Billy

ディヴァイン・ディーバのBillyのレビュー・感想・評価

ディヴァイン・ディーバ(2016年製作の映画)
4.0
まず、
この映画は、
【男は男らしく】
とか
【女は女らしく】
などの
固定観念に縛られてる人には観てられないドキュメンタリー映画だと思う。
(僕はその類の人じゃないから、よくわからないけど笑)

誰一人として全く同じ人生を歩んでないのに、普通じゃないからダメだ!って言ってくるのにはもう飽き飽きなんだよね〜笑
普通って何なんだよ!笑
ってね笑
どうでもいいけどwww

縛りの無い人は、女装にちょっと興味出るかも!笑
だったら、
一回だけでも絶対やってみたほうが良い!
人生一度きりだから!

なんだか価値観がちょっと自分に近くて、改めてちょっと「やっぱりか…」と心の中で認めていた。笑

カツラかぶって窓から顔を出してたら、外の人達が女だと思って見てくるのが面白くて…
の話しのくだりが、楽しそうに思えてニヤニヤした笑

自分の内面をさらけ出してる人でも
歳取ると、だいたい綺麗事ばかり言いたくなるのかな?笑
まぁ、汚物の様な事を言い出すと止まらなくなるのと、言ってしまうと自分が醜くなるのを歳取ると知るんだよね。
(あっ!若さを積み重ねてるだった!笑)


この人達ほど力強く
『私は私として生きている』
って
胸張って言える人って、どれほどいるんだろう?

「後悔なんてしていないわ!」

いつでも言える人でありたい。