gifted/ギフテッドのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

天才って分かる前から愛してくれたっていうのがいいよね。クリスエヴァンスかっこいいよな〜。
全員、いい人たちばかりだ。

フランクの母と言えども、彼女の行動は彼女が感じる「責任」がゆえのもの。
フランクも分かっているからこその、あのラストシーンに繋がる。

素敵な映画です。
大円団な終わり方
誰も死なず、皆んなが幸せになる結末の映画を久しぶりに見た。
猫かわいい
黒板の問題すごかった
おじ迎えに来たの嬉しい
近所のおばさんと仲良くするのいい
 天才であるが故に缶詰にされ、人権を奪われている状態であった母親は、その子供を守るために弟に託し自分は自殺してしまうという設定には、少し無理があるように思える。
 弟がここまで、頑張りとおせるかを数学的?に予測することは、相当に難しいように思うのだが…。映画は十分、面白く、しっかりと泣かせていただいた。
 ただ、黒人弁護士は、この事態を知っていたのか、まさか、お金をもらっていたとかではないでしょうね…。弁護士が推薦した示談だったのだが、お金をもらっていたのは、里親の夫婦だったのだろうと想像できるが、この場合、弁護士の立場はどうなるのだろう…。映画を見終わってから、ふと考えこんでしまった。
予想可能なストーリーだけどそれで良い、それが良い

映画でも小説でも漫画でも、幼女とおっさんの組み合わせ(クリスくんをおっさんに分類するのは個人的には憚られるがざっくりした一般論と考えてほしい)が大好物なので是非観に行かねばと思ってたけど、期待してた以上に素敵な作品だった
(顔も身体も良い独身男が姪を引き取るって…そんな優良物件居るかよ保守的な地域の田舎のゲイくらいだろ?と思ったけどそのへんの予想は外れた フランクがメアリーに何か言い聞かせる時に選ぶ言葉が妙に思慮深くて、ただものじゃないなと冒頭から思ったけどまぁ成る程の過去だった… )

メアリーがフランクにじゃれついてるあたりの画面の作り方が好みで、監督誰だと思ったらマークウェブだったのね…アイリーンアドラーとかの小ネタのセンスも好き

裁判劇のところ以外は画面も台詞も泣けるくらい優しくて好き 泣いた
最初から登場人物みんな自分の正義に一直線過ぎて不器用でギクシャクしてるので、柔軟性/妥協点あるいはショック療法というものは必要なんだなとか思いながら観てた

フランクが(罪悪感から来るものとはいえ)姉の遺志に固執し過ぎ無ければ裁判回避しつつ同じ結果が得られたんじゃ?とは思うけど、あの里親云々があったから2人の絆も深まったのだと思うし、最後ちゃんと2人が幸せになったので、満足
あの教師とくっつかなかったのも良かった

ピアノピアノ言ってる割に結局全く弾くシーン出てこなかったの、ピアノ=実現不可能と認識しているけどあえて口に出して乞う事で愛情をためすというかかまって欲しかった、のかな どうでしょう

寝転がってる胸の上に急に7歳女児にのしかかられても全く問題ないほど出来上がった肉体の、愛情深い独身の叔父さんなんて現実には存在しないからな!!!とツッコミつつも、あの身体に安スーツ着せる映画もなかなか無いのでそのへんも楽しめた

お姉ちゃんは、自ら墓標をたてて命を絶ったようで 弱い人だなんてとても言えない

言えない
ずっと気になっていた映画。
この子にとって、なにが一番幸せなのか。
わかっていても、決めきれない。
裁判になってでも、なんとかしてこの子を守りたいっていう気持ち。
相手を思う気持ちが大切なんだなって思う。
「才能」と「ひとりの生身の人間である」という事実は相容れない。そんなことを表現した映画だなと思った。
人のありのままを受け入れること。
いやぁぁもう最高。クリエヴァがマッケンナグレイスちゃんを見るときの父親の目よ!過去1泣いたかもしれない。
1回お婆ちゃんのところに預けるって決まった時のクリエヴァの背中とか、見ててこっちも辛くなってしまう。
キャップの印象強かったけど、全く違う路線で素晴らしく最高でしたお父さん。
>|