ユリゴコロの作品情報・感想・評価

ユリゴコロ2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

3.6

あらすじ

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

「ユリゴコロ」に投稿された感想・評価

てん

てんの感想・評価

3.8
「彼女がその名を知らない鳥たち」に続いて2日連続沼田まほかる原作映画を観た。
「彼女がその名を」のほうが微妙に評価は高いみたいだけどこっちのが好きかな。

メンヘラ少女漫画好きなとこがある私には、結構はまるものがあるストーリーだった。展開は都合よすぎるくらいだけど、それはそれで。

松山ケンイチも吉高由里子もとてもよい。松坂桃李だけちょっとくどい。
8shero

8sheroの感想・評価

2.2
前半の殺人鬼の幼少期〜大人になるまでは

引き込まれるようにおもろかったけど

松坂桃李が息子ってわかるあたりから

寒かったなぁ…

婚約者がヤクザに囚われてとかいつの時代の設定やねん。

そしてヤクザを一人で殺してしまうって強過ぎでしょ笑

松坂桃李と婚約者の部分がもう少しひねり欲しかったなぁ
mari

mariの感想・評価

3.8
容赦のない愛が散りばめられていて、
きっと"ユリゴコロ"は呪縛の言葉。

縛られるまでに何があったのか
どうして縛られてしまったのか、
説明できるものじゃないのかもしれないけれど
そこだけはどうしてもわからない。

運命ってそんなに苦しく
繋がっていくものなのかな、、

重くて疲労感たっぷりな中で
エンディングの曲と歌詞がとてつもなく刺さって
エンドロールが一番泣ける。
rui

ruiの感想・評価

4.3
あなたの優しさには容赦がありませんでした。
この文がとても好きでとてもしっくりくるようなそんな美しくて哀しい話だった。
chiharu

chiharuの感想・評価

3.4
全く共感できないし、バイオレンスなシーンも多くてしんどかったけど、俳優陣の演技(吉高由里子の危うい美しさと松坂桃李の不安定さと松山ケンイチの圧倒的な優しさ)に、ついついひきこまれて最後までみちゃった!
人間の死でしか心を満たすことができない、という主人公の設定が気になって見た。
前半の人殺しのシーンはなかなか気持ち悪く、目を何回か薄目にしながらも引き込まれて見てしまった。ただ、殺人鬼の心理というか狂気についてはあまり読み取れなかったし、最後はこうなる気がするという通りになったので少し物足りなく感じた。
蒼葉梟

蒼葉梟の感想・評価

3.5
殺生と宿命の人脈曼荼羅を映像化。

本当に容姿ない愛だ。

悲しくも切なく、悲劇的で壮絶な作品。
さ子

さ子の感想・評価

4.0
原作読んでてよかった。。
これを初見で見てたらやばかったと思う。
重さとグロさと暗さと、怖さ。

誰がこんなん思いつくねん、、、、
Keengoo

Keengooの感想・評価

2.3
だいぶ無理あるし不可解。
オチは想像通りだけど種明かしで一気に残念。
完全にキャストミスでしょう。
全く理解できないし気持ち悪くて途中までは怒りさえ感じた…

けれど松山ケンイチの圧倒的な優しさとRifwaの主題歌に救われる
>|