フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

よしお

よしおの感想・評価

4.2
もうやだこの親子&環境
最初から最後までクソ言動で苛々するんだけど、すごく可哀想に思える。
怠慢だ自業自得だ自己責任だってそんな言葉で一蹴されても仕方ないし、嫌悪感半端ない。
仕方ないけどよ!
この親だって子供時代に教育されてこなかったり、運悪く正してくれる人いなかったりしたんじゃないって思っちゃう。今の自分の子供みたいにさ。
わかりやすく負の連鎖だわ…
貧困から抜けだすのすごく難しそうだし、それも大きいよね。
あの親と違ってお友達のアシュリー姉さん、真面目に働いてるのにあのモーテルから出てないとかさ。わからんけど。
もう負の連鎖すぎるわ!
なのに子供は楽しそう、というか楽しく過ごそうとしてる!
不意に出る言葉と最後の泣いてる姿でハッとしたよね。
子供ってわからないけど、わかってるもんだよね。
一番この子が不憫で仕方ない。



管理人大変すぎるでしかし!
ちょっとまた引きずっています…。万引き家族を見たあとと同じような感覚に陥り丸1日過ぎました。

母親のへイリーはいわゆるアダルトチルドレンで、人に対する優しさやモラルのかけらもありません。娘にだけは愛情を感じられましたが、一番身近にいるべき母親の人間性が荒みすぎていて、ムーニーが気の毒で仕方なかったです。決して育てているとは言えない、二人で生きていくのが精一杯という状態。

共感できるところが全くなく、ただただ、ムーニーがこれからも元気で暮らせますようにと思わずにいられません。あんな母親でも離れない方が幸せなのかな?と、未婚の私には何が正しいのかわかりませんでした。自分が母親になったら視点が変わるのかもしれませんね…。

重く出口のない生活と反するように、コントラストはっきりと映るフロリダの空、カラフルなモーテル、部屋、プール、ムーニーとへイリーが着ている安物っぽい服…映像の美しさが記憶に残ります。
ラストシーン、私は好きでした。少しだけ出口が見えたような。。
うゆみ

うゆみの感想・評価

3.3
つらい。
まぶしい日差し、美しい虹、モーテルのあわい壁の色、楽しげなショップのオブジェ、色あざやかな看板、大気に満ちた太陽の光。
画面のなかは明るさと色彩に満ちている。なかでも生命力そのものと言わんばかりの光をはなつ子どもたち。何もかもが明るければ明るいほど、色濃くなるのは闇だ。

ムーニーのお母さんは素敵だ。だけど、私は彼女をいいお母さんとは言いきれない。
値上げしたモーテルの受付にいた女が言う。「なんて言葉づかい。そんな態度だからそんな人生なのよ」(みたいな)。

冒頭から、あまりにもやりたい放題の親子の振る舞いにノリきれなかった私は、この言葉に、ほんのすこし溜飲を下げた。

私は確実に思っていた。

「もっとうまくやれるんじゃない」
「もっとちゃんとしたら相手の対応も変わるのに」
「もっと、もっと、もうすこし」

だけど、後になって思う。それはつまり「私たち」の言い分なのではないか。夏は涼しく冬は暖かい映画館で、飲んだり食べたりしながらこの映画を観ている「私たち」の。

この映画のなかには、母娘にそれを教える人はいない。
「私たち」と「彼ら」の世界は完全に分断されている。劇中の「夢と魔法の国」と「フロリダの現実」のように。

映画の最後、2人の子どもたちは「夢と魔法の国」へ飛びこんでいく。あのなかにいるお客はきっと私たちだ。2人の未来は明るくない。それでも生きていかなければならない。

いつかどこかでムーニーが、目の前に飛びだしてきたとき、私は戸惑わず、彼女の手をひく大人でいられるだろうか。
そんな気持ちを、心のどこかに持っておきたい。それがこの映画の問いかけに対する自分なりの答えだと思う。
Soh

