フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価・動画配信

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

3.7
色彩が鮮やか
子どもの視点から見る世界は、きらきらしてて楽しそうだけど、所々で大人の暗い視点が見え隠れする。
夢の国の裏側にはこんな現実が広がっているのかと思うと、夢の国って?と疑問を抱いてしまいそうになる
ヘンリーは所謂「母親らしい」ことはしてなかったけど、ルーニーに愛情を持ってたのはすごく伝わってきた


本当にインスタや現地でスカウトしたの?ってぐらいみんな演技力あってすごいって思った。
偶然見つけられてスカウトされて、ってすごい夢がある

マジカルエンドの解釈難しい、、
Shota

Shotaの感想・評価

3.7
親子はこんなに幸せなのに
お金がないから引き離されなきゃいけない
子供は親を選べない
夢と現実の世界がカラフルに描かれていて、更に親子愛がとても美しい。母親の不器用にも逞しく生きる様や子供目線の悪戯な世界がとてもリアルで、最後の終わり方も夢って終わるんだなぁと切なさを感じた。この作品を作った監督に脱帽します。
メテオ

メテオの感想・評価

3.4
タイトルがいい。綺麗な世界の近くには暗く厳しい世界があるのだと実感する。

子どもにとっても大人にとっても夢の国の近くで、必死に生きてる子どもたちがいて、それを見守る大人たちもいて、度が過ぎてた遊びや教養がなくてもそこにはたしかに愛があって。
愛があっても環境が悪ければダメなのだろうか。

映画としてはイマイチなのかもしれないが映像作品として考えさせられる。
ラストシーンもまたそう。よく協力してくれたと思う。

真夏の魔法というよりは真夏の涙という感じ。

好きなセリフ
・たおれても育ってる。
・フォークがアメだったらいいのに。
A

Aの感想・評価

3.7
フロリダの貧困社会
ポップでキュートな街並みだけど、そこに住む人たちは苦しい生活をしていて、だけど親子の絆は確かなもので。
見ていて苦しくなるような話だけど、お母さんとムーニーの口の悪さが逆に爽快に思えてくる。
続きが気になる、、、
Sachitsu

Sachitsuの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

映画を観ようとしたときにこれをお勧めするか、ということでは、ないなぁ。

自由奔放すぎる子供たちはウザくてイライラするし、その親も無責任すぎる。
管理人はもっと厳しくなってもよさそうだが、我が子、我が孫を見ているような眼差しで叱りつつも優しく見守る。
結末想定内だし。
横に魔法の国があっても自分が魔法の世界に生きられる訳ではないのよね…。

お母さん、このあとどうなるかな…。
こんな絶望的な親娘に、社会は、国は何かをしてくれるのか。多分子供は独立するまでは孤児院のようなところで保護されるのだろうが、親は逮捕され服役、出所しても結局あとは自分でなんとか生きていくしかないのでは。そうしたらまた元の木阿弥…。

もしかしたら彼女も恵まれずに早いうちから放浪し子供ができて男には逃げられ、致し方なく一人で子供を育てている少女というだけ。無責任というより、そういう生き方しかできない…。社会の闇が、魔法の国の横で現実として息づいている。これがいまの社会…。

そんな胸の詰まる映画を誰にお勧めできようか。
自分があの母親だったら、
自分があの少女だったら、
自分があの隣人だったら、
自分があの支配人だったら、
何ができた?どう変えられた?
魔法の国のすぐそばに横たわる
現実の暗さに、
目を背けてはいけない。

これ、「万引き家族」よりも前にアメリカで公開されてるんですね。
サブプライムローン危機のあおりを受けた人たちがテーマだそう。貧困にあえぐ母子の日常がしっかりと描かれていて、これは決して遠い国の他人事ではないな、とどんよりしながら観終わりました。
でも、観てよかった。
ん〜
びっくりした。世界が違いすぎて。
どうしようもない母親と子ども。
ボビーをはじめとする周囲の人たちは、手を焼きつつも気にかけている。
そんな貧しくも幸せだった生活が、少しずつ歯車が狂い始め、ほんとうに取り返しがつかなくどうしようもなくなっていく。
どうにかしたいと思ってるのにどうにもならないと、道を踏みはずしていっちゃうよね。

周囲との関係が暖かかっただけに、友達をなくしていくとこはしんどかったな。
そんで洗濯屋のおばちゃんがママを抱きしめたとこ泣いてしまった。

この舞台のモーテルってなんだ?どんな層の人たちが住むの?ドミトリー的な?って思いながら見てたが、自動車で移動する人のためのホテルね。なるほど。
駐車場ガラガラだったから、多分あそこは定住する家を持たないその日暮らしの低所得者たちが住んでる、って認識でいいんだろうな。
ちなみに、日本ではモーテルはラブホテルのイメージらしい笑

子どもたちが楽しそうなのに救われるなあと思ってたけど、やっぱり私子ども嫌いだわ。
汚い……

結局なにを言いたいのか私にはわからなかった。思ってたのと全然違ったしなぁ。
ラストシーンも、え?で終わったし。
世界が違いすぎて、おもしろいけど理解できない。


ストーリー性 3/5 ×2
音楽 3/5 ×2
キャラクター 3/5 ×2
泣ける 4/5
笑える 3/5
考えさせられる 3/5
ドキュメンタリーとしてみればおもしろい。
映画としてみたら時間返してって思っちゃった。、
もも

ももの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ムーニーが一人でお風呂に入ってる時何が起きてるかすぐ分かって辛かった。

支配人のボビーが、ヘイリーにどんなに悪態つかれて罵倒されても見捨てずに子供の安全を守ろうとしていて、まさに「大人の責任」を果たしていた。リスペクト過ぎる。現実社会では彼のような立ち位置は容易くないけど、近所の見守りって本当に大事だなと思う。本来近隣関係は見返りなしに見守り合う義務があるのだよね。周りの関心があれば救えた命って沢山ある。特に子供は。

ヘイリー親子の暮らしぶりが是枝監督の『誰も知らない』の親子より、ある意味筒抜けでまだ良かったな。いや、危ういけど。自分もちょっとした事がきっかけで家族を頼れなくなって子供出来て仕事クビになって男に逃げられ何かプツンといってしまったら…こうなるんじゃないかと。全然人ごとじゃないと思った。

このジャケのコピー正気かな?ヤバくない?笑 書いた人にこの映画観た??って聞きたいよ。笑
>|