恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

sadachi

sadachiの感想・評価

4.0
キャストぴったし。
雨の描写は実写より、アニメの方が表現力あるので好きかなぁ。よくありがちな恋愛映画の流れとはまた違っていたりと面白かった。観終わった後もスッキリできたかなぁ。
原作は漫画、アニメ化もし、恐らく幸せな実写映画化を果たした作品。

「メッセやってる?」という軽い同級生の誘いをを振りきり、放課後疾走する女子高生、あきら。バイト先のファミレスでは「美少女なのに愛想がなく、なんでこのバイトやってんの?」と思われつつイケメンパティシエや、バイト先まで同じになってる同級生を更にあしらい、休憩に入る。休憩中、同席した「部下から駄目店長と揶揄される×1男の近藤」に対し真顔で言うのでした。「店長、メッセやってますか?」と。

観客に対して非常にシンプルながら解り易い状況説明がわずかOPから10分程度で終わるこの作品。後はひたすら青春というかあきらの片思いというか非常に見てて頬が緩む展開が美しい空の情景と共に展開されます。

あきらの小松菜奈も店長の大泉洋も凄く原作にマッチした感じです。あきらは表情が表にそれほど出ない分行動が可愛いですし、元陸上部としての走るシーンも素晴らしい。女子高生に猛アタックされる40絡みの店長の取り乱し様はもはや大泉の独壇場。嵐の夜に風でフレームアウトする所は流石にやりすぎ感はありましたが。長年の親友設定の小説家のちひろとのやりとりは当たり前ですが自然すぎますねー。本当大泉は良い役しかやらないですよね、ズルイわ。周りの固める人々も良い感じです。新しい壁ドンも見れます。話も女子高生とおじさんの年の差恋愛モノかと思いきや、あきら本人の再生、親友との友情、店長本人の葛藤、友人とのやりとり、夢への復帰と、実は幾つのも要素が良い感じに混ざってる爽やか青春物語。あきら側に寄るか、店長側に寄るか、で観る景色が変わる楽しさを持ちます。そしてそれをタイトル通り、様々な雨や、雨上がりの空で表現する上手さ。

所謂良くある恋愛映画にありがちなのが「とりあえず主役の女優を可愛く、綺麗に撮りました!」感がある作品なのですがこれに関してはそれがそんなにありません。それを一番感じる所が後半、あきらが店長の息子に走り方を教えるシーン。無邪気な子供と楽しく笑い合いながらあきらが海辺の砂浜で一緒に走る。普段のクールな女子高生設定のあきらでは撮影できない、小松菜奈の全力笑顔が撮れるはず、なんですが。ここ、全部引きで撮影しており、全く寄らない。店長が遠くから眺めてる、という設定なのかとにかく遠くから美しい海辺と砂浜と輝く空がメイン、位の勢いで撮影してる。個人的にはこのシーンとても好きです。

結末も綺麗に終わり、原作ファンが喜ぶアニメーションシーンもサービスされており、(ちゃんと伏線張ってます)青春映画としても恋愛映画としてもどちらからでもお勧めできる素敵な作品。普段そういう系統を見ない人でも大丈夫かと思います。雨上がりのカラっとした気持ちになりたい人は是非どうぞ。
ぽてち

ぽてちの感想・評価

3.4
後味サッパリと爽やかな映画。原作も読んだことあるけどまじどうでもいい。さわやか〜。
マミコ

マミコの感想・評価

4.3
すごく純粋で爽やかな感動。気持ちのいい余韻がずっと残ってる。
普段避けてるタイプの映画だからか、原作めちゃくちゃ好きなのに終盤30分くらい寝てしまった…。
せい

せいの感想・評価

3.8
照りつけるような日差し、肌にはりつくじめじめとした湿気、吹き抜ける風、そう行った空気感をこちらも体験出来るような映像だった。
自分よりかなり年上の男性を好きになった女の子の話。その人のいるファミレスでバイトを始めたり、ついつい目で追ってしまったり、話せると心が踊ったり…。
ひたすらにピュア!さわやか!
女子高生とおじさんが恋愛する話なんでしょ?みたいな感じで多少反感を買っていたようだけれど、その人たちが思ってるようなことは全然なくて、これは「夢」というキーワードが2人の人間をどう導くか、みたいな恋愛だけの話ではないのだ。もちろん主軸は店長を想うあきらちゃんの気持ちなのだろうけど。
最後の小松菜奈ちゃん良かったなあ。目を赤く充血させて涙をいっぱいに浮かべながら店長と話すシーン、最高だった。
あとは何と言ってもフロントメモリー。
かまってちゃんはもともと好きだったのでフロメモが主題歌に決まった時めっちゃ嬉しかった。
エンディングでフロントメモリーが流れた瞬間、本当に涙出そうになった。

『急にアイスが食べたい真夏日
外はテカテカしてまじあっちーし』
iku

ikuの感想・評価

4.0
主題歌のフロントメモリーが大好きで映画を見に行きました。笑いどころがあったり、年の差という壁から切なさもあって、見どころ満載でした!
青春だなあと感じました
大泉洋さんが臭いって言われるくだりがすき。見終えたときには爽やかな気持ち。
Rin

Rinの感想・評価

4.0
すごく良かった!!
めっちゃニヤけた😍思わず吹き出しちゃうところもありました🤣泣きそうになるところも😢
大泉洋、とても良い。冴えない中年男性を演じ切ってる。自分を諦めてるけど、物腰柔らかくて大人な感じ。それに惹かれるのもとても分かる。
アキラかわいい。怒ってる?ってすぐ聞かれちゃう感じとか、かなり自分にダブって見えた。
どちらの感情も分かりすぎて、どうしようもなくて泣けました😢こんな青春の詰まりまくった高校生活を送ってみたかった…
あと、チャラコックの加瀬さん意外と好きだったなぁ。一番正論で、図星なんだけど言って欲しくないっていう、ちょっとイラっとする存在。
実写化成功ですね。アニメ全部見ましたが、原作そのものでした。ラストはアニメより良い。
sorablue

sorablueの感想・評価

5.0
こんな恋があったって、いいじゃない。
と思えた映画。
青春すぎる。
>|