hiroyaさんの映画レビュー・感想・評価

hiroya

hiroya

今年見た映画載せてます
深夜に見てそのテンションで書きます

映画(67)
ドラマ(2)

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

管理社会って目に見えないこれだなって思った。自分もこの世界生きてるけど、まぁ仕方ないかなと思った。

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

4.1

マット・デイモンとスカーレットヨハンソンがしあわせな気持ちにしてくれます。日本公開名以外ら完璧な映画

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

平和ボケしている時代の人間の残酷さ根幹の考えがよくわかった。それと松岡茉優かわいい。ただもし可愛くない人だったらと考えるとぞくっとする映画。

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.2

最高。自分が健康に生きているから正常と思っていたのがぶち壊された。世の中で一番不健康だと思う。

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.9

全員集合って最高だよね。不覚にもエースで泣きそうになった

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

背景知識なしで見ても面白かった。残虐なのにポップなタランティーノが観れるだけで楽しかった。もっかい見たい映画

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.6

トップに立てば孤独、そこに気づかない人生が一番幸せなのかなと思う

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

さすがのアクションアクションアクションだった。もうワイスピじゃないけど

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.8

全体の映像技術と最後の15分が素晴らしかった。漫画を読んでなかったから、戦争に対する新しい視点が持てて面白かった

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.4

控えめに言ってやばかったです。最新のAI AR、ドローンテクノロジーを使い、人間の信条をテーマにした最強アクションヒーロー映画だった。
映像もストレンジさん超えレベルで最高でした。

キングダム(2019年製作の映画)

3.9

しっかりそのままで原作ファンとしてはたのしかった。
原作読まなきゃわからなそう

踊る大紐育(ニューヨーク)(1949年製作の映画)

3.8

普通に面白かった。この年代の映画を初めてみたけど今と違いすべてがストレートに伝えられていてわからやすく楽しめた。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

最高の一言だと思う。これまでの作品のすべての伏線を回収することができる1つの映画なんてあるんだろうか。それがアベンジャーズエンドゲームなんです。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.2

あまり昔の映画は観ないけど評価が良すぎたから観てみた。感動した。今とは相入れない価値観だけど、当時のアメリカの文化や価値観を体験でき、何よりマフィアの文化をカッコいい目線で見ることができスッと理解でき>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.8

プーさん的な癒し系映画かと思いきや、ちゃんとしたシナリオが立ってて見応えがあった。ただ劇中でほぼ失敗がなく飛べてたというのが引っかかって子供向けになってたため、どこの層に向けてるのかなと少し思った。>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.9

戦争は終わらない。
国境では毎日密入者が存在し、彼らは一番のギャングの収入源になっている。政府によるカルテル粛清の物語だ。
それにしても、アレハンドロの無感情と不気味な冷静は怖い。でもその怖さがまた不
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.9

緊張感漂うスパイサスペンスドキュメンタリー映画。当時のイランとアメリカ間の混沌とした状況が生々と伝わってきて見入ってしまった。随分とアメリカよりの視点でうまく行きすぎかなって思うけどスパイのかっこよさ>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

すごくほっこりする、でも何か心にずしりと残る映画だった。天才はそのギフトを使う義務がある、この概念に立ち向かった男の話だと思う。才能がある人を見ると確かに羨ましく思うし、無責任に使って欲しいと思う。た>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.8

人間も動物だよなって再確認させられる。主人公の生にしがみついて生きていく様子が生々しく描かれていて自分たちの生活を強制的に顧みさせられるような感覚の後味がある。とにかく音楽も、話も、描写のグロさも全て>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

本当に最後の最後まで展開がわからなかった。気味の悪さが強かったためホラー苦手の人にとって少し緊張する場面が多かったからかもしれないがわからなかった。2回目をみるとどんどん仕掛けがわかりより楽しい。SF>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

4.0

対立の中に対立がありまた対立することゴリゴリのサスペンスだった。脚本力と演技力にしっかり引き込まれて、それ言わないで!と思うのに言ってしまうシーンが多数ありドキドキした。カットの多さでトントントントン>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

"if I'm not black enough, and if I'm not white enough, and if I'm not man enough, then tell me Tony>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.9

ユニークな展開ですごく新鮮だった。この手のサイコパス、心理ゲーム的な映画を見ると何を狙ってどう行動を起こしてるんだろうという視点で見てしまうが、自然と世論を味方につけていく主人公の二人に感心して観てい>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

心にくる映画だった。インドのストリートチルドレンやその他の日本とは違う人口、文化での人の生活が垣間見れて面白かった。自分の子供より恵まれない子にチャンスを与えるという価値観が新しくて考えさせられた。子>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

最高にかっこいい。圧倒的な強さとコスチュームのかっこよさ。エンドゲームはやく観たい

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

現実的なアトラクションで気持ちよかった。詐欺師の巧妙な話術や心理テクニックや手さばきは毎回憧れる。11や12と比べられる面白い映画だった。アンハサウェイは本当に良い

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

イントロの映像のインパクトが強くていつまで続くのかと思ったら最後までそれだった。画面上だけで進むのにストーリーも全く違和感なく入ってきて、しかも面白くて伏線までしっかりしている完成度が高い真面目な人が>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

最高のアトラクション映画だった。派手なmarvelSFアクションは本当に楽しい。早くキャプテンマーベル観たい

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

終わり方が美しかった。部屋の中でのはたから見ればひどい現実なのに、それを楽しもうとする親子から、なんでも楽しむ方が得なんだなって思った。子役の強烈な演技に、こっちが壁の向こうに住む人の視点でみたから、>>続きを読む

>|