nori007

ピーターラビットのnori007のレビュー・感想・評価

ピーターラビット(2018年製作の映画)
2.0
てっきり「パディントン」のようなギャグ満載の映画かと思った。いやギャグは満載なのだがこの映画、誰の立場で見るかによって評価はまったく変わると思う。
自分は男の立場の目線で見てしまうのだが、そう見るとかなり最悪な話だったりする。

じいさんが家庭菜園で作っている野菜を強奪し、怒ったじいさんは心臓発作でショック死。するとウサギたちは空き家となった家を荒らし放題。どう考えても獣害でしかない。

空き家になった家に孫が来ると、今度は孫との骨肉の争いを繰り広げることになるという。。。何なんだよこの獣害は。。。。人間の友達じゃねえのかよ。。。

いや、となりの画家のお姉さんとウサちゃんたちはとても仲がいい。よっぽど心の広いお姉さんかと思ったら絵をウサちゃんに汚されたらブチ切れるという。単なる危害が及んでなかっただけなんだね。

これウサギの見た目だから何となく許せる話だが、本質的には「チャイルド・プレイ」のチャッキーとの抗争と何ら変わらない。