gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

taxx

taxxの感想・評価

3.9
普通とは違う子供をどう育てるのが正解なのか。その主題もありつつ、取り巻くキャラクターの良さ。子供らしさと大人っぽさが融合したメアリーの可愛さを筆頭に主人公も猫も隣人も先生も愛すべき人達。感動も一つの要素だけど、この人達を見続けたいと思える雰囲気が好き。
期待以上の作品だった。少女が主題かと思いきや、少女の亡き母親と少女を育てるおじさんと彼らのお母さんとの関係が、どちらかというとメイン。テンポも配役も脚本も良い。とてもバランスがとれた良作。
「(500)日のサマー」のマーク・ウェブらしい映画です。
数学の天才的な知識が有るメアリーが、可愛いです。
あと、片目の猫のフレッドが良いです。
メアリーの叔父を演じるクリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ役の)が好演しています。
隣のおばさん役の人が(「ドリーム」のIBMのコンピューターを使えるようにしたリーダー役の人)良い人。
ギフテッドでさえ、子供のうちは自分の人生を選べない。周りの大人に左右されてしまう。教育について深く考えさせられる。
よかった!メアリーがもうかわいくて!なんで前歯ないのー!と叫びたかったー!!
メアリーにとっての最善はなんだろうと考えたけど、すごく悩むなぁ…。don't leave me!ってメアリーが泣き叫ぶところ切なすぎて泣いた。好きなシーンなどいっぱいあるのでメモ:夕暮れの肩車、病院でのハイタッチ、赤いワンピース、えんぴつの持ち方、ロバータとのダンス、片目のフレッド
Natsuko

Natsukoの感想・評価

4.3
ずっと見たかった!すごく好きだった!子育てとか家族観についても個人的に目新しさは何もないけど、もっかいみる〜〜いい映画
⭐️ いちばん大切なのは、
<愛する>才能。

 「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ監督が天才少女の葛藤と、彼女の養育を巡る大人たちの対立の行方を綴った感動ドラマ。主演は「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスと本作のキュートな演技で一躍ハリウッド期待の子役スターとなったマッケナ・グレイス。共演にリンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー。
 叔父のフランクと片目の猫フレッドと暮らす一見ごく普通の7歳の少女メアリー。しかし彼女は数学の才能に著しく秀でた天才少女だった。小学校に通い出すや、すぐにそのことが発覚し、学校側はフランクに天才児の英才教育で名高い私学への転校を勧める。しかしフランクは“普通の子として育てたい”とこれを拒否する。それは、メアリーをフランクに託して自殺してしまった姉の願いだった。ところがある日、メアリーの祖母イブリンが現われ、孫の才能を無駄にすべきではないとフランクと激しく衝突。そのままフランクを相手に裁判を起こしてメアリーの親権を主張するのだったが…。
uda

udaの感想・評価

4.2
メアリー役のマッケンナグレイスの演技力が素晴らしい!

子供の気持ちは尊重されず大人は身勝手だなと考えさせられる映画。

不器用に見えて素直なフランクがとてもよかった!
また観たい!

スティーブンソン先生おはようございま〜す
かほ

かほの感想・評価

5.0

めちゃめちゃよかった。面白かった。
メアリーの天才であるが故の子供らしさとか可愛さにキュンキュンした
本当に賢くていい子。
片目のフレッドがうちの犬と重なって出てくるだけで涙が出た。

フランクがちゃんと今のは自分が悪いんだよとかごめんねって言える大人で、自分も見習いたい。かっこいいって思った。大事な事なんだって思った。
それに、自分の嫌な事、違うと思う事、やめて欲しいことをしっかり伝えて自分のしたいように行動する事って生きていく上で必要な力で、身に付けたいと思った。
自分が産まれた瞬間、周りがどんなだったのか知らせて愛されている存在とわからせるの感動して涙が出ちゃった。

子供や動物が誰かに本当に心から愛されてるとわかるシーンや映画がすき。これは最高だった。見てよかった。もっかいみたい。
気まずいよね〜



この映画のポスター神じゃない?家に飾りたい。

タイツ着てないクリス・エヴァンスとストーリー目当てで観たけど普通に良かったです。
ただもっと体中から汁出るくらいの映画だと期待し過ぎてたからちょっと肩透かしやった。
>|