伊藤くん A to Eの作品情報・感想・評価

伊藤くん A to E2017年製作の映画)

上映日:2018年01月12日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜…

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていたのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか―。莉桜は徐々に追い詰められていく。

「伊藤くん A to E」に投稿された感想・評価

人を馬鹿にして下に見ていた二人が実は一番傷つくことを恐れていて、恥じるのを恐れてた。自分もそんな人間なんだろうなと思うと心の中を見透かされてる気がする。
原作も読んで、映画も見たけど、やはり自分のどこの部分も救われない…。「何者」にちょっと似てるけど、あの小説を読んだ時の衝撃には追いついてなくて、後味悪いざらついた感じ。

でも、クズケンだけはまともな人間で、人間らしくて、とても好き!
あと、田中圭の醸し出す大人な雰囲気、やはりすごいね!
は

はの感想・評価

2.5
伊藤くん謎でした
結局どういう映画なのかいまいちわかんなかった
somal

somalの感想・評価

3.0
フリーパスで観賞
岡田将生はこれからもずっとこんな役ばかりやらされるんだろうな…なんて思いながら観ていました
たまには誠実な彼も見てみたいな

台詞が多い長回しとかあり、撮影大変だったのかな?とか思いつつも心に残るものは少なかったです

出演者に美人が多いので目の保養になりました☺


kanz

kanzの感想・評価

3.3
美女だらけのダメ恋愛大会!
木村文乃のコロコロした話し方が好きだわ
岡田将生はいつも浮世だっててよろし
Hassy

Hassyの感想・評価

3.0
元々気になっていたのでレディースディという事もあり鑑賞!
物語的には楽しかった?けど、観た後特に何も残らないと思った。(笑)

深夜ドラマとか観てたらまた違っていたのかもしれない〜🤤(笑)
池田エライザかわええ。(笑)
Kiho

Kihoの感想・評価

3.5
元々原作が好きで、伊藤くんもクズ過ぎて大嫌いなのですが(笑)、岡田将生にまんまとつられて鑑賞に…。

原作を読んでしまうと内容の薄さを感じてしまいますが、岡田くんの伊藤くんの演じぶり素晴らしい。
自信たっぷりの言い訳を通すのであればまだしも、時より見せる弱さや発言の一貫性のなさが、まぁまぁ気持ち悪い(笑)
伊藤という人間とは一体…。
Yuri

Yuriの感想・評価

1.0
原作読んでます。深夜ドラマも観てます。柚木さんがよくこの脚本でOK出したなと思うくらい、ドラマの時からヒロイン莉桜の魅力がゼロ。観ているのが苦痛なくらい不快なヒロインになってしまっています。こういう役は、吉高ちゃんとか毒吐きまくって痛くても愛される女優じゃないと無理だと思います。木村文乃は浅い台詞を羅列するだけで、ただただ不快。莉桜の脚本に登場する女性たちも、ドラマのおさらいにかなり時間をかけた割に、ドラマのように中身ある人物として描けておらず、浅いキャラクターになってしまっていて、残念でした( ´△`) 反対に男性陣は良く、個人的に岡田将生は日本の芸能界で一番痛い男が似合うと思っていたので、伊藤という愛すべき痛男をこれ以上ないくらい生き生きと演じてくれています(*^▽^*) 田中圭の編集者も中村倫也のクズケンも彼らの歩んできた人生が垣間見られる演技で、クズケン、イイ男だなぁ、実希(夏帆)、勿体無い!と思いました。原作はラストに伊藤が爆発しますが、映画はふんわり終わらせていて、対決になってないし、区切りもないし、莉桜の脚本のようにペラペラで薄い物語になってしまっています(>_<) 廣木監督なのにどうしたんだろう?岡田将生の痛さだけが見所な作品。
5人の女性が伊藤くんに振り回される映画。長文になってしまいました。
この映画の根幹がそもそも「殻を破る」みたいな部分にあり、そこが自分はとても嫌いなのですが、それを補って余りあるほど伊藤くんという存在が素晴らしいものでした。
伊藤くんは何者なのか、というのがこの映画では重要な要素だと思うのですが、兎にも角にも伊藤くんが何を考えているかわからないのです。言動に一貫性がなく、ほとんどの場面でニヤついてる伊藤くんは恐怖でしかありません。時を経るにつれて、伊藤くんがバケモノのように思えてきます。何が目的かもわからず、ただ近寄って来ては他人を振り回す伊藤くん。まるで悪魔のようです。そして何より恐ろしいのは、伊藤くんには明確な善悪の基準がない(ように見える)ことなのです。
善悪の基準もなく、ただすっと他人の人生に入り込み、その人間の一番触れられたくない部分を抉り出してパッと消えてしまうバケモノ。もはや恐怖以外のなにものでもありません。この映画では、伊藤くんというバケモノに出会ってしまった女性たちはみんな前向きになれますが、下手したら人生そのものを破滅させられても不思議はありません。
人は殺さなかったけど、バケモノ映画としてはとても見応えのある作品でした。惜しむらくは木村文乃が今まで観てきた中で最も演技が下手だったということです。非常に説明的な演技で、役づくりに失敗したのか、そもそもピンと来ない役だったのか、残念でなりません。あと志田未来最高。
ゆこ

ゆこの感想・評価

2.5
伊藤くんとその周りの女性たちの映画。
Netflixのドラマが面白かった印象。
なんだかイマイチだったなぁ。
小説読めばしっくりくるのかも。
男女の微妙な機微の話。
>|