あしたは最高のはじまりのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿されたネタバレ・内容・結末

~サミュエル(オマール・シー)は、身体も笑顔も愛情もビッグサイズだった!~

サミュエルがグロリアに注ぐ愛情の深さに感動しました。自分が娘にできる最大限のことをすべてやってる感じ。ほんとうに楽しそうな父と娘でした!だからサミュエルに親権が与えられた時ほっとしました。
しかし遺伝子検査の結果が……!この事によって親子の絆とは何なのか深く考えさせられることになりました。
ただ一つ、グロリアが病気という設定には少し違和感を感じました。
何があったにせよ、クリスティンひどいな。
サミュエル君は立派に本当の父親だったよ。
思っていたよりもいろんな要素の詰まった映画だった。

背景が常に美しかった。
コートダジュールはもちろん、ロンドンのおうちも、どこもかしこもインスタ映え。

像の巨大ぬいぐるみ可愛い!
(Wikipedia情報、おうちのデコレーションはトムハンクス「ビッグ」参考にしたそうです)

あのお家見るだけで、パパの愛情ビンビン伝わるよね。
だって生活のほぼ全てが娘中心だものね。普通あそこまで100%娘仕様の家になんてならない。


でもこれフィクションですよね?
病気のくだり物語に入れる必要あったかな?

なんか悲しい要素要らなくない?

(途中までパパが病気なんだと勘違いしてました)



パパ主役の映画だったから、ママが本当に最低でイライラしながら観たけども

ママ目線で見たときに、どう思うかなって考えてた。

けどまぁ、どう考えても一度捨てた罪は重すぎるよね。
だからと言って娘に会うな!とかってのも違う気がするし(彼はそんなこと言ってないけども)

チャンスってどこまであるんだろ。

とか思ってたらなんなのDNAテストの結果!!

残酷過ぎない?

同じ女として、本当に最低、、てかあり得ないでしょ。

実際、友達にも何人か「どっち(誰)の子か分からない」とか話してきた子がいるけど、そんな状況を生み出す自分を恥じなされ!と呆れ果てる。



チャラパーティー男だったオマールシーがコートダジュールに帰ってきて船のオーナーおばさんサマンサに会っていたのがほっこりした。


背景が本当に好きすぎで、この映画買おうかな。


オマールシーの出演作は今のところ見たもの全て好き!
サミュエルはグロリアと共に素敵なパパになったんだなぁ。部屋はとっても可愛いし、必死でママからのメールを送り続けてた。娘が傷つかないように。
嘘が必要な時もある。そう。大切な人を守る為なら嘘も優しい嘘なら許してあげたい…ただし、相手に絶対バレてはいけないけど。
母親を恨まずに済んでるのだから、それに乗っかれば良かったのに。自分を許してほしくて、後ろめたい気持ちを払うのに本当のことを言ってしまった。なんかエゴでしかない気がする。
グロリアは病気で長くないと宣告されていた。残された時間を濃いものにしようとしていたサミュエル。それどころじゃないのに、きっとサミュエルの中では1度でもいいから母親と会わせてあげたいって思いがあったのかも。クリスティンは屈託なく自分を受け入れてくれたグロリアを見て自分のことしか考えられなくなった…許して貰えるって。
2人を引き裂く試練があったからこそグロリアは戻ってきたいって、ずっと一緒に居たいって思えたのかなぁ…こんなに愛してくれるサミュエルがいるって(^-^)

南フランスの綺麗な景色で…最後に幕を閉じるまで描いて欲しかった気もする…

いつでもグロリアは隣にいる!
明日は新しい1日!

グロリアの死を乗り越えたからこそ言えるサミュエルの言葉かも。

税理士にだけめっちゃ乱暴な口調になる母親代わりのベルニーにはちょっとクスッとさせてもらえたし…裁判で最高の父親って証言してくれた校長はミーハーだったし、景色は綺麗だし。
いい映画だったなぁ~(^-^)
母親の身勝手さと、思い込みでの行動に軽蔑…

最後が映像とナレーションでまとめられてたのが、残念だったような。
最後までサミュエルが病気だと思ってた
そこに気付いてからグロリアを引き渡すシーンを見直すとせつなすぎる

この映画の本質はサミュエルの成長物語
突然子供を預かり育て…また突然別れなければいけない…。
辛すぎる。
やっぱり親より子供が先にいなくなるのゎダメだなぁ。
コミカルでウォームでポエティック。
前半はポップにライトに展開していくが、後半でちゃんとリアルな人間の心情も描かれる。
最後は、全体がひとつの詩だったかのような印象。フランス映画ならではの持ち味なのかは自分は分からないが、とても美しい余韻。
テンポよく進み、笑えるシーンも多いのでとても見やすかった。
日本人でも笑える。

子役の演技もとてもよく、感情移入しやすかった。

全体的に素晴らしかったが、なぜ子どもは死ななければならなかったのかが全くわからない。
病気らしいシーンや演出も全くなく、ただ医者との会話だけで、この超重要な展開を済ませてしまっている。

物語の展開上、お涙頂戴のためだけに子どもが死んでしまっているように感じてしまうので、そこだけがかなり残念な作品。

リメイクらしいので仕方ないかもしれないが、ならば新しい作品として公開してくれたらよかった。

子どもが死ぬという展開さえなければ4.5の作品です。
今年観た映画の中で、1番泣いたかもしれない。
サミュエルとベルニー最高すぎる!!!
そしてグロリアはいい子過ぎる😭

こんな父親いたら、子どもは本当に幸せだろうなぁ…

それにしても母親が、正直いい所ないと思った☹️

勝手に『あなたの子だから育てて!あなたなら大丈夫!私は無理!』ってグロリアを捨てて…
戻ってきたまでは良かったけど、
新しい恋人連れてくる??

しまいには裁判まで起こして…

更に結局サミュエルの子どもじゃなかった??

母親にめちゃくちゃイライラした!笑

でも、グロリアは自分で理解してたんですね。自分にとって誰といるのがいいのか、親とは何なのか…

笑えて、微笑ましくて、
めっちゃ泣けるとってもいい映画!

私は最初、病気なのはサミュエルだとずっと思ってて、それで感情移入して泣いてたらまさかの…😭
どっちにしろ切ないけど😭😭😭

とにかく、この映画は誰かにすすめたい…
>|