RyoshimabarAさんの映画レビュー・感想・評価

RyoshimabarA

RyoshimabarA

基本的に映画には作品の良さが必ずあると思っています。story、image、music、actor、director...etc。だから映画って面白い‼︎

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.9

前半、官能、後半、シリアス。
こういう展開になるとは、心の準備できてなかった。
前半も後半もハンナの心情心理が難しい。
でもきっと純粋な心の女性。
マイケルとハンナの深い関係性、理解できないが、理解し
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.3

マルコはハッピーエンドが好きな男の子。
同性愛者とダウン症の子の血の繋がりのない短な愛の物語。
ドーナツのように心に穴が空いてしまった子の愛の物語。
チョコのような甘い愛情で穴を埋めようと偏見の中奮闘
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

伝説の殺し屋だが、人間味のある殺し屋。
復讐心がピュア。
復讐という感情に奮いたち、痛々しい闘い方がまたいい。
ジョンの人間性であろう御用達のホテルとオーナー、掃除屋、警官との関係。
スタイルであろう
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.2

脳内世界の細かさとリアルさ、それを見事に面白く描いている!
こんなにも頭の中の感情で行動が変わるのかという可笑しさ。
序盤のカナシミの行動にはイライラ。
ビン・ボンの行動には涙。
観てるこっちの脳内感
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.2

霧の中の<何か>に怯える人間だが、
実際は人間に恐怖を覚える。
こういう状況下での選択・決断、それすらも恐怖。
ラストそれを思い知らされた。
みなラストの選択に考えさせられるのだろう。
心理的パニック
>>続きを読む

攻殻機動隊 新劇場版(2015年製作の映画)

3.6

攻殻の安定感+劇場版らしい構成は飽きさせなく音楽のセンスもやはりイイ。
光学迷彩の戦闘は毎度楽しめる定番。
神山版攻殻らしい内容は継承されており、内容もシリーズの中では分かりやすかった!
しかし、押井
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

さすがドラン、深く重い心理描写だが、画の撮り方が美しく、要所の音楽が流れを変える。
普通に観るとセリフばかりで少し変わった家族が映るだけ。
心情・感情の変化を一瞬も見逃せない!
そして演者5人の存在感
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.2

抱き枕系ロボットの感動話かと思いきや、なんと戦隊モノ??原題もそういうことか。
肌感の映像もリアリティ満載の癒し系ベイマックス。たしかに可愛い。
日本ではお涙頂戴系に持っていきたかったのか?
でもまー
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

摩訶不思議なダークファンタジーは嫌いじゃない。でも最近のティムバートンはジョニーばっかで飽きていた。
奇妙な監督の奇妙な世界観の奇妙な映画、最後まで引き込まれた。
ループが少し難しかったが、子供達の能
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

吹替で鑑賞。ラストだけ字幕でリピート。
ストーリーはわりと単調だが、歌唱シーンが際立つ。
ラストはテンション上がり誰でも笑みが出るに違いない。
しかし、1番のポイントは洗車のシーン。
あそこの笑い度は
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.2

世界観の発想力の凄さ‼︎
ゲームのキャラとその懐かしいさ、SFぽい描写、シンプルなテーマに盛り沢山の見所。
キャラクターの描写、動き方、細部までのこだわり。
ここまでクオリティーが高いとは、、感服しま
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.1

予想を覆された面白さ‼︎
ディズニー舐めてました笑
動物社会の縮図を上手く表し、展開も飽きさせない。
とにかく笑いあり笑いあり涙あり笑いありと、
終始笑顔で観れた。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

面白い要素をうまく押さえてる!

グルートの可愛さは最萌‼︎
ヨンドゥの赤い矢の武器は最強‼︎
この映画の名シーンはこの2つに限ると言ってもいい笑

クリフハンガー思い出したなー笑
あれは興奮‼︎

コンカッション(2015年製作の映画)

3.6

これは結構な衝撃話‼︎
あまり知らないがこんなことがあっても変わらないNFL人気がスゴイ。
巨悪に立ち向かう1人の男の話、映画になるドラマがたしかにあった。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.1

プロメテウスともエイリアンともまた違った作風。
ある程度の予想をもって鑑賞しても、奥が深すぎて遥か上をいく内容。
神話的要素が強くなりつつ、エイリアンの原点は抑えている新・エイリアン。
オチがホラーよ
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

4.0

心が震えた‼︎白熱した‼︎
ジェイクギレンホールの様々な表情、顔の演技が凄い。涙も似合う。
父と娘、家族、新しいボクシング映画の誕生。
王道に持っていかないラストがまたいい。
そうこれは愛と再生の物語
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

ロケットとグルートの異色コンビに拍手!
気持ちよく観れる全編に流れる音楽に拍手!
アメリカらしいアクションに笑いに感動に拍手!
誰が観ても楽しめる映画って素晴らしい!

