フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

ちょっとキツかった。

カラフルで、可愛くて、一見良いのだけれど。
とにかくこんなに無能で無知である事が罪で、かわいそうな終わり方ない。
いりー

いりーの感想・評価

2.8
疲れてるときに観てしまい、すべてが負のバイブスにしか捉えられず……。虚無〜
救いどころって風景くらいでは
圭

圭の感想・評価

3.9
ポップで可愛い色合いの景色と、無邪気な子供たち。子供のときっていかなるときも楽しいことを見出す無限の力をどんな子も持っていた気がするな。その気持ちどこに行っちゃったのかなって見ながらずっと考えている自分がいました。

ムーニーがいつまでもあの無邪気さと天真爛漫さを忘れないで大きくなってほしいな。
大人になるってなんだかつらいな😂


愛情だけじゃどうにもならないこともあるのかなぁ😢😢😢
あきら

あきらの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

やさしい地獄ってのはあると思ってます。

個人的に、まともな教育を受けられないのってやっぱり虐待だと思ってて、なかなかに悲劇。
親子愛の話として見ればたしかにそう、なのかもしれない。この母娘間に愛情はたしかにあったのだろうし、そこは否定しないけども。
娘がいるのに客取るとか、それはきついよ…
あたたかくてやさしい物語だとはどうしても思えなくてさ。

道理や善悪というより、生理的に無理だ。
ムーニーが無邪気に笑えば笑うほどつらくて、彼女がこのままいけばどういう大人になってくのかが見えてしまって、ずっと苦しかった。
無邪気で可愛いからこそ余計に。
幸福ってたしかに恒久的なものではないけれども。あの母娘のそれは刹那的すぎてつらい。

同じモーテルで暮らす同じ貧困層にあっても、友達の家は少しマシで、彼らはあんなに小さいのにもうそこで道が別れていくのよね。

ペドを追っ払ったデフォー様はすこぶるかっこいいし、終始いいおっさんだったけど、あの一瞬で変態を見極めることができるってのは、それまでにもあんなのがゴロゴロしてた背景を想像させるじゃん!しんどいよそれ…

母親と引き離されるムーニーの泣き顔が、もうもう締め付けられてどうしていいのかわからない。
ムーニーとジャンシーが走り出すラスト、これほど美しくて儚くて残酷なシーンがあんのかよぅ…

彼女たちはあの光景をいつか忘れてしまうのかもしれないけど、夢の国が夢の国であることを、これほど感じたことはなかったかもしれない。
あの光に打ちのめされた。

そういえば、エンドロールで誰も立たなかったの初めてだ。
kakeru

kakeruの感想・評価

3.8
ずっと行ってみたかったけど行けてなかった鵠沼のシネコヤで、見たいと思いつつ見逃していたフロリダプロジェクトを上映するということで、これは行くしかないということで鑑賞。
アメリカの実情はよく分からないが、まずパッと目を引くのが色彩の美しさ。子どもたちの目線で見た世界はカラフルでキラキラしていて楽しそうで、生活水準の低さは全く感じられない。その多幸感ゆえに、ムーニー母娘が世間から追い詰められていくさまがとても切ない。そんな中でも、自分には何も出来なくても、決して見捨てることなく母娘らに視線を送り続けるボビーの姿が印象的。
3人で遠くの(おそらくディズニーワールドの)花火を見やるシーンが良い。「万引き家族」でもそうだったけど、花火はその巨大さゆえにどんな境遇の人にも等しく訪れるのだと感じた。誰でも花火は見れるし、たとえ見えなくても音は聞こえる。
ラストはかなり開かれている。劇中で初めて現実と向き合って涙を見せ、そこから逃げようと走り始めた彼女の幸せな未来を願わずにはいられない。
紫のおうち可愛いな


どんなメッセージか考えてみたけど
わからなくてごめんちゃい


途中からはボビーの人知れず苦労する話かとは思ってた
三畳

三畳の感想・評価

3.7
魔法なんかいらない子供の世界、この世の中のクソさと中指立てることしか教えられない最悪さ、それでもそこは母の無敵の結界、そこにヒビが入って壊れる時、現実の追手からも守ってくれそうな結界という幻想がディズニーランドにはあるけど何にもハッピーエンドじゃない、俯瞰で見るしかない私たち大人は現実と向き合うしかない、ヤンママとクソガキは輝いてる、生き生きしてる、不幸でもなかった、でも認めるべき多様な幸せの形だとは思わない、だからって悪人だとも思わない、生命力の使い方がわからず持て余してる不器用な人々がいる、その現実をわかっていて葛藤する管理人みたいな人もいる、行政のせいにしても始まらない、どうしたら2人が健康的な食事をとり、笑ってワクワク明日を楽しみに一緒に眠るただそれだけのことがかなえられるのでしょうか?
世界観がすごくいい。
でも最後はとても考えさせられるが、答えがわからない。おそらく答えなんてない。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.5
前情報なしで見るべきだった…

ブリトニー・スピアーズのようなコートニー・ラブのような母役の彼女、新たなポップ・アイコンの誕生の予感…!
貧困状態の為に定住する家が持てずモーテルに住む母子って聞くだけで悲惨な気配。映画は殆どが子供の視線で撮られていて、低い目線からのファンタジックな色彩の画面はパワーがみなぎっていてなんだかハッピー。
子供の時、不遇の気配というものは、感じてても楽しいキラキラした日常の端っこの死角に何となく見えるシミみたいなものだよね。
ある日突然目の前に現れて、ぁあやっぱそうか、永遠に楽しいなんてないんだなぁって思い知るみたいな。

子役の演技抜群。どの子も。そしてそれぞれの保護者達の生きることのどうにもならなさに胸が締め付けられる。

愛があればいいのよ。
そうはいかない。

でも作り物の夢の世界やただ空の綺麗さが救いになることもある。いつか必ず終わると知ってるこの瞬間が永遠に続けば良いのにってそう思えた事がその後の人生を支えることもある。

ムーニー役は天才。ウィレム・デフォーおじさんはまたいい役やってる!
>|