恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて…… 【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしな…

高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて…… 【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。 【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

tomo

tomoの感想・評価

3.7
小松菜ちゃんかわいい(´・_・`)

俺たちは大人じゃない、同級生だって言葉にジンときた

大泉洋さんの45歳感が、
らしくて、面白くて、笑えた。
小松菜奈ちゃんはとにかく美しすぎて可愛い。
ショートも似合うけど私はロングが好きやなぁ

いくつになっても、夢中になれるものは
あったほうがいい。好きなこともやりたいこともあったほうがいい。


うる覚えやけど好きなセリフあった
"君がくるときはいつも雨が降る"
みたいなやつ。もっと素敵な言葉やったかも、、笑


2018.5.21
あそー

あそーの感想・評価

4.1
試写会にて鑑賞しました。
小松菜奈がとにかく美しい!!大泉洋さんは所々でくすっとさせてくれてさすがだと思います。
自分自身の今悩んでいることの答えを観せてくれた映画でした。
まつへ

まつへの感想・評価

3.9
日頃の行いが良いので試写会に当たった

小松菜奈が思う存分に堪能できる映画。クールな顔も、デレっとした顔も美しい制服姿も。雨に濡れて佇む姿も。走る姿も画になる。正直これで大満足。

単純な恋愛だけでなく、夢とか、夢とか青春とかも満載。
おっさん絡んでくるけど下品さが全くないからやっぱキャスティングの妙ですね。
大泉洋には大変笑わせていただきました。

終盤やや駆け足だったから、もっともっと夢へと進む2人のこの先を見てみたかったなぁという気持ちでございます。

空手チョップ。
すず

すずの感想・評価

4.0
大泉洋がカッコ良く見える⁉

☔☕🏃✒☔☕🏃✒☔☕🏃✒☔☕🏃✒☔☕🏃✒

一足早く試写会で観てきました!
例によって原作未読、アニメ視聴済での鑑賞です。

いや~楽しかった🎵
あっという間に終わってしまったー

【再現度が素晴らしい】
なんと言ってもあきら❗アニメからそのまま飛び出してきたような、これ以上の配役はないでしょ!の完璧な配役の小松菜奈👍✨睨んでいるようにも怒っているようにも見える目👀小松菜奈ちゃんの目力サイコーです😆✨大泉洋の冴えない店長もファミレス店員の久保さんや加瀬さん、作家の九条ちひろも似てた🙆
恋雨と言えば、ファミレスが舞台☕
『cafeレストラン ガーデン』の再現度
もスゴい!外観も内観もソファーや照明もアニメの感じ出てました🙆

【笑いが絶えない】
アニメではそんなに笑える印象はなかったけど、映画は笑える箇所が沢山あって楽しかった🎵大体が店長絡み(笑)予告にもある風で飛ばされる大泉洋はやっぱり笑えるww冷えピタと大泉洋の息ピッタリの演技は撮影で一発OK貰った奇跡的なシーン。何度観ても笑える😁冷えピタの演技に注目です❗ある映画が登場しますよ😁パックンチョw誰と観るかで全然違う。対比が面白いw試写会は女子高生よりおばさんおじさんが多かったけど、おばさんの笑い声に包まれるという面白い光景でした。この映画若い子より年齢層高めの方が楽しめるみたい🎵

【サービスショット】
アニメでもそうだったけど、あきらがショートパンツなことが多く、小松菜奈の太ももショットが観れます😍なかでもルームウェアでベットに寝転がるお尻から太ももにかけてのショットは女の私でもドキッとした💓

【真っ直ぐな愛情表現と店長の魅力】
あきらの真っ直ぐに好きを伝えられる姿に青春を感じる。年齢?周りが気にする?そんなの関係ないじゃん!だって好きに理由がいる?という自分の気持ちに従い行動する。それでもやっぱり女の子👩オシャレしたり✨👗👠照れたり、好きな人の匂いを求めてしまう。
店長はそんな真っ直ぐなあきらを今しなきゃいけないことにちゃんと気付かせてくれる。ただの冴えないおじさんじゃなくデレデレするでもなくちゃんと考えてくれてる。ラストのスーツ姿にはカッコよさすら感じる。どこまでも大人な対応で好感が持てます。

【その他所感】
あきらも店長もお互いの存在が忘れかけていた青春を思い出させてくれた。2人のほんの一時の心の雨宿り。雨が上がるように2人はまた青春を歩き出した。爽やかな終わりと疾走感のある主題歌も良い🙆
ここで終わり⁉という気持ちもあるけれど、スポーツものではなく青春ものだから欲張ってはいけない。でもなー対決見たかったなー😄[ひるなかの流星]の山本舞香ちゃんこれにも出てたー😆

[青空エール]でクールだった葉山くん。今回は明るいおバカキャラなのね😉Gyaoでファミレス店員の吉澤(葉山奨之)と西田さん(松本穂香)の恋模様を描くサイドストーリー配信中❤