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.2

リドリースコットの考える人類の起源とは我々凡人の範疇を超えている。
そしてエイリアンと結びつくストーリー、新たにここまで考えるとはとんでもない監督だ。
SFの独創性に関してはピカイチの才能。
スタイリ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.6

狂気の美、そしてエロス。
ダークの中でも画の色彩のコントラストとエッジの効いたサウンド、センスいい映像と芸術的アングル。
理解は出来ないが、何を想像し、何を感じるか。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

重苦しいBGMと銃声音、セリフの少ない戦争描写と自分がその場にいるようなカメラアングル、現実のような体感と臨場感。
すげぇ。。。。
血も出ない敵も出ない、異質の戦争サスペンス。
全編通してノーランらし
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.6

フランス舞台のこの類いの映画は流れも良く観てて安定感ある。
色んな映画と重なるが、こういうコンビは新しいし、最強もタフガイもいないとこが新鮮。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.8

壮絶すぎる実話だが、映画と思って観てしまう自分がいる、それほど想像を超えている。
息を呑む展開はリアリティーあり過ぎる映像と規模あってのこと。
事故からの脱出劇が題材かと思いきや、事故発生までとラスト
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.1

なんだろう。イマイチよくわからん世界観とストーリー進行。
アサシンとか教団とか個人的に好みのはずだけど、、アクションも、、
勿体無い映画に認定‼︎

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

この状況、自分も同じ事をするな。
宇宙の映像、プールの無重力、綺麗だった。
そして終盤のSF感があってよかった笑
ピンチはチャンス‼︎
愛が深まるキッカケ。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

無駄のない構成・ストーリー・台詞回し、素晴らしかった。
王道の泣かせる青春映画と思いきや、大人も楽しめる深みのある物語。
ヒロインは泣かせ上手な女優さんだ。
表情、声、彼女以上のハマリ役はいないだろう
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

ガル・ガドットがこんなにも可憐で妖艶だったとは‼︎
役もマッチしとても魅力的に感じた!
でもボア・ハンコックがよぎった笑
DCの超人アクションは無双が多く爽快‼︎

サンクタム(2010年製作の映画)

3.8

洞窟探検映画のワクワクドキドキハラハラが最高。
極限状態での人間の怖さが1番恐ろしい。
神秘的な洞窟の映像も素敵だったが、ラストシーンには色んな意味で息を呑む。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

正義感強すぎの完璧主義の必殺仕事人、とにかく強い。笑
ホームセンターでの成敗はBGMもカッコよく、どおやって退治するのか見応えあり‼︎
殺す武器のチョイスがエグい。

オープン・ウォーター2(2006年製作の映画)

3.3

絶望の状況下での人間模様、海での惨事、タイプです。
実際想像すると末恐ろしい。
こういう時は冷静で賢い奴が生き残るだろう、と勉強させて頂きました。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

鑑賞後、不思議な気持ちになるサスペンスホラー。
序盤は予想通りの展開、心臓に悪いシーンもありのホラー感。
しかし、紐解いていくと最後は、、
読めてしまい恐怖はなかったが、、
あれ、サスペンスホラー鑑賞
>>続きを読む

コロニー5(2013年製作の映画)

3.2

こういう世界観好きなんだけどな〜
タイトルも惹かれるんだけどな〜
物語の核となる出来事までは面白い。
でも全てが中途半端、、勿体無い
でも嫌いじゃない

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.5

実話を基にしたわりには感動が弱く、音楽を使っての盛り上がりも完全燃焼までいかない。
GReeeeNの曲と連動しての山をもう少し作ってほしかった。。
松坂桃李はいい表情してたな〜

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.9

海に出る冒険物はやはり好き!笑
全体的に歌は突出する程ではないが、世界観とキャラクターがいい。
映像の綺麗さとラストのスローモーションのシーンなど過去ディズニーを超える演出は讃えたい‼︎

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.1

異質な主人公の過去などリアルな人物描写と背景が描かれており引き込まれた‼︎
スナイパーライフルやサイレンサー仕様、出てくる銃もシーンもイケてる‼︎
終盤は予想外の連続で納得の出来‼︎
が、会計監査の話
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

バットマンビギンズ×インセプション×MARVEL?
街が変化する戦闘映像は勿論、カマータージでの映像の独特な表現には引き込まれた‼︎
にしてもこのシリーズは壮大だな。

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

3.3

安定、流石の三池流破茶滅茶映画!
ここまでいくと吹っ切れて笑える!
パピヨンの最後の格闘なんてもう笑

>|