ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

4.0

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

○2人の女子高生がともに歩くシーン(その速度はまちまちで、ときには全力疾走)がどこもきもちよかった。階段を上るとなにか新しい展開が待っている、というよりも新しい展開は階段を上ってからのお楽しみ。
○おさえめの演出(最後は教室で肩くらい触るのかと思いきや)にやられっぱなし。2人がののしりあうシーンさえもリアルを感じれた。
○流れがスムーズで、監督はきっと運動神経抜群なのでは(もしくは、運動に対して敏感)と思いました。
○名シーンいっぱいだけど、ベストは、ラスト近くの婆さん家前の夜道で別れる2人の切り返しショット。前半の夜の商店街アーケードで超ゆっくり歩く(歩くというよりもかろうじて止まってない程度の歩み)2人のため息同調シーンも。
とても良かった。皆いい演技していた。

ハローと言ってはグッバイ。距離感が近づいては離れて。
真面目な高校生とイケイケな高校生。おばあちゃんと高校生。

孤独な葵と友達がいるのに孤独なはづき。対な2人がいることで強調されてた。長い時間いるはずなのに、1番わからない存在の友達。
友達とはなんなのかをとても考えさせられた。
とりあえず萩原みのり可愛い。
とてもいい映画🎬
くみこ

くみこの感想・評価

3.8
音楽がとても素敵。
本音で相談できる友達いないもんねってガツンとくるだろうなぁ
十六夜

十六夜の感想・評価

4.0
かなり良かったです。
女子高生2人の関係性が大袈裟過ぎず、でもきちんと強いもので信じ合っているあいだになっていた。

口論というか喧嘩するシーンは静かな迫力があり見応えがありました。その後にくるシーンともしっかり繋がっていて印象的。

よくある正反対の境遇の2人だけど、感動もので終わっていないのがいい。

もたいさんと渡辺真起子さん親子のやりとりは介護と独居の現実を描いていて泣けてしまう。ああいう親子いるよ。

この作品のキーになる音楽の使い方もうまいですね。
xxx

xxxの感想・評価

4.6
2人が本気で喧嘩をするシーンの一言一言がリアルで、そのあとに葵がはづきを気遣うシーンもリアル。
あのとき本気で言い合って互いを曝け出したからこそはづきと葵の間には信頼が芽生えたわけで、本気で言い合うことができず互いに取り繕っている4人の関係はいつまでも不安定なままなんだろうな。

おばあちゃんの手紙はとても素敵で音楽も素晴らしかった。
それだけにおばあちゃんと別れたあとの2人の中に達成感とか充実感とかよりも喪失感の方が大きかったんじゃないかと思うと切ないというかやるせなく思う。

終わり方もよくて、スクリーンで観れた満足感でいっぱい。
上映後に監督、企画、脚本の3人のトークも聞けてよかった〜。
渋谷アップリンクでの特集上映「見逃した映画 2017」にて鑑賞。
ようやく観れました…本当に素晴らしい…。菊池監督応援してます!
mi

miの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

リアル。高校生って女子同士の色々あるよねえ。学生生活ってその世界だけで完結してるから狭い。そこが全てに思えてしまう。
萩原みのりちゃん可愛い。

あんなのつるむのやめれば良いのに(´・_・`)逆にめんどくさい

でもあんまりもたいまさこさんの良さが出てなかったなあ。。木野花さんが良かった!

ラストの、上見上げたカットで終わったのも清々しくて良かった。
高校の委員長の葵と、はずきの関係が、認知症のおばあさんとの出会いによって変わる話。
この映画にも協力している、瀬田なつき監督「PARKS パークス」を観ていて、きっかけに登場人物の関係が変わる共通点を感じました。
主題曲の旋律が印象に残りました。
葵とはずきを演じた二人の女優が良かった。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

4.0
女の子グループのあんななぁー
お金持ちお嬢様の委員長を嫌う女の子グループ、葵は親の愛情を感じられない生活1人ぼっち‥‥
友達や元カレとのいざこざに疲れる、はづき。
そんな二人が痴ほう症のお婆ちゃんを助ける所から物語は流れて行き、本当の友達とは親友ってなんだろうと考えさせる。

葵もはづきも悦子お婆ちゃんの想い出友達話を旅して二人が心のモヤモヤが吹っ飛んだと思う。
あの手紙とメロディーは良かった。

流れる思いでの曲が優しい雰囲気がとても素敵でもたいまさこはさすがの素晴らしい演技でした!
Garu

Garuの感想・評価

4.1
丁寧な作りが素晴らしい。

まず映像の作りが丁寧で上手く、すごく好きだった。
感覚的な好きよりも、どちらかと言うと技術寄りの、もちろん経験と才能によるものだと思うが、色々なところの作り方がちゃんとしてるのが好き。好感。
監督の作品は初めて観たと思うのだが、一気にファンになった。

もちろんそれに伴う本作の内容も面白かった。
若者特有の小さな世界での友情についての考え方と、それの成長が軸になっている。
ただ成長してなくなるのではなく、小さな世界はいつまでも小さな世界で存在して、世界が大きくなってもその小さな世界は変わらないと言うような事を感じさせてくれる。

主演の2人もとても良く、可愛かった。こちらもファンになってしまう。

経験がなくても女子だったことがなくても、大切な感情を共感出来る映画。しかも個人的に監督の作りは素晴らしく好き。

ただ、大切な感情だが、もっとハッとするような感情のドラマだったらと思う所もある。

すごく好きな作品だった。そして映画観たらポスターも良い。
>|