キッチー

50回目のファーストキスのキッチーのレビュー・感想・評価

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)
3.8
長澤まさみさんと山田孝之さんでリメイクされた「50回目のファーストキス」。福田雄一監督作品なので、笑い多めのラブストーリーになってました。

冒頭のシーンとかほとんどオリジナルと同じ絵面のシーンも何ヵ所かありますが(ちょっと、おぉ~ってなりました)、オリジナルのいいところを残しながら、今作の設定を生かした撮り方、良かったです。総じて完成度は高かったと思います。ハワイの景色とストーリーの秀逸さで心地よく鑑賞できました。

物語は...
ハワイでツアーガイドをしながら天文学者になる夢を持っている大輔(山田さん)が地元で偶然出会った瑠衣(長澤さん)は事故の後遺症で記憶障害がある女性だった。大輔はひとめぼれし、次の日も声をかけるが、彼女は前の日のことを全然覚えていない。事情を知った大輔は、それでも諦めきれず、色々な方法で瑠衣に猛アタックしていくが...
といったお話。

大輔と瑠衣のシーンはどれもいいんですが、特にキスシーンはロケーションの良さも生きていて綺麗でした。しっかり者の役が多い印象の長澤さんですが、今作は可愛かったです。

瑠衣を大切に思う父(佐藤二朗さん)と弟(太賀さん)の優しい嘘、悲しみを見せずに明るく彼女を支えようとしている二人の姿は切なかったです。でも、切ない設定ですけど、二人の掛け合いは絶妙で爆笑してしまいました。
大輔の親友役のムロツヨシさんもお笑い系の演技が多いのですが、友情が感じられるシーンではシリアスな演技もしていて、なかなか良かったです。
そして、記憶って脳ミソだけのものじゃないんだな~って気付かされる、終盤のシーンは、うるっときました。

リメイクだけど舞台がハワイということで日本人の物語でも全然違和感なく、素敵な映画でした。劇場で観て良かったです。


あと、山崎まさよしさんの「One more time , One more chance」が大事なところで使われていたのも良かった~。今までこの曲聴くと映画「秒速5センチメートル」を思い出していましたが、これからは、この映画とどちらを思い出そうか、脳ミソが迷いそうです(笑)