恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

最後どうやって終わるんだろう、、結ばれるのかなあなんて思いながら見ました。結局2人は結ばれなかったけどその後の幸せを感じさせるハッピーエンドでよかったです。それと小松菜奈が美しすぎ。特に序盤の走るシーンは曲とあいまって最高でした。
Pooh

Poohの感想・評価

-
18.9.23
シンガポールから成田までの間に鑑賞
小松菜奈がとにかくかわいい
まかないのサンドウィッチが美味しそうだった
ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
店長の優しさにほっこり。自分の中で大切にしているものを、大切にしようと思わせてくれる映画。邦画の恋愛系はなんとなく終わりが見えるけど、この映画は思っていたよりもステキなストーリーだったので観てよかったと思った。
挫折した女の子と小説家の夢が捨てきれないおじさんがちょっとときめく話
み

みの感想・評価

4.0
原作で好きなシーンが削られていてショックだったけど爽やかな映画だった
MOTO

MOTOの感想・評価

4.0
(原作漫画未読、アニメ視聴済)
実写になり、アニメで乱発していた赤面シーンの裏にある感情をどう表現するのか注目していましたが、ヒロイン小松菜奈の目の演技がとにかく素晴らしかったです。

最初は店長のことを宝物に執着する子供のような目で見ていたのがどんどん変わっていって、ついに恋に落ちた女性の瞳に変わった時なんかはもう…///

完全に小松菜奈の映画ですね。
アニメはそこまでファンでもなかったのですが、この実写映画は2018年のマイベスト10に入りそうです。
かわいい女子高生のかわいい恋。と、素敵な大人。ってかんじ!
歌も良いし小松菜奈も大泉洋もめっちゃハマり役でとってもよかった〜。

「若さっていうのは凶暴で乱暴なんだ。それでも、その時に感じた感情は、いずれかけがえのない存在となる」
本当にその通りだし、こんなことさらっと言えちゃう店長に惚れてしまいそうだった、、

恋は雨上がりのようにというタイトルどおり、爽やかでキラキラした素敵なお話!
YING

YINGの感想・評価

3.7
「若さっていうのは、時に乱暴で凶暴なものなんだ、それでも、その時に感じた感情というのは、いずれかけがえのない存在になる」っていう店長の言葉がすごく良かった。

ザ恋愛モノかと思ったら、なんというか、すごく甘酸っぱいさわやかな青春モノで、頑張ろう!って気持ちになれました。

そして、小松菜奈ちゃんが可愛い☺️

すっごく良かったけど、一つ言うなら、高校生役なのに、明らかに高校生に見えない女優さんが多くて、少し残念でした(笑)高校生役なら基本髪の毛染めないでほしいな〜、個人的にはだけど。
mio0522

mio0522の感想・評価

1.1
元々漫画途中まで読んでてからの映画館で観た。
オチは少し辛かった
けれど終わりじゃないから飽きるほど好きでいようって気持ちはわかる。
2krn

2krnの感想・評価

4.2
笑いどころいっぱいでこらえるの大変でした。もちろんネタだけじゃなくて大泉洋が夢ある若者を後押ししてくれる良い大人で、純愛と青春とキラキラでした。そしてなにより小松菜奈ちゃんが可愛い。ほっこり。観てよかった〜〜
>|