Bamboo

恋は雨上がりのようにのBambooのネタバレレビュー・内容・結末

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

予告の印象を良い意味で裏切られた。
小松菜奈が年の差恋愛にもやもやする話かと思った

店長のぶれない姿勢好き(抱きしめちゃったけど)

"若さっていうのは時に凶暴で乱暴なものなんだ。それでも、その時に感じた感情というのは、いずれかけがえのない財産になる。今はわからなくても…"

今まで感じていた「間違っていると頭で分かっていても抑えられない衝動」を丁寧に言葉で説明された感覚

その時の感情は間違いなく本物だけど
いずれ沈静化することを経験してきた大人ならではのセリフ
これが頭に入っていると、間違った選択はぐんと減る気がする


恋以外に、店長やあきらの「夢」と向かい合う姿勢の変化も丁寧に描かれている
店長とちひろとの"未練じゃないよ。執念だよ”のやりとりは、
作家への夢についての話なのに、恋の話にも聞こえてくる

「未練」っていうとなんだが受け身で感情に流されながら生きているように感じるけど、
「執念」は、立ち向かうエネルギーが込められている能動的な言葉

映画の中では、あきらの恋は叶わなかった訳なんだけど、
「この2人にとってこれが最も良い関係性なんじゃないか」と思えるほど爽やかなラストシーンだった
男女の仲よりも、45歳のおじちゃんとの信頼厚い友情のほうが貴重じゃない?