gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価・動画配信

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

2018年106本目
2019年84本目
2022年48本目

友達が誕生日プレゼントにBlu-rayをくれた思い出に残る映画。
キャップよりこっちの方が好き。
のり

のりの感想・評価

4.2
自分はまだ親ではないけど、子供のことを考えるって本当に難しいな、と思った。
もちろん子供には自由な人生、楽しい人生、才能を発揮する人生を送ってほしいなとは思う。これらは聞こえはいいし、すべての親が子に望むことだと思う。でも、究極親のエゴに過ぎないのかもしれない。
だから、子供をどう育てたらいいかの正解なんてわからない。ってかない気がする。

でも、この映画で思ったのは親と子のパワーバランスが親に完全に傾くのではなく、キャプテンアメリカと少女がお互いに同じ分くらい必要とし合っている関係性がとてもいいなと感じた。もちろん親は保護者の責任を伴うべきではあるけど、もう少し荷を下ろして子供にまかせてみてもいいんじゃないかな。間違ってでもいいから子供と一緒に様々なことを体験し研究していくのがいいと思う。美しかった!
ちびっ子子育てライフの中で、なによりも一緒にいて、共に体験して行くことが大事だなと日々感じさせてる真っ只中に見れて本当に良かった。

クリスエヴァンス病院に連れてくシーン最高で最強の父親でしかなかった。

今まで見たキャプテンアメリカの中で一番最強のキャプテンアメリカでした。
s

sの感想・評価

5.0
夕日のシーン、病院のシーン、迎えに行くシーンかなりいいな
垣間見えるメアリーの7歳児っぽさが愛しくて大人たち壊さないでと思う、あとまつげ長すぎ
母親にはかなりいらいらするけど、現実にも状況は多少違えど子供のためとか言って悲しい思いをしてる人たちいるんだろうな、大人も子どもも
良い結末でほっとしました
202222
感動しました、面白かったです。
しかし、実際のギフテッドの子供たちは、映画で描写される以上の苦悩が有るのだろうとも感じました。
ゆのは

ゆのはの感想・評価

3.9
気に入らないシーン
もあったけど、今考えると、
そういう完璧すぎない感じが良い。

天才を描いた作品って
絶対主人公に共感できないし、
ましてや天才ならではの
苦悩なんて言われちゃ
そんなの贅沢な悩みでは?
って冷めた目で見てしまうけど、
いざ観てみたら
めちゃくちゃ感動した。

てか、天才を描いた作品
他にあったかなって
思い返してみたら
「Good Will Hunting」も
「The Social Network」も
「博士と彼女のセオリー」も…
一部ジャンルは違えど、
全て私の大好きな作品だった。

そうか、私、
こういう作品好きだったのか、
と今更気づいた。

「ギフテッド」この作品からは、
天才でもそうでなくても、
子どもが求めるのは周りの愛情だ
と当たり前だけど
大切なことに気付かされた。

そっか、これ、
マーク・ウェブ監督の作品か。
今回はビジュアルより
ストーリー重視の作品だったから、
全然気づかなかったわ。

しかも、この作品で
Filmarksに載ってる彼の作品
全部観たことになるのか。

マーク・ウェブ監督の
作品の中では1番好きかも。
それくらい素敵な作品だった。
biboo

bibooの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

可もなく不可もなく小さな世界での家族間の話ではあるんだけど、フロリダの気持ちの良い情景とフランク演じるクリスエヴァンスとメアリー演じるマッケンナ・グレイスの関係性が役柄超えて濃密なのが伝わってきて里親の家で無理矢理離れ離れになるくだりと連れ戻しにいくシーンは妙に泣けてしまった。ストーリーうんぬんよりその濃密な2人の時間が滲んだ絆だけでスコアを高めにつけたくなった。天才少女の役を演じたマッケンナちゃんが役柄だけじゃなくて俳優としてもマジの天才だから絆が深く見えてたのかもしれんが、クリスエヴァンスとのスキンシップがものすごいおてんばで距離が近くてカメラ回ってないところでも仲を深めたんかなと思わずにいられない。膝でクリスの胸に激しくダイブしたり、真っ赤な夕焼け越しに喋るシーンとか普通に手を繋いでたところから段々と組体操みたいなコンテンポラリーダンスみたいな体勢になってくのを、クリスが冷静に受け止めてるのが微笑ましくもシュールでわろてしまった。愚直で誠実なキャプテンアメリカからのお人好しでぶっきらぼうな叔父役のクリスエヴァンスはなんだか萌える。
ストーリーはというと、フランクといる時の無邪気で自由でべったりなメアリーの姿をなぜ弁護士なり裁判官なり判断する大人に見せなかったんだろうかと思ってた。言わされてると疑われたりするかもと法廷に子供を立たせられない決まりなのかもしれないが、メアリーの人生なのに話し合いを大人だけでごにょごにょややこしくやっていて、メアリーに聞いたり委ねる場面がなかったので制度に疑問すぎた。あんなに泣き叫んでフランクと離れたくないって言うメアリーの姿が判断の全てな気がするんだが。まあでも予想どおりちゃんと流れ着くところに落ち着いたのでなんでもよし。
mk

mkの感想・評価

4.0
メアリーかわいかったな〜〜、、才能を伸ばすことも大切だけど、それよりも大切なことってあるよねって話。皆の笑顔が見れて心がホカホカよ。
この子の賞味期限はいつまで?

ある意味卑怯だとは思うがこの子を発掘したことも監督さんの才能の一部だと割り切るしかない。芦田愛菜になるかエマワトソンになるかはたまたマコーレカルキンになるかは時の運。
春野

春野の感想・評価

3.6
役者がよい、フレッドだけじゃなく他の保護猫も引き取っちゃうあたり優しさ出てた
>|

あなたにおすすめの記事