gifted/ギフテッドのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

非凡な才能を授かった子どもの育て方についてのお話。生活は不自由だが、産みの親の考えを尊重し、普通の子どもとしての生活を望む叔父と裕福な生活で、才能を伸ばすことが子どものためになると考える祖母の対立。
タイトルのgiftedという言葉には、才能という意味以外に、子どもを育てるさまざまな親の思いを感じる。

病院のシーンは、子どもは産まれてくることが素晴らしいというまとめ方に感じられて、スムーズで見やすい映画だと思った。
飛び級とか、高等教育は知ってたけど、ギフテッド教育、ギフテッドスクールとか、知らんかったなー…

ということで、田舎だと遅れて上映されたぜ第四弾

有名どころのアクション映画は、全国と一緒なのに、
こういう、しみじみ良い作品が、遅れるのは、甚だ遺憾ですよ!!!
(といいながらも、上映されるだけマシともいう)


しかし、本当に良い作品だなって思います。
歯抜けの幼さ、愛らしさとは別に、天才的な数学者(になれる器)のメアリーちゃん。
それを、伯父のフランクが、亡き姉を思いながら、しっかりと育てている。

まあ、本当の親ではなくとと、親子愛が!!といったら、それまでなんですが


全てがみんな、相手を思っての事なんだなーと思うと、凄くじんわり暖かくなるのです。

そりゃ、おばあちゃんは勝手だな!という気持ちはありますが、天才がなすべき事、それによって飛躍する世の中、変えていくべき歴史
(いまいちわかってないですが、宇宙とか真理がわかりそうだし)

それを思うと、ああいう行動に成るのも分からんでもないなーと。

一人の犠牲によって、世界が救われたり、幸せになったりする映画たくさんありますしね。

確かに、本人が選択できない状況にしてしまうのは、よくないですが、

でも、可能性があるなら…

難しい問題です。


まあ、最後は、ちゃんと勉強もしつつ、楽しそうに過ごすことができる選択を得たメアリーちゃん。
本当によかったし、おばあちゃんには、今後も頑張ってほしいなと!

なぜか、祖母目線になってしまったのですが
素敵な時間を過ごすことができました。

私的に一番感動、したというか、良いシーンだなと思ったのは、出産の立ち会いのところです。

ああ、みんな愛されて、祝福されて生まれてきたんだ、と、電車のなかで出産したニュースも今思い出しながら、
思ったのでした
久々にsettleな映画を映画館で。
“決めるのは子ども自身”
“自分で考えて、決めることのできる大人になってほしい”
その為には人の中で揉まれながら生活を送ることが大事。当たり前のことを経験させたいと願う、おとうさんの姿にグッときました。
マッケナ・グレイスちゃんのファンになりました。他人よりも秀でている少女がはまり役。
クリス・エヴァンスの新しい一面を見れた映画でもありました。
隣に住むおばさん役のオクタヴィア・スペンサーはドリームといい評決のときといい、良作に恵まれていますね。
正直途中のラブシーンいらない、、、
感動した。

giftedの特徴をよく捉えられていると思う。

子供にとっての本当の幸せとは何か。親や親族のエゴで子供を所有物のように扱っていないか。様々な事を考えさせられる映画。

子育ては難しい。
終始子どもがメインの ハッピーなお話かと思ったら、親権が絡む結構大人なお話でした。

gifted 与えられた才能という考え方は確かに 数学が好き という遺伝の意味ではそうなのかもしれませんが、環境を作ったという意味では、その才能の土台を作ったのは祖母イブリンなのかもしれませんね。

作中、「母と娘という関係は超越しており、(普通という娘の幸せな人生は)多少必要な犠牲だった」と明確にイブリンが言っていた点に、大きな枠組みとして考えると、確かに彼女の存在は人類の進歩に特に重要だったのだと複雑ながら思いました。
その見返りが 「(母の)死後、論文を公表して」という自らの命すらかけた娘の最大の反抗で返ってくるとは…壮絶でしたが。


