恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 時間の尺もあって、心理描写はアニメーションの方が深い。どうしても、まとめないといけなかったと思うけど、燕の巣立ちの場面と芥川の羅生門の解釈の話はこの話の核心に関わるから削らない方がよかったのかなと思った。映画版は青春映画感が強くて、アニメーション版は店長の心理描写も多く、全力で何かに取り組めなかった人・取り組んだけど結果を出せなかった人に染みる。

 結末も原作・アニメーション・映画で違うから、そこを見るのも楽しい。小松菜奈の冒頭の全力疾走のシーンはよかった。
haru

haruの感想・評価

-
親近感を覚える街並みが楽しい
ストーリー上必要だし本人も望んではいたけど、部活はずっと続けなければならない、頑張り続けろっていう他人の強迫観念が怖い。たとえ健康だとしても部活を続けるかどうかは個人の自由じゃない? バツイチの男と母子家庭の娘っていう構図に何か意図はあるのか‥原作見てないから分からないけど

でも小松菜奈と大泉洋の組み合わせが見てて楽しいし、現実的な関係性が良かった。2人ともかわいい
ぶぅ

ぶぅの感想・評価

-

店長に引き込まれていく気持ち
なんかわかるなー。
セトさんも中々いい人だった。
小松菜奈すきだなー。
えりか

えりかの感想・評価

3.7
爽やかな映画だった。
挫折して雨が降ったあとにまた夢中になれるもの、恋してるものを頑張ろうって前向きになれる作品。
ところどころにユーモアが散りばめられているのも良い。

あと空手チョップのTシャツを着こなせる小松菜奈は最強。

このレビューはネタバレを含みます

おじさんと女子高生の恋愛なんてどんな結末になるのだろうと思っていたが、確かにくっつく訳にはいかないよね。兎にも角にも小松菜奈がかわいかった。
さくら

さくらの感想・評価

3.7
2020年95本目
爽やかで綺麗な青春映画。
デート服のモチベ、人によって全然違う気持ちすごいわかるしあからさまで面白かった笑
l

lの感想・評価

3.7

大人の人の魅力って忘れられないくらい心に残ってる。それはどんな感情なのかわからない。
かれー

かれーの感想・評価

3.4
昔仲良くて今は疎遠になった人と久々に会ってみたい、昔やろうと思って諦めてそのままになってたことに久々に挑戦したい、と思える映画。恋愛映画で程よくキュンキュンできるし前向きな気持ちにもなれる、爽やかな映画だった。

自分は運動部でやり込んだ経験がないから、恋目的のファミレス一筋でもそれはそれでいいじゃんとか思ったけど、ラストはまあああなるよなぁって感じ。でも、陸上部復帰後のクサいシーンがちょうどよく省かれ、あくまであきらと店長の人間関係にテーマを置いた締めくくりになってるところはよかった。

それにしても、小松菜奈の片思いの演技にキュンキュンしてしまった。ペディキュアを見られた瞬間に足の指を縮ませるとことか、大好きな人とデートする時の笑顔とかが絶妙だった。

あと、ファミレス店員の人間像(冴えない店長、店長を煙たがるお局、チャラいキッチン、ぶりっ子のホールとか)がリアルで、バイトしてた頃を思い出してしまった、、笑
観るまでは、「女子高生と45歳のオッサンのラブストーリー!?キモッ!」って思っていましたが、観たら全然そんなんじゃなかった(笑)。
確かに女子高生が45歳のおじさんに恋をするんですが、ラブストーリーとはちょっと違いました。
ラブ要素は3分の1くらい。
これは、夢を諦めた全ての人を応援する話なんです。


私も学生時代から陸上をやっていたのですが、怪我で走れなくなり自分を見失っていた時期がありました。
だから余計刺さりました。
「諦めたら立ち止まったままになってしまう」
という台詞が。

「無理とわかっていてもまだ夢を諦めきれない、その気持ちは未練ではなく執着だ。諦めずにあがいて、でも前に進もうとするならそれは“執着”って言うんだ。好きなら執着するしかねーだろ?」


諦められない夢がある人へ、「まだ間に合うよ!大丈夫だよ!」って背中を押してくれるような作品です。

雨上がりの空のような、爽やかなストーリーでした。


どーでもよいけど親友のハルカさん、老けてて高校生には見えないw
眉月じゅんのベストセラーコミックを原作にしたラブストーリー。ファミレスの店長の男と、彼に心を奪われた女子高校生が織り成す恋模様をつづる。メガホンを取るのは『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』などの永井聡。『渇き。』『溺れるナイフ』などの小松菜奈、『探偵はBARにいる』シリーズや『アイアムアヒーロー』などの大泉洋が主演を務める。28歳という年齢の差がありながらも心を通わせていく主人公たちの姿を繊細に描く。
陸上競技に打ち込んできたが、アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。放心状態でファミレスに入った彼女は、店長の近藤正己(大泉洋)から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、この店でアルバイトを始めることにする。バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、彼女は近藤に心惹かれていく。日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、ついに近藤に自分の気持ちを伝えるが……。
2020.05.24
>|