nori007さんの映画レビュー・感想・評価

nori007

nori007

映画で様々な人生の擬似体験をしたいと思っています。
基本的に自分の入り込める映画が好き。

洋画、邦画、香港、韓国、インド、なんでも見ます。
アクション、歴史、SF、修羅場物、などが主に好き。

ランク評価は
5=殿堂入り
4=最高です!
3=まあ普通におもろい。
2=ビミョウすぎ。好きじゃない。
1=金と時間返せ、そして死んでくれ!

映画(1536)
ドラマ(40)

SHORT PEACE ショート・ピース(2013年製作の映画)

2.0

一流のスタッフが集結して作られたオムニバス作品である。絵はとても素晴らしい。
しかしどの話も起承転結がなく物語としてはまったく面白くはない。いったいどの層に向けて作ったのだろうか??日本をテーマにして
>>続きを読む

Veere Di Wedding(原題)(2018年製作の映画)

2.0

女子向けのインド映画は、自分には合わないのかもしれない。
曲はとても良かった。ただ内容は。。。。

-------------------
Filmarksに項目がないためしかたなくここに記録。
☆☆
>>続きを読む

Gunday(2014年製作の映画)

4.5

最近は、コンプライアンス的にというかそうした風潮でヌルい映画ばかりになってしまった。ところがこの映画は70年代風のイケイケなワルの映画で突き抜けた面白さがあった。
本来、映画ってこうゆうものだったよね
>>続きを読む

新橋探偵物語(年製作の映画)

3.3

探偵というと、濱マイク、工藤ちゃん、風都探偵などなど、魅力的なキャラクターばかりがそろっているけれど、ここに新たにセックス探偵登場!!!爆

ピンク映画の女優がさらわれた事をきっかけに、探偵になること
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.5

冒頭のレトロフューチャーなデザインのスピーダーはすごくいい!
他にもスピーダーバイク、ドロイド、クリーチャーなどのデザインが、スターウォーズファンをわくわくさせるものばかりだ。

しかし、ストーリーに
>>続きを読む

テリ ~スパーク~(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

【タミル映画】マジック Mersal(2017)の項目がFilmarksにないので
仕方なく、同じくヴィジャイの出演作であるここに記する。


今作では、最近減りつつある群舞のダンスがふんだんに挿入さ
>>続きを読む

闇金ドッグス7(2017年製作の映画)

3.3

闇金業に嫌気がさした青木玄徳は、キャバクラのボーイとなる。
今作では、青木玄徳の実像とすごいかぶるようなキャラクターとして描かれている。
ヒーローに憧れるところ。そして残念なイケメンのところなどは、特
>>続きを読む

ヘビー・メタル(1981年製作の映画)

2.8

制作年数から言って、かなり先進的なデザインと設定だったのではなかろうかと想像出来る。後のブレードランナーやAKIRAにも通じるような未来感。そしてレトロフューチャーなメカは素晴らしい。製作者はかなり天>>続きを読む

Raazi(原題)(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

女スパイの潜入ものは、韓国映画「シュリ」を思わせる。韓国と北朝鮮。そして今作のインドとパキスタン。隣国が敵同士であるとこうしたドラマが生まれやすいのかもしれない。

ところがこちらは、実話がベースとな
>>続きを読む

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

4.5

本日、吉田大八監督のトークショーイベントに行ったので5年前に見た作品をもう一度見返してみた。

実在の結婚詐欺師、クヒオ大佐。彼はいかに女性のハートをモノにしていったのか。
そのテクニックが素晴らしい
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

人物描写に関しては抜群な吉田大八監督。
ただ、今回はみな刑期を終えた殺人犯であるこれは更正させる姿を描くのかそれとも根っからのサイコキラーを描くのか難しい。
もちろん両側の人間が描かれるのだが、大半は
>>続きを読む

こんぷれっくす×コンプレックス(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

究極のフェティッシュな映画である。もちろん俺はぜんぜん嫌いじゃない。
劇中に登場する映画もブルース・リーをはじめ、映画ファンの心をつくような内容。
女の子と男の子は、共にわき毛がコンプレックスとなって
>>続きを読む

ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年製作の映画)

2.5

地球侵略に来た宇宙人。ところが地球にはガメラがいるらしいのでその映像を見てみよう!!と、ガメラの過去作が延々と流れるという。。。。ただね当時はビデオも存在していないわけだからガメラシーンをふんだんに見>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.3

普段は超絶アクション大作に出ているロック様。ところが今回は海のライフガードがお仕事なのでいきなりスケールダウンに感じてしまうのだが、そこはロック様。そこでもにじみ出てしまうカリスマ性。そこにからむのは>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

2.0

今作ではメンバーがオール女性キャストで人種もさまざま。
こうした試みはハリウッド映画も変わろうとしている兆しの作品なのだが。。。
結論から言うとまったく楽しめなかった。そもそもオーシャンズシリーズとい
>>続きを読む

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

3.8

SPLシリーズというのは、それぞれが独立した世界観の作品なのかもしれない。
今回はちょうど1と2を合わせたような作品で、臓器売買の問題を香港の刑事が追うのだが、その執念たるや鬼神のようである。もうそこ
>>続きを読む

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ(2018年製作の映画)

2.0

「マクロスF」は大変な神作品であった。その次回作としてのδはものすごい期待とともに迎えられたのだが、キャラダメ、設定ダメ、ストーリーダメ、というクソ作品であった。
唯一ワルキューレの楽曲だけは素晴らし
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(2018年製作の映画)

3.7

今作の画期的な面は、失われかけていたメタルヒーローシリーズを復活させたこと。そしてかつての好敵手であった敵キャラをオリジナルキャストで復活させたところだろう。
ハミイのダーク落ちな部分はスキャンダル報
>>続きを読む

