nori007さんの映画レビュー・感想・評価

nori007

nori007

映画で様々な人生の擬似体験をしたいと思っています。
基本的に自分の入り込める映画が好き。

洋画、邦画、香港、韓国、インド、なんでも見ます。
アクション、歴史、SF、修羅場物、などが主に好き。

ランク評価は
5=殿堂入り
4=最高です!
3=まあ普通におもろい。
2=ビミョウすぎ。好きじゃない。
1=金と時間返せ、そして死んでくれ!

映画(1438)
ドラマ(17)

Saaho(原題)(2018年製作の映画)

3.0

Mirchi(2013)
☆☆☆
「バーフバリ」のバーフバリ、デーヴァセーナ、カッタッパの俳優が共演の現代劇。「バーフバリ」の時とは違い、みなさんスマートでスタイリッシュ。いかに「バーフバリ」での役作
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

この物語に出てくる人たちは、社会的敗者ばかり。そんな最悪の状況でももがいてやるぜってストーリー。最初はクズとして登場する瑛太も後半になるとこいつに胸キュンさせられるなんて!!という変貌ぶり。そう、この>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.8

門脇麦ちゃんが、5年間の引きこもりで何をやってもダメな少女を好演。そのポンコツぶりがむっちゃくちゃキュート!!!
この映画の素晴らしいところは、引きこもりからの脱出をとても現実的に描いているところ。こ
>>続きを読む

バドリナートの花嫁(2016年製作の映画)

2.0

『スチューデント・オブ・ザ・イヤー』のヴァルン・ダワンとアーリアー・バットという事でかなり期待したのだが、どうも期待どおりとはいかなかった。
インドでは独特な風習ゆえに結婚に対するトラブルはやたらと多
>>続きを読む

Baaghi 2(原題)(2018年製作の映画)

3.3

一作目は、往年の格闘アクションだったのだけど今作では、ミステリー要素がかなり多めである。衝撃のどんでん返しがあり中々面白かった。
ただ「Baaghi」らしさはあまりなかったように思う。前半はヒッチコッ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

-

Filmarksに「ヤマドンガ」が無いので仕方なくここに記する。
★★★

「ヤマドンガ」はS・S・ラージャマウリ監督✕NTR jr.の2007年の映画なのだが
序盤の一時間は、アクションありの恋愛映
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.0

青春時代の冒険。自分にもこんなようなことがありました。
自分の場合はバイクにテントをつんで旅してたのだけど。
この映画のようにアメリカとなると何ともスケールがでかいというかなんというか。自分たちで家を
>>続きを読む

クロウ/飛翔伝説(1994年製作の映画)

-

ブランドン・リーの遺作となってしまった、いわくつきの映画。
その死んだ理由も父親であるブルース・リー「死亡遊戯」の内容と酷似していて偶然にしては不可思議なものを感じてしまう。
そしてこの映画の内容も非
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.0

てっきり「パディントン」のようなギャグ満載の映画かと思った。いやギャグは満載なのだがこの映画、誰の立場で見るかによって評価はまったく変わると思う。
自分は男の立場の目線で見てしまうのだが、そう見るとか
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.4

THE ORIGINの完結編となる今作。前作の内容をかなり忘れていたので見直しましたよ。
前作の最後がシャアザクが敵船団の中に突っ込むという一番美味しいところでぶつ切り。
そして今作へとつながるので、
>>続きを読む

キングコング2(1986年製作の映画)

2.0

キングコングは、白人が一方的にコングを連れてきて虐殺するという一連のストーリーが黒人奴隷のメタファーとも言われるが、今作ではその反省をするかのようにほのぼの展開。
瀕死のコングを人工心臓に移植し、輸血
>>続きを読む

キング・コング(2005年製作の映画)

3.6



1976年版を見てからこちらを見直すと、やはり映像技術の進化ぶりには目を見張るものがあります。今作のコングは直立二足歩行というよりも四足で腰も曲がっている感じ。よりゴリラ寄りといった感じ。スカル島
>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

3.6

今回、歴代キャストが登場ということでかなり期待していたのだけれど、正直序盤はまったくノレなかった。というのも毎度毎度お決まりのパラレルワールド。まあビルドとエクゼイドの世界観が違いすぎるので今回は致し>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.9

実はアニメ版「斉木楠雄のѰ難」がめちゃ好きなのだ。
福田監督作は、好き嫌いが激しいが今作はとても親和性が高いと思う。

つまり短編アニメの雰囲気がちゃんと出ていて、気軽に見れるバラバラのエピソードなの
>>続きを読む

スクールアウトサイダー(2017年製作の映画)

2.0

実際にお会いできた松本花奈監督は、とても素敵な方でした。
先日の「情熱大陸」もすごくよかった。今後ますますのご活躍を期待してます。

今作では、ヒロインが秘密を告白するシーンが夕日の情景と共にとても印
>>続きを読む

キングコング(1976年製作の映画)

4.0

『キングコング対ゴジラ』(1962)は特撮としてはとてもいい出来であった。そこから14年後の今作は、もはや特撮らしさはまったくない。むしろすごくリアリティがありさすがハリウッドのクオリティといったとこ>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

さして話題になっていなかったので、かなりナメていたら想像以上に面白かった。
とてつもなく情報量の多い映像。その作り込み。数十種類と出てくる異星人たちそのコミカルな生態系など物凄い良く出来てる。増殖を続
>>続きを読む

The Breadwinner(原題)(2017年製作の映画)