Sohの感想・評価

4.0
空のペットボトルを
潰すような不確かさが
心をつたった。

どんな状況でも
親がいる世界が正しいのかもしれない
カラフルで薄汚く、夢のように楽しい日々は、実は厳しい現実の裏にある。
厳しい現実と優しい魔法の日々をフロリダ、ディズニーワールドの裏にある安モーテル「マジックキングダム」で生活するどうしようもない家族の話。

ラストは、いろんな終わり方があってもいいと思います。
スッキリ終わらせるのも良し、モヤモヤして見終わった後に見た人達と語るのも良し。映画の醍醐味です。

でもこのモヤモヤこそ、一種の映画の魔法なんでしょうね。

本作では常に子供目線でカラフルに描かれる夏のお話。
最後は特にそうですが、大人の言うことは全て嘘。ある程度大人になったからこそ解る、優しさと残酷さが苦しいです。

本当にみんなクソガキばかりなんですが、大人には絶対出来ない天真爛漫さが羨ましい。その天真爛漫な姿こそが魔法ではないでしょうか。

いつか解けてしまう、子供の魔法。最後の2人は魔法の世界でずっと魔法が解けないで欲しいと思いました。
ザキオ

ザキオの感想・評価

3.3
社会派な反面教師映画といったところなのかな?



日本人には、難しい


アメリカの貧困層とか


モーテルというのがどういうものなのか


ビジネスホテルやラブホとの違いとかが


わからない映画の中でしかアメリカを知らない日本人は、少し置いてけぼりされます(笑)


映画の内容的には、育ちの悪過ぎるクソガキと素行の悪い母親の物語です。


正直ずっーと

この人たちと関わり合いたくねぇ


て、思い続けて


最後までそうでした(笑)



お金が貧しいより心が貧しい方が罪だと思いました(笑)


ディズニーリゾートのすぐそばでこういう陰の人たちがゴロゴロいるという現実にハッとさせられました。
ムーニーちゃんが可愛すぎる。

エンタメではあるけどただの傍観者として消化したくないな、と鑑賞中に思ってしまった。映画だしフィクションだけど自分の生活とも地続きであると想像すべき!というか、そんな感じ。

夕日をバックにしたシーンがすごく良かった。
YUI

YUIの感想・評価

3.4
このポスターがすごくかわいくて、気になって観賞。
特に内容は確認せず観た。

重い‥めちゃめちゃ重い。
映像のかわいさとのギャップがすごい。
こんなにかわいい感じじゃなかったら、もっと重く感じていただろう。
ヘイリーとムーニーの親子が暮らしているのが、ディズニーワールドの傍のモーテル。
夢の世界と現実の差‥
ディズニーの傍ってとこが、より現実の厳しさを感じる。

観てて色々思うことはあったけど、
この映画に出てくるみんな、決して悪い人ではない。
みんな自分のやり方で、大切な人を守ろうとしたり、どうにか生きていこうとしてるだけ。
子どもたちは子どもなりに一生懸命生きてる。
ムーニーも色んな想い抱えて生きてるんだろうな。
色々考えさせられます。
柘植

柘植の感想・評価

4.5
子供目線のカラフルな描写だけど、ムーニーの「大人が泣く時の気配がわかる」とか「木は倒れてるのに育ち続けてる」という言葉が無邪気に遊んでる中にも現実の苦しみを感じ取って生きてるのがわかる。母親は最悪だけど子供のことを愛してるのは伝わるし、最後の離れることを覚悟した食事のシーンからは見ているのがどんどん辛くなっていった。管理人や回りに優しいひとがいてもどうにもならない現実がそこにはある。最後のシーンは観ていて涙が止まらなかった。
ラストの終わり方で一気にハッと現実に戻って来た感覚があって、でまたその直後に、

"ディズニーランドの裏側の所ではディズニーランドに行きたくても行けない人達、大人も子供もが、何が正解で何が間違ってるのかを日々模索してて、自分自身と闘ってて、まだいろんな事を知りたくても知れてない環境の中で生きてるんだ"

って、なんとも言えない感情になった

幸せの真裏でこんな真逆な事が実際にあるって、世の中は不公平だな。と思うのと同時に、幸せを感じる数値の差が激しいなって思って、最近の私、小さな幸せに幸せ感じれてるのかなって、ふと思った。
>|