あしたは最高のはじまりのネタバレレビュー・内容・結末

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿されたネタバレ・内容・結末

いくつか疑問が残るのとフランス語が気になるけど、全体的には良かった。
もっと幸せのちからみたいに楽天的な映画かと思ってたけど、重たいところちゃんとあって良かった◎

最後まで、オマールシーの方が死ぬのかと思ってた!
単なるフランス版(イギリス版)蒲田行進曲ではない。男が大人になるとは何かを描く名作。


突然赤ちゃんを押しつけられた男が、スタントマンをやりながら生計を立て子どもを育てる。

このログライン(ストーリーの要約)だけなら、おそらく蒲田行進曲とあまり変わらない。しかし、蒲田行進曲が男女の情念や天皇制をテーマにしたのに対して、本作は男が大人になるとは何かをテーマにすることで全く趣きの異なる作品となっている。

冒頭で映画はしっかりとテーマを打ち出す。恐怖を克服して生きるとは何か。あるいは、そのために何をしなければいけないのか。少年時代の主人公に、父親は、崖の上から海に飛び込んでみろと指示して、自ら恐怖を受け入れ克服しないといけないことを諭す。しかし、主人公はそれは男らしくなるために必要だというくらいにしか考えていなかった。
時はかわり、現在の主人公の姿に移る。プレイボーイの主人公は、まるで崖から飛び込むことを怖がらないように、どんどん派手に遊び、女性も躊躇なくナンパする遊び人。このつながりと、ここでの描写がうまい。ここのオマール・シーから溢れ出る溌剌としていて愛嬌とユーモアたっぷりの魅力は、主人公を一瞬で好きにさせてしまうし、その遊びとナンパを躊躇なくする姿は、これから彼が思いきったことをしてくれることを予感させるのである。特にこの短いシークエンスで、後者をしっかり伝えていることが重要である。本作のよさの1つに、スタントマンになるまでの展開を短くし、早く本編(本筋のストーリー)に入ることができていることがある。スタントマンになるくだりも、ワンシーンのアクションで納得させてしまううまさがあるが、そもそもこのスタントマンになることやその後のスタントマンとしての主人公の生活の前提として、序盤にこの男なら無謀なこともやってくれるだろうとわからせることができているからこそ、観客がすんなり受け入れられるし、作品としても成り立っているのである。

こうした1つのシーン、1つのエピソードでのイメージの作り方(植え付け方)がうまく、その他にも多々工夫があるが、歯磨きのシーンの使い方は特にうまい。お互いに歯磨きをし合うという絵だけで十分魅力的なのに、さらにその絵を、主人公と娘の心が離れる瞬間にうまく使うのである。このあたりのシーンのイメージや意味をしっかり作って、後でうまく使うのがうまい。

全体の構成がうまく、まさにお手本のような作品だろう。初めと終わりも全てが対比になっている。

・娘の誕生→娘の死
・女二人と寝てる主人公→男と暮らす主人公
・幼少の自分→大人になった自分

というように、全てが見事な対比になっている。ラストの反対から物語を始めるというのは、いわば脚本の常道だが、それを見事にやっている。

また、関心の反らし方なども上手い。ラストの展開などありがちなのだが、途中に、スタントの仕事でビルから飛び降りるエピソードなどを挟んで、その謎解きのことを観客から忘れさせるのが巧みなのである。

ただ構成・描写で唯一気になったのは、ラストが話しすぎだと感じたこと。ラストこそ、「お父さんは不死身だよね」を言わせるべき。そこに「君もだよ、ずっと隣にいるよ」と言わせてもいい。
ドラマなら本作ぐらい話してもいいが、映画だと饒舌すぎて少し余韻が弱くなった気がしたのである。