【総評】
キュンとする恋愛映画ではありません(笑)笑えて、爽やか、青春✨普段恋愛映画観ない人にも、おじさんおばさんにも薦められる楽しい作品です。
manacoco3

manacoco3の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とてもスカっとする気持ちのいい爽やかで温かな映画。
小松菜奈の演技もすごくよくて、女性からみても妖艶さにどきっとしました。

きれいなひと。

そして、大泉洋、、本当にいい味を出していて、笑いもあり、その他のキャストもそれぞれに味があり、何度もクスッと笑ってしまいました。

そして、海の映像や小松菜奈が走ってるシーンもとてもきれいで映画に引き込まれ、あっという間の時間でした。

展開も早くてスピードもあり、飽きない映画。

そして、また走ろうという気持ちになった彼女の生き方、それを後押しする大泉洋が温かかった。
吉田羊もさらっとカッコよくて。

ただ最期の終わり方は漫画のラストを描いて欲しかったなーと思いながら。

わたしも元陸上部なので、また走りたくなり、人生もまた走り直そうと思うそんな映画でした。
藻屑

藻屑の感想・評価

3.6
au試写会にて

地元映画館でやってくれるのはとてもありがたい〜。
予告をみて大泉洋が気になりました。
ただ、未成年と中年の恋愛となると色々な意味でアウトで、漫画だから成り立つものがあるよなって思ってどうなるのかなって見にいきました。

総括すると予期していた物語よりも人生の学びみたいなものがあってよかったです。
心配していた未成年描写ですが、多少なりとも絵がすこし…ってシーンもありましたが気にならないといえば気にならないかと思います。

大泉洋はすごいですね。すごい笑いが起きてました。
ちょっとかっこいい、ちょっとかっこわるい、人生が重なった部分もみれて優しい大人も演じているなって思いました。
ゆったりと流れる時間を出してました。
青少年の迷える時期というか、困惑する時期に親でも親友でもない第三者が優しく諭すことで未来への勇気ある一歩が進めるし、若い力で忘れかけていた力を思い出す大人っていう美しい図が描いていました。
大泉洋がよい大人を演じてたんですよね。
困惑動揺しながらも…。

恋愛映画というよりもヒューマンドラマに近かったかなあ。
最後の主人公の表情のロングシーンはとてもよかったです。

キャストと音楽がよかったとおもいました。
音楽のピアノのシーンの若いエネルギーとシンクロしててよいなって。
mika

mikaの感想・評価

4.2
試写会にて鑑賞。当選するまではお金払ってまで観ないだろうな…な気持ちでいたけど、鑑賞後はそんな思いを覆すほどの感動!
ホントに雨上がりのあとの爽やかさ、清々しさが残る作品だと思う。

アニメをちょっと観たことある程度だけど、大泉洋と小松菜奈のキャスティングはぴったり。
美人な女子高生が冴えないファミレス店長に恋とかほぼ現実味ないし
あんな女子高生に言い寄られたら
オジサンはホイホイいっちゃいそうだけど優しくかわすし、年の差のイヤらしさがなくて最後まで爽やか。

会場では笑いもおこり、うるっとくるシーンもあって、見終わった後は優しい気持ちになれる素敵な作品だと思う!
アメブロを更新しました。 『「恋は雨上がりのように」実写化の成功例だと思います。キャストもピッタリでした。』 #恋は雨上がりのように #邦画 https://t.co/7laVME462H
梅雨の季節に近づいた頃に公開する恋雨。
漫画原作は既読です。

45歳のファミレス店長と17歳の女子高生。
親子くらい歳が離れた2人のほんわかしたやり取りが好きです。

コミック実写化映画は受け入れにくいもの。
でも、小松菜奈さんと大泉洋さんのイメージが合っていて、すんなり恋雨ワールドに引き込まれます。

特に橘あきらをキャスティングするなら小松菜奈さんしかいない。
雨に打たれる長い髪。
風を切って走る美脚。
無表情からの胸きゅん笑顔。
あきらの魅力全開です。

原作は台詞も少なく、あきらの店長への恋心が静かに語られますが…
映画の大泉店長は会場中を爆笑の渦に巻き込みます。
オジさんあるある全開で、とにかく洋さんがお茶目。

そこに輪をかける久保さん役の濱田マリさん、吉澤役の葉山奨之さん。
磯村勇斗さん、松本穂香さん。
ファミレスガーデンのステキな仲間たち。
豪華な助演俳優陣が周りを彩ります。
原作ファンをガッカリさせないナイスキャスティングに頭が下がります。

28歳差。
さえない店長は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止められるのでしょうか。

帝一の、せか猫の永井聡監督。
優しい人柄が本作にも滲み出ている。
主題歌「フロントメモリー」が走り抜けてく青春にぴったり!

人生って順風満帆とはいかない。
悪天にも見舞われる。
多感な思春期、どしゃぶりの心に誰かが傘をさしてくれたら?

夢を失った真っ直ぐすぎる17歳。
夢を忘れた冴えない子持ち45歳。
…不器用な2人がほんのひと時、人生の雨宿り。
出会いが再び夢を追いかけていく原動力になるんだね。

こんなちっぽけな自分だけど、雨が降ったら誰かの傘になろう、そう思えた。
雨上がりの青空のような爽やかな映画でした。
>|