hiroya

交渉人のhiroyaのレビュー・感想・評価

交渉人(1998年製作の映画)
4.0
対立の中に対立がありまた対立することゴリゴリのサスペンスだった。脚本力と演技力にしっかり引き込まれて、それ言わないで!と思うのに言ってしまうシーンが多数ありドキドキした。カットの多さでトントントントン進んでいくストーリーが心地よくも不安を煽っていて楽しかった。茶色が多く感じられたから自然と大地のような安定感をかんじた。主人公にぴったりだと思う。
キャプテンマーベル観た後だとよりサミュエルの顔があれ、20年前の映画なのに一緒となって楽しい。