RyoshimabarA

ユリゴコロのRyoshimabarAのレビュー・感想・評価

ユリゴコロ(2017年製作の映画)
3.8
出だしのこの映画の質感は完全にホラー。
映像もスゴい好みで時代やシーンによっての変化が巧い。
吉高由里子は本来の雰囲気、表情と完璧な冷酷さだったが、哀しい表情もまた素晴らしい。
松坂桃李は感情表現の持っていき方、出し方が上手になったし、佐津川愛美も含め皆振り切ってる‼︎そして最近気になる清原果耶も‼︎
しかし松山ケンイチ‼︎唯一違う色を出す存在で愛の存在、優しさの象徴。今回の彼にはやられました。
彼の登場により作品にまた深みがでた。
幾度と質感を変え、色んな表情を見せつけられる禁断の家族の愛の物語。
エンディング曲のトーンがこの映画を物語ってる。