tdswordsworks

三尺魂のtdswordsworksのレビュー・感想・評価

三尺魂(2017年製作の映画)
3.8
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のSKIPシティアワード(国内作品の奨励賞)受賞作として、東京国際映画祭で上映。

Q&Aでベイビードール役の木ノ本さんが「脚本がすばらしい」と話していましたが、そのとおりベイビードールの役柄の説得力が強くて、役に躍動感がありました。
監督がしきりに強調していた、画へのこだわりも、閉鎖空間のワンシチュエーションドラマでは必須と言うべき要素であり、撮り方と主題・ジャンルが非常にマッチしていた印象。