sekshun

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のsekshunのレビュー・感想・評価

4.4
フロリダ・ディズニー・ワールドの近くのモーテルに住む親娘の日常。ウィレム・デフォーがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた本作、何気ない日常が延々と続くのかと一瞬思ったけど、ある事件をキッカケに徐々に移り変わる2人の環境の変化に目が離せなかった、特に終盤からのラストはいろんな感情が起こってくる。舞台がフロリダなだけに夏を感じるシーンが多い。監督がインスタで発掘したヘイリー役のブリア・ヴィネイトが良かった、スクーティの母親の店に表から入るシーンの服が好き過ぎる。ジャンシーが小さい頃のジェシカ・アルバっぽさある。ラスト、iPhoneのカメラだったのか、なるほど。