gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

飯田橋ギンレイホールにて
名画座ステキ。東京行ったらまた行こ。
2018-71
映画館出たら「ねえねえーなんであれ、死後に公表してって言ったのぉ?」と彼氏に聞く糞頭の弱い女がいたので目潰ししてやろうかと思いましたが、それはさておき。
この子役がすごいわなー。大人っぽい立ち振舞いとかコメディエンヌっぷりとか。
産婦人科でのsceneとか泣いちゃった。
「ドリーム」に続き数学映画が熱いわね。お隣の黒人さんはどっちも出てるし。
Rina

Rinaの感想・評価

3.9
とにかくメアリーとフランクに刺されまくる。彼らの鋭さたるや。
なんでママは死んでしまったのかとひたすらにぐるぐる。良作。
oyamay

oyamayの感想・評価

4.0
飯田橋ギンレイホールにて鑑賞。
子供のためと言いつつ、何者かになりたい自分のために子の才能を利用する親はいる。親は少なからず自分が叶えられなかった事を子供に期待するだろうなと思った。
自分がもし親になった時にどう育てようかと考えさせられた。天才と言えど感情もあるし、生きていなければその才能も何にもならない。居心地の良い場所、自分をありのままに受け止めてくれる人が人間にとっては結局一番大切。
十六夜

十六夜の感想・評価

3.6
子どもは賢いし、正直ですね。女の子だと特におませにもなるから侮れない。この子役の子もまさにそんな感じの子でした。

担任の先生とおじさんの距離感がなんとも切ない。でもお互い諦めずに幸せを追い求めるのはいいこと。羨ましい。
人は誰にでも悩みがある

それを思い知らされる作品。

"凡人(と言う言葉は好きではないが)"には凡人なりの、"gifted"と呼ばれる人にだってその人達なりの悩みがある。

人の悩みなんか他人にはわからない。

Let's mind our own business.
そして結局『我思う、故に我あり』。

最近、点数の付け方が全体的に甘くなってる気がする。それとも良作だらけなのかしら?
Yudai

Yudaiの感想・評価

4.0
ただただ、マッケナ・グレイスの演技力に脱帽

笑い有り、涙有り、主演二人の絆をいつまでも見守っていたくなる優しい作品でした。
taku

takuの感想・評価

3.8
クリス・エヴァンス目当てで観た本作。キャプテンアメリカの戦う姿も良いけど、1人の娘を一生懸命育てる普通の父親役も魅力的でした。子役の女の子も可愛らしくて良かったです。

ストーリーは良いんだけど、映画でよくある話だなぁと思って普通でした。
メアリーが、数学の才能以外の面ではごく普通の子供だというところがいい。「入念」の意味を知らないところや、最後に同年代の子供に混じって遊んでいる場面がとてもよかった。

父親も他の大人たちも、不完全であるが故に間違ったり、意見の相違があったりするけれど、みんなメアリーのことを大事に考えていて、メアリーのために動いている。考えさせられる作品でもあった。
521号

521号の感想・評価

4.3
感情的にいえば号泣案件

冷静にいえばマークウェブの器用さ最高傑作
何度も見てきた題材なのにやっぱり泣ける

もうあれだ、産業というか文化的な切り口の批評はやめときます、いまは
人として好きですこの作品
>|