悪と仮面のルールの作品情報・感想・評価

「悪と仮面のルール」に投稿された感想・評価

期待していたよりもあっさり系。テーマ内容は重いのになんか平凡な映画になっている。スケールもテーマも大きいがその凄さが伝わらず、説明セリフで終始していた。感情移入もしずらく淡々と終わった感じ。
aya8

aya8の感想・評価

1.0
柄本明のムダ遣い。
玉木宏の代表作はのだめを超えるものはでてこないのかな。
実は途中で寝る事5回、、、
そう!この映画を観終わるのに5日かかりました‼︎
なんて入り込めない映画だったんだろう。
ゆみ

ゆみの感想・評価

2.5
タイトルに惹かれて観ました。冒頭、どんなバックグラウンドのある物語なのか、把握するまでに少し時間がかかりました。
自分がサイコパスの枠に入ると自覚している男性の純愛の話し。切ないし、なぜか美しくも感じました。原作が中村文則さんのようなので、読んでみたいと思いました。
prism

prismの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

「ウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年ベストミステリーの10作品に選ばれた」という文言で見たけど長い。

心情を追う作品だから、仕方ない部分はあったとしても長い。
ラストのお互いに正体を察した上で、別れを選ぶというのをやりたかったのは分かるけど、物語の設定が陳腐に感じてしまう。

玉木宏と新木優子のファンじゃないと、時間の流れが遅く退屈に思う。
ファンでもキツイかも。
Kaz66

Kaz66の感想・評価

2.9
中村文則原作、黒岩勉脚本、白石和彌企画協力、という誘いで観てみましたが…
まぁ普通のサスペンスでした。
絶対的な悪=邪 の物語としては、ちょっとスケール感が足りなかったかなー。
こういう話がかっこよく作れたら、邦画も成長出来る気がします。
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原作はもっと奥が深いけど、
映画版は何か何だか分からなくなってた。
悪、邪にするために作った?
何言ってんの?
って内容で、最初から最後までたんたんと同じペースだから少し寝落ちしちゃって起きてからもまだ同じペースで語ってるから、もううんざり。
現実離れしてるような内容で、リアル感がまったくない。
見る必要もない映画
トモキ

トモキの感想・評価

2.5
内容は単調で展開もすぐに読めてしまうのでちょっと退屈。
ラストも盛り上がりはないけど俳優さんの演技にぐっと来ました。

何よりも玉木宏の濡れ場が最高でしたね…
无无无

无无无の感想・評価

2.0
想像よりもアッサリとした内容。
サクサク進むストーリーに最近の映画事情を垣間見れます。
物足りない。
うーん…

何か退屈なシーンばかりでイマイチ、ハマらない

見所は玉木宏の濡れ場シーン

世の女性は濡れたはず

しかし、玉木宏が結婚してから俺の周りは嫉妬だらけの女ばかりや(笑)

このレビューはネタバレを含みます

得体の知れない世界の奥行きまでは感じられなくて、小さくて狭いように感じて、すごく表面的にみえてしまった。ひとつひとつの振り回すみたいなことも、見たまま感じられたらと思ってしまう。そう言うのだからそうなのだろう、とするしかないまま最後のふたりをみても、どうしても薄く感じてしまい、残念だった。
それでも過去を捉える価値観はとてもとても好きなのだった。思い出にすがって生きているのではなく、未来に希望を見出す根拠としての記憶であり、こんな世界にも希望を見出せる根拠としての存在だった。だから生きてこられて、また生きていけるというのはとても深く愛だと思った。
>|