ぷかしりまる

コーダのぷかしりまるのレビュー・感想・評価

コーダ(2013年製作の映画)
2.0
最も好きな短編映画のひとつ 

死後赤子にかえる主人公は母の愛に包まれる 広がる世界の神秘に未練を感じつつも、そのまぶたはゆっくりと、眠りにつくように閉じゆく

だからといって生きることの奇跡を味わえと強く諭すような作品でもない 哲学だ