悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価

悪と仮面のルール2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

2.7

あらすじ

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと…

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

ゆーみ

ゆーみの感想・評価

2.8
「邪」

うーん、邪って…笑
って感じ。
暗い重い過去を背負ってたにしても、ちょっと薄めだったかなぁ

玉木宏の声は相変わらずエロい

吉沢亮くん出演作品制覇の為鑑賞
brouillard

brouillardの感想・評価

2.5
会話が長くて、いつまで続くんだろうって。

くどくど語らなくても、車から降りて抱きしめちゃえば、香織さんにも、作品を観てる人にも伝わったと思うけどね。

小説で読んだら、すごくいい場面だよ。でも、感情を言葉で説明しないのが『映画』ってものじゃない?
KHashimoto

KHashimotoの感想・評価

1.0
軸どれ笑
邪に染まるってなんだよ笑
本編がチープすぎて、観る前に惹きつけられるほどの完成度の高い予告編作りを尊敬したい笑笑
どうせならもっと悪人側に寄って作品が進んだ方がいいと思う。この本は読んだことはないが、この原作者は世界観を映像化するのは難しいと思う。あんまりお勧め作品ではないかも。
KHinoji

KHinojiの感想・評価

2.4
他の方も似たような感想を書かれていますが、たぶんそれなりに観念的な原作小説(未読です)を、映画という形での映像化に失敗しているのだと思います。
宣伝の文言は面白そうなのですが、実際の映画のストーリーはグダグダで途中で退屈してしまい、そのまま終わってしまう感じです。結局何が言いたいのか、主テーマなのか分かりませんでした。

玉木さんの演技自体はなかなか味があるので、ファンのかたが玉木宏の演技を見るためだけに見るのならそれなりに価値はあると思いますが、、、

(2018/9 レンタルDVDで)
おみの

おみのの感想・評価

3.0
段落ひとつずつはわかるっちゃわかるんやけど〜文章を映画にする難しさのTHEの感
玉木宏永遠の清純派説、MWリベンジのお鉢は次は誰のもとに…そして顔の良さで玉木宏と張れる激レア人類吉沢亮の今後やいかに
たいき

たいきの感想・評価

3.8
なんでこんなに評価が低いのか分からないけど、多分中盤が退屈だからか?普通に感動したしたよラスト
Seiji

Seijiの感想・評価

2.5
全く退屈な作品です。一体何がテーマで何が言いたいのが不可解なストーリーにイライラしました。玉木宏は悪から遠い感じの役者なので、完全なミスキャストです。
みぃ猫

みぃ猫の感想・評価

2.7
財閥/久喜家が「邪」として育てる為に生ませた文彦。
その文彦が幼馴染みの初恋の人/香織を守る為に殺人を犯しながらも純愛を貫くお話。

盛り上がりそうで盛り上がらない???ストーリーにも奥深さがなく、あまり入り込めなかった。

そもそも原作の中村文則さんの作品は文書に独特な雰囲気があるので、映像で原作の良さを表現するのは難しいかと…
キャストが榎本明さん、光石研さんと演技派が揃っているだけにとても残念でした。
いと

いとの感想・評価

2.7
父によって悪となるため育てられた文宏。顔を変え、父の呪縛を乗り越え生きる文宏はある女性を探していて…。
玉木宏目的で鑑賞。殺人描写も少なければ、手慣れてる雰囲気も少なく、言うほど邪っぽさを感じなく違和感が凄い。中村達也の狂気はなかなか見ごたえがありました。
>|