フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価・動画配信

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

フロリダのポップな街並みを背景に
子どもと貧困を考えさせられる映画。

ムーニーの母親とスクーティの母親の
対比が印象に残った。

同じような貧困の中でも、毎日働き
子に向き合うスクーティの母親と
定職もなく、子どもを叱ることもない
ムーニーの母親。
この違いはなんなのだろう。

だけど
ムーニーの見る世界は
全てがディズニーランド並みの
ワクワクと興奮が溢れている。
GANO

GANOの感想・評価

-
ディズニー・リゾートのすぐ近くにある抜け出せない強烈な貧困を描いてる。カラフルで元気いっぱいの子供達の世界は夢の国に程遠い、すぐそこなのに。負の連鎖を生々しく描いてる。
s1101

s1101の感想・評価

3.0
ラストがよかったー。彼女たちからしたら世界へ羽ばたいてるような感じなんだろうな。民度低すぎる親娘だけど可愛い。
夢の国の裾野で、夢みたいな酷な話。
ストーリーの進行に合わせてみるみる彩度が落ちていく。
波瑠

波瑠の感想・評価

3.3
鮮やかな街並みと青空が印象的な作品。アメリカならではの原色的ないろどりの中で、遊ぶ子供たち姿がとても映える。
良き大人とは言えない母親だけど、娘に対する愛情だけは確かに本物だなと。苛立ちを娘に向けることはなく、子供と同じように遊び、笑い、手を繋いで歩く姿はとてもいいママ。社会からみたら可哀想な子供でも、親子の絆があれば保護しに来たよそ者は怖いよなぁ。

とは言え、子供は大人をよく見て育つ。
とりあえず色彩が豊かで、映像的に見ていて楽しい。

肝心の内容は、最後の終わり方どうなるかなーと思って見ていたが、終わるちょい前のムーニーが泣くシーンの雰囲気が良かったのに、そのあとディズニーに走っていくところは無理やり感満載で「?」で脳がいっぱいになった。
ディズニーの宣伝映画?協賛もらってるのかな?って感じ。
母親はどう見てもクレイジーなんやけど、子供への愛情は彼女なりのやり方で示していて、子供が幸せならそれは親子間では問題のない話なんやろう。

彼女たちと似たような年の若い親子もモーテルにいて、その母親が働くバイト先からパンの耳貰うというのが日課のようになってたけど、貧困の中にも必死に生活のため働く側と、そんな彼女からおこぼれを頂戴する側。似たもの同士ではない決定的な違い。勤勉であることと人に迷惑かけないことというのは日本人のモットーと思うので、こういう正反対な人は敬遠するやろうな。

でもラストは救世主が現れたようで結構好きでした。
期待値大なだけにストーリーが少し拍子抜け😒万引き家族と比べると弱い。エンディングに茶を濁される。
岡崎京子の短編「Over the rainbow」のラストのブン投げ具合とトントン。

色彩と均整のとれた画面を楽しむのなら非常に美しい作品。原色系のポップなオシャンデザインは斬新で、ポスターもロケーションも可愛い。衣装も凝りまくり。

貧しいから破綻に繋がるのか、母親の性格の問題なのか、父親の不在のためか、それは分からない。ただ、破綻は避けられない。色の明るさとは対比されて、ストーリーにはずっと暗雲が立ち込めている。
らいと

らいとの感想・評価

3.3
良かった。
何とも言えないラストだった。
見るものに何を委ねたのだろう。
育てていると言って良いのかわからない母親だが、歩くときにいつも手を繋いでいるのが母親のイメージかな?と想像してみた。
子供のころは、きっと何しても楽しかったんだけど、子供ながらに複雑さが分かってしまう主人公の女の子が可哀想
結局、親の質で子供の質が決まるのだなあと思うし、子供は悪くないし、けどその親もまた子供の頃があったわけで、似たような境遇で育てられたのかと思うと誰が悪いか断言はできない
ただ、負の連鎖は終わらないなと
>|