もくもく

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のもくもくのレビュー・感想・評価

4.3
親が悪いなどという、短絡的な問題じゃない。全てにおいてあまりに幼く拙い母親。彼女自身もまた、おそらく親から引き継いだ抜け出せない貧困の犠牲者なのだろう。
どうすれば良いのか、どうしたらよいのか、その知識も手段も教えられないまま成長してしまうことがこの世にはある。そもそも人生の選択肢が無いのだ。
そしてその絶望の気持ちを言葉で表現する術も持たない。地団駄を踏む母親のシーンはそれをよく表していたと思う。

「神様なんかくそくらえ」「アイ、トーニャ」「私はダニエル・ブレイク」のような、貧困を取り上げた映画だが、この映画に映される世界は、そこで起こる出来事に反して皮肉なまでに美しい。それが救いなのかもしれないが、胸が潰れそうな気持ちで観た。
鑑賞後は精神的にかなり落ち込みました。子どもが辛い目に合う映画はこたえる…
ラストがまたドラマチックで素晴らしく、追い討ちをかけられた。

しかし、アメリカの格差もすさまじいのだろうが、日本だって全然人ごとじゃないよね。