ディヴァイン・ディーバの作品情報・感想・評価

ディヴァイン・ディーバ2016年製作の映画)

Divne dive/Divinas Divas

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

1960年代のブラジル。軍司独裁政権下の厳しい時代にゲイやレズビアンなど性的少数者達には、今のような自由はなかった。だが、彼らは、女性装をして芸能の才を披露することで、自分らしく生きることを選んだ。かつてレジェンド達が歌い、踊っていた拠点であるリオ・デ・ジャネイロのヒヴァル・シアターの創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を一堂に会した「ディヴァイン・ディーバス・スペクタクル」が…

1960年代のブラジル。軍司独裁政権下の厳しい時代にゲイやレズビアンなど性的少数者達には、今のような自由はなかった。だが、彼らは、女性装をして芸能の才を披露することで、自分らしく生きることを選んだ。かつてレジェンド達が歌い、踊っていた拠点であるリオ・デ・ジャネイロのヒヴァル・シアターの創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を一堂に会した「ディヴァイン・ディーバス・スペクタクル」が開催される。2014年に行われた特別版、レジェンド達のデビュー50周年祝賀イベントのプレミアでは、長い間舞台の仕事からは遠ざかっていた高齢の彼女らが、文句タラタラ四苦八苦しながら演目に挑む姿をとらえつつ、輝かしい60年代のシーンを振り返っていく。

「ディヴァイン・ディーバ」に投稿された感想・評価

ne22co

ne22coの感想・評価

3.8
2018年 試写鑑賞 61

戦後、性的少数者への理解がなく、人々の差別の中でもディーバとして強く生きてきた7人?8人?にスポットを当てて、彼女たちの最後の舞台を追いかける。

印象的だったのが80近いおばあちゃんが、舞台の最後で、初めて愛するパートナーと結婚出来たっていうシーンは思い出すだけで涙が溢れるくらい。

この舞台を創り上げていく過程で語られた彼女たちの自由気ままなようで居て、これまでの苦悩や、苦労がにじみだしている言葉の節々に、複雑な気持ちと、もっともっと世界の一人一人を人種とか性別で区別しない世の中になっていったら良いなあと言う思いでじんわりする作品でした。
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.0
いい部分はあるけど、映画として???
テーマがテーマだけにもったいないなあ