去年の冬、きみと別れの作品情報・感想・評価

去年の冬、きみと別れ2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者、天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にまで及ぼうとしていた―。

「去年の冬、きみと別れ」に投稿された感想・評価

2018 上半期の邦画ベストムービー
ネタバレになるので詳細は書かないが、斎藤工さんがエロ!
そやん

そやんの感想・評価

3.6
おもしろいんだけどさ、、、って感じ(笑)
なんかどんでん返しが地味(笑)
さとみ

さとみの感想・評価

4.0
原作を読んでいたので、映画も観たくなり観ました。
うん。良いね(笑)
罠ねはまらねーぞーって思いながら観て、やっぱりスゴいと思いました。
yose

yoseの感想・評価

3.8
見事に罠にはまりました!
まさかこういう展開になるとはっ!って感じでした!
何故、耶雲が自分と何の関係もない事件についてあんなにも熱心に真相を調べあげようとしているのか、気がかりでしたが、ラストで明かされる悲しい過去やまさかのどんでん返しには予想外でした。
いくつもの嘘が絶妙に重なりあった久々に面白いと思ったサスペンスでした。
じゃく

じゃくの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

◾︎演技 0.7
岩ちゃん、相変わらずめちゃ声低い…(笑)
最後の、怪物になるシーンと、海辺で回想するところの演技が好きだった。

◾︎ストーリー 0.6
どんでん返しを見せるためだから仕方ないけど、展開がさらっと重すぎる。
主要の登場人物、盲目の彼女以外みんな狂ってるので、異世界という感じ。
だからこそ、元カノとのシーンが切なかったなあ。

◾︎演出 0.6
ところどころ、ホラーみたいな照明の演出で、逆にチープだった気が…。

◾︎気づき 0.5

◾︎個人的な思い入れ 0.6
岩ちゃんがどんな演技するのか気になって&原作読んでたから映画見たけど、全くストーリー覚えてなかった。
見ても、何も思い出さなかった…。


合計 ★3

◾︎感想
もう少しで、より怪作になったんじゃないかという気がする惜しい作品という印象…。
後半の種明かしシーン、岩ちゃんが超丁寧に北村一輝に解説するのはいいとして(目の前で絶望するのが見たかったわけだし)、映像にもう少し、見返したら唸らされるようなシーンや伏線があったらよかったなあ。
蒼葉梟

蒼葉梟の感想・評価

2.5
狭い世界で完結する話。

見ていく内に騙されている自分に気づく。

二度見るとさらに面白い作品なんじゃないのかなと思いました。
Masa

Masaの感想・評価

3.0
原作も読んでたが、すっかり忘れてる。なんか違う気がするんだが…
また読んでみることにする。
これはなかなかのサスペンスでした👍
娘の友達が本を読んで、よく分からなかったと言ってたけど、私は原作未読ですが映画は十分よく分かりました
岩ちゃんのオーラのなさ、お芝居の腕上げましたよね👏👏普通の人がきちんと演じられてた。
事件の真相を悶々と追いながら見ていると途中からおっ、おっ?!ってなっていって、きちんと色んな事が解明されてゆきます。
しっかりしたサスペンスでした😊✋
なかなかのもんじゃった!

キャストが売れっ子俳優さんばっかりで、
原作が芥川賞作家の中村文則だったりもするけど、
そういうの抜きにして、
内容的にすごく作り込まれてる感じがしたし、
久しぶりに最初から最後まで、夢中になって観た映画じゃった。

出会って良かった映画やの。
おしん

おしんの感想・評価

3.8
予想を裏切るために、話を練った感じが否めない。裏切りが多すぎて、心に響かない気がする。
>|