あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

peko

pekoの感想・評価

4.0
あしたは最高のはじまり。

元気でるし、感動もあるし、
めっちゃよかった。

人生楽しんで、、やりたいことやって、
ハジけよ、、
007ka

007kaの感想・評価

4.0
完全にコメディを期待して観たのですが、後半はシリアス展開に。

いきなり赤ん坊を「あなたの子よ」と押し付け、その後8年間、音沙汰なし。
そしていきなり現れては、、。
と、母親の所業はどうだろうと批判的になるばかりです。

子育て系の映画としては、ほぼ王道のストーリーだと思いますが、テンポよくダレずに楽しく観ることができました。
お父ちゃんよう頑張ったけど法は味方してくれない現実…やるせないなと。おかんは病気やった言うてもあれはないわー、自己中すぎる。
いい映画なはずだけど、どこかで見たことある父娘あるあるって感じと何だかなぁと複雑な感じが捨てきれず。
まー

まーの感想・評価

2.5
いや、面白かったし泣きましたよ。泣きましたとも。

ラストの方、二人で駆けるシーンは絶対泣くでしょう。

今作もオマール・シーじゃないとできない役。素敵でした。
ベルニーの絶妙な距離で二人を見守り、我が娘のようにグロリアを愛している優しさにも涙。最近の映画に見られるゲイが優しいという偏った描写は置いといて、彼は大好きでした。

オープニングも秀逸。

ただ、あの母親、いやビッ○。あんな感じでなんとなーく終わってましたけど、絶対許しちゃダメでしょ。擁護できるところは全く無し。最低。K.U.Z.U.クズ。もうそれだけで大幅に評価がマイナスです。いい映画なはずなのにめちゃくちゃ気分が悪い。
あの女は最後までクズ。吐き気がします。あれほどのクズなら作中でちゃんと制裁しないとダメ。
asa

asaの感想・評価

3.5
原題「Demain Tout Commence」
明日は新しい一日。

音楽にも魅力ある。
物悲しい。その理由は?
ジェームス ブラウン




いつもの思い込み感想。映画の内容とは少し離れるが。
子捨て人を信用しない。子に愛情を注げない人が現実にいる。虐待やネグレクトのように明らかな子捨て人とは異なるが、毒吐きで子捨てをしている人のなんと多いことか。また、支配、征服で、自立を妨げてた子捨て人もいる。
たった一人でいい、愛ある子育て、成長ある子育てのできる人が必要だと思う。
そうじゃない場合は、自立した生き方が出来ないように思える。そして孤独を受け入れられなくて、さらに毒吐きな老後を送る事となるのではないだろうか。
反省や後悔は、知性ある生き方の中にあるように思える。

悲劇のヒロインヒーローには全然共感できない。
miyuki

miyukiの感想・評価

3.8
途中からずっと涙が止まらなかった。悲しいけど、前向きに終わるラスト。とても良かった。ゲイの友達が素敵。もちろん、主役の彼の笑顔も素敵だった。
Yui

Yuiの感想・評価

3.8
ラストが悲しいんだけどハッピーエンドのような暖かい感じであの表情が良かった
母親にとにかくイラついた
オマールシーが素敵。
子役の子は本当の名前らしくて映画も初出演。これからも楽しみ
MoeNegishi

MoeNegishiの感想・評価

3.0
う〜〜〜ん…

前半は面白かったけど、後半は色々とう〜〜〜〜ん…

でも親子愛は最高だしあのゲイの恩人も最高、おうちも最高、特に屋上!!
前半は笑いあり、涙あり。後半は笑えないけど涙あり。

脚本が良く出来ていて感動の押し売りがないし、ラストも良かった。オマールシーの映画は外れがないから安心して観れるな。

ウルフルズの"笑えれば"が脳内再生されましたー!
義元

義元の感想・評価

4.3
すみません、自分はオチが唐突すぎて
ビックリしすぎて

ポケーっとなりました…


この男に何の罪がある。
内容だけで言えばとんでもない悲劇やのに

それでも笑って生きるこの男の強さに脱帽(இ௰இ`。)

またゆっくり鑑賞したい
名作中の名作


オチが好みではなかったので満点ではありませぬ(*´•ω•`*)…
>|