恋は雨上がりのようにのネタバレレビュー・内容・結末

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作ファンからしても最高だった。

カットはあれど、違和感のないストーリー

テレキャスターストライプやフロントメモリーという絶妙な選曲

近藤とちひろがTEAM NACSな点も憎い

キャストが一々原作キャラに似ててそれだけでも嬉しい

加瀬が実はいいやつだと分かる脚本でよかった。アニメだと伝わりづらかったから。

作者がどれほど噛んでるのか知らないが、原作にないシーンや演出がアニメ、映画にあるので、全コンテンツ見ることで「ぼくのかんがえたさいきょうの恋は雨上がりのように」が完成する。オリジナルシーンがどれもいい
とにかく絵になる小松菜奈が500回くらい出てくる。
これ合法なの?ってくらい爽やかに艶めかしい小松菜奈を鑑賞できて、とにかく小松菜奈のミューズっぷりが素晴らしい映画。小松菜奈は絵画。

内容も、恋愛映画を装った失意の者達が互いの背中を押し合う再生の群像劇で、若い子も、大人も、この映画を観る価値がある。
ファミレスの冴えない店長も、夢を諦めた女子高生も、極めて小規模かもしれないけど誰かのヒーローになり得る。
ひとかどの人物になることを志したけど、結局何者にもなれない、自分には何もないと"自分でそう決めたのならいつか懐かしむことが出来る。でもただの諦めなら立ち止まったままになってしまうんじゃないかな"

タイムリーにも「万引き家族」に繋がる。

惜しむらくは、原作の要素を抽出しただからだろうけどあんまり活かせてない要素を感じたとこ。片思いの金髪少年とか、逐一絡んでくるからサブプロットになるのかな、と思ってたら殆どただの賑やかしで終始してしまっていた感。
小松菜奈の可愛さがハンパじゃない。
ファミレスのバイト店員が店長に恋をするってゆう内容。うまく想いを伝える方法がわかんなくて、直球勝負一択で店長にアタックを仕掛ける不器用な小松菜奈、、うーんもう、好き!!

キャスティング最高!って思う理由はコマツナパワーだけにあらず。
年端もいかない高校生に好かれた冴えない店長はオロオロするんだけど、
大泉洋、このオロオロ芸が上手い。
想像できるでしょう、水どうで培ったイジられ職人の離れ業が。もう大泉洋でシナリオを当て書きしたとしか考えられない。絶妙なユーモアが実現されてます。

珍しいなと思ったのは観客のターゲット。10〜30代の男性はコマツナちゃんにキュンキュンするだろうし、高校生くらいの女子に好かれるってゆう展開のあたり、40代以上の男性も見たらハマるんじゃないかと思う。

恋愛モノって10〜30代の女性とかをターゲットにしたものが多いのに、この作品は幅広い年代、しかもオッサン世代も楽しめんじゃないのかな。

僕はもう一度観に行くのも全然あり。コマツナを見るために。
日本の高校生の夏。息を吸うと雨の日の湿った青臭いにおいがしそうなくらい眩しくて懐かしい気持ちになった。
走るシーンの気持ち良さすごい

大泉洋演じる店長がこんな…こんな人いる…?と思いながら、女子高生に好意を寄せられたおじさんの大大大正答というかこれがみたかったんだよ、、って思った。
もちろんロマンスというかフィクションとして年上の男性に惹かれて翻弄されて想いを伝えて、というお話はめちゃくちゃかわいいし好き。
だけど、好かれた側として気持ちは嬉しいし君に感動を貰ってるのは事実だけど君には他にもたくさんやりたいことがあるんじゃないかって言える…?それも詭弁でなくて恋以外のものに惹かれていることを店長が見抜いた上で言ってるからこそ説得力がある。馬鹿にしないし弄んだりもしない真摯な描き方に感服してしまった、、

恋模様もすごく好きなんだけど、喧嘩中の友達のことについて、そう決めたなら懐かしいなと思い出せる日が来るのかもしれないけれどただの諦めなら立ち止まったままになってしまうんじゃないかな、のセリフとか。
もがいてもがいて前に進もうとするのは未練じゃなくて執着っていうんだとか。
身につまされるようなことも多くて観ていてむずがゆくなってくる感じ。いい意味で。

来月のシフトも、再来月もその次も、もう入らなくていいよ、の突き放し方というか背中の押し方がすごく好きで悶えた。
ラストシーンのあとフロントメモリーが流れたところでうわーって泣けてきた。懐かしさとか切なさとか悔しさとか色んなものが押し寄せた。自分の高校時代のクソ暑い真夏の部活とか悔しかったこととかたくさん。「がんばれないよ がんばれないよ」の歌詞でもう嗚咽が止まらん。隣の人もすごい泣いててわかるよ…って思った…
わたしこの映画めちゃくちゃすきです!!!!!ありがとうございました!!!

