prism

悪と仮面のルールのprismのネタバレレビュー・内容・結末

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
2.0

このレビューはネタバレを含みます

「ウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年ベストミステリーの10作品に選ばれた」という文言で見たけど長い。

心情を追う作品だから、仕方ない部分はあったとしても長い。
ラストのお互いに正体を察した上で、別れを選ぶというのをやりたかったのは分かるけど、物語の設定が陳腐に感じてしまう。

玉木宏と新木優子のファンじゃないと、時間の流れが遅く退屈に思う。
ファンでもキツイかも。