Emil

gifted/ギフテッドのEmilのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

Filmarks試写会にて

セリフまわしは、映画好きならハマる。マッケンナ・グレイス演じるメアリーは、JUNOやHARD CANDYでのエレン・ペイジっぽかった。
ストーリーは人生において、世界を変えうる「類稀な才能」と普通の幸せを享受しながら「普通に暮らすこと」のどちらが大切か?と問うもの。特別変わったストーリーではないけれど、叔父のクリス・エヴァンスをはじめとするキャスト陣の演技がとても上手いので、涙や笑いを誘う。
天才自身社会で生きづらさを感じる、天才を育てる親も、子を愛するがゆえにどう接すればいいのか、わからなくなる。パーフェクトな方法なんてないけれど、最善を尽くすことはできる。それを教えてくれる映画だと思った。