去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

原作からよくできたストーリーに◎
岩ちゃんの演技が微妙にはまり◯
斎藤工、浅見れいなの変人姉弟さが◯
 ガンちゃんこと岩田剛典の白黒つかない役柄と演技は興味深かったです。
悔しさに震えているところなど、特に。

 斎藤工は一瞬、綾野剛かと思った不気味さを備えていた

 中村文則の小説は映像化することが難しいと思わされた作品 
現代の日本が舞台なのに、まるで香港映画をみているような滑稽な物語運びや、過去が重すぎる登場人物ばかりが出てくるせいなのか。
 そして、途中でラストの展開が安易に想像できてしまうのが残念です


同じ中村文則原作の「悪と仮面のルール」よりはずっと練られていて、俳優たちの演技もよい
Sachiko

Sachikoの感想・評価

3.5
試写にて。面白かった。
個人的には去年の「22年目の告白」と同じくらい、何度も騙されたし終始ハラハラしながら鑑賞できました。原作の小説はさぞ面白い、よく練られたものなんだろうなぁ。
がんちゃんって「植物図鑑」の…?とも思っていたけど、結末を観ると冒頭から納得の演技力で、いい俳優さんなんだなと納得。斎藤工はさすがの気持ち悪さ(褒めてる)でした。
単純な性格なので見事に騙されたし、騙された後にもう一回観たくなる。
ネタバレが一切できないとどう書いたらいいか分からないけど、公開後のレビューを読めるのもとても楽しみ。
試写会にて。
話の構造は既視感のあるものだったかもしれないけど、叙述トリック的な手法と巧みな時間軸の操作で一度ならず驚かされたし、心地よい緊張感でつねに飽きるということがなかった。
主題歌が合ってない!!!
Tammy

Tammyの感想・評価

3.5
めっちゃ面白かったけど
こわ……って後半ずっとなってた

最初「あれ?」って思う部分も
後半で怒涛のように回収されていって
そうゆうことかー!!って絶対なる

謎解きにはすっきりするけど
終わりはなんだか胸の中にザラザラ残る感じ
人間って感情もあって学習もして知識も増やせるからこそ
一番怖い生き物かもな〜…と思ったり思わなかったり…
深谷守

深谷守の感想・評価

2.5
中村文則の原作は未読のまま観に行ったが、残念ながら2/3あたりで全体の構造は完全に読み切れてしまった。この手のミステリーは展開やトリックがわかってしまうと途端に色あせて、つまらなくなってしまう。
伏線は置かなければアンフェアだが、下手な置き方をすると途端に全体を読み切れてしまう。この作品は残念な置き方。
それから全体に演出が淡白過ぎ。もっとドロドロした情念の映画が観たかった。