去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます


面白かった。
途中からストーリーが読めた感じだったけど、最後まで観れた。
岩田が化け物になっても最後まで好青年だった。
罠にはまる、騙される、がキャッチコピーだったので最初から全キャストを疑って見ました。
おおよその読みは当たっていて主犯格も誰だか分かって見当がつく形になってる。
ただそこからの深掘りの話しが面白かったです。
そしてタイトルの意味もちゃんとあって響きましたね。
イメージ写真がもっとミステリアスだったら良かったのに。
岩田剛典くんは植物図鑑のイメージがあったので低い声に意外性を感じました。
演技としては純粋な青年役は十八番ですが終盤に向けての化け方が「もう少し」と本人に不満が残ってそうですね。
北村一輝さんは適役ですね。イメージ通りでした。
sumika

sumikaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

後半にどんでん返しがある、私が好きな構成の映画でした。
最後に題名の意味がわかってゾクゾクするような感覚がありました。
面白かったですし、構成をわかったうえで観たいのでもう1回観たいなと思いました。
うめだ

うめだの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

最後のどんでん返しがゾクゾクした。
岩ちゃんがイケメンすぎて岩ちゃんになりたいと思った。
ぺい

ぺいの感想・評価

3.5
構成はなかなか。確かに騙されたけど。
それだけな気が。
タイトルは、好き。なんとなく。
面白かったです。
騙されるって、煽られているものと知らずに見たからより良かったのかも。
イロイロ説明しちゃうと、つまらなくなってしまう映画だから、何も知らずに見た方が絶対楽しめると思います。
サスペンスだよ。という程度の前情報で十分。

少し経って、もう一度見たくなりそう。
しみず

しみずの感想・評価

3.6

原作とは結構異なってたような。
具体的には覚えていないけれども
ももた

ももたの感想・評価

3.8
えっそこも?!みたいな感じで、ほんとにしっかり構成されてた。最後の衝撃がすごい
higa

higaの感想・評価

3.0
つまらないというわけでもないが、そんなにハマるという映画でもない。

なんとなくオチは読めたような感じ。

ただ、出ている俳優が美男美女揃いで目の保養には相当なると思う。

多少不快なシーンもあったが。
睡蓮

睡蓮の感想・評価

4.5
途中で結末が読めた人もけっこういたらしいけど、予告とか前情報観ないで観たからかミステリーファンのくせにまんまと騙されたので存分に楽しめた。最初の序章のあたりの終始暗くて陰鬱な雰囲気は日本産のサスペンスならではという感じでかなりよい。


今感想書いてて気付いたけどポスターがあまりにもダサいし酷いな…映画の雰囲気と全然合ってないよ。
>|