3.7

先日見た「ホースソルジャー」の中でもタリバン政権下で行われている女性弾圧が少しだけ描かれていたけれど、今作はアフガニスタンに住む一人の少女の一般的な視線のお話。

アフガニスタンは地理的に常に大国の戦
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

光州事件は知識として知っていた。が、しかしこうして映像で見てみるとなんとも物凄い迫力である。そして近年こうした韓国の暗部を描いた作品が多くなっているように感じる。それは韓国も自浄作用が働いてきているの>>続きを読む

バトル・オブ・アトランティス(2013年製作の映画)

2.0

「パシフィック・リム」の影響で、こうしたわかりやすいパクリB級が出てくるのはむしろ喜ばしい。大西洋で怪獣が現れるという設定は中々おもしろい。

ところが、非情に残念なことにストーリーがクソつまらなすぎ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

2018/01/31 22:56
実はMCUの中で「マイティー・ソー」が一番苦手だった。神様という設定がずるいし、アホっぽい。特に2作目ときたら本当にひどかった。
ところが、今作ではギャグよりになりソ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

2.8

9.11アメリカ同時多発テロの直後にアフガニスタンへ乗り込んだ12人の兵士を描く実話。

「5万vs12人」というとんでもない作戦なのだが実際は、反タリバンの北部同盟と手を組んでタリバン政権と戦う話し
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.5

いよいよガーディアンズ、ストレンジ、スパイディ、ブラック・パンサーが加わり一気に新鮮味の増したアベンジャーズ。というかアベンジャーズではなくまだ分裂したままですが。。。

こうした作品が、さまざまな部
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

俺が見てきたコンテンツが満載で、日本人でしかわからないようなネタばかりで、改めてスピルバーグありがとうと感謝したい。
あまりに画面の情報量が多いので、字幕版だとどうしても文字を追ってしまうため吹替版で
>>続きを読む

闇金ドッグス4(2016年製作の映画)

3.5

今回は、足を洗った先輩ヤクザと、AV会社社長の2つのストーリーライン。
人生を一からやり直そうという人たちの話しだが、想像以上に大変という事がわかる内容であった。こうした人達の受け皿も無いと再び再犯を
>>続きを読む

大アマゾンの半魚人(1954年製作の映画)

3.2

「シェイプ・オブ・ウォーター」の元ネタとして注目を集めてる今作。
全体的には恐怖映画としての側面が強いが、人間の女性を好きになる描写もありそこはかとない恋愛模様も感じ取れるのだが、最終的には殺されてし
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

女子スケーターで史上二人めにトリプルアクセルを飛べるようになったトーニャ・ハーディング。その一見華やかな舞台に立っているように見えるが実際は人生そのものが暗黒時代と言ってもいい内容。ナンシー・ケリガン>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

2.7

「シビルウォー」に出てきたブラック・パンサーは最高にかっこよかった。
いよいよ単体の映画となって、評判は大絶賛の嵐なので大変期待したのだが。。。

常にモヤモヤして、まったく楽しめなかった。

ヴィブ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

2ヶ月ぶりに再び鑑賞したのだけれど、なんという楽曲の素晴らしさと映像とダンスのシンクロ。これでマサラ上映をやったら最高だろうな~~。

心に傷を持った者同士が寄り添い素晴らしいショーを完成させる。
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.6

亜人は、アニメ版をいくつか見た程度なのだが、アニメ版を忠実に再現している。
特に、綾野剛扮する佐藤は声優の大塚芳忠さんを完全再現ww玉山鉄二もすごい似ている。
それにアニメ版よりも、簡素にまとめてある
>>続きを読む

凜として愛(2000年製作の映画)

4.0

歴史を学ぶ意味は、我々はいかに外敵から国土を守り戦ってきたかを知ることだろう。
そうした意味で、この映画は日清日露から大東亜戦争までを上手くまとめて説明してくれるのでとてもいい映画だ。

しかし、この
>>続きを読む

修羅雪姫 怨み恋歌(1974年製作の映画)

2.0

前作は大傑作であったので期待したのだが、今回はもはや修羅雪姫の物語では無くなっていた。秘密警察と左翼活動家による政治色の濃い映画となっておりそこにユキが翻弄されるといった内容。映画が作られた70年代当>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.6

紗倉まなちゃんは、本当に多彩な人だと思う。ラジオのパーソナリティもすれば小説も執筆する。こうして生まれたのがAVに出演する女性の裏側を描いた今作なのだが、AV女優御本人が書かれているのだからそれだけ説>>続きを読む

闇金ドッグス3(2016年製作の映画)

3.8

このシリーズは、絶望的な展開が多い。ノワール物としてはそれで正解なのだが少なからずこの鬼畜野郎めとも思うわけだ。今作は三作目にして、青木玄徳にスポットが当てられることとなり、その非情になりきれない性格>>続きを読む

闇金ドッグス2(2016年製作の映画)

3.7

つくづく恋愛というのは人間を狂わせる装置なのだなと思う。前回はアイドルに入れ込んでいるヲタが描かれていたが、今回も複数人が惚れた相手のために人生をダメにしていく。
そして前作同様に食う側と食われる側が
>>続きを読む

女囚さそり 第41雑居房(1972年製作の映画)

3.6

今回のメガ盛り感がハンパない。序盤からして梶芽衣子さんが一年間地下の雑居房に入れられた状態で、いきなり消火用のホースで放水。初っ端から無茶振りという。梶さんご苦労さまです。
今回は、囚人もそうだが、看
>>続きを読む

>|