hatthi

伊藤くん A to Eのhatthiのレビュー・感想・評価

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)
3.3
完成披露試写会にて

岡田将生ファンとしてはファンでも気持ち悪いと感じるほどの演技力、そしてかっこよさと可愛さを兼ね備えた岡田将生の魅力が詰まった映画

映画好きとして観るとイマイチ。
特に音が、、、
普通なら録音が下手くそだと平面に、2次元に聞こえるのに対し、こちらの映画だと宇宙空間のように音が散らばりすぎて不自然でした。
いきなり声が大きかったり、意味のわからないところから音が聞こえたり、録音部にイライラしてしまいました。

話の内容はほぼドラマと同じ。映画では伊藤くんが岡田将生になるためドラマ版と田中圭の伊藤くん、中村倫也の伊藤くんで感じた気持ち悪く最低な伊藤くんに対し、気持ち悪いけどどこか嫌いになれない、岡田将生だから出来る伊藤くんでとてもよかったです。

主題歌が素晴らしい!
人生につまづいた時、苦しい時、そんな時の応援歌になるような、そして作品で描かれている誰もが持っている小さなプライドについてを歌っているような、テーマそのものの音楽でとてもよかったです!

終わり方はうーん。それは考えて考え抜いたエンディングだったのかと監督に聴きたくなりました。

映画が作りたいのにお金や運に恵まれずなかなか映画を撮れない監督がいる中、お金にもキャストにも恵まれた監督がただ与えられた仕事をやっているような監督に怒りを覚えました。。
もっともっと考えて悩んでもがいて作って欲しい。
恵まれた環境で映画が作れてるということに改めて気づいて欲しいと思いました。

私ならもっとおもしろい伊藤くん作れる自信あると感じました。