伊藤くん A to Eの作品情報・感想・評価

伊藤くん A to E2017年製作の映画)

上映日:2018年01月12日

製作国:

上映時間:126分

2.8

あらすじ

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜…

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか―。莉桜は徐々に追い詰められていく。

「伊藤くん A to E」に投稿された感想・評価

きゅう

きゅうの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます


ドラマの方がよかった感あるよな〜

中村倫也のクズケンが最高すぎる、
ドラマは上裸だったけど
映画は赤いパンツごしのおしりが
たまらんでした、ありがとうございました。

andropもすきだけど、
これはスピッツでやってほしかった。
Risamaru

Risamaruの感想・評価

2.0
正直期待外れだったなぁ…ドラマ版は観たことないんだけど、公開中は話題にもなってて、観たいなぁ〜ってずっと思ってた!でも、もっと伊藤くんが女心を弄びまくる系かと思ってたのにふんわりして終わった感じ。
hito

hitoの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

結局何が言いたいのか分からない。
伊藤くんはほんとにただのクズ男で終わったし、田中圭と木村文乃の関係も結局よく分からないままだった。
ただ、展開がどんどん進むので飽きずに見られた。
まなみ

まなみの感想・評価

3.5
ドラマの伊藤くんは、脚本家の矢崎のイメージ像に合わせて、4人、別の人が演じてたけど、映画版はずっと岡田将生ひとりが演じていて残念だった。ドラマの「伊藤くんは結局どんな人なんだろう」と想像を掻き立たせる展開が私は好きだった。
矢崎の女性特有の毒のある語りも映画ではあまりなかったし、映像のオシャレ感も半減してしまった。
カメラワークの事はあまり分からないけど、ドラマの時と違って必要以上にカメラが揺れてるなと感じるシーンも多かった。

...ドラマが私好みすぎて、ドラマより劣っている部分を色々挙げてしまったけど、もとの話がほんとに面白いし、光るセリフも多いから、ドラマと比較しないで観れたらもっと満足できたかも。

無様で赤裸々なものの中にこそ本当の人の姿があるのかも、と私も思ったりした。
脚本家ってかっこいい。
TVドラマを見てたので、今作を鑑賞したが…結果、TVドラマの別視点からの総集編でしかない。
つまり、面白くない!
あいり

あいりの感想・評価

1.5
岡田将生と中村倫也と田中圭、男は完璧。
木村文乃はなぜヒロインなんだろう。
ストーリーも結局なんなの?って思ってたらエンドロールでした。
hiroki

hirokiの感想・評価

3.0
なんかドラマの総集編+α的な感じ
ドラマ好きだっただけにちょい残念
ドラマが面白かった分残念だったー
なんならこれドラマの再放送だよーって感じ笑笑
お金を払わず良かったと思ってしまった...
本当にドラマ面白かったのになー
ウーン。
池田エライザは相変わらずエロい
岡田将生はすごく嫌な役で嫌だった!笑笑
中村倫也かっこいい
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
ドラマを見てから見たため色々な場面を答え合わせするように見れて楽しかった
誰かに振り回され、誰かを振り回し、人って生活をしているんですね。
池田エライザがエロ可愛かった
さて、乙女力ガーデニングも3回目…
段々と方向性が怪しくなってきました😅

だって後輩ちゃんと選んでたら雲行きが怪しくなり、そのままコンビニでお酒を買い込んでる始末…乙女どこ行った!?

後「乙女よりお酒です」(*´ω`*)

私「…ですよねー」(*´ω`*)

後輩ちゃんとお酒片手に猛毒を吐きながら、ほろ酔いで観賞って時点でもう…
私たちの乙女力はフライアウェイ(笑)

まぁ、この作品の用法としては…
間違ってないはず?


抗って さぁ
のたうちまわれよ


andropの主題歌が作品の持つメッセージの要約になってましたね。

ズタボロでカッコ悪い自分。
汚れるのは不快だけど…
無様にのたうちまわっても抗うしかない。

2時間掛けて観る内容ではないかなー…
確かにTVドラマで十分でしたね(^_^;)

毒々しさも希薄だし、なんか突き抜けてない感じが残念な作品。悪ノリしてるぐらいがダークコメディになりそうなのにな。

そう考えると、5分程度の楽曲に込められたメッセージってスゴいですよね。

余白だらけなんだけど、言葉と旋律で世界観ができて…人それぞれの受け取り方で変貌して…心を動かしたりする。

ダレてた気持ちを奮い立たせてくれたり…
緊張感を追い風に変えてくれたり…

それにしたってインディーズ系ロックバンドが主題歌に採用される作品って『色モノ』な感じのが多いですね(苦笑)

楽曲自体はいいのに勿体ないなー

お酒のオトモとして楽しむには十分でした。
(*´ω`*)

結論!

乙女力ガーデニング…
抗ってみたけどさ…
無駄な足掻きでした(爆)
_:(´ཀ`」 ∠):
>|