わり方もすっっっごく良かったし、
上辺だけ、SNSが離せない、、
そんな薄っぺらい友情なんかより
はづきと葵みたいな友達の形がいいって心から思う
2017/08/16
ユーロスペース
BS2011

BS2011の感想・評価

3.9
とても気持ちのいい映画だった!
二人の女優がとてもいい〜
学校のイケイケグループに所属する女の子と、真面目で目立たないタイプの学級委員の女の子。
そんな本来関わらないはずの2人が1人のおばあちゃんと出会うことで距離を縮めて行く。

みんな抱えてるものがあって。
隠したい闇があって。
見えない傷があって。
大事なものがあって。
でもそんなのは人から見たらわかんないし、関係ないし。
まず人にはそういうものは見せたくないし、侵入されたくないし。
人の心なんていうのは理解できるわけもないんだけど。

だけど、本当はちょっと知って欲しくて、自分のことをわかって欲しくて。
そんなほころびが、実はたくさんあって。
そのほつれた糸を優しくほどいてくれたのがおばあちゃんで。ほころびが広がって。
そこにいたのが、ハズキにとってアオイであり、アオイにとってハズキであったのだと。


それにしても萩間みのりちゃんがどタイプだったからもうずっとハズキ見てた。
>|