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

3.0

前作SPLは、大変衝撃的な作品であった。しかし今作では前作とはほとんど繋がりはない。
そこから拍子抜けなのだが、今作では、娘を助けたいトニー・ジャー、潜入香港刑事、弟の臓器がほしい兄貴。この3つのスト
>>続きを読む

ガメラ対深海怪獣ジグラ(1971年製作の映画)

2.5

ジグラ星人は、かわいい。サメにクチバシがついてる。目が赤くて、ヒレが手みたい。
見た目以上にも衝撃的なのがその設定で、地球の水圧がジグラ星と違うので地球ではこんなに巨大化。人間を食べる。日本語をめっち
>>続きを読む

赤いふうせん(年製作の映画)

3.0

「OPフェス」にて鑑賞。ホラーではあるもののピンク映画の枠では、血がダメとか、撮影日数、予算などなどさまざまな制約があるとのことで、現場はとても大変そう。佐倉絆さん涼川絢音さんらとても熱演してました。>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.2

「2001年宇宙の旅」とか芸術性は高いが小難しい系を見たあとで、もっとスカッとする宇宙もの見たい!というわけで今作を視聴。
いきなり街がぶっ壊されて行き、ジャンボジェット機の残骸が散らばってたり、炎に
>>続きを読む

2010年(1984年製作の映画)

2.5

序盤で「2001年~」を簡単に解説してくれるところがとても親切設計。
前作は、芸術性を重視した作品であったが今作では、ちゃんとしたストーリー仕立てとなっておりわかりやすい。しかし前作から16年後に作ら
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.7

スタンリー・キューブリックは天才だと思うが、同時にかなり変人だと思う。
今作も超大作できちんとしたストーリーもあったにもかかわらず、確信犯的に公開直前にナレーションを排除してしまったためまったく意味の
>>続きを読む

すて猫トラちゃん(1947年製作の映画)

3.5

終戦からわずか2年。東京は焼け野原となっているはずだがそんな中からもこうした夢のある作品が生まれていたところが素晴らしい。
捨て猫であったトラちゃんを助けてあげるという、おそらく当時は現実にたくさんあ
>>続きを読む

血を吸う粘土(2017年製作の映画)

3.6

すげえ面白い!低予算でも、ここまで出来るというアイデアの勝利じゃないでしょうか!!
とある彫刻家の激しい怨念がこもった粘土。その粘土を掘り起こしてしまったことから起こる惨劇。舞台が小さな専門学校とうの
>>続きを読む

トキワ荘の青春(1996年製作の映画)

1.0

トキワ荘というと、数々の巨匠が同居していた漫画家界の松下村塾である。
物語としてこんなに美味しい素材はない。しかし史実をドラマ化するとなるとどの部分を抜き出してどう見せるのかは、脚本家と監督の腕の見せ
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.8

タイトルからして、恋愛モノとばかり思っていたのだがかなり重厚なミステリーでびっくりであった。そして何も予備知識が無いまま見たのは大正解だった。

もう最後は「ひ~~~~~~~~~~~~!!!!!!」と
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

顔に度重なる手術の跡がある少年のお話なので、てっきりお涙頂戴のストーリーなのかと思いきやとんでもない。あくまで彼を中心として話は進むが、物語の視点が次々と変わる群像劇だったのだ。こうしてそれぞれの視点>>続きを読む

ガメラ対大悪獣ギロン(1969年製作の映画)

3.0

ゴジラシリーズに比べ、昭和ガメラはかなりひどい!WW
ただね、ガメラも出刃包丁も憎めないんだよね。ダメな子ほど可愛くみえる。。。そんな映画です。

UFOの自動操縦によって拉致られた二人の少年は人食い
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

2.9

誰でもやり直したい過去がある。この映画ではもし高校生活をやり直せたらというファンタジーが描かれているわけだ。わりとありがちなストーリーなのだが、この作品のいいところは恋する相手もかなりのコミ障なところ>>続きを読む

Tiger Zinda Hai(原題)(2017年製作の映画)

3.6

前作から5年、引退したはずのタイガーがまさかの復活!!!
驚くことに子供も大きくなって、ヒゲもたくわえて良きパパになっていたのだが。。。

前作ではラブコメ色が強かったのだが、今作ではバリバリのアクシ
>>続きを読む

タイガー 伝説のスパイ(2012年製作の映画)

3.7

いちおうはスパイ映画となっているものの、かなりラブコメ要素が満載。
インドとパキスタンのスパイの攻防で、ミサイル技術を持つ博士と接触をとろうとするのだが。。。スパイ要素があるのは前半のみで、後半はまっ
>>続きを読む

日本やくざ抗争史 関東城北戦争(2014年製作の映画)

3.0

「カメ止め」ヒロイン秋山ゆずきの作品全部見る企画。
物語は、テキ屋と新興ヤクザの縄張り争いが勃発し、そこに翻弄される一人の若者の姿を描く。その若者はとても気のいい内気な青年。やはりヤクザとしての適正に
>>続きを読む

こたつと、みかんと、殺意と、ニャー。(2013年製作の映画)

2.0

「カメ止め」ヒロイン秋山ゆずきの作品全部見る企画。
ネットで知り合った同士が、バーベキューをする話。そこには百合要素も満載なのだ。最終的なオチは面白いのだが、そこに行くまでの過程がやたらと長い。上映時
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

4.2

先日、金子監督とはじめてお会いできたので久しぶりに平成ガメラを鑑賞。
今見返しても、かなりのクオリティである。CG黎明期ではあるものの実写と特撮とCGが見分けがつかなかったりする。冒頭の渋谷やラストの
>>続きを読む

>|