ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

性格の違う二人の女子高生が認知症のおばあさんに出会い…という感じで始まるストーリー。ヒューマンドラマに近い青春映画ですかね。

ストレートな内容の作品ですが、その分テーマについて細やかに描かれているなという印象。最初、女子のめんどくさい人間関係を「うわー」と伏し目がちに観ていましたが、総じてみるとなんだか澄んだ気持ちに。

主演の二人もかなり良かったのですが、もたいまさこの佇まいが映画の雰囲気を優しくしていた気がします。特に泣かせようとしている感じの作品でもないのですが、いくつかのシーンで涙してしまいました。

個人的にはなかなかの良作!
maco

macoの感想・評価

3.0
映画としていいと思うけど、偶然出会うシーンが多すぎる気はした、偶々出会う感じをもっと丁寧にみせたらもっと良くなったんじゃないかと思う。
あと、見終わって結局どこへ繋がっていくのか分からなかった、だからどうなんだ、という根源的な希求、豊穣な海への感情の広がりを求めているからかもしれない。
macoto

macotoの感想・評価

-
“ 私たち友達でしょ “ …のあの言葉。
相手の笑顔に身動きとれなくなって
合わせて作り笑いなんかもしちゃたり。
あのプレッシャー。なんなんだろね。

“友達”って。ほんと…難しいね。。

映像のカラーがより現実的だから
そんな風景がとってもリアルに思えた。
amelie

amelieの感想・評価

4.0

友達ってなんですか

この時期の友達って
むずかしい
いや、いくつになっても
友達の定義って
難しいのかもしれない

交わらなかったこの二人が
ひょんなことから
通じる瞬間

まったく大きさの異なる歯車が
たまたま合致して
ほんの少し動いた
そんな感じ


''友達未満''



あの二人の距離は
妙にリアルな
人との距離感
大介

大介の感想・評価

3.8
最初、登場人物の誰にも感情移入出来んなぁって思ってたけど、なかなかよかった。

テーマは「友達」なんだけど、それ以外のところもいくつか目にとまる。

個人的にはもう少し先までみたかったけど、全て描いてしまうより、いろいろと想像できるこういう余韻の残るラストは好き。

三人の存在感もとてもよかったし、小さな旅の終着点も納得できるものだった。


観賞後にメイキングをみると、より深い気持ちにさせてもらえる。

辛いことも多いんだろうけど…撮影現場ってええな。

「ダークもたいさん」見てみたい(笑)。


正直、物足りないと思えるところもあったんだけど、不思議に自分にはハマったって感じ。満足。
灯

灯の感想・評価

2.7
温かい気持ちにもなったけど、それと同じくらい寂しい気持ちにもなった。

構成はすごく分かりやすいものだったけど、ものすごく繊細な作品。
何年かけてでも自分の気持ちに決着をつける事で前に進めるんだなぁと思いました。
kaz

kazの感想・評価

3.7
対照的な2人の女子高生。
片やお嬢様で優等生な委員長。
片やクラスで目立つグループに属するイケてる子。

まるで接点のなかった2人が、もたいまさこ演じる認知症の女性を助けたことから動き出すストーリー。

最初はこのおばあさんとのエピソードも、優しさの押し売り的な感じがしてどうかな?と思っていたんですけど(完全に不審者やし 笑)、徐々にその理由も明らかになります。

この対照的な2人はそれぞれに問題を抱えていたのですが…「本当の友達とは?」という思いが鑑賞中、頭の中をグルグルグルグルしておりました…σ(^_^;)

数合わせの友達ならいらないし、それなら1人の方が良い、逆に本当の友達が1人でもいるならば、それだけで十分と思える…そんな風に感じた映画でした。

鑑賞後の爽快感と、ストーリーの鍵を握るステキな主題歌のメロディーが心に響く。
内容はリアルな高校生で、ああ、あるな〜、、ってとこも多かったけれど、全体を見れば温かい気持ちになれる話。
ピアノのシーンがめちゃくちゃ好きで、曲もセリフも雰囲気も 返却してからも絶対また見たくなると思って動画を撮った、笑
主演2人もタイプでした♡
劇場での上映回数が、僕の住む大阪でも非常に少なく、鑑賞を断念していた作品が、ようやくDVD化された。

茶髪で学校にもばっちりメイクで通うはづきと、ひっつめ頭が印象的な優等生タイプの葵。対照的で、当然スカート丈も全然違う2人の女子高生が、認知症の老婆と出会う事で心を通わせるようになるという、一風変わった青春映画だ。

女子高生を演じる2人の若手女優も良かったけれど、本作のキモは、何と言っても老婆役のもたいまさこ! 実年齢60才そこそこにして、80才ぐらいに見える老婆を見事に演じている。彼女が登場するのは、中盤からなんだけど、ここから作品全体のムードが一気に変わるのだから、その存在感は相当な物。

作品を通じて見えてくるのは、年齢を超えた女性の恋心と友情。80分という短い尺も心地良く、爽やかな余韻を残す。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.6
学級委員長の女子とそのクラスのリア充女子。この2人が認知症のおばあちゃんとひょんなことで出会い、おばあちゃんがいつも探している男性に手紙を届けようとするストーリー。

ラスト、リア充女子の学級委員長の見方が黒からグレーに変わるシーンが良かった。
>|