フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

鴉

鴉の感想・評価

-
子供が号泣のシーンで興ざめ。どうせウィレム・デフォーが引き取るオチだろと思いきゃ展開は明後日の方向へ。ホントにそのオチでいいのか!?
描かれている彼らは低所得者なのだが…
と言うか働いてない(笑)
でも日々がめっちゃ楽しそうなんだわ(笑)
ディズニーワールドから打ち上げられる花火を見たり一個のアイスクリーム分け合って食ったり…


ただ、子どもとは言え見ててちょいと厳しめの注意が必要なくらい悪さをしたり暴言を吐いたりするのも見逃せない。
それをそこまで説教しないしとにかく何にしても軽いのが主人公の母親だから見てて不快になってしまう(笑)
そのプロジェクトで住む親が全員そうかと言えば全く違って唾を吐いて悪さをした子どものある親はお仕置きとして一週間外出禁止にしたりする。さらに無職かと言えばファミレスでせっせと働いている母親もいる。そういうのもしっかり見せてくれてるからそこから考えると主人公たちはプロジェクトから漏れかけてる層なんだろう。



ではわざわざ彼らをフューチャーしたのは何故なんだろう?
子役のムーニー役を演じた
ブルックリン・プリンスがインタビューでこのように言っている。



「みんなちゃんと知りたいんじゃないかな
ムーニーたちの物語に光を当てたいと思っている。そして助け出す方法を見つけたいの。だから監督はこの映画を作ってよくしていると思う。」


なんとインタビュー当時
7歳でこの言葉が出るなんてスゲェわ(笑)



残念だったのは
ラストまでの流れとラストがちょっと噛み合ってなかった感じがした。
要素はどっちも間違ってないんだけど
ラストまでがあの流れなら母親との何かで終わらせて欲しかった…むしろ妄想でも良いから母親と行ってくれよと



ウィレム・デフォーが超いい感じのおじさん役だった。
ゾンビ

ゾンビの感想・評価

3.3
誰も見たことがないマジカルエンドを、結局は見せてくれない。
当たり前じゃない、“誰も見たことがない”って書いてあったでしょう。
でも私はしっかりと結末を知ってホッとしたいタイプなの。
貧困層の生活を垣間見れた気がします。
彼らは嫌いじゃない、憎めない。
友人はなるべく大事にしましょうね。

子どもたちと一緒に冒険してる気分にさせてくれてありがとう。
夢の世界の隣に建っているモーテル。
そこに住む親子二人。

この母親が..口は悪い、反省しない、下品、さらには罪を平気で犯す...
本当に好感は一切もてない...
だけど、不器用に生きる様は、なんだか悔しくて不意に泣けてきた。
娘と笑顔で生きていきたいだけなのに、
現実の世界で生きるって本当に厳しい。

ラストの破壊力よ...
ムーニー役の子の演技力がすばらしい。あの表情はできない。
eri

eriの感想・評価

3.2
映像の鮮やかさと話の内容のコントラストが凄かった。この映画を見るまでプロジェクトという単語の意味も知らなかったし、現実を知るいい機会になりました。

ドキュメンタリー的で目線もかなり登場人物に合わせてたのが良かった。みんな幸せそうなのがまた何とも言えないな。
もうほんとに子どもたちが躍動している。
カメラ位置を子どもの目線に合わせているからか大人のやりとりとの距離が保たれていて、厳しい境遇を不思議な感じで物語の追体験が出来る。
かなり構成が素晴らしく、カラフルなフロリダのモーテルと夢の国へのラストランとの対比もさることながら、うまくタイトルづけ出来ていると思う。後味がザラつくが、この場合のマジカルエンドとは言い得て妙。
nasune

nasuneの感想・評価

3.3
そういう終わり方!?
私は腹が立っています。笑
終わり方というよりも、母親にかな。
ラスト、終わったことに気がつかないほど
呆気なく感じたけれど、もう一度考えると
色んなことが思い起こされて意味深…

友達のママ
高橋メアリージュンに似てる。
夢の国のすぐ近くに住んでいるけれど、立ち入れない子供達が切ない。
なにも起きていないようで、本当になにも起きていない映画。

30分くらいにまとめても同じくらいの感動は得られそう。
>|