gifted/ギフテッドのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

マッケンナ・グレイス超可愛かった。
それだけで星4つは付けられる。
演技も上手くてニヤニヤしながら観てた、危ないやつが私です。

両親との軋轢が娘にまで影響するのは良くないなと思った。
イヴリンが教育を間違えなければ、お母さんも死ぬことなく、数学者としての栄誉を得ることが出来たのに。。。

クリス・エヴァンスもキャプテンアメリカのイメージが強かったけど、ぶっきら棒な養父役があってた。

全てのシーンで、作品がメアリーに寄り添っている空気感が出ていて、深く入り込んで見ることが出来た。
主人公は天才数学者だった姉の忘れ形見である7歳の姪のメアリーを男手ひとつで育てている。小学校に入学したメアリーは大人もうならせる頭脳を見せつけ、教師たちにも特殊な教育を受けるべきと薦められる。しかし、主人公はあくまで普通の小学校に通うことを望んだ。そんな彼らのもとに、主人公の母が訪ねてくる。母は、姉の才能を受け継いでいるメアリーを引き取りたいと申し出る。やがてメアリーの親権を争う裁判が始まるのだが…という話。

(500)日のサマーのマーク ウェブ監督作品。僕はこの監督の作品はアメージングスパイダーマンシリーズのみ鑑賞。主演はキャプテンアメリカでおなじみのクリス エヴァンス。

姪っ子が天才である以外は典型的なファミリー映画で凝ったストーリー展開もないのだが、登場人物のキャラクターが確立されていて、その魅力で最後まで楽しむことができた。天才一家それぞれの孤独を描いているのも興味深い。そして何と言っても、子役の女の子が可愛らしい。
天才特有の生意気な部分はあるものの、クリス エヴァンス演じる叔父の育て方が良いのか、ヒロインらとても素直に育っている。また、上級生にからかわれているクラスメイトを助けるために暴力沙汰を起こす勇ましさも持ち合わせていた。
メアリーを巡って主人公とその母親が裁判で争うパートがメインなのだが、立場は異なるものの、2人とも心からメアリーの将来を案じているので、観ていて複雑な気持ちになった。終盤に明かされる姉の秘密には驚かされたし、母親の涙にはこちらももらい泣き。まあ、飼いネコの扱いはシャレにならないくらい殺意が湧いたけれども。

作中に出てくるミレニアム懸賞問題「ナビエ-ストークス方程式の解の存在と滑らかさ」は、実際にはまだ未解決らしい。なんかロマンがあるねえ。

いい映画だ〜
話も音楽も映像も全部マッチしてて良かった〜
フランクがメアリーを肩車して神様について語る所すごく好き👍
逆光になってて2人の姿形しか見えないけど表情とか想像出来てしまったな〜

何が幸せなのかそれは本人が決めることで他人のものさしで測っちゃいけないんだな〜
おばあちゃんちが死ぬまで証明を世の中に公表しないでっていうダイアンの反抗っぷりには驚いたな

メアリーまつ毛バッサバサでめっちゃ可愛かった〜〜
大人同士の諍いに終始メアリーの気持ちがおいてけぼりになっているのが悲しかったけど、最後メアリーは、大好きなフランクの愛に育てられて生きてゆけることになってよかった。この物語はハッピーに終わらなきゃ。

メアリー役のマッケンナ・グレイスは、笑ったり泣いたり怒ったり、彼女の表情ひとつひとつがすごく感動的。今後が楽しみな女優さん。

メアリーとフランクと猫のフレッドが、たった2人と1匹だけで、浜辺でじゃれあうシーンがとても好き。心温まりしあわせな気持ちになる。

あとはやっぱりロバータ役のオクタヴィア・スペンサーがよい!メアリーとのカラオケシーンは最高!
ほっこりする映画って聞いたから観たけど
なんだかなー、こどもが可哀想って思った。

大人がどうこうするんじゃなくて、
本人の意志を尊重してよ!!って。

もうそれしか感想ない。
メアリーがもーかわいくてかわいくて!
不貞腐れてる顔も不敵な笑みも泣き顔もとびっきりの笑顔も全部いい。
最後車の中でフレッドの歌歌ってる時なんてちょー悶絶しました。

実子じゃない子供を育てる問題。
裁判のシーンは案外サラッと終わったけど、取引とかってやっぱあるもんなんだなー嫌だなーとか思いながら観るのしんどかった。

ギフテッドの扱いについては賛否両論みたいですね。

メアリーがフランクのほっぺつまんで笑顔にさせるシーンが印象的。

gifted
ギフテッド

よかった、、、
病院のシーンとにかく泣いた
普通の幸せを感じながら普通に暮らすのが
なんでこんなに難しくなってしまうのか
不思議だった
幸せな映画だった
主人公の女の子の演技が秀逸。クリスエバンスも頑張って演技していました。ところどころお涙頂戴の場面もあって、ほのぼのとする作品でした。
ラストはスッキリハッピーエンド。
吹替


天才少女の難しい選択


祖母は好きになれない。
どうしても、自分が成し得なかった事を娘や孫に達成させたい、という本音が透けて見える気がするから。確かに偉業をなすには必要な犠牲なのかもしれないが、本人の為、ではないところが...。


天才少女は自分の手に余ると思いながら、可愛くて、しかし子育ての大変さに苦悩し、何が少女に一番良いのか、何が少女にとっての幸せになるのかを日々自問自答しつつ、一緒に居たいと願う姿が胸をきゅうってさせる...



少女は、天才故に孤独である...?
いや、少なくてもあの環境では、少女は孤立し嫌煙はされていないのでは?
少女も、自分に出来ない事を出来る子を尊敬し、尊重できる事を学んでいた...
確かに学問レベルでいうなら、劣悪かもしれないが、人間が生きる上で大事なことは学べそうな環境だと思う...
良い環境とは、言えないかもしれないけれど...
少女には、好きな猫、友達、保護者がいる、それは大きなメリットだったはず...

でも、里親に出されてしまう...
それが最善だと信じたから





ハッピーエンドで良かった...

大学で学びながら、同年代の子と遊ぶ事が不可能だという概念が、どこかにあったんだろう...
そういう型にハマった見方を、してしまっている、自分で視野を狭めている...
そういう感覚、覚えあるでしょう?落ち着いて見て、深呼吸して、考えてみて?と言われてる気がした映画だったなぁ






船の修理してるから、優秀な姉と違って...みたいなかと思ったら、哲学の准教授って凄まじい
教授なのに、むきむきだよ...!

少女との浜辺での戯れが凄く素敵
少女の戯れ方が、好きっていうのを表してるし
されるがまま受け入れて、怪我しないようにだけに徹して好きなようにさせてるのも凄く素敵
少女可愛いし、猫も可愛い...
戯れてるシーン癒されるし和む...可愛い...
正統派で分かりやすくておもしろかった!
メアリーがひたすら可愛い。

数学の天才少女4歳を、「普通の子と同じように育てるか」「天才として扱うか」をめぐって、親権を争うお話。おそらく、どちらも「メアリーの将来を考えて」いるんだよね。観ていて、わたしも「どうするのが彼女のためなんだろう」って頭を悩ませた。

子どもを優しく、自由に、感情豊かに育てるには、父親の育て方は最適だと思う。彼女はもうすでに強い子になっていた。そしてラストシーンは、「ここまで愛されれば、彼女は何があってもこの先くじけないだろうな、、、」などと、彼女の将来の幸せを確信した(笑)

幸せな映画だった。おもしろかった
>|