たにわき

gifted/ギフテッドのたにわきのレビュー・感想・評価

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)
5.0

2018年初映画。
これを観て良かった。

『gifted 』

何と表現したら良いだろう。

まず劇中のフランクとメアリーの関係性が素敵だった。

フランクは常にメアリーの為を考えていて、でも何がメアリーのためになるかを考えるとキリがない。
メアリーの為を思ってやってきたことが本当に正しいのか、もしかしたら自分のせいでメアリーの才能を潰してしまっているのではないか。本当の幸せって何?。
そんな自問自答を常に繰り返している。

こういう気持ちって誰にでもあって、何か決断を求められるとき必ずこの疑問にぶち当たる。『何が正しい?』
でも何が正しくて何が間違っているか何て誰にもわからないし、その答えは人によって違うし、やってみないとわからない。でも考える。
この日々葛藤する気持ちに凄く心を打たれた。何度も泣いた。

大切な人の事を想って葛藤する時って凄く色んな感情が混じり合って複雑になる。

でも何より明確なのはフランクはメアリーを愛してるってこと。
この気持ちさえあれば何もいらないんだなと思った。

7歳のメアリーはとても純粋で、本当に愛らしく、可愛らしい。

悪い役みたいな感じでイブリンが出てきたけど、あの人はあの人で自分なりの愛がある。
それが間違ってるとは言い切れない。個人的にはああいうエゴの強いモノの考え方は好きではないけど。
望む愛と望まれている愛が一致してないこともある。ただあれも1つの愛の形。

なんか興奮しすぎて、まとまりのないレビューになっていること、上手く言葉に表現しきてれいないことが悔しい。

本当に良い映画だった。