去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価・動画配信

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.6

あらすじ

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
小説を読んでから映画化されていることを知り鑑賞してみた。

「またどうせ、原作の劣化版だろ?」と思って観たところ物語の完成度の高さに驚いた。

大筋のストーリーはもちろん同じだが、所々映画化するにあたって変更されており、それによって辻褄が合わない作品をいくつか観てきたが、この作品はなんの違和感もなく話がまとめられているし、原作で味わった細かな仕掛けを映画でもうまく踏襲されているのは感動した。

個人的に原作に出てくる「人形造形師」の発言がとても印象的で大好きだったが、それが登場しなくても十分面白かった。

これは中村文則さんがこの作品にいくつもの見所を包含していることも理由になると思う。


※読書がそこまで好きでは無い自分でも、この作品は面白すぎて、ほぼ一夜で読んでしまったので読書が苦手な人でも是非読んで欲しいと思います。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

事件を追うライターが、実は最初の被害者の元恋人だった...って書くとありがちだけど、見てて気がつかなかったから驚いた。

狂ってるのがカメラマンではなく、その姉っていう設定はともかく、姉の演技が苦手だった。特に、薬を飲ませる時とか、「恋人を殺した女を抱いたのよ‼︎」とかわざとらしくて寒かった。

燃えてる女性が婚約者ではなく、サイトで知り合った人でもなく、元恋人を殺した女だったのは、見事な復讐ー‼︎
意外と全体のストーリー良かったから、演技と、細かい脚本が微妙で残念。
叙述トリックを見事に映像化させており、また淡々としながらも不気味で不穏な空気感を演出し素晴らしい仕上がりだと感じた。
ただ個人的にどうしても気になったシーンがある。この映画演技や演出を地味で淡々としたリアル寄りな作りにしているのだが、盲目の女性が彼氏に別れを告げるシーンで「見えていないのはあなたの方よ!」という作り込んだ決め台詞みたいなことを言い出し急にどうしたと思ってしまった。あのシーンは全体の雰囲気からちょっと浮いていたと思う。
随分前に原作を読んだことがあって、凄く印象に残っていた。映画も原作に負けず劣らず、とても良く仕上がっていたように感じた。
yuho

yuhoの感想・評価

3.5
こういう感じ…?!
って観てびっくりした。
どんでん返し系だったのね〜
sc

scの感想・評価

3.2

最後のどんでん返し!

以前観たが、忘れたのでもう一度☺️

記録まで。
yukko846

yukko846の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初はなかなか集中できなかったけど、面白かったぞ。やっぱり燃えちゃったのはあの子じゃなかった。ほら。岩ちゃんとてもいい感じ。

このレビューはネタバレを含みます

斎藤工は目立つ俳優だ
内容としては、途中でフリーライターの主人公の身元が怪しいとなったあたりで90%内容がわかってしまう。最後どんでん返しあるかと期待したがある程度まとめて終了した。
続

続の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作と少し設定変えてたけど、映画も面白かった。復讐をキレイに成し遂げててスッキリするし、やっぱり爽やかに後味悪くて良い。
化物を凌駕するために化物になったって好きだな。
もえ

もえの感想・評価

3.6
サスペンス映画
なんとなく観てると普通に騙される
狂気のある演技がすごかった
>|