gifted/ギフテッドのネタバレレビュー・内容・結末

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

そんなに面白くはなかったです。
予告で想像がつくので意外性は少ない?
母親に数学者になるよう育てられたダミアンが、母親から出された最終問題を解き終わった時、ダミアンの人生も終わった。だから死んだ。
でも、そばにメアリーがいることに気づいて欲しかった。メアリーと一緒に母親に奪われた人間性を学んでいけば良かったのに。
期待していたほどではなかった。
別れのシーンと迎えに行った時のシーンは泣いた。
女の子は世間で言われてるほど可愛いと感じなかった。
知らぬ間にマークウェブという監督の作品全部見ている私自身に驚いた。監督など気にせずに あ、面白そうな作品 と思って借りていたら全部制覇していたとは。
この作品が 500日のサマー の監督とも知らずに。

本当に嫌いだ、世の中が嫌いだ。 と思ってしまった。
正義 のために裁判があるなんて、そんなの嘘だ。大人の都合なんだ全て。
彼女の気持ちを考えて、彼女の意見を聞けば答えなんてすぐ分かるじゃないか。
彼女の人生をなぜ他人が決められる?矛盾にもほどがある。

彼女があの大人たちに囲まれているのを見た時、震えた。ダイアンもこうだったんだ、そう思った。

子供を育てる上で 愛 を感じられなかったら意味がない って改めて思った。
それが貧乏だって、お金があったって、どんな家庭環境でも 愛 が必要だって。綺麗事に聞こえるかもしれないけど、やっぱり 愛 が何よりも大事なんだよ。
ぼろっぼろ泣いてしまった!

メアリーとフランクが離れ離れになるシーン、再開のシーンは涙なしでは見れなかった フレッドも良かったね...

傷ついたメアリーに対してフランクが病院に連れて行って命の誕生の瞬間を見せてあげて お前の時もあんな風にみんな喜んでたんだよ、って伝えるの凄いなって

言葉でどう言ったとしてもきっと傷ついたメアリーには届かなかったと思うから
フランクの優しさが染みる素敵な場面

フランクのような優しいひとになりたい

おばあちゃんもフランクも、メアリーのことを想っての行動なんだけど
結局メアリーの幸せはメアリーにしか分からないし 絶対にメアリーが選ぶべきで。

でも、(どんなに頭が良くても)あんな小さい子に全ての判断はできないから
大人だって間違うのに
周りが決めるのは仕方ないけど

おばあちゃんが自分は絶対に間違っていないって譲らない姿が見ていて辛かった
自分の中の常識がすべての人に当てはまると思ったらだめだよ、、

気持ちに正解なんてないから
伝えるって本当に難しい

最近よく思うことをまた改めて感じたな〜〜と。。。

と、色々考えながらメアリーの可愛さに癒されました☺︎ほんと可愛い!!
天才が幸せかというとそうでもないですね。普通が実は幸せなのかもと思いました。姉のダイアンの自殺原因はやはり方程式を解いてしまい、生きる意味を失ってしまったのかな。そうなら、それは不幸だなと。メアリーにとってはクリスエバンスと普通に暮らすのが幸せなんでしょう。清潔で良い教育を受けれる環境がメアリーのためだと思っている、祖母はまた同じ過ちを繰り返すところでしたね。
生意気で天才なメアリーが、でも子どもらしい遊びをするところが可愛かった。

父と里親はクズだったけど、
母、叔父、祖母、隣人、祖母、メアリーを取り巻く人たちは、自分の経験があるからこそメアリーを思ってつい余計なことしちゃう、形は違えど愛ある人たちだなと感じた。

もっと早くに叔父が、自分といることに勇気を持って天才スクールにも通わせてくれたらメアリーも傷つかずに済んだのに…とも思うけど
大事な人だからこそ臆病になってしまうよなあ…。
回り道しながらも、「学びたい」、「叔父といたい」というメアリーの希望が叶って本当によかった。

頭脳は大人以上でも、子どもだもん、そりゃあ愛情を感じる人はわかるし一緒にいたいよね…。

天才でも凡才でも子どもは子ども。
数学解けても1人じゃ生きていけなくて、頼れるのは大人しかいない。

子どもにとって何がベストか、難しいけれど私たち大人は考える責任があるし、こういう愛ある大人で溢れていてほしいと思う。
天才であるがゆえの苦悩
姉の意思を尊重しつつも、姪っ子の将来に悩む弟
とにかく有名になりたい毒母
頼りになる近所のおばさん
お酒の勢いでレギュラーメンバー入りする担任の先生

登場人物のキャラとそれぞれの考えがとても面白かったです
里親と実の父はクソキャラでしたが、、、

毒母は娘も姪っ子も、自分が有名になるためのツールとしか思ってないことが裁判で丸わかりします
てか、あんなこと言ったら敗訴だよこりゃ笑
最後に少し自分の毒っぷりを思い知ったかな?

大切なのは友情と愛情ですね
幸せになって欲しいからこそ、どうしてあげたらいいか分からないし、自分が育てていいのかと迷う…😭

優しくて暖かい映画!

最後にはぴったりの過ごし方が見つかったみたいでよかった!
3回泣かされた
 生命の誕生の喜び
 親に捨てられた孤独
 互いの存在が誇りだと心が通った時

近くにいすぎると自分への怒りか相手へのか客観的に見られなくなる

子どもを前にするとその可能性に怖気づく

傷つけたくないのに認めたくない人もいる


メアリーの心細さもダイアンの頑固さもなんか解る気がする
>|