恋は雨上がりのようにのネタバレレビュー・内容・結末

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・レストラン店長のおっさんと、女子高生の恋愛ということで、一歩間違えれば生々しい感じになりそうなところ、カメラマンが女性で、うまくいやらしくなりすぎないように撮れた。・・・なんて何かの記事で読んだけど、それでもやっぱり小松菜奈の無防備な感じ、破壊力すごかった。。。笑

・やるべきこと、やりたいことがあるのに逃げている小松菜奈を見て、大泉洋は自身が同じように押し込めていた内面を見つめなおす。そして目覚める。さらに、小松菜奈も同じように目覚めるよう、諭す。この相互関係は、恋人同士ではないにせよ、お互いを思い合う大切な存在同士であることには違いない。世間体的にも社会的にも、
「付き合う」という結果は難しいけれど、それ以上の影響を及ぼしあっていることも、また違いない。

・そして、まだ終わりじゃない。これから先の希望もあるいいラスト。
キャスティングが良い
やっぱり大泉洋最高だよお…
エンディングもいいね
成人は、未成年に手を出してはならない。
この女子高生の恋は叶わない。二人は結ばれない。それがとても良かった。
冴えないが良識のあるちゃんとした大人と、一度は挫折したものの再び立ち上がった女子高生。
男女として恋愛関係になるのではなく、人間と人間として心からの交流をし、それぞれの道へ歩き出していく。
とても清々しい気持ちになった。
小松菜奈を観る映画ですね!!でも音楽もよかった。そして店長がそのまま分別のある大人として描かれていて安心した…でも大泉洋じゃないんだよね〜〜〜〜〜〜

あと濱田マリはやっぱりどハマりだしキャラもそのままで良かったけど吉澤はもっといいヤツだぞ!!怒
「恋は雨上がりのように」実写化。女子高生と45歳オジサン店長との恋愛事情を描く。
内容が内容だけに綺麗な話には纏まらないような気がしていたが、まったくもっての真逆の話である。主人公あきらの真っすぐで純粋な気持ちに店長がそっと後押しをする「青春群青劇」そのものだ。まさにきれいすぎる話である。

まず原作の実写度合いだが相当な高得点だ。アニメは3話までしか見ていないが、細かい部分まで含めて非常に良い配役と展開だ。OPの疾走感とスピード感、前半のギャグ展開&真面目展開の入り乱れの出来栄えはピカイチ。ここまで出来の良い実写はあるだろうか。但し前半までは、である。後半からは一気に話はグダグダしてしまう。結局は店長が良い人すぎて、あきらが陸上に戻るよう後押しをしてくれるようなストーリーになっているのだが、うーん、スピード感がどうしても落ちた印象。店長がそこまで必死にあきらを説得しているかのようにも見えず、葛藤があったようにもみえなかったのが残念。ライバル登場、親友との葛藤など、どちらかというとこっちに話の軸がブレてしまい、店長との恋愛は納得いかないまま終わりを告げた印象だ。オトナの対応と言えばそれまでだし、そこが本作の美しいところなのはわかるが。

あと、最後のシーンは、とても良かった。クライマックスで終わる片思いではなく、まだ店長に本気で恋をしている主人公の気持ちが良く伝わった。ここから恋が始まるのだと思わせる良い演出だったと思う。
そして、あきらが走るシーンが悉く美しい。どれもカットが素晴らしく、魅力的だった。
映画とは関係ないが、Gyaoで配信されている脇役のサイドストーリーもぜひ見てほしい。こちらは甘酸っぱい高校生の青春劇となっている。
原作溺愛してます。

よかった。始まり方かっこ良し。小松菜奈ちゃんの走る姿がとっても綺麗だった。ストーリーは良いのわかってるし、キャストがよかったので、期待してた通り。

ただ、やはり尺が限られてることもあってか、あきらがバイトを辞めて部活に復帰するまでの流れ(店長から振られる流れ)が、映画ではわかりにくいんじゃないかな〜と。最後の最後のシーンのおかけであきらの辛さは原作より伝わってる感あるけど。

そしてこの作品で1番好きなとこ。この店長は目先の欲求を抑えて人の気持ちを深く深く考えられる素晴らしい人間だよね。ほんとあきらは見る目ある。お互いにとって成長できたって思える恋愛は本物だって思う。

‪そして個人的なこと。映画を観たタイミングがタイムリー。今日一緒に観に行った方とサヨナラした。映画みたいな綺麗な恋愛じゃなかったけど…。こうやってたくさん泣いて…心の雨上がりにまた恋をしよう。‬
‪(くっさー!絶対後で読み返して後悔する文章)‬
この映画最高かよ
この映画最高かよ
この映画最高かよ
あー、爽快。

オープニングのつかみもカッコいい
ズサッってなってズサッってなる
主題歌もハマる(がんばれないよー(がんばれないよー
映像の表現も音の表現も好き
祭場面の視界がクシャってなるところいい
笑いのテンポもさすが
雨の使い方も好き
恋愛恋愛してるわけではなく、
あー青春してるなー、と。

「あー青春してるなー」
増えました、そんなことを思うことが。
他人事です。青春に関して。いつの日かそうなっていたのです。
でも、走りたくなりました。久々に。こんな自分が。

大ケガして夢中だったものを失ってしまった少女。共感。
夢をずるずると追って、中途半端な生活が続く店長。共感。
挫折。っていうかまあ雨が降るわけですよ。っていうか雨はずっと降ってるんです。
嫌になっちゃいますよね。
でもね、「すぐやみますよ」なんて他人には声をかけてるんですよ。たぶん無意識に。
自分も雨にあたってびしょ濡れなのに。
で、少女は無意識の中で店長に夢中になって、そのふたりは交わった。

交わった。それがそれぞれのきっかけで。
自分が夢中になりたいもの、それにそれぞれ向かい始める。
45才、未練で終わらせちゃいかん。
それは「未練」じゃなくて「執着」,「執念」と言ってあげよう。
それだけで僕らの気持ちはずっと軽くなる。
"決断すれば、いつかそれを懐かしめる。
でもそれがもし諦めた結果なら、足踏みしたままだ"
少女へかけた言葉。でもそれって店長自身にとっても響く言葉。もちろんわたしにも。

同じ怪我を乗り越えた女の子の登場。
しかもその子の憧れは私だと言うじゃないか。
タイムもいよいよ私の記録と並んで。。
個人的には、この子の存在ってすんげえ大きくて
悔しいし、燃えてくる、どうにかしたいと思ってしまう。
壁ドンシーンも含め、最高の存在だった。
印象に残ってるシーンは、まだまだある。
祭場面の「もとには戻れないよ」と友達に言うシーン。
それって店長との関係のことなのか、
アキレス腱のことなのか、友人との関係のことなのか、変に考えてしまったね。
あとは、ハグしたあとの「ありがとう」。
台詞もそうだけど言い方がね、うん。
まあ、結局はラストシーンね。
少女の仕草と、アップになったときのあの目。
しびれますね。


うん、この映画すき。
 めちゃくちゃよかったー。高校生に戻りたくなった。小松菜奈がかわいすぎる。陸上のシーンはかっこよすぎるし。

 小松菜奈がお客さん追っかけていってケガしたときの店長めちゃかっこいい。けど、大体店長ただのおっさんだった。大泉洋の演技力すごい。

 小松菜奈と店長が停電した部屋でぎゅってするとこきゅんとした。

 加瀬さんとデート行くときの小松菜奈ほんと面白かった。カラテチョップのTシャツはないでしょ。

 吉田羊もうお母さん役やるのかーってちょっとびっくり。「もうスパイク捨てちゃったよね?」って言われて
「捨てる訳ないでしょ」って言うのめちゃ泣いた。

 小松菜奈が店長の息子に走り方教えるとこ好きだった。砂浜でクラウチングスタートする小松菜奈、ほんとに走るの好きそうで。

 ラストの「私、店長とメールしたいです」って言うところかわいすぎるでしょ。小松菜奈も店長もちゃんと自分のことがんばってそれでちゃんと出会えて、メールっていうの最高。恋したいーー!
梅雨が明けそうな今の時期に観たくなる映画。
やっぱり合わせて観に行ってよかった。
全体的に疾走感溢れる映画で観ていて退屈せずよかった。
出てる役者さんみんなそれぞれ個性が生きてて、大泉さんの情けないおじさん感が本当によかった。

恋愛でお互いが相手にとって毒になってしまう場合と薬になる場合があるけど、
あきらはまだ高校生だからそこがわからず、そこを周りが教えてあげて最終的に二人がお互いの薬になって前に進もうと思い合えたシーンには感動した。

最後あきらが「私たち友達ですよね」って泣いているけど笑顔を見せながら言ったシーンでは
本当にこの子は店長に全力で恋をしていたんだなと思ってこっちまで泣いてしまった。

あと、ただ二人が最後くっついて終わりっていう終わり方じゃない所がよかった。
結ばれないとハッピーエンドじゃないっていう定義はないし、二人の未来を想像できるように終わらせてくれて余韻にも浸れたし、終わった時にはがんばろうって思える映画だった。
また観たいな。
やっと観れました。公開から少し経った映画はお客さんが少ないので好き〜 雑音が少ない。 小松菜奈さんが美しすぎた。物静かな役だったけれど声を荒げる場面とかは普通の女子高生になっていてとても良かった。45歳と17歳。側から見ればおかしいよね。年の差が世間からどう見られているのかを知って怖かった。そうだよおかしいんだよ、援助交際みたいだし。最後の終わり方はもう泣きそうだった。これから2人はどうなるかわからないけど希望のある終わり方だった。良かったねって思ったよ〜 エンドロールへの入り方も良い、好き。フロントメモリーはずーっと好きでカバーって聞いて不安だったけど女の子の声に爽やかさがあって良かったです。夏に観れて良かったな〜 小松菜奈さんを初めて映画館で観れた。
>|