林檎

焼肉ドラゴンの林檎のレビュー・感想・評価

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)
3.0
喜怒哀楽の怒を比較的メインとした表現が多く、愛情だって怒りで相手に伝えたり。きっと平穏な日々ではなく苦しい日々のなかで必死に生きているからではないか。

撮り方も普段みる映画と確実に異なっていて、長回しのシーンが多く、それが何を伝えたいのか観ながら考えたりして(人セクの長回しを思い出しました)

役者さんの言葉ではない表情の演技力が良かったです、特に真木さん井上さん。そしてお父さんの「働いた、働いた」いいシーンでした。