あしたは最高のはじまりのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿されたネタバレ・内容・結末

うーん。ありきたりに感動させようとする感じが何とも感動を生まなかった作品。知らないところで生まれてた赤ちゃんが自分の子供だと急に言われて尚且つ子どもを置いていかれて育てなければならない。育てていくうちに愛情が深まるけど母親はお前を捨てたなんて言えやしないし、母親はスパイで世界中を駆け巡っているっていう嘘をつく。ある日突然母親が現れて子どもを返せ的に責められて裁判沙汰になるけど、子どもが病気っていうことを知らずに母親が勝利。…というよりはDNA鑑定で本当は父親は別の人だということが判明。で、最後は子どもは病気で死んでしまうわけだけど…まぁ感動させたいんだろう感がすごいから私はあまりって感じだった。

こうゆう親子ものって泣いちゃうよね。

子育て全てを楽しんできたお父さんだからあんな素直な子に育ったんだろうなぁ。

やるつもりなかったスタントマンも頑張っちゃうし、自分で毎日お母さんのふりしてメール打っちゃうし、娘は嘘つきじゃないって最上階から飛び降りちゃうし、人生全てを娘のために捧げてきたそんなお父さん。

グロリアは短い人生だったけど、毎日キラキラしてて愛に溢れた素敵な人生だったんじゃないかな。

最後はナレーションで処理してて呆気ない感じはしたけど…
久しぶりに来たクソ映画
(私の中のクソ映画とは面白くないだけじゃなく嫌な気持ちになった映画)
ちょっと考えればわかるような矛盾点が多い。特になぜ母親を死んだ設定にしなかったのか。そりゃ会いたいって言いだすだろうよ。
あと裁判でまず一番最初に娘の言い分を聞けよ。
そしていらない要素が多すぎる。
必要でないのに子供を殺す。自分の子じゃない。(母親クソビッチ確定)
パパは不死身だよのくだりも意味不明。
母親の彼氏もいる…?
もう忘れたけど、もっと細かいところでも結局何がしたかったのか分からない要素が多すぎる。
“最低な今日も、明日には最高な昨日になってるかもしれない”っていうメッセージなら病気の必要全くないじゃん!
そんな愛する娘が余命わずかなら“今日は最高だけど、明日は最低かもしれない”になるやんけ!
娘が死ぬことを舐めすぎだと思う、笑えるわけがない
ブレるくせに「泣ける要素を贅沢3点セットにしてみました」ってか!!
映画を観終わってもピンとこないし、何回聞いても覚えられない邦題もさすがですね
子供をダシに観客泣かせようと必死なしょうもない映画でした
父親の在り方や親友のキャラ、子供が大きくなっていくシーンはよかったので、こんなことになるならそこを引き延ばした“プレイボーイとゲイの子育て奮闘コメディ”にした方が全然マシだったわ
オマールシーだけはよかった。
親子なのか親子じゃないのかもわからない。
親としてこの子を育てないといけないという使命感から、2人の未来に向かって突っ走る最中、どうして2人の幸せな日常を邪魔するの?って思った。
でも、お母さんを信じている娘に嘘をつくのにも限界があって…。
思いもよらない最後に涙が出た。
オマールシーが好きなので気になっていた作品。

以下、本当に個人的な感想です。

いい話だけれど、モヤッとして感動しきれなかったかなぁ。。。

wikiみたらコメディドラマにカテゴライズされていた。
コメディなのかしら?
笑いの要素はたくさんあったけれど、本質的なところは笑えるものじゃなかった気がしてしまった。。。

深刻な目で見すぎてしまったのかも。

モヤッとした原因の8割はクリスティン。

彼女はなぜあんなに心が不安定なのか。

その原因が分かるような描写があれば共感できるところがあったのかもしれないけれど、情報が少なすぎてわたしには無理だった。。。

残りの2割は病気と終わらせ方。。。
なんだか少し雑な気がして残念だった。。

全体的に惜しい感じ。
もっと気楽に観ればよかったのだと思う。
医学生なので結局なんの病気だったのか気になってしまったw
母親がどうしようもなさすぎる
良い話ではあるけど『最強のふたり』にはかなわんと思われ。一番醜いのは親権争いだと思う。もちろん虐待してるとか、子供にとって、どう考えてもよくないなら逆に争うべきだと思うけど。子供を大人の都合で振り回すのは良くないです。子供を育てるって、ほんとは血の繋がりなんて関係ないんだと思う。なんか身につまされるところ多々あり。
とても考えされられるストーリー。
人生にとって何が大切かをとても考えられる作品だと思う。
特に子供が自分の子ではないとわかった後の最後に娘が無くなるのは全く想像出来なかった。
悲しいけど生き方とかを考えされられる映画だと思う。
あれ、思ってた展開と全然違った…

てっきり病気なのはサミュエルで、死ぬ前に娘を母親に託す話かと思ったら、まさかだった。
言われてみれば、ビタミン剤、注射、大げさなくらいファンタジーな家、「いつまでも一緒にいれない」と娘が言った時のハッとした表情、全部が伏線だったのか。
やられたーって感じ。

それにしてもあの母親は最低。やり口が卑怯だし、なぜか被害者ぶってて許せん。
あんな奴に娘がけっこう懐いちゃってるのが違和感。サミュエルもっと怒っていいぞ

娘が終始明るくて、泣くシーンが一度もなかったことが救いかな。
父親になる、母親になる責任感、重みが伝わってくる作品。元プレイボーイでちゃらんぽらんだった主人公だったが、ある日、自分の子だと渡され、子供のためなら全てを投げ売れる父親へ…とその子の物語。子供の母親の責任感のなさは驚きだなー!多分親権とったあとも、少ししたら手放してたんだろな…
>|