隣に住むロバータ役の方が「ドリーム」という映画にも出ていた天才役の方だったので、自分も経験した認められない才能という立ち位置のメアリーを守りたかったのかと思うと、ドリームのその後のようで少し面白かったです。
(ただその延長で見ていると 黒人の弁護士しか雇えないくせに という言葉は、白人に叶わないと黒人自身が思っているのかとドリームと反した思いに勝手にモヤっとなりましたが;)


また、メアリー役の子がちょうど前歯が生え変わる時期でとてもとても可愛かったです。
生涯で一度の時期をこのような作品として残せて良かったと親のような気持ちで思ってしまいました。

親は子どもの幸せを第一に考えて当然ですが、親として子にしてあげられる自らの行動は本当に正しいのか、葛藤するのは当たり前ですよね。正解なんてないですし。
その点フランクは上手でしたね。「思ってもいないことを人は言ってしまうものだ」という例に、以前口にした君の 死ね は本気でないだろう?と子どもの実体験に寄せて理解させる手法は、なるほどな!と思ったので真似をしていきたいです(笑)

映画のように上手くはいかないかもしれませんが、一人の人間の人生として子どもをみないとと思いました。
クリエヴァと幼女がイケメンお兄さんとイチャイチャしてるの目当てで見に行ったらカウンターパンチ食らわされました本当にありがとうございます。後半は号泣しっぱなしです。「普通」であることを選ぶか、それとも「特別」であるか選ぶか。よくあるテーマですが、そもそもどちらか一方を選ぶ必要すらないんですよね。
子供には無限の可能性がある、そして可能性を持つ子供は許されれば両取りして良いのです。悲壮感もなく、ただただメアリーが愛する家族といっしょに大好きな数学の才能を開花して幸せになってほしい。
産まれたことに疑問を持ってしまったメアリーへ、ただ黙って生命誕生の瞬間を見せて理解させるシーンは素晴らしくもありなんだか切ない名シーンだと思います。
途中大人の揉め事シーン長かったなぁ。
おばあちゃんキョーレツ。
もう少し子供の成長とおじさんとの関わりを観たかったかも。

社会的弱者は結局弱いまま生きてくしかないのかな。
めちゃめちゃよかった 病院のシーンとか別れのシーンとか。パッとしないキャッチコピーも観終わったあとだと成程と思える。あとおばあちゃんヤバくね?っていう感情。里親はなんなの?勝手に猫保健所にやっちゃったの?ダメじゃない?????
メアリー役まつげ超長くてかわいかったしボニーがいい女だったなあ〜〜〜〜〜隣人の寄り添う感じも良かった。間違いなく観てよかった映画だわ。
母親って人生でいちばん影響があるって思ってる。幼少期の思い出なんて消えない、環境は選べないで。
天才児の教育って親も叔父さんもおばあちゃんもスーパーエリートやん。その時点で他の子よりは良い環境。家に数学の本いっぱいある。少し想像と違った。論点が違うか、、

おばあちゃんは自分の夢を娘や孫に押し付けたい。その教育で身についた物があるのに自死に繋がる。そんな姉を見て同年代と壁ができる姪っ子をみて、育てるべき環境を自分にあるはずだった人生をも思って迷う。

結果論でいえばおばあちゃんといた方がいいんじゃないかとさえ思った。個々をとるか人類をみるかってやつ。
こんな情が入った映画を見れば誰だって叔父さんと暮らす方を望む、そういう結末に向けて作られてるし。
でもこの現実の世界で数学界のトップの人たちを見て、その人達の人生をその功績以上に気にかける人がどれ程いるか気になる。
姉はそんな功績を残すことより、娘の平凡な生活を望んだってことがすべてだけど。
おばあちゃんにも娘に対する愛があったけど自分の感情優先だった。それでも娘の走り書きを見て泣くところグッときた。

アメコミファンてだけで見たけど、子役の子かわいいし演技うまいで驚いた。
>|