ずー

あしたは最高のはじまりのずーのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

うーん。ありきたりに感動させようとする感じが何とも感動を生まなかった作品。知らないところで生まれてた赤ちゃんが自分の子供だと急に言われて尚且つ子どもを置いていかれて育てなければならない。育てていくうちに愛情が深まるけど母親はお前を捨てたなんて言えやしないし、母親はスパイで世界中を駆け巡っているっていう嘘をつく。ある日突然母親が現れて子どもを返せ的に責められて裁判沙汰になるけど、子どもが病気っていうことを知らずに母親が勝利。…というよりはDNA鑑定で本当は父親は別の人だということが判明。で、最後は子どもは病気で死んでしまうわけだけど…まぁ感動させたいんだろう感がすごいから私はあまりって感じだった。