ユリゴコロの作品情報・感想・評価

ユリゴコロ2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

3.7

あらすじ

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

「ユリゴコロ」に投稿された感想・評価

熊澤監督もこんな映画をとるんだなー。とても引き込まれる映画だった。
俳優陣の演技もすごくよかった。

松坂桃李は色気ある俳優だなー。
どんどん崩壊していく桃李、かっこよかった…♡

吉高由里子みたいな人、やっぱり現実世界にもいるのかな…
しょうがないから欲求のままにどうぞ!とは言えないけど…
辛い映画だった
すず

すずの感想・評価

4.7
殺すとゆう行為に共感はできひんけど、拠り所が欲しかったのはわかる。
松山ケンイチがすごい良かった。
どうなるのか見いってしまった。
モエ

モエの感想・評価

3.8
吉高由里子に惹かれて見てしまった。
見ていくと吉高由里子だけでなく、松山ケンイチ、松坂桃李など出ていた全員にゾクゾクしながら見てしまった。
見終わったあと、愛について、考えた。
人の心はどこまで考えてもわからない。
人前ではいい顔をしていても実際は違ったり、人の心はこわいなぁ。
原作を読んでいないので原作との違いはわからないが、個人的には考えさせられる映画だったので良かったと思う。

こちらも試写で観たけど書くのをすっかり忘れてました。

2016秋の思い出
ぴょる

ぴょるの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

じっとりした胸糞悪いシーンが序盤で続くので、原作を読んでても途中で気持ち悪くなった。
それぞれの登場人物が(特に美紗子)中盤からクライマックスにかけて変化していく所は、ゾクゾクするくらい面白いのと同時に、切ない展開になっていて涙を流した人は多々いるのではないでしょうか?

個人的にリスカを含め流血シーンが苦手なのと始めに言ったように胸糞悪いシーンが多いので、とても面白かったんですが、また見ようとは思えない映画です。
グロいのは慣れてるつもりだったけど、なんか今までにない、じっとりした嫌な感じのグロさで...ゾワゾワした。
でも、悪くはなかった。
ただ、見てるこっちがぞみぞみするというか、まあそれはそれは不気味で、すごい映画だったなあ。
吉高由里子、やっぱすごいなあ。


新しく出来たシアタス調布にて初鑑賞。
綺麗な映画館だったー。
友達3人と見に行ったけど、結構性的な描写もあって、あとグロイのも多くて、ちょっと気まずかった笑
サイコパスの生い立ちと恋愛の話。
グロシーンもちゃんと描いているし話も面白いと思うんだけどなんだかイマイチな感じが。
色々と綺麗にまとめ過ぎているのかも。
む

むの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

原作を見ていないためか、ハマる人とハマらない人しかいないように感じた
ハッピーエンドなのもよくわからん
たけ

たけの感想・評価

4.0
全く知らずに当日観ることを決意した作品だが予想外に面白く、よかった。松坂桃李のサイコ演技も息を呑むものだった。こいつ絶対北関東民だろと思うシーンあり。案の定知ってる地名が出て来る
>|