ジジョ

去年の冬、きみと別れのジジョのレビュー・感想・評価

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)
3.0
原作未読のまま鑑賞。
“ダマされなかった人0%”というキャッチ通り、終盤の怒涛の伏線回収&ネタばらしが気持ち良よく小説を読んでいるような気分になる映画。
人間の愛情とか憎悪とか渦巻いている映画なので、重く切ない気持ちになりました。

最後には全員が同じ人種に見えてきてこわかったな。。。

疑問に思うところもなくはないのだけれど、映画としてよくまとまっている印象。映画は原作とは違う展開らしく、きっと原作はもっと詳細で緻密な内容ではないかと思うので、いつか本も読んでみたいとおもいます。