去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

真美

真美の感想・評価

4.6
こんな岩田剛典が見たかった 〜完〜

原作が小説であることを大いに利用したトリックだったからどうなるかと思ってたけど
全然ありだった そう来たかという感じ
むしろ映像であることを利用していた
ただ宣伝の仕方が下手くそすぎて犯人を予想できてしまうのが惜しい
あと主題歌が完全に雰囲気をぶち壊しててだめ 曲調はすごく好きだし歌詞もあってたけど「yo!」じゃない

でも登場人物ごとに目線を追っていくと全然違う物語になるしいろんな楽しみ方ができていい
こんな岩田剛典が見たかった(2回目)
shizuka

shizukaの感想・評価

3.6
◽︎ 原作未読

衝撃のラストとかみんな騙されるとか
そういうフレーズに惹かれるのだけど
だいたいが予想できたり面白くなかったり
そういうのが多かったけどこれはほんとに
騙された。そうきたか!ってなった。
日本のサスペンスはリアルで怖いけど面白い。
kasway116

kasway116の感想・評価

3.2
小説読んでたから内容は知ってたけど、
複雑で難しくてなかなか進まなかったやつ。
どう映画化されるのか不思議だったけど
とてもわかりやすく描かれてた!🙋‍♀️
原作から省かれてる部分もあるけど
逆に省いて正解な気が👍笑
まあ面白かったかな!✨
ゆうみ

ゆうみの感想・評価

3.6
怖かった…
邦画のサスペンスは変にリアルに思えてしまって苦手。リアルじゃないのだけど
本読んでみたい
ShigenKubo

ShigenKuboの感想・評価

3.8
山本美月ファンとして鑑賞。

邦画を見たのも久々。
映画館で見たのはもっと久々だった。
邦画の予告が流れることに驚くぐらい久々だった。

サスペンスは面白いが疲れる。
これが正直な感想。
心労が甚だしい。
ただスッキリもする。これが面白い。
常に画面に、言葉に、気を配り、釘付けになり。
サスペンスならではの楽しさがあるのがいい。

友人が言っていた。
邦画のほうが内容が濃いと思う。
うん、あながち間違いではない、そう思えた作品。
けっこう面白かった!!!
読める部分と読めない部分がある感じ。
けっこう北村一輝さんに感情移入してしまった。。あと、自分にも、もし主人公と同じようことが起きたら、確かにこうなってしまうのかも・・と思ったりもした。
Nimet

Nimetの感想・評価

3.4
岩田剛典の演技が、主役級の脇に負けてなかった。
個人的には、土村芳をもっと観たかった。
りお

りおの感想・評価

3.5
「観た人全員、ダマされる」ー
予告編の強気なこのキャッチフレーズが印象的だった今作。
「衝撃のラスト!」
「誰も想像出来ない大どんでん返し!」
「ラスト15分、あなたは絶対に騙される」
・・・みたいな宣伝文句の映画は観る前にどうしてもハードルを上げてしまうので期待外れに終わることが多く、公開初日はとりあえず様子見。
初日に鑑賞した方のレビューがハードル上げ上げな宣伝文句の割にことごとく高評価だったので、早々に観に行ってしまった。
結果、キレイに騙されました。
まず、のっけから宣戦布告とばかりに第二章の幕開け。
確かに第二章の前にも1シーン挟んでるんですが、第一章とするにはあまりに短すぎて小説でいうところのプロローグ的な扱いが妥当。
とすればわざわざ第二章と銘打って始まる本編は時系列でいうところのエピソード2であるから・・・
みたいな考察をしながら楽しむのもまた一興。
個人的にはミステリーやどんでん返しものは素直に騙された方が一番楽しめると思っているので、深く考えずに鑑賞するのをオススメしたい。
ストーリーは新進気鋭の若手ルポライター(主人公)が猟奇殺人事件の容疑者である天才写真家に密着し、真相に迫っていくうちに、いつしか主人公の周辺に危険が及ぶ、という一見ありきたりなものですが、結末を知ってしまうともう一度見返してみたくなるほどよく練られています。
出てくる人物がとにかく謎に満ちていてそれを小出しにしてくる展開に妄想力をかきたてられているうちに真相が遠のいていく、とでもいいますか。
全ての真相が明らかになったところで今作のタイトルを思い返した時、鳥肌が立ちました。
これ以上ないタイトルですよね。
ある意味このキャスティングも罠だろうなあ。
胡散臭い役をやらせたら、なメンツをメインキャストに据えられたらねえ笑
・・・うん、これ以上は言うまい。
Namirich

Namirichの感想・評価

4.0
どうせどんでん返しがあるだろうと思いながら見ていたが、それでもわからなかった。
これ系のトリックのオチでよくある、「そんなに上手くいかないでしょ。。」という要素もそれほど強くなく(なくはないけど。。)、役者陣の演技も良かったので、特に後半はグイグイ引き寄せられて見た。

仕方ないこととはいえ、ネタ振りの前半1時間がちょっと退屈。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

3.5
どんでん返しの話は大好きだけど、本当に宣伝が下品だなあと思う。でもどんでん返し好きにアピールするにはこういう方法しかないのかと思うと、どんでん返し好きということがそもそも下品な気もする。

こういう映画は構えて見るとつまらないので、素直に見るのが一番!楽しく見れました。岩ちゃんのシンプルな顔面を囲む面々の濃さがすごい。浅見れいなと北村一輝のカップリング、そこに絡む斎藤工が面白かった。
>|