ゆきだる

あしたは最高のはじまりのゆきだるのレビュー・感想・評価

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)
4.5
感動した。
泣いたけどもそれよりも最後のメッセージが強く残ったのでいい映画を見た。

ちゃらんぽらんな主人公の元に生まれたばかりの赤ん坊がやってきて、子育てをして最高の親子になっていく物語。

一番印象に残ったのは母親がかなりのヤバいやつ。
なんなんマジでって思ってまう。
それに比べて主人公とその娘、それにたまたま地下鉄の駅で出会っただけなのに生涯の友になったゲイの男の人。
凄い良い関係性。
所々に入ってくるクスッとなる笑いどころなんかも良い具合。

一番良かったのは2人が住んでる家がめちゃくちゃ住みたくなる家すぎて遊び心満載。