キッチーさんの映画レビュー・感想・評価

キッチー

キッチー

いい映画いっぱい観たいです。コメディ好きですが、色々なジャンルを観ていますヽ(・∀・)ノ

映画(707)
ドラマ(0)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.6

夢の国と隣合わせなのに、現実は厳しい。
シングルマザーが禁忌を犯してまで守りたかった娘との生活を、貧困は容赦なく奪っていくのだろうか...

フロリダのディズニー・ワールド・リゾート。世界中から富裕層
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

2.9

カリスマミュージシャン、リリィ・シュシュを信奉する蓮見雄一(市原隼人さん)はネットの掲示板「リリフィリア」を運営する中学生。彼は実生活で上手くいかなくなっていく中学生活にだんだん追い詰められていき、リ>>続きを読む

シドニー・ホールの失踪(2017年製作の映画)

4.0

髭面で犬と一緒に放浪する男、彼を調べ彼を追う謎の男。これは一人の小説家シドニー・ホールが放浪していくロードムービーであり、彼の心の中にある過去へのロードムービーだと思いました。

成功した筈の小説家シ
>>続きを読む

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

3.9

とてもキレイなファンタジーロマンス。水辺をぐるりと囲む家々、ロシア辺境の町で行われる結婚式、民族衣装を纏った公爵令嬢、神々しいドラゴンの造形やドラゴンの棲みかの島、ツボでした。こういう幻想的で美しい映>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.9

大人気シリーズの1作目。ブライアン(ポール・ウォーカー)とドム(ヴィン・ディーゼル)、ミア(ジョーダナ・ブリュースター)、レテイ(ミシェル・ロドリゲス)たちとの出会い。

このシリーズの骨格となる家族
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.9

CULA(ロサンゼルス市立大学)でファッションを学ぶブロンドのおしゃれな女の子エル・ウッズ(リース・ウィザースプーン)が、ハーバード・ロー・スクールの彼に振られたのをきっかけに、猛勉強の末、同じ学校に>>続きを読む

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow(2018年製作の映画)

2.9

コアなファンのためのOVAでしたね。
リゼロは本編のTVアニメがとても感動的で面白かったので、期待してしまいましたが、本編のおまけ的な話で、ちょっと残念。
キレイに纏まってはいましたが、売りでもある戦
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.2

カナダの画家モード・ルイスの半生を映画化した作品。

若年性リウマチで手足に障害を持つモード(サリー・ホーキンス)は家族の厄介者のような立場でしたが、エベレット(イーサン・ホーク)が書いた家政婦募集の
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.9

R-15になっていて、過激な性描写がありますが、内容はミステリーなので面白かったです。スウェーデン版『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』のハリウッドリメイク作品。

物語は、
記者をやっているミカエル
>>続きを読む

アフター・ウェディング(2006年製作の映画)

3.8

今作は、ジャケ写の女の子の涙にやられました。もともと気になっていたのですが、こんな話だったとは...
自分も娘がいるので、後半は涙が止まらなかったです。

物語は、
若くしてインドに渡り、孤児院を建て
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.6

クライムサスペンスの傑作、有名な『ユージュアル・サスペクツ』を鑑賞。

麻薬船爆破事件で生き残ったヴァーバル・キントが尋問中に語る真実とは?カイザー・ソゼとは何者なのか?事件は謎に包まれている。
とて
>>続きを読む

バージニア・ウルフなんかこわくない(1966年製作の映画)

3.6

エリザベス・テイラーの映画は『ジャイアンツ』しか観ていないのに、2作品目にこの映画のチョイスをして、ちょっと後悔。インパクトのある作品でしたが、それだけに彼女の他の作品の演技との落差が楽しめる映画だっ>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

欅坂46もあまり知らないし、原作も未読だったのですが、見たことないジャンルの映画を観たくて鑑賞。

面白かったです。文学少女、女子高生、芥川賞や直木賞とか、普段あまり注目していない話だったのですが、魅
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.0

ニューヨーク、メトロポリタン美術館で毎年5月の第1月曜日に開かれる世界最大のファッションショー、メットガラ。

今まで、アートとして認識されなかった服飾の世界はアレキサンダー・マックイーンの登場で評論
>>続きを読む

8月の家族たち(2013年製作の映画)

3.4

舞台は8月、オクラホマ州ポーフスカ。
黒のウィッグを被ったブラックメリル登場。娘たちも全員斬って捨てられます...といっても、アクションではなく会話劇ですが(笑)

これは、夫べバリー(サム・シェパー
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.8

ギレルモ・デル・トロ監督のサイコーに芸術的なゴシックロマンス。グリムゾン(深紅)の土の色が美しくも不気味です。

1900年代初頭、ニューヨーク州のバッファローに住む作家志望の少女イーディス(ミア・ワ
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.3

『マンマ・ミーア! ヒア・ウイ・ゴー』にも出演したシェール。彼女の代表作『バーレスク』。いつもジャケ写は見ていて、気にはなっていたんですが、観てなかったんですよね~。『ヒア・ウイ・ゴー』を観たので、こ>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.5

