あしたは最高のはじまりのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後までサミュエルが病気だと思ってた
そこに気付いてからグロリアを引き渡すシーンを見直すとせつなすぎる

この映画の本質はサミュエルの成長物語
コミカルでウォームでポエティック。
前半はポップにライトに展開していくが、後半でちゃんとリアルな人間の心情も描かれる。
最後は、全体がひとつの詩だったかのような印象。フランス映画ならではの持ち味なのかは自分は分からないが、とても美しい余韻。
テンポよく進み、笑えるシーンも多いのでとても見やすかった。
日本人でも笑える。

子役の演技もとてもよく、感情移入しやすかった。

全体的に素晴らしかったが、なぜ子どもは死ななければならなかったのかが全くわからない。
病気らしいシーンや演出も全くなく、ただ医者との会話だけで、この超重要な展開を済ませてしまっている。

物語の展開上、お涙頂戴のためだけに子どもが死んでしまっているように感じてしまうので、そこだけがかなり残念な作品。

リメイクらしいので仕方ないかもしれないが、ならば新しい作品として公開してくれたらよかった。

子どもが死ぬという展開さえなければ4.5の作品です。
今年観た映画の中で、1番泣いたかもしれない。
サミュエルとベルニー最高すぎる!!!
そしてグロリアはいい子過ぎる😭

こんな父親いたら、子どもは本当に幸せだろうなぁ…

それにしても母親が、正直いい所ないと思った☹️

勝手に『あなたの子だから育てて!あなたなら大丈夫!私は無理!』ってグロリアを捨てて…
戻ってきたまでは良かったけど、
新しい恋人連れてくる??

しまいには裁判まで起こして…

更に結局サミュエルの子どもじゃなかった??

母親にめちゃくちゃイライラした!笑

でも、グロリアは自分で理解してたんですね。自分にとって誰といるのがいいのか、親とは何なのか…

笑えて、微笑ましくて、
めっちゃ泣けるとってもいい映画!

私は最初、病気なのはサミュエルだとずっと思ってて、それで感情移入して泣いてたらまさかの…😭
どっちにしろ切ないけど😭😭😭

とにかく、この映画は誰かにすすめたい…
途中ほんとに母親にイラっとしてしまった。
娘を奪わないでくれって所で涙腺が崩壊。

最後のどんでん返しに本当に驚いた。
ずっと、サムの寿命が少ないから、少しでも娘と一緒にいたくてわざと病院を嫌がったり付いてきてもらったりしてるのかと思った。
まさか娘の方だとは思わなかった。
最後に邦題の意味がわかった。

なんていいお父さん。感動した。

ひとつだけ言うとすれば展開早すぎてちょっとあわあわしちゃったところあった。若干置いてけぼり感あった。
でもわたしの中では終わり良ければすべて良しでまとまった。
映画館の予告で気になっていたのでようやくレンタルしてきた。
ストーリーは好きなんだけど母親の感情や思考回路が全く理解できずそこだけがモヤモヤした。
頭がおかしいのではと後半ずっと思い続ける結果となった。
母親の頭がおかしいすぎる以外はいい映画でした。
オマールシーはいつも素晴らしい役を演じるなー!この親子の8年は何よりも濃くて、愛に溢れてたと思う。本当は血が繋がってないことが分かった時にグロリアが言った「パパはパパでしょ?」の一言に全てが表れてると思う。悲しいけど、ちょっと前向きになれるステキな映画だった!

わたしは最後をナレーションであっさり終えたのも好きだったな。

ただ、これだけは言いたい。
母親がクソ女すぎる!!!本当ムカつく!!!主人公を騙して子供捨てたくせに、実は父親は違う人で、8年後結局引き取りたいと言って裁判。裁判で負けたら、DNA検査させて、本当の父親じゃないと。家を出る日に娘が行きたくないと主人公の元に逃げたら、「誘拐」と。本当に最低の人間だな。「平等に」って言ってたけど、産んだだけで捨てた人と、育てた人は平等になれる訳がない。例え産んでなくても血が繋がってなくても、ずっと側にいてくれた人が「親」だと思う。そういう意味だとグロリアの両親はサミュエルとベルニーだよ。
これ絶対泣くやつだ!と思って身構えすぎて、泣き所を逃してしまった
最後があっさり。

親子の絆に涙ポロリ😿


クソパリピから娘を愛する最高の父親に変わっていく主人公の演技がとてもよかった。
最初のアニメーション、家、音楽、バスケットボールで遊ぶシーン、踊ってるシーンなどなど全体的におしゃれだった。
私が英語とフランス語をもっとよく知ってたら、発音の違いとかが分かってより楽しめたのかもしれない。

母親が身勝手すぎてむかついた。
8年前に子どもを捨てた背景について全く描かれてなかったから、そんなに追い込まれてたなんて…という同情も、仕方ないかもなあという共感もできず、納得いかない所が
笑って泣ける、、父と娘の話。

微笑ましくなる場面がたくさん!
それにはひとつずつ理由があって、、そして優しい嘘も全てはグロリアへの愛情。

最後のパパの表情が、ふたりの時間がどれだけのものだったかを一番表していて、この作品で一番好きなシーンかも。
>|