冒頭で本作の作品の根幹にあるテーマに触れたが、それは哲学的なタイトルにも表れている。事実だけを考えれば、辛い悲しい現実の中を明日から生きていくのかもしれない。しかし、敢えて娘の死を受けとめ、そこに生命学的に生きた姿がなくとも、彼女と生きた意味や思い出を胸に秘め、心の中で生きた存在で娘があり続けることができる。そのことを理解できたとき、初めて実りある味わい深い人生を送ることができる。そんなことを本作とそのタイトルは伝えているのではないかと感じた。味と深みのあるタイトルだ。

そして、そんなことを理解したラストの主人公の姿には、崖からの飛び込みを何でも向う見ずにやる度胸や男らしさと勘違いし、ナンパや女遊びに明け暮れたまさしくガキの自分はない。(※本作の序盤、赤ちゃんを育てることになった主人公はまさしくガキがガキを育てるなんて!と主張するシーンがある)そこには、本当の意味で恐怖を受け入れ、自分の人生を豊かなものにすることを知った大人になった主人公の姿があるのである。

最後に補足だが、男二人で子どもを育てるという設定は、フランス映画「Mr. レディ Mr. マダム 」(※元は戯曲)を彷彿とさせる。どちらにも共通するのは、フランス人の描くゲイは実に温かみのある存在なのである。ユーモアがありつつも、どこまでも人間愛に溢れた映画である。
娘が死んじゃうなんて…
てっきり父親かと…
主演2人が最高! オマール・シーの輝く肌と、顔いっぱいに表情を広げて感情を表す様が素晴らしい。コミカルで情熱的で、切なくて涙が出る。
カラフルでポップなロンドンの街並みや、全部子ども部屋みたいな家が素敵だった。幼い日の崖やフランスの砂浜という自然の情景も美しく描かれている。

愛情は法律や血縁じゃなくて、過ごした時間に基づくんだよ。一度は法廷で認められた親権が、遺伝子検査でひっくり返るのは納得いかない。家族としての精神的繋がりを認めたのに、生物学的な父親じゃないからって、なぜ撤回されるのか。
ミスリードを誘う演出がわざとらしかったのが残念。
別の作品を観に行ったのに日を間違えていたため、急遽鑑賞。
いらんの観てしまった。観終わってから気分が重い。
冒頭のシーンでは飛び降りることができなかったサミュエルが娘のために、エスカレーターから、12階から、ビルの屋上から何度も飛び降りてて娘の為ならできる愛情深いサミュエルが大好きです。

テンポも良くてコメディな部分も沢山あって見やすかった。

思い出してふっと涙が出てくるような映画です。
うーーん微妙。。。

女だけどこんなに母親に共感できないっていいのか?って悩むくらい、母親が……
8年振りに現れて、今付き合ってる彼氏にも会わそうとする段階でびっくりだけど、まさかの親権取りに来て挙句に実は父親違う人とか…!
本編ではさらっと描かれてるけど、おぉ…すごいな…!って感想しかなかった

でもそのおかげで父親の良さが際立つって事なのかな??

家全体がおもちゃ箱みたいなのが、父親がどれだけ子供を大事にしてるか伝わったし、父娘の日常のシーンは好き!
日本じゃこんな風描かれないだろうなーって感じで(笑)

泣ける場面あってバッチリ泣いたのに印象は母親の謎さが強めの映画だったなぁーって言う感想。。。
オマールシーの明るさや周りの仲間が素敵。ストーリーは好きなんですが、テンポが良過ぎるせいか母親が出てきた辺りから、???でした。
母親が娘を捨てた理由や苦悩が薄っぺら過ぎて共感出来ず…最後はそれはないだろう!と思ってしまいました。
この映画は、母親が出てこない方が、親子愛を深く描けたのでは?

最後もあっさりし過ぎて、ちょっと残念。
パスポート申請帰りに映画館で鑑賞。

「娘を叱るなよ」のくだりはカッコ良すぎた。フランス映画らしい常にコミカルな笑いが素敵でしたー。
こんな家族楽しいだろうなーって思いながら観てました!
観終わった後の悲しさとか楽しさとかが混じったような余韻がとても心地いい作品でした。
>|