恋は雨上がりのようにのネタバレレビュー・内容・結末

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

「恋は雨上がりのように」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あきらは陸上部に復帰した。部活で川の堤防をランニングしている時、店長の運転する車とすれ違う。店長は車を止め、あきらも立ち止まる。お互い元気かを確かめた後、あきらは店長に「友達ならメールしたいです」と涙を堪えて言う。

オープニングのテレキャスターストライプが熱い!
予告の印象を良い意味で裏切られた。
小松菜奈が年の差恋愛にもやもやする話かと思った

店長のぶれない姿勢好き(抱きしめちゃったけど)

"若さっていうのは時に凶暴で乱暴なものなんだ。それでも、その時に感じた感情というのは、いずれかけがえのない財産になる。今はわからなくても…"

今まで感じていた「間違っていると頭で分かっていても抑えられない衝動」を丁寧に言葉で説明された感覚

その時の感情は間違いなく本物だけど
いずれ沈静化することを経験してきた大人ならではのセリフ
これが頭に入っていると、間違った選択はぐんと減る気がする


恋以外に、店長やあきらの「夢」と向かい合う姿勢の変化も丁寧に描かれている
店長とちひろとの"未練じゃないよ。執念だよ”のやりとりは、
作家への夢についての話なのに、恋の話にも聞こえてくる

「未練」っていうとなんだが受け身で感情に流されながら生きているように感じるけど、
「執念」は、立ち向かうエネルギーが込められている能動的な言葉

映画の中では、あきらの恋は叶わなかった訳なんだけど、
「この2人にとってこれが最も良い関係性なんじゃないか」と思えるほど爽やかなラストシーンだった
男女の仲よりも、45歳のおじちゃんとの信頼厚い友情のほうが貴重じゃない?
飛行機移動中三作品観劇の一作目。
エールフランス微妙に古い😅けどレンタルしようと思ってたから良し!
なんせ小松菜奈ちゃん好きとしては最高な作品。
大泉さんのうだつの上がらない感じも最高。
おじさんに夢を与えず(笑)現実的で良かった。
山本舞香ちゃんの関西弁は設定いらなくないか?と思ったが原作がきっとそうなんだろね。
アニメ観たあとに続けて映画観賞。
原作は未読です。

終わりかたがとても好きです。
恋愛が成就するだけがハッピーエンドではなく
こういうハッピーエンドもあるのだと
こういう終わりかただからこそ
すごく爽やかな気持ちで
見終えることができました。

アニメよりは時間の経ちかたが
薄い感じはしますが
2時間にちゃんと収めて
イメージも崩れず素直に観ることができました。
たまたま見た予告編に興味を持ち大泉洋さんも出演されていると思いレンタル。

どんどん作品にハマっていって結果満足できたかな。
やはり大泉洋さんは面白くて良い味を出している。
ただの中年と女子高生の恋愛映画と思っていたが青春的な要素も含まれていて面白かった。
劇中に出てくる「本は無理やり読むのではなくその時に必要な本が呼んでいる」という台詞なども良かった。
小松菜奈◎
キャラクター◎
タイトル◎

フラグ全回収
腑に落ちないことがない
ちょいちょい出てくるパラパラ漫画がエンディングで再生されるのが最高。構成上手すぎ。

交わらなさそうな二人が実は似たもの同士。人生の雨やどり。

ハッピーエンドでない人も前向きな姿で見せられてなんだか前向きになる
未練ではなく執念
小松菜奈さんの存在感は、なんなんでしょうか。ミステリアスさと可愛さと美しさが混在しております。
そして目力半端ない!

この映画、おじさんから観た立場だと、
夢のような話ですが、女性から観るとどういう意見なんでしょうね。。

好きになるのに理由はたしかにいらないのですが、それでもやっぱり気になります。
あの手品覚えようかな

ラストどうまとめるのかと思ったら、メールはじめるって!

恋愛映画としてストーリーに余韻が残る感じまではいかないですが、小松菜奈さんの余韻はしばらく残りそうです笑
臭い、臭くないのシーンはハイライト😂

思ったり恋愛どうのこうの話ではなかったけど、それが良かったと思う。
気になっててようやく観たけどめちゃくちゃ好きなやつです、、
終始映像が綺麗だったし小松菜奈さん美し過ぎて他のこと考えられないくらいぼーっと観てしまった。美しさ故にどのシーンも無駄がない感じ。
個人的には小松菜奈さんのこういう役めっちゃ好き。好きなものとかひとつのことに一直線過ぎて周りが見えてないような感じ?(溺れるナイフ然り)
ずっと観たいと思ってた割には観るまで小松菜奈さんと大泉洋さん以外のキャストは知らなかったんだけど凄く豪華だし山本舞香ちゃんの存在感に圧倒された。最後の大会のシーンも観れたら良かった。
小松菜奈ちゃん観たさに鑑賞。

想像以上によかった!!!
特によかったのは、ハルカとの関係性かな。

私たちの友情は陸上だけじゃなかったはずだよね!っていうのはやばい。泣いた。

喧嘩したわけじゃないのに自然と遠ざかって気まずくなるってことあるよね。
それでも根っこの部分でしっかり繋がっていたというか、ハルカのアキラに対する想いがまっすぐでよかった。

店長の言葉は一つ一つ優しくて、そんなこと言われたら余計好きになってしまうんですけど!?という感じ
墜ちずに大人の対応をしきったところも好感。

はーーーーいいものみた。
逃げない、諦めない。自分から離してしまったらそれで終わっちゃうからね。
>|