ユリゴコロの作品情報・感想・評価

ユリゴコロ2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

3.6

あらすじ

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

「ユリゴコロ」に投稿された感想・評価

アキ

アキの感想・評価

3.3

原作が好きだったので観賞。
設定や展開が無理があると思った方は原作をおすすめします。

ミツ子とのやり取りは、むしろ原作で自分が感じたものよりも綺麗。すごく人間的で、気持ちの流れというのを表現されていた。
自分自身に潜む矛盾や葛藤は誰しもが持ち合わせているもので、形は違えど全く共感できない訳ではなかった。人と人の繋がり。
日本の警察ゎ無能ですょ~と皆に教えてくれてる映画!
悲しみとか愛とかそんなモノゎ全く無い(笑)
ただの殺人気なので早く逮捕されて下さいm(__)m
かくまった父、子全て同罪なので全員死刑が妥当かな(*^^*)
こんだけの悪事を働いた女1人捕まえられない日本の警察ゎバカで無能だと確信に変わりました(^-^)
frenchblue

frenchblueの感想・評価

3.5
前半と後半部分の主人公は別人のよう。
本当に愛する人ができたら人は変わるのか。

前半部分の狂った感じがとっても好き。

松坂桃李の演技が最高。
「や、や、や、やめてーーー」と言いたくなるシーンが沢山です。

でも、感情移入しにくい作品で、途中から予想通りの展開になるので、いまいち乗り切れないまま終了。

吉高由里子が殺人鬼の役を熱望して、この作品で実現したみたいだけど、これでいいのかな…?(笑)
suzu

suzuの感想・評価

2.9
幼少期のサイコパス感や残酷が強烈すぎて、吉高ちゃんに変わった瞬間、ただの人に見えた。吉高ちゃん好きなんだけど、舌ったらずな喋り方がこの作品にどうも合っていない。どんなにサイコパスでも人を愛すると変わるのですね。松ケンのこういう役好きです。やはり原作と設定を変えてるのか、なんとなく予想出来る展開が気になる。桃李くんの心情の変化の演技が突発すぎてついていけなかった。
なんて純愛!!
最初はサイコパスの話一辺倒かと思ったら、確かにサイコパスなんだけど、恋愛、夫婦愛、親子愛、愛に満ち溢れた作品だった!
良い意味で期待を裏切られ、高評価になりました。
このオカン最強death!!!

ハマらん人は設定に無理があるとか言うんやろうな…
Yamamo

Yamamoの感想・評価

3.4
予告編でも流れていたが、全然共感できない話しだけど、何故かのめり込む映画。

それは吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチはもちろん、子役まで演技が良いから。

前半の殺人シーンは中々リアルで若干引くエグさ。

自分は赤い血の描写が苦手な事を再確認。
shin01

shin01の感想・評価

3.7
観入ってしまう作品だった!!
吉高さんの濡れ場がまた見れるのかってちと興奮してしまったら・・・

サイコパスやべーなw
後半は前半の重さが無かったけど予想外で面白かった♪♪
2018410
吉高 由里子
松坂 桃李
松山 ケンイチ
木村 多江
佐津川 愛美
Maiko

Maikoの感想・評価

3.5
気になってた作品!
なかなか重たいところもあり、見応えはあるかな。
展開予想できるけど、なかなか、、、、
>|