これは時間がテーマになっている映画で間違いないと思います(キッパリ!)。人間は生まれた瞬間から色々な選択をしているんですが(赤ん坊ですら泣くか泣かないか選択しているとか)、選択によって変わる未来が無数>>続きを読む

都会のアリス(1973年製作の映画)

4.0

ヴィム・ヴェンダース監督のロードムービー3部作の1作目。1974年公開なので、1973年公開のロードムービーの名作『ペーペームーン』とちょうど重なり、『ペーペームーン』の試写を観たヴェンダース監督が内>>続きを読む

アクトレス 女たちの舞台(2014年製作の映画)

3.9

同じシナリオの舞台で別の役を演じる。たまに話題になりますよね。映画では「奇跡の人」のヘレン・ケラー、サリバン女史をパティ・デュークが演じたのが有名です。
今作は「マローヤのヘビ」という舞台の主要な登場
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

4.0

『エンドレス・ポエトリー』の前段にあたる映画。ラストシーンでエンドレス~に繋がります。
こちらもホドロフスキー監督の自叙伝ですが、アレハンドロは幼く、父親ハイメと母親サラを中心としたシーケンスも続いて
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.6

125人の画家がゴッホの手法で描いた絵を使って制作した映画。最初の構想では7分程度の短編を考えていたらしいので、95分はいかにも長い...
物語も単純で内容も弱めなので、もう少し 短くても良かったと思
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.2

若き日のアレハンドロ・ホドロフスキー監督の自叙伝的作品。
88才の監督が作った圧倒的な映像表現にただただ驚くばかりでした。
中心になる前衛芸術。これでもかというくらいに続くシュルレアリスムの世界。
>>続きを読む

黒い十人の女(1961年製作の映画)

3.8

これはちょっと衝撃的、邦画でこんな作品見たことない...フランス映画のようでした。
モノクロの画面に浮かぶ往年の大女優(あまりよくは知らないのですが...)の面々。ジャケ写にもなっている、男を囲んで颯
>>続きを読む

バトルフロント(2013年製作の映画)

3.5

ジェイソン・ステイサムの長髪...ないわぁ~(笑)
違和感ありすぎで、最後までこのキャラだったら物語に集中できなかったと思う。
途中からいつものステイサムになったので、良かった。

さて、今作は元潜入
>>続きを読む

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(2015年製作の映画)

4.5

これは洋画ファンなら観て損はない面白いドキュメンタリーでした。

ストーリーボード(絵コンテ)を作成するハロルド・ミッチェルソンは有名な作品に多く関わりながらも、その仕事の位置付けが不明瞭であったこと
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦時、ドイツ占領下のフランス。ユダヤ人の子供を匿う施設の子供たち9人がドイツ軍の追跡から逃れるため、スイスとの国境を目指す話。厳しい追跡により引率者や年長者とはぐれたことで、13才の少女フ>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.6

ニノとキムタクが初共演の映画と話題になっていましたが、ストーリーも骨太でした。同じ検事として事件に関わる二人のコントラストがいいですね。観ていて思うのは、ニノは天才肌でキムタクは努力家だなってこと。キ>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

ミニカーセットや研究所(ラボ)を大きくしたり、小さくしたり...
こういうこと出来るのってドラえもんぐらいだと思ってました(笑)

でも、量子力学なんていう難しい科学を使って夢のような世界を作ってしま
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

ストーリーも盗みのテクニックも、フツーな感じだったのですが、豪華キャスト、素敵な衣装で他の映画とは一線を画する雰囲気、ありました。

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレ
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.5

『MEG』の公開が近いということで、久々にスピルバーグ監督の『ジョーズ』を観てみました。親が好きで何度か飛び飛びで観ていたのですが、最後まで通しで観たのは、初めてかも...
しかし何度観ても怖い映画で
>>続きを読む

ぜんぶ、フィデルのせい(2006年製作の映画)

3.3

パリで両親と弟と何不自由なく暮らしていた9才のお嬢様アンナが、両親の都合で生活を一変させられ、それでも少しずつ成長していく姿を描いた作品。

父親はもともとはスペインの貴族階級出身、パリで弁護士として
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

『マンマ・ミーア』って美しい娘と美しくて元気一杯の母親が仲間たちと歌って踊る超絶ハッピーなミュージカルだったので、当然続編でもそんな展開を期待していましたが、出だしから思いがけないストーリー。残念でし>>続きを読む

コントロール(2007年製作の映画)

4.0

イギリスのロックバンド、ニューオーダーの前身ジョイ・ディビジョンのヴォーカリスト、イアン・カーティスの伝記的映画。
ニューオーダーは名前だけしか知らず、イアンと言えばイアン・ミッチェル(BCR)ぐらい
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.6

なかなか素敵な恋愛映画... 実話だそうです。日本大好き台湾のリンちゃん(簡嫚書さん)がフェイスブックで友達になった日本人男性モギさん(中野裕太さん)と遠距離恋愛する話ですが、ピュアなラブストーリーで>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.5

そういえば、ファミコンでこの映画のゲームやってたのって確か30年ちかく前だったな~。でも、観ていなかった映画『グーニーズ』。

マイキー、マウス、データ、チャンクのグーニーズに、兄ちゃんとガールフレン
>>続きを読む

>|