あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

totoruru

totoruruの感想・評価

4.3
「最強のふたり」のオマール・シー主演のヒューマンドラマ。

遊び人のサミュエル。
ある日、一夜限りの関係を持った女性から、実の娘だと突然赤ん坊を預けられる。
母親は失踪し、不器用ながらも必死に娘を育てるサミュエル。
やがて8年後、母親が突然あらわれ…


とにかく、サミュエルと娘のグロリアの2人の生活が、楽しく幸せそうなのが良い。

そして+1人べルニーとの3人の生活もまた幸せそうで良かった。

サミュエルの娘を守りたい、娘を笑顔にしたいという気持ちが、こちらに凄く伝わってくる。


それだけに後半の出来事は、サミュエルに感情移入をしてしまう。


個人的には母親の身勝手さがムカついてしょうがなかった。
特に後半で自分の望みを叶えたいがためだけに、誰も幸せにならない選択を選んだ放漫で強欲な態度にはムカつきMAXに。

これは私が男性目線だからなのでしょうか?女性や母親目線だと違うのかな?


内容的には結構シリアスなストーリー(特に終盤)ですが、二人の明るく爽やかな関係を活かして終盤もお涙頂戴の演出にならなかったのは好印象。

それでもグッとくるシーンは、たくさんありますが…。

モノローグのオマール・シーの表情には驚いた。
自分の貧しい語彙と陳腐な脳では、説明できない素晴らしい表情でした。

ベタに泣かせに来てないのに、涙腺が崩壊して涙が止まりませんでした。


素晴らしい作品に巡り会えました。



おまけ


空気感の重さは全然違うけど、観ていて「チョコレートドーナツ」が頭を過ぎりました。

どちらも毛色は違えど良い作品です。






※※※ここから、ネタバレ※※※





サミュエルが娘についていた母親が諜報部員だという嘘。

遊園地のような家。

学校に余り行かせず、自分の撮影現場や遊園地など遊びに連れ回したこと。

母親に合わせたこと。


娘が病気により長く生きられないという事実を知った後では、娘を笑顔で楽しく過ごさせたいというサミュエルの気持ちが理解できて泣けてくる。
かつ

かつの感想・評価

4.0
怒りが凄すぎて、胸が苦しかった。
↑だからか、涙が出なかった。
タクシー代の20ユーロを貸したことによってグロリアと巡り会った奇跡。
8年後に母親と再会するけど、娘を捨てたのに今さら母親ずらすんなよ!!ってキレてた。
腹立ちすぎて、自分やったら殴ってるわ。
↑普通ならもっと感情をあらわにしていいのに手を出さなかったサミュエルは強いなぁ、って思った。

人のどんな感情でも動かす映画はやっぱり凄いと思う。
遥

遥の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

父が恐怖を
娘が人生を教えてくれた

飛び降りたら進むだけ
全ての瞬間を楽しむだけだ。




オマールシーは最後に必ず笑うんだな。
素敵だわ。

◆ワンカットで回りながら撮る
◆影と光だけで時間が経つのを表現する。

このレビューはネタバレを含みます

主演オマールシーほんと素敵
大きな口で笑う笑顔が最高
内容はちょっとハチャメチャな父親役
ある日突然三ヶ月の赤ちゃんを渡されて娘のパパになり何とか立派に8年育て上げます
そして8年音信不通だった娘の母親から連絡が来て念願の再会
喜ぶ娘、その後は親権争いに…てなストーリー
しかし8年間も連絡なしの母親、何て無責任
そのくせ、娘をよこせと何て身勝手!怒り心頭です!
あげく彼の子供ではなかったという事実!おとなしい顔してビッチ!
かなり極端なストーリー展開でした
シリアスにならないよう夢のような毎日にクローズアップ
キレイにまとめてるなぁと…
現実はこういかないよね
けどオマールシーの魅力で満足
手足も長く惚れ惚れしちゃいました
そして娘ちゃんがとにかく可愛い!
クレイマークレイマーぐらい母親にイラついたし、父親の愛情を感じた
こういう映画の子供との別れのシーンは理不尽で切ない、キツい
展開が急過ぎていろいろと納得いかないとこはある。
それでも後半の仕掛はちゃんと機能してて、泣いちゃうな〜

娘役の子はとても可愛くて愛おしい。
子供をもつ親はとても観てらんないんじゃないかな…

構えずに観たからかもしれないけど、最後のパンチはなかなか効いた。
nozomi

nozomiの感想・評価

3.6

遊び人のサミュエルが、過去に一夜を共にした女性から「自分の娘」を託され、育てていくというコメディドラマ映画。

メキシコ映画「Instructions Not Included」のリメイクで、「最強のふたり」のオマール・シーが主役のサミュエルを演じています。

親子の絆の感動ストーリーだが、シングルファザーとして子供を育てる難しさや、親権問題、ゲイの友人とか、ちょっと要素を盛り込みすぎかな。

盛り込みすぎて何を伝えたいのか分からなくなってしまっているし、ストーリーもごちゃごちゃしてたなあと感じた。

それに最後の最後で「実は娘は…」と衝撃の事実が明かされ、ラストはサミュエルの語りで無理やり終わらせたような感じになってしまっている。

感動を誘おうとしすぎて、陳腐なヒューマンドラマ風エンターテイメントになってしまっているのが残念。

ただ感動するシーンもあるし、オマール・シーとグロリア・コルストンの親子としてのやりとりは観ていてとても微笑ましかった。
Nii

Niiの感想・評価

4.0
ピアノの曲が凄く映画にマッチしてる。
良い話で泣いた。もう少し子供の成長する姿を入れて欲しかったな。アントワーヌが凄く最高の役だった。
sw

swの感想・評価

4.4
「最強のふたり」大好きです。

オマールシー主演のフランス映画ということで、いつセプテンバー流れてくんの?と身構えてましたが、意外とシリアス路線でした🙇‍♂️

邪魔は入るけど、最終的に一緒に暮らしてハッピーエンド!みたいに一筋縄ではいかないシナリオがよかった。
hono

honoの感想・評価

4.3
ずっと観たかった。
前向きに懸命にパパとしてがんばるサミュエルの姿が良い。
そしてなにより二人の笑顔が素敵。
>|