あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

親子のつながりを、素敵に描いた作品だと思います。もう一度みたくなります!
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後までサミュエルが病気だと思ってた
そこに気付いてからグロリアを引き渡すシーンを見直すとせつなすぎる

この映画の本質はサミュエルの成長物語
みほ

みほの感想・評価

4.0
本日ワンダーに続き2本目の鑑賞。
これもか…。
感受性が強いわたしは眠れそうにない。
とむ

とむの感想・評価

3.2
なんだこのクソ女!!!
ムキィィィィ!!!ってなる位にムカつきすぎて涙が止まらなかった。
こんなのあんまりだ…。
父娘の可愛らしさで乗り切る。
TakaC

TakaCの感想・評価

3.8
死を恐れずに生きること

今 この瞬間は
決して消えることはない

後悔は何もない

明日は 新しい1日だ

もし何かの歯車が狂い
運命が 心臓を止めるとしても
医学で解明できなくても
それが人生だ
さとう

さとうの感想・評価

3.7
オマール・シーはホントいい役やるなぁと。

人生は辛いことが多いけど、大切な人がいればなんとかなる。
明るくて前向きになれる映画だった。
まつ

まつの感想・評価

3.8
父と娘の愛情が素晴らしく描かれていて泣きたい人にはおススメの映画。母親の身勝手さに腹が立って仕方がなかったけれどこの母がいなければ父と娘も出会えていなかったわけだし…親って子供に育てられてるんだなと思った映画だった。
AYM

AYMの感想・評価

3.5
サミュエルが本当にいい父親!
サミュエルもベルニーもグロリアのことを愛してるのが伝わってくる。
それに引き替え、すべてが身勝手すぎる母親にイライラ…

思ってたよりも明るい雰囲気で進んでいくので観やすかった。
そして校長先生がサミュエルの手のひらの上で転がされすぎ 笑
maverick

maverickの感想・評価

4.3
『最強のふたり』のオマール・シー主演。存在を知らなかった自分の娘である赤ん坊を託され、父親として奮闘する男を演じている。コミカルさとシリアスさを使い分けられる優れた俳優だ。本作でも素晴らしい演技だった。ダメ男が子供との生活を経て理想的な父親に成長してゆくというお決まりのパターンではあるが、これが心地良い。父と娘の微笑ましい生活がテンポ良く進んで行き楽しんで観れる。フランス映画らしい風景の美しさも魅力のひとつで、南フランスの海辺やロンドンの街並みが色鮮やかに物語に彩を添える。ありきたりな物語かと思いきや最後は「こんな映画観たことない」と質の高さに驚かされる。原題を訳すと『あしたは新しい一日』となり、このほうが内容としては非常にしっくりくる。人生何が起こるか分からない。考え方や受け止め方次第で人生を豊かに生きれるかどうかが変わるのだと思う。あしたは今日とは違う新しい一日。今日とは違う一日を楽しんで生きようじゃないか。
Natsuko

Natsukoの感想・評価

3.7
遊び人だった父親が子育てに悪戦苦闘。楽しんで子育てして、素晴らしい。母親は最低。どんな理由が有っても、子供を手放してはいけないと思う。
>|