あしたは最高のはじまりのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿されたネタバレ・内容・結末

オマールシーの明るさや周りの仲間が素敵。ストーリーは好きなんですが、テンポが良過ぎるせいか母親が出てきた辺りから、???でした。
母親が娘を捨てた理由や苦悩が薄っぺら過ぎて共感出来ず…最後はそれはないだろう!と思ってしまいました。
この映画は、母親が出てこない方が、親子愛を深く描けたのでは?

最後もあっさりし過ぎて、ちょっと残念。
パスポート申請帰りに映画館で鑑賞。

「娘を叱るなよ」のくだりはカッコ良すぎた。フランス映画らしい常にコミカルな笑いが素敵でしたー。
こんな家族楽しいだろうなーって思いながら観てました!
観終わった後の悲しさとか楽しさとかが混じったような余韻がとても心地いい作品でした。
オマール シー と娘グロリア役の子役のやり取りを見ているだけで心が洗われる。やはり、こう言う作品は子役が大事。
親友?のゲイの人も最高。
ただ、ストーリーが弱い。
突然、赤ん坊を押し付けられて、仕事をクビになり、英語も出来ないのにロンドンで暮らす。あり得ない設定なのに、スタントマンとして成功して娘をスクスクと良い子に育てている。
オマール シーのキャラクターに隠れてしまっているし、母親が酷過ぎて麻痺しているが、父親は人としてダメ。朝まで騒いで仕事をサボる常習犯。赤ん坊の面倒を見るからって、マトモに生きていけるのか疑問。
母親のクズっぷりは飛び抜けている。バカンス先で寝た相手に赤ん坊を押し付けて逃走。8年経って今更母親顔して会いに来る上に、裁判で親権を争う。終いには、遺伝子検査を要求して、実は違う男の子でした。映画史上稀に見る身勝手さ。でも、腹が立つし、意味不明だけど、嫌いにはなれないのは演技力なのか。
部屋が豪華かつ遊び心に満ちている。凄く楽しそうだが、こんな部屋で暮らしてたら現実世界に対応できない人間になりそう。
最後は、母親に引き取られる日に父娘が逃走。クビになった船の仕事にサラっと戻れている。しかも、母親が何も無かったかの様に会いに来ている。展開が不自然。
笑いも泣けるシーンも、芯を外している感が否めない。
久しぶりに映画館へ行って。
過ごした時間か、お腹から生み出した方かといった、「そして父になる」を思い出すような作品。親子が競争して外へ出たり、なるべく楽しませて色んなこと経験させようというオマールシー演じる父親。それはとにかくいいなと思った。

ただ、母親との関係、母親の身勝手さとか、最後の海のシーンで母親が出てきたときびっくりした。不自然。
ゲイの友人は、母親代わりだ!と言う割には作品内での登場も少ないく端々に出るだけ。その辺ももっとしっかり描いてほしかった。ラストまできれいには描かれているけれど、欠けてるところが多々。

娘のグロリアがよかった。特に表情。自分ホント子役に弱い。。泣いた。グロリア役の子は本当にグロリアというそう。是枝映画みたい。この映画はラストの回想シーンでの父親の言葉がすべてを物語ってると思う。
ハッピーエンドではないのに、見終わった後、とても幸せな気分になれる不思議な映画。映像、音楽、内容、キャスト、どれをとっても素晴らしく、笑いもあり、涙もあり、なかなか無い、素敵なフランス映画に出会えました✨✨✨
マイナスな要素が見当たりません☺️✨
予告に惹かれて鑑賞。
父と娘の慌ただしくも楽しい生活が終始繰り広げられるのかと思いきや、後半は意外にヘビーな展開で驚きでした。ラストはもの悲しい部分もありますが、雄大な海の景色と主人公の前向きな思考により、後味は良好です。

赤ん坊時代のグロリアは非常に可愛く、少女時代はアクティブで好ましいキャラクターでした。父と子供の交流シーンは微笑ましいですし、母親についての嘘も致し方なかったと納得出来ますね。

オマール・シー演じるサミュエルは文句無しにいい父親。母親であるクリスティンは話の展開の都合上身勝手さが目立ちますが、エピソードの掘り下げがあれば、もっと素直に応援出来たかもしれません。
グロリアが秀逸。楽天的な南フランス人いいなあ。
赤ちゃんから少女に育つまでのハイテンポなシーンが一番好きかもしれない。
圧倒的カスの母親が悪役すぎてムカつきオンリーだけなのがちょっと見ててつらかった。もう少し救いようがあっても良かったのでは‥?ってくらいカスだったw
主人公の努力して手に入れる純真さと、前向きさと、愛される力は見習いたい。
やっぱりオマールシーいい!と思いながらみてました。
とにかくいい加減で楽しければいいと考えるプレーボーイから、素敵な父親へ。
あんなに愛情たっぷりに育てられたからこそ、あんな素敵な子供になるんだろうなと。
最高のふたりでのダンスに心奪われましたが、今回も女の子と二人でのダンスシーンが見れてよかった。

それにしても母親…。
事実がバレ、父親が嘘つきと非難され拒絶されると、代わりに育ててくれた父親をかばうこともせず、今までの親子の時間を取り戻すために親権をと言い始めた。思わず「はぁ?!」と言いそうになりました。
そんな自分勝手だから、産まれたばかりの子供を捨てて逃げてしまったんだろうと思いました。いろんな理由があるにせよ。

次はオマールシーのショコラが見たい!
人間の本当の絆を考えさせて、くれます。

死んでいく、女の子を思うと、親との時間を大切にしなきゃと思い、いまの自分の現状を考えさせられました。