あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

honoka

honokaの感想・評価

3.8
“完璧な親などいない やれることをやるだけだ”
最後ぐっと涙が出てきた
娘の人生を全力で楽しませるパパの姿最高にかっこいいです
かじお

かじおの感想・評価

4.1
頑張ろ。って思える。
時には必要な嘘もある🤥
切ない。クリスティンムカつくよね。
子を持つ父親としてモヤモヤしていろいろやるせない、ステキな父娘の話。なかなかセンスあるアニメーションのオープニングが素敵。全体的にアートディレクションがしっかりしてキレイな画作りで抑えたコメディ調の演出が好印象。惚れっぽいゲイの映画プロデューサーが愉快。父親役のオマール・シーがだいぶ良かった。死と隣合わせのスタントマンって職業なのがまた上手い。娘ちゃんが最高だ。母親がどのつら下げて母親づらしてんだって感じでどこまでもイライラさせる。設定が何かとズルくて、だいぶ都合のいい展開だし、ひどいミスリードだと思うが、最後泣けて泣けてしょうがない。くそッ!悔しいが面白かった!こんな視聴後感の映画は初めてだ。ある意味発明かも。と思ったらそもそも原案はメキシコ映画で世界中でリメイクされてるそう。納得。
taketen

taketenの感想・評価

4.5
バカンスのような人生に、急に災い(幸運)の種が降ってきた。学校にあまり行かせなかったのは少しあれだったけど、あんなお父さんなら大満足だし、何歳になっても楽しいと思う。何事にも屈しない親子の絆に潤んだ。お母さんはちょっとひどい、、、

このレビューはネタバレを含みます

~サミュエル(オマール・シー)は、身体も笑顔も愛情もビッグサイズだった!~

サミュエルがグロリアに注ぐ愛情の深さに感動しました。自分が娘にできる最大限のことをすべてやってる感じ。ほんとうに楽しそうな父と娘でした!だからサミュエルに親権が与えられた時ほっとしました。
しかし遺伝子検査の結果が……!この事によって親子の絆とは何なのか深く考えさせられることになりました。
ただ一つ、グロリアが病気という設定には少し違和感を感じました。

このレビューはネタバレを含みます

何があったにせよ、クリスティンひどいな。
サミュエル君は立派に本当の父親だったよ。
yuri

yuriの感想・評価

3.5
ゴクゴク映画!
予想通り一気にカーッと飲める、いえ、観られる映画でした。

クリスティン、もっとまともな母親として登場するのかと思いきや、随分身勝手。
あり得ん。

8年も放棄しておいて再開した途端母親面ってどうかしてる。そりゃ父親に軍配っしょ。新生児〜乳幼児期の育児の大変さなめんなよってくらいに、その辺までは育児の大変さわかるのでおいおいおい、となりますよ。

父の子育て奮闘っぷり、素敵すぎる。
現実的ではないにしろ、世の父親達はこういうイケてる父ちゃんに憧れそう〜〜
母親目線では決して憧れないけど、でもこんな寄り添ってくれる父ちゃん最高。

裁判から後は、えっ?えっ?てコトが続いたけど、グロリアがしっかり心の芽を育てている女の子でよかった◎必要なウソのタイミングをわかる子で良かった。涙

なんかちょいちょい涙だったけど、こんなドラマが日本で昔ありましたよね。
反町と井川遥と亜門くんの、、て調べたらグッドライフってドラマでした。
ちょっと違うけど、これ似てるよね。
もも

ももの感想・評価

3.5
可愛いし感動もするしいい映画、、なんだろうけど、ストーリーの展開にところどころ違和感を感じるのは私だけか?
とし

としの感想・評価

3.7
とても愛のある映画。ある日突然、赤ちゃんを渡され自分の子だと突きつけられ母親が姿を消す。そこからの子供と共に成長していく父親。このストーリーではキーパソンとなったゲイの友達の存在は大きいな。子供を育てるのは親の役目だけど親もまた子供に育てられるな。身勝手な母親が裁判をおこした時はイライラがピークになった。子供は愛ある環境で育つのが幸せだ。
基本的にハッピーな気持ちになれるけど最後は切なかった。

この俳優好き
>|