あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

役者さん、それぞれは力のある方ばかりと思うが、何か勿体無い。境遇ありきで、そう持っていかないとストーリーが繋がらない、という安易な環境設定になっており、リアリティが無い。
子役が出てくれば誰でもほっこりするもの。四の五の言わずに純粋な気持ちを思い出させる。でもそれも想定内であった。
こせ

こせの感想・評価

4.5
優しさに溢れて涙涙涙。
母親はどこまでもクズだけど
いい映画でした。

あの部屋可愛い。
ゲイの人も可愛い。
IDZ

IDZの感想・評価

3.3
木曜レイトショー遠征先劇場にて観客:20、30代男女10名程度

主役のとびっきりの笑顔だけがこの映画の見所
正直、全てが中途半端で語ることは何も無い
ほっこ

ほっこの感想・評価

3.8
オマールシーなんとも言えない魅力的な俳優さん!
あんな愛に満ちた生活、最高としか思えない。
思いの外話が盛り盛りで、そんな盛り込まなくても。。と正直思ったけど(笑)まんまと泣かされた。
あと身勝手な母親に終始怒りしか湧かず。。
人生はどんな出逢いがあるかわからない。けどその時々で、大事に思うものを大事に出来れば、全てに納得出来るのかな、と感じた。
kumiko

kumikoの感想・評価

4.1
父と娘そしてゲイという3人の家族があまりに自然で微笑ましい。

サミュエルとグロリアの笑顔
サミュエルがグロリアを見つめる目線
グロリアがサミュエルを見つめる目線
ホントの親子のようで、裁判シーンは胸に響いた…

タイトルからは予想してなかったラストだけに驚いたけど、記憶に残る作品!
最後まで母親の図々しさが鼻について、なかなか許容できずにイライラした。ストーリーもいまいちピンとこず…。大人の都合でグロリアが振り回されただけ。
ジェームズブラウンの曲にのせたオープニングのアニメーションはよかった。アップテンポな曲だったし、カラフルな色使いだったので、そんなにつらい話ではないんだな、と。
オマールシーは、プレイボーイの役も、誠実な役も、父親の役も、すべてきちんとこなしていてやっぱりいい俳優さんだなあと思いました。
そして父になる。
ライフイズビューティフル、アイアムサム以来の最高の父親像。
知らなきゃ幸せってことも人生にはあるだろうから必要な嘘はありだと思うけど、やり通すのはすごく大変だよなぁ。愛の深い映画でした。
たみ

たみの感想・評価

4.5
父と娘のコンビと、ゲイのプロデューサーはほんとに愉快な家族で、いつまでも眺めていたかったー

やっとのことで子に会える事になった母親の、気持ちもわからなくないけども、けどもけども、やり口のえげつなさに泣きそうでした…
>|