gifted/ギフテッドのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ギフテッド、試写会で見てきたのでネタバレにご注意ください。
マッケンちゃんが超絶可愛くて影のあるクリエヴァと親子してるの本当めちゃくちゃ可愛かったんでおすすめです。
絵もすごく鮮やかで計算されてるな〜〜!って感じだったのでポスターが可愛いと思う人はぜひ見ていただきたい。

でネタバレ。
なんかすごく、自分に子供が出来てからまた見たいなと思える話でした。
我が子を愛するという事と、自己決定。そんなものがテーマだったんじゃないかな。

正解は分からないけどそれが我が子のためになっていると常に信じて行動することの、誠実さと押し付けの違いとか、
親は子供と一緒に親になっていくとか、なんかそういうことを沢山考えさせられた結果語彙が死んだ。

あと全編を通してただの一度も出てはこないんだけどお姉ちゃんが私の大大大好きな向こう側へ行ってしまった人でとてもよかった。
ネタバレするって言ったけどあれです、口頭じゃないと無理だわこれ。

なんせよ絵が本当に鮮やかで綺麗で、音楽も美しくて、話もすごく丁寧なのでオススメですギフテッド。
子供のいる人には是非とも見ていただきたい。
Filmarks試写会

イブリンの娘そしてメアリーの母としてのダイアンの気持ち
優秀な数学者ダイアンの母親であるイブリンの気持ち
フランクとフレッドとロバータと数学が大好きで、自身がgiftedであるメアリーの気持ち
そして、姉を救えなかった罪悪感とか姉に託されたからとか関係なく、大好きなメアリーを育てているフランクの気持ち

みんなの気持ちや行動が、真っ向から対立してても本当はたくさんの優しさとか愛とかに包まれてたところにすごく心うたれた
みんな、複雑で様々な気持ちを抱えているのがすごく伝わった

楽しそうに数学に取り組んで、ボートに乗って、喧嘩しても子供大人関係なく人対人として真摯に謝って仲直りして、出産を心から喜んで。
ピアノが置いてあって、フレッドを救って、下書き用紙の涙に気づいて、友達と過ごして、そして「約束」して。
節々に素敵なシーンがありました。


優れた才能を持つ子供"gifted"という言葉は、言葉としても意味としてもすごく素敵なものでもある、一方で時には責任を負わされるような残酷なものにもなるととても印象に残った。

何が幸せで、何が不幸せかは個人でも違うしわからないけど、自分の大好きな人達と一緒に過ごせるのが幸せなんだろうなぁ

大元はありふれたストーリーだったかもしれないけど、きっとそれだけじゃないしそう思わせてくれる素敵な映画でした。

キャプテンでないクリス・エヴァンス観れたし、マッケナ・グレイスとってもかわいかったし、オクタヴィア・スペンサーはドリームからさらに好きになりました!笑
(長々と失礼しました。)
Filmarks試写会にて

セリフまわしは、映画好きならハマる。マッケンナ・グレイス演じるメアリーは、JUNOやHARD CANDYでのエレン・ペイジっぽかった。
ストーリーは人生において、世界を変えうる「類稀な才能」と普通の幸せを享受しながら「普通に暮らすこと」のどちらが大切か?と問うもの。特別変わったストーリーではないけれど、叔父のクリス・エヴァンスをはじめとするキャスト陣の演技がとても上手いので、涙や笑いを誘う。
天才自身社会で生きづらさを感じる、天才を育てる親も、子を愛するがゆえにどう接すればいいのか、わからなくなる。パーフェクトな方法なんてないけれど、最善を尽くすことはできる。それを教えてくれる映画だと思った。
試写会で観ました。
至極普通の映画でした。
最初からそうしてればよかったのにってゆう展開が3回くらいありました。子供のためならもっとなりふり構わず献身的にもなれるんじゃねーかとか家族全員仲良くすりゃいいじゃんとか思っちゃうしただホッコリするには余りにも問題の解決までの運び雑すぎる気がした。

2人のやり取りやセリフは結構笑えるし愛おしい。音楽もいいです。
Filmarks試写会にて

叔父と姪の絆にうるっとくるところがあった、
全体を通して少女自体がどうしたいかはあまり関係なく、周りの大人に振り回されている様子が表されていたと思う
天才を"子供らしく"育てたい叔父と、英才教育を叩き込みたい祖母の戦いでどちらが彼女の幸せなのか、なにが"子供らしく""普通"なのか、難しいところだったと思う
最後は叔父と少女と片目の猫で暮らせてハッピーエンドでほっとした
マッケナグレイス演じるメアリーの生命力あふれる演技が内から輝いているような素晴らしさだった。
特別な才能を主軸にしながら、描かれていたのは家族の関係、ひいては情という普遍的なテーマだったと思います。家族全員チート家系。めっちゃチート。

愛情なのか、愛情という名のエゴを押し付けているのではないのかと悩みながら
でも愛情を肯定できる清々しさもどこか併せ持っている
そんなクリスエヴァンスの繊細な演技もとても良かったです。

脚本も緩急とても良くて、101分まるで飽きずに疲れずに見終わってしまった。
大切にしたい映画がひとつ増えた気がします。
フランクとメアリーの親子のような、でも少し距離のある関係が作品終わった時にはとても愛おしく感じた。素晴らしいとしか言いようがなくて…誰しも一度は見て欲しい作品。
才能ある少女の話とだけ聞いて見たが、すごい温かみがある映画で、クスッと笑ったり、涙ぐんだり、ほっこりしたり。

メアリーがもう、本当に可愛い。少し生意気でどんなに天才でもやっぱり子供で、それがなんとも言えない可愛さがある。マケナ・グレース自身も可愛い、というか美人でこれからも応援したいと思った。

そして、フランク。キャプテンアメリカで馴染みのあるクリス・エヴァンスだが、キャプテンの時は全然違いどこか陰があり、男くさい演技でそれが違和感なく、正直驚かされ、才能を感じた。

総合的に見ても素晴らしい作品でした!
filmarks試写にて。

普通の子ども時代を送りたい
あるいは送りたかった
あるいは送らせたい。

才能があるゆえに、自分の意思では決められない。いろんな大人の思いが交錯していました。

普通の子供時代を送らせたいフランク
ギフテッドとして、才能を開花させたいイブリン

対立する2人はどちらもきっとメアリーを思っての行動だから、イブリンがあまりに自分勝手でも全部は否定はできない。まあいわゆる毒親ではありますが。

ただ実際メアリーは勉強を楽しく思っている描写が要所要所あり、ギフテッドとして教育を受けることを嫌だと思っているようにも思えなかった

明確に示していたのはフランクと暮らしたい
という意志だけ。

大人が子供に、どうさせたいかという気持ちがあるように
子どもはどうしたいか という気持ちがある。
良かれと思ってやっていることも、それが子供にとっては嫌なことである事もたくさんある。

フランクの愛ある接し方に心があたたまるとともに、考えさせられる映画でもあった。
とくに、泣く泣く里親に出す決意をし
選んだ里親の元にはピアノがあったところには泣けました。
メアリーはとっても欲しがっていたけど、フランクは買ってあげられなかったから。

最終的には子役の演技があまりに素晴らしかった。とにかく可愛いにつきます。
試写会で鑑賞。
内容はありきたりだけど、普通に感動した。笑えるシーンもあって、楽しめた。
あまりこういう映画は見ないけど、たまにはいいなと思った。映画に入り込めたのは、メアリー役の子の演技がうまかったからだと思う。リアルで良かった。これからが楽しみ
子どもの素直さに心を打たれる映画。
実の父親じゃなくても自分への愛を感じる人のことは、わかるんだなあ。普段のじゃれあいや、言葉のひとつひとつに愛を感じてふわふわした気持ちになりました。
誕生を待つとき、見たときのメアリーがとにかくかわいい。

子どもは育つ場所や教育、様々な環境によって育ち方が変わります。しかも親は選べない。
きっと、自然に育てられても幸せだし、
能力を開花しても幸せになれるんだと思います。けど、もしかしたら親を恨むかも。
小さい頃から運動させてくれればよかった、こういう家に生まれたかったとか、
親の立場で子どものことを考えたら何が子どもにとっての幸せなのか、、って考えることは永遠の課題なのかなあと思いました。

今個性の強い子は学校内でうまく才能を開花させられなかったり、受け入れられなかったり、ということがあります。この子はいい担任の先生に恵まれて、苦難はあったものの、良い道の選択肢があったことが良かったなあと思いました。色々あったけどね、、

辛いシーンはありますが、全体を通して和やかで、穏やかな気持ちで見れる映画でした。見たあと幸せな気持ちになれます。
1年生とは思えないような流暢な話し方と理解力だったんだけど、これは世界の違いなのかな、、それとも彼女は数学だけじゃなくていろいろな能力が高かったのかな、、?(笑) おわり
>|