小松菜奈ちゃんスタイルめっっっっちゃいい…脚ほっっっそ…
あとロケ地が出身に近いから知ってる電車が走ってたり見たことのある景色だったり駅名だったり、そういうのもめちゃくちゃ感情移入してしまった理由の一つだと思う…高校生のとき桜木町で好きな人とデートしましたわ…懐かしくてつらいです…

ただ途中の関西弁の女の子とか作家のお友達とかビジュアル的にもキャラ的にも突然濃くなってびっくりして集中が途切れた…!!

原作未読で、SNSで話題になっていたのとキャスト陣が好きだったので観に行きました。

恋愛映画はほぼ観ないので、いけるかなあと思いながら観てましたが、冒頭から痺れるほど弾けてる曲が流れるので、ただの恋愛映画ではないなと感じました。監督が永井監督で、帝一の國の監督なので、帝一の冒頭が好きな方はハマると思います!

作品は全体を通してみずみずしくて、ずっと爽やかでした。大泉さんが良い感じにしっかりとおじさんで、安心しました。ただのおじさんと女子高生の恋愛映画、ではないので色んな層に観てほしい作品です。
好きだからどうにか発展したい、を主軸に置いていないのと、周りがおじさんと女子高生の関係性をきちんと「気持ち悪がる」描写もあって、どこかリアルさも感じられ、冷めることなく観ることが出来ました。ただ、あきらちゃんのライバルがいかにも過ぎたのと、あそこまであきらちゃんを越えることを打倒にしていたなら、ガーデンでたまたま会うんじゃなくて、もっと冒頭から自らあきらちゃんに会いに来るぐらいのポテンシャルは欲しかったです。場面の繋ぎは、時々荒いなと感じる箇所がありました。

個人的に、店長とちひろさんのやり取りが堪らなく好きで、そこに中の人達の距離感の近さも重なって、改めてキャストが良かったと思いました。

全体を通してみずみずしく感じたのは、あきらちゃんのシーンだけではなく、店長のシーンもみずみずしく感じられ、何かに頑張る人はいつだって、何度だって輝けるんだなと思いました。

映画を観て良かったので、漫画かアニメを見たいと思います…!
とてもよかった。
今日は雨の日。ぴったりの映画。
アニメをみていたので、小松菜奈と大泉洋がぴったりはまってると思いました!
そして!上手に編集されてて上手くまとまっていました!
まずopから引き込まれました!小松菜奈が走っている疾走感、爽やかな感じとてもよかった。
そして小松菜奈が1人で映るシーンは綺麗でした!


お気に入りのシーンは図書館のところ。
「自分を呼んでいる本がある。それが今の君に必要な本だよ。」という、大泉洋の台詞が素敵でした。そんな本に出会いたい!


感動するシーンやクスッと笑える場面もありとてもよかったです。
怪我をしたあとの、母親や友人との関係性
わたしの物語だ、と思った

「未練じゃなくて、執着」ということば
わたしの道しるべだ、と思った
執着してるなら、動かなくちゃね
小松菜奈ちゃんのかわいさ!
スタイルの良さ!
走る姿の綺麗さ!
素晴らしかったです😢💞

恋愛というよりも
支え?執着?だったのかなあ

壁にぶち当たって、立ち止まること
誰にでもあると思う
そこから一歩踏み出す勇気ですね
原作未読。
この二人で映画化すると知り、アニメは見てみました。
青春の初々しさ・瑞々しさと、そこを通って諸々経験してきた大人の渋さの両方がいいバランスで好きなお話。

一緒に行った小学校の頃からの親友は、洋ちゃんと戸次さんの言ってることがよく分かったから、自分はもう小松菜奈の方じゃなくてこっち側の人間なんだ…って思ったとしみじみ言っていました。そりゃそうだよ、私たち三十路過ぎてますから笑。

個人的には戸次さんが洋ちゃんに言った、「俺たちは大人じゃねえよ、同級生だろ」という台詞が、その彼女と観に行ったせいなのかどうしようもなくグッときて、泣きそうになりました。

一人で行ってたらまた感じるものが違ったかもなと思いました。やっぱりたまには誰かと観るのもいいな。
原作ファン、終わってしまって悲しい。
もちょい加瀬さんの方の話の終着点を見たかった。
でも漫画の終わり方は本当に最高。
映画化される前は店長は堤真一であきらちゃんは橋本愛かなとか思ってたけど小松菜奈ッッッ
美しすぎるし何その透明感...。
どこか妖艶なのに泣いてる顔は年相応っていう、奇跡か。
廊下の背もたれに体重かけて紙パックのジュース飲んでるとこまんま漫画のあきらちゃんだった...凄い。
ビクッとした時の猫的な動きとか凄くっぽかった笑
そしてまだ何ミリか程はつ、堤真一版見たかった...感が無きにしもあらずだけどッそっちはまだ本気出してない方に託すとしてッでもッやはり大泉洋。
最初入ってきて「もっと食べなよ?」って上から見下ろすように言うシーンを見てそりゃ惚れるわって思った。
でもまだ魅力が存分に出し切れてないようにも思う。
原作自体が独白の多いまるで小説の様な、登場人物の心の動きを地の文から読み取るような雰囲気がある作品だったからそこが少なかったのがちょっぴり残念。
店長の頭の中で恐らく活字化されて出力されてるであろう橘さんへの衝撃や揺らぎ始めた自身の気持ちの描写を画面から今一読み取れ無かったなとか骨の髄まで本の虫感が薄かったなってのも少し残念。
と同時に、明るいテンポ爽快な話運び爽やかな情景一つ一つどれもぐっと来たけれど全てがあきらの物の様な印象で。原作の持つあきらの世界と店長の世界との微妙なバランスというか本来混じり合わないはずの静と動の世界が何とか混じり合ってる均衡というか。それがちょっと薄いかなという印象だった。
店長側が薄味なのかな。もしくは店長側までもがあきら的前向きさに寄りすぎたのかな。
何だろうそもそも原作の店長の方も年の功のせいあってか割とひょうきんおじさんだけれどご本人そのものの中身は一人雪の日にラジオしかない部屋に籠もってひたすら原稿に向き合う寡黙おじさんっぽいというか。
こう実社会で表現される外面の彼と本棚ぎちぎちの小部屋に押し込められた本当の自分、彼の脳内で展開されてる真正の思考や内面の部分には大きな隔たりがある様に感じられて。
その誰にも気にかけられなかった側面誰にも見せなかった側面をあきらは垣間見た的な。
殻の中に店長自身が押し込めて自分は蝉の抜け殻だ...って言ってるのを側で聞いた的な。
外面と内面とのブレ、隔たり店長の弱さを見た的な。
一方的に大人な店長にどうにもならない若さから来る苦しみを気持ちの面で支えて貰うだけじゃない的な。
だからこそ店長に関してはおじさんと高校生は駄目だよ君の気持ちには答えられないっていう「大人」な外面だけじゃなく、ああ僕は橘さんが好きなんだ...とかせめて彼女の不安を取り除いてやりたいとか殻から漏れ出てくる奥底の本心をこそ見たかった。
で、最後の最後にはオールバックも解いて完全なる部屋着自室ありのままスタイルであきらと一日過ごすってのが、文字通り誰にも知られることの無かった部屋に彼女を招き入れたって感じでそこでようやく一人の人間として一対一って感じがして好きだった。
そしてそんな感じの大泉洋が見たかった(落涙)
今の感じだと橘さんのゴリ押しを一歩離れた距離からいなしてる大人で止まってる気がした。
もっと全力で泥クチャになる大泉洋が見たかった。かっこ悪いほど全力でへにゃへにゃになりながらおじさんだよぉおじさんだよぉ言ってるのにビタ一大人の余裕が無いがしかしそれが一周回って格好いいし愛おしい的な大泉洋が見たかった。
全編エモーショナルなシーンは本当に素晴らしい。
音楽が鳴って駆けだして映像のキレが増すシーンはどれも素敵だし、車の中でのデートしてくれるんですか!のシーンもこれこそが求めてた実写版二人の形!って感動した。
反面平素の部分が少しそんなにって感じだった。
台詞が重たいせいなのかな。
なんかもっとなんか!って気持ちだった。
九条先生はもっとアニメ版くらい店長にヤな顔されるほど押せ押せうぇえ~い!で来て欲しかった笑
あとゆいちゃんと吉澤の最後のくだりは原作の顛末を知るだけに胸がきゅっと苦しくなるパラレルワールドだった...。
でも全体的には満足だったなぁー。
エンディングのアニメパートも好き。
あ、あとお母さん良かった!
しかし不運なことにずっと横でガタガタひそひそ話してる観客になんでやっなんでやっ静まりたまえ...静まりたまえ...って悲しむ瞬間も多かったから今一集中できず見逃してしまってる部分も多い気もする。
でも良い爽やかな映画だった。
ラスト凄く好き...。
映画版のあきらちゃんと店長の物語のスタートはこれからだ。
>|