あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

りりか

りりかの感想・評価

3.6
ひたすら最愛な娘のために頑張り続けるパパ、人生の全てが娘のため
シングルファザーはみんなこんな感じになるんでしょうか、私のパパもそうだから(T▽T)
なおさら感情移入できた(T▽T)

ただ、脚本が下手なのか撮り方が下手なのかわからんけどなんか棒読みに感じるなー

この女優まじで好きじゃないからなのか、、笑
音楽がないからかな?

なんか違和感を感じるw
ママがくそすぎてリアルな展開じゃなかったからかなー、、、

なんだろw
って感じの映画だったw
ハネダ

ハネダの感想・評価

2.9
オマールシー主演ということで鑑賞したのに見どころどこー!!!ただ母親にむかつくだけの映画だった。最強のふたり見直したい。
ううっつらいよい映画だった。お母さんの気持ちはわかるけどめっちゃうざくてイライラさせるところを含め良かった。
Yui

Yuiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

思っていたよりもいろんな要素の詰まった映画だった。

背景が常に美しかった。
コートダジュールはもちろん、ロンドンのおうちも、どこもかしこもインスタ映え。

像の巨大ぬいぐるみ可愛い!
(Wikipedia情報、おうちのデコレーションはトムハンクス「ビッグ」参考にしたそうです)

あのお家見るだけで、パパの愛情ビンビン伝わるよね。
だって生活のほぼ全てが娘中心だものね。普通あそこまで100%娘仕様の家になんてならない。


でもこれフィクションですよね?
病気のくだり物語に入れる必要あったかな?

なんか悲しい要素要らなくない?

(途中までパパが病気なんだと勘違いしてました)



パパ主役の映画だったから、ママが本当に最低でイライラしながら観たけども

ママ目線で見たときに、どう思うかなって考えてた。

けどまぁ、どう考えても一度捨てた罪は重すぎるよね。
だからと言って娘に会うな!とかってのも違う気がするし(彼はそんなこと言ってないけども)

チャンスってどこまであるんだろ。

とか思ってたらなんなのDNAテストの結果!!

残酷過ぎない?

同じ女として、本当に最低、、てかあり得ないでしょ。

実際、友達にも何人か「どっち(誰)の子か分からない」とか話してきた子がいるけど、そんな状況を生み出す自分を恥じなされ!と呆れ果てる。



チャラパーティー男だったオマールシーがコートダジュールに帰ってきて船のオーナーおばさんサマンサに会っていたのがほっこりした。


背景が本当に好きすぎで、この映画買おうかな。


オマールシーの出演作は今のところ見たもの全て好き!
なの

なのの感想・評価

3.6
素敵な映画でした。
もー絵に描いたような親子愛。
わたしもパパっこなので、父の愛がすごく心に染みました。
まさかの衝撃的な どうしようもない事実が2つもあったけど その部分も長々と引きずらずに 幸せに繋げているところも素晴らしい。
とっても良かったです。

ただただ 母親役のクリスティンには度々憤慨しましたが。

グロリアのためのお家が素敵すぎて•••愛が形になってました。

もう1回 最強のふたり が観たくなりました。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

4.0
なんとなく手にとり、レンタル。

素晴らしい親子とは。
オマール・シー演じるサミュエルが、終始かっこよすぎる。
唐突に押し付けられた子どもでも、全力全開で育てるサム。
その愛を受け天真爛漫に育つグロリア。
凸凹コンビだが、息があう。
最高の父子家庭。
幸せな毎日。

そんな中、いなくなった母親と連絡が取れる。
良い事だと思っていたが、問題が発生し…

思わず号泣してしまった。
ぽろぽろと涙が溢れてきて、その後止まらなくなってしまった。
久々に、温かい気持ちになれた。

ただ、母親が胸糞すぎる。
あまりにも自分勝手過ぎて、周りが見えなさ過ぎて。
だから子どもも捨てていくのだろうけど。
許せないタイプの人。

しかし、オマール・シーはいい役者だなあ。
彼の純粋、まっすぐな演技は完璧過ぎる。
差別せず、その人をその人として認めてあげる。
そういう演技が上手な役者。
多分普段からそうなんだろうなあw

大好きな映画でした。
少し暗くなっていたり、泣きたいような気持ちの人におすすめです。


最後に映画のセリフを借りて。

「飛び降りたら進むだけ。
全ての瞬間をたのしむだけだ。」
もざん

もざんの感想・評価

4.0
最強のふたりからですがオマールシーが好きだから見たと言って良いです。

病気で死んじゃうって設定は良くあって泣かせる手法の1つでずるいなぁって笑

それ以外にも泣けるシーンは多くあって実際泣きました。笑

娘のグロリアって名前はグロリアスから取ってるんじゃないかなって勝手に想像。
娘が眩しくてパッパも全て娘の為になにもかも…!

母親はわるいよ極悪だよ!笑
こんな不条理あっていいの?って笑

確かに悪いけど言葉じゃ説明できない感情や自分勝手さを分かっててもどうしても譲れない自分のものにしたい

そんなの誰だってある気持ちで、その中で、ひとは損したり得したり損得論では無いけど皆んなそういう時ってあるじゃん?って
特にぼくはポンコツなんでなんだか母親役にも共感してしまった。笑

父と娘の楽しくて眩しい位の幸せを描写しててこっちがニヤニヤするわ!

今日久し振りに父ちゃんと会って、たわいも無い話してたけど、俺すげぇ笑ってたなって思い返したり
あおい

あおいの感想・評価

3.3
その愛に、嘘偽りなどない。
心から愛し合った親子の話…

オマール・シー主演のフランス産ドラマ。親になることへの責任を痛感する映画。

◎ストーリー
プレイボーイのサミュエルはいつものように遊び三昧。そんなある日、過去に関係を持った女が現れ、サミュエルとの子どもを残し去って行く。突然父親となった男と、母親知らない娘・グロリアのかけがえのない毎日が始まる…

問題ばかりやけど、必死にお父さんになろうとするサミュエルを演じたオマール・シーは好感の持てるいい俳優さん。最近はハリウッド作品でもよく見かけます( ^ω^ )根はいいダメな人の役がすごく似合う。

そんなダメ男が急にお父さんになるってのは、面白いストーリーなのですが、ただの笑い話じゃないんですよね。笑い話どころかかなりヘビーです。遊びまくる男はあかんのか、父親になる条件なんてあるのか、子どもにとって誰の元で暮らすことが大事なのか、色々と考えさせられます。

てか、ダメなのはサミュエルじゃなくてお母さんじゃないかとも思います。無責任極まりないし、自分勝手やし、あの女はほんまに許せない。

父親になっていくサミュエル、仲良い家族になっていく過程がすごく微笑ましい作品。そのぶん母親の登場は興ざめしました。ゲイのおじさんも、校長先生もクセ強いけど良い人でしたね( ^ω^ )

ただの感動モノじゃなくて、最後の最後まで厳しい話でした。
子煩悩なパパのお話にハズレなし。

あんなに子供と一緒になって遊んでくれるパパなんて、嬉しすぎる。

母親のクリスティン、煮詰まって父親に託すのは、無理して世話して虐待するよりはずっとましだけど、もう少し上手くやれんかったかなぁ。
母として戻ってきたはいいが、もうちょっと上手くやってほしかったなぁ。サミュエルが良い人すぎて、クリスティンの残念さが際立ってしまった。

両親の間に入って手を繋いでいる自分の影を見て、嬉しそうにするグロリアが印象的だった。

同居人ベルニーがまた最高。目が合う男性全てを「お仲間」と確信するとこ、好き。

あと、空港で赤ちゃんを前にしてああでもない、こうでもないってやってた男性乗務員の2人もほっこりして良かったなぁ。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.3
オマール・シーってだけで見たくなる。
今回もあらすじそんなに見ないまま見始めたんだけど、最高だった。父と娘のあんなにもキラキラした関係はなかなか見られない。最高のパパ。
最近こうゆう家族の絆を描いている映画ばっか見てる気がする。
感